「呪術廻戦」の名言まとめました

アニメ「呪術廻戦」の名言をまとめていきます。

 

★サイト掲載作品の一覧は下記より
→アニメの名言インデックス
→マンガの名言インデックス
→アマゾン Fire TV Stick(外部リンク)

呪術廻戦

1話

「こんな所に特級呪物保管するとか、馬鹿すぎるでしょ」(伏黒恵)

 

「悠仁。お前は強いから人を助けろ。手の届く範囲でいい、救える奴は救っとけ。迷ってもいい、感謝されなくても気にするな。とにかく1人でも多く助けてやれ」

「お前は大勢に囲まれて死ね。俺みたいになるなよ」(虎杖の祖父)

 

「お前が信じるかどうかはどうでもいい。それが事実だ」(伏黒)

 

「ダメ! 雰囲気重視よ! スリルを楽しむのがオカ研魂じゃん」(佐々木)

 

「泣いたのは怖かったからじゃない、少し淋しかったんだ。爺ちゃんの死と、今目の前の死、何が違う?」(虎杖悠仁)

 

「爺ちゃんは、正しく死ねたと思うよ」
「こっちのは、間違った死だ!」(悠仁)

 

2話

「大丈夫。僕、最強だから」(五条悟)

 

「生徒の前なんでね、かっこつけさせてもらうよ」(五条)

 

「仮に器だとしても、呪術規定に則れば虎杖は死刑対象です。でも、死なせたくありません」(伏黒)

 

「まぁ、好きな地獄を選んでよ」(五条)

 

「宿儺(すくな)は全部食ってやる、後は知らん。てめえの死に様は、もう決まってんだ」(悠仁)

 

「気づきを与えるのが教育だ」(夜蛾正道)

 

「自分が死ぬ時のことは分からんけど、生き様で後悔はしたくない」(悠仁)

 

3話

「釘崎野薔薇。喜べ男子、紅一点よ」(釘崎野薔薇)

 

「呪いは人の心から生まれる。人口に比例して、呪いも多く強くなるでしょ」
「野薔薇に分かるかな? 地方と東京じゃ、呪いのレベルが違う」(五条)

 

「レベルといっても、単純な呪力の総量だけの話じゃない。狡猾さ、知恵を付けた獣は時に残酷な天秤を突きつけてくる。命の重さをかけた天秤をね」(五条)

 

「いいね! ちゃんとイカれてた」(五条)

 

「何でって……田舎が嫌で、東京に住みたかったから!」(野薔薇)

 

「(命)賭けられるわ。私が私であるためだもの」(野薔薇)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
呪術廻戦 Vol.1 Blu-ray

 

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

01_アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました