「ブルーロック」の名言・台詞まとめ

アニメ「ブルーロック」の名言・台詞をまとめていきます。

ブルーロック

1話

「(日本一のチーム?) いや…全国にも届かなかった、県予選で敗退したチームだ」
「俺はそのチームの、無名の2年生フォワード。それが現実」(潔世一)

 

「もし…あの場面で、パスじゃなくて…シュートを打ってたら…」
「俺の運命は変わってたのかな?」(世一)

 

「おめでとう、才能の原石共よ。お前らは俺の独断と偏見で選ばれた、18歳以下のストライカー300名です」

「そして俺は絵心甚八、日本をワールドカップ優勝させるために雇われた人間だ」(絵心甚八)

 

「シンプルに言おう。日本サッカーが世界一になるために必要なのは唯1つ、革命的なストライカーの誕生です」

「俺はこの300人の中から、世界一のストライカーを作る実験をする。これがそのための施設、”青い監獄(ブルーロック)”」

「お前らは今日からここで共同生活を行い、俺の考えた特殊なトップトレーニングをこなしてもらう。家には帰れないし、今までのサッカー生活とは決別してもらう」

「しかし断言する。ここでのサバイバルに勝ち抜き、299名を蹴散らして最後に残る1人は…世界一のストライカーになれる」(絵心)

 

「そっか…重症だな、お前ら。ロックオフ、帰りたい奴は帰っていいよ」
「世界一のストライカーになることよりも、こんなサッカー後進国のハイスクールで一番になる方が大事か?」

「お前らみたいなのが日本の未来背負ってると思うと絶望だわ」(絵心)

 

「いいか、日本サッカーの組織力は一流だ。他人を思いやる国民性の賜物と言える」
「でもそれ以外は間違いなく二流だ」(絵心)

 

「お前らに聞く、サッカーとはなんだ?」
「教えてやる、サッカーってのはな…相手より多く点を取るスポーツだ」
「点を取った奴が一番偉いんだよ。仲良し絆ごっこしたいなら、ロックオフ」(絵心)

 

「世界一のエゴイストでなければ、世界一のストライカーにはなれない」(絵心)

 

「この国に俺は、そんな人間を誕生させたい」
「この299名の屍の上に立つ、たった1人の英雄を」(絵心)

 

「ラストプレー。味方からのパスに抜け出したお前は、ゴールキーパーと1対1」
「右6メートルには味方が1人、パスを出せば確実に1点が奪える場面」

「全国民の期待、優勝の懸かったそんな局面で…迷わず打ち抜ける」
「そんなイカれたエゴイストだけ…この先へ進め」(絵心)

 

「常識を捨てろ。ピッチの上ではお前が主役だ」
「己のゴールを何よりの喜びとし、その瞬間のためだけに生きろ」
「それが”ストライカー”だろ?」(絵心)

 

「俺は、ストライカーだ!」(世一)

 

「俺は、あいつを否定するためにここに参加したんだ」
「こんなの絶対間違ってる。俺の未来を潰されてたまるかよ!」(吉良涼介)

 

「勝つってことは、負ける奴がいるってことで」
「俺が夢を叶えるってことは、誰かの夢を終わらせるってことだ」(世一)

 

「違うな…このままじゃ、今までの俺と同じだ。人生変えに来てんだよ、世界一になりに来てんだよ。自分より強い奴に勝たなきゃ、何も変われない!」(世一)

「いいね、君」
「だよね、潰すなら…一番強い奴っしょ!」(蜂楽廻)

 

「ある者は言った」
「フットボールの世界において、一流のゴールキーパーやディフェンダー、ミッドフィルダーは育てることが出来るが、ストライカーだけはその類ではない」

「一流のストライカーという生き物は、その時、最もフットボールの熱い場所に…」
「突如として出現する」(絵心)

 

2話

「ハッキリ申し上げます!」
「このままでは日本サッカーは未来永劫…ワールドカップ優勝は不可能かと」(帝襟アンリ)

 

「(優勝?) 当たり前だろ、銭ゲバ狸! それが私の夢だっつうの!」(アンリ)

 

「自分たちのサッカーをすれば勝てる? 日本のパスサッカーは世界に通用する?」
「そんなこと言ってっから、いつまでもベスト16止まりなんだよ!」(アンリ)

 

「私は信じています。日本サッカーをぶち壊し、この国をワールドカップ優勝に導くプレイヤーを誕生させることが出来るのは…この男しかいないと!」

「絵心甚八」(アンリ)

 

「才能の原石共よ、ここでは結果が全てだ」
「敗れた者は出ていけ。○○、失格」(絵心)

 

「ブルーロックにサッカーと関係ないことなんか1つもねえよ。周りをよく見ろエリート凡人」

「その部屋の広さは、ペナルティエリアと同じサイズだ。ゴールの約75パーセントはこの中から生まれる」

「ここで仕事が出来ない人間に、ストライカーの才能はない」(絵心)

 

「お前は試合でも同じことを言うのか?」(絵心)

 

「お前は諦めて敗北を受け入れた。だから気づけなかったんだ」
「ほんの少し足を伸ばせば届いたはずの勝利に」(絵心)

 

「ストライカーとはその全責任を負い、最後の1秒まで戦う人間のこと…ですよ」(絵心)

 

「それこそが集団の常識に左右されない、己のためだけの勝利への執念であり、俺が求めるストライカーのエゴイズムだ」

「そこから逃げたお前の負けだ」(絵心)

 

「だってここは結果が全てでしょ? あんたを信じた俺の勝ち、っしょ?」(蜂楽)

 

「どうですか? 生まれて初めて人生を懸けて戦った気分は?」
「ビビったろ? シビれたろ? これがブルーロックの常識だ」

「そして震えただろ? やった、俺は生き残ったって」
「それが勝利だ。よーーく脳に刻んどけ」

「その快感を味わう度に、お前らの中のエゴは育ち、そして世界一のストライカーという高みへと昇っていく」(絵心)

 

「(理由?) 俺の中に…怪物がいるから」(蜂楽)

 

「サッカーしてるとね、そいつが出てきて言うんだ。ゴールを奪え、もっと踊れって」
「でもあの時はさ、怪物が言ったんだ。潔にパスを出せって。あいつの中にも怪物がいるって」

「俺はその声に耳を澄ませてサッカーをする、そんだけ」(蜂楽)

 

「あの時蹴ったのは…俺の知らない自分だ。知りたい、俺の中の怪物の正体」
「それが俺の、ブルーロックで生き残るヒントになるかもしれない」(世一)

 

「俺はここに来てよかった。潔に会えたから」(蜂楽)

 

「ここではサッカーが上手い奴が王様だ。いい生活がしたけりゃ勝ってのし上がれ」(絵心)

 

「(国内リーグ?) 死んでも嫌っすね。こんな国でサッカーするぐらいなら、ドイツの大学生とやってた方がまだマシっすね」(糸師冴)

 

「(日本代表?) 全く興味ないですね。こんな弱小国の代表チームじゃ、絶対世界一になれないし、チャンピオンズリーグで優勝するのが俺の夢なんで」

「この国には、俺のパスを受けられるフォワードがいない。俺は生まれる国を間違えただけです」(糸師)

 

「人生が台なし? その通りです!」
「日本サッカーが次に進むためには、このイカれたプロジェクトが必要なんです!」
「見てみたくないんですか? 日本サッカー界に、英雄が誕生する瞬間を!」(アンリ)

 

「日本サッカーは強くなった。でもその後一歩先へ行くために、日本サッカーは今こそ死ぬべきです」

「ワールドカップ出場という、いつか見た私達の夢は、もう役目を終えたんです」
「なら! 今こそ日本サッカーは新しい夢を見る時です!」(アンリ)

 

「今までの常識なんて信じるな、捨てろ。新しい概念を脳みそにぶち込め」
「今、日本が世界一になるために最も必要なのは、11人のチームワークじゃない」
「たった1人の英雄なんだよ」(絵心)

 

「ワールドカップ優勝という、新しい夢を見る勇気はありますか?」(アンリ)
「戦う準備は出来てるか?」(絵心)
「その全てが…」(アンリ)
「ブルーロックにある!」(絵心)

3話

「己のゴールか、チームの勝利か?」
「そんなストライカーの宿命が、この一次セレクションでは試される」
「これはサッカーをゼロから創るための戦いだ」(絵心)

 

「楽しも! でなきゃ勝てないよ、サッカーは」(蜂楽)

 

「そうだ、ビビる必要なんかない。どうせ俺は、274位の底辺プレイヤー」
「戦って、昇っていくだけだ!」(世一)

 

「一番点取った奴が勝つルールだろ?」
「チームなんかどうでもいい。俺は俺のやり方でやるぜ」(雷市陣吾)

「分かってんじゃねえか、雷市」
「それがここのやり方なら、正々堂々と俺も1人で戦わせてもらう」(國神錬介)

 

「俺の前に立つな。ぶち殺すぞ!」(馬狼照英)

 

「いいか、覚えとけ下手くそ共」
「俺にとってボールは友達でもなんでもなく…俺を輝かせるための、ただの球体下僕だ」
「ピッチの上じゃあ俺が…キングだ」(馬狼)

 

「ヤバいぞ、このままじゃ負ける」
「あいつらはチームになれてるのに、俺達はバラバラのままだ。こんなの勝てるわけがない」

「さっきまではあいつらも、お団子サッカーやってたのに…」
「あいつのせいだ。馬狼のゴールが、あいつらをチームにしたんだ!」(世一)

 

「後3分で5点は無理ゲーだね。でも1点ならいけるかも? 俺と潔で」
「相手も5ー0で気ぃ抜いてるし。1回こっきりなら決まるかも」

「やる?」(蜂楽)
「やる」(世一)

 

「俺が、このチームのゼロを1に変えてやる!」(世一)

 

「俺が相手を引き付ける。縦ポン1発でお前が決めろ」
「走れ、潔。ゴール前で会おう」(蜂楽)

 

「おい11番、俺より目立つな。キングは俺だっつってんだろが」
「抜いてみろ、下手くそ」(世一)

 

「俺達はもう既に、次負けたら終わりのところまで来てるんだ」
「どうやって勝つかを考えないと、マジで終わるぞ」(久遠渉)

 

「『サッカーとは、チームとは、圧倒的なストライカーから生まれる』」
「きっとそれが、絵心のメッセージだ」(世一)

 

「さあ才能の原石共よ、意識を書き換えろ」
「サッカーにおいて得点を奪うというのは、相手の組織を破壊するということ」

「つまりストライカーとは破壊者であり、ゴールとは敵の秩序を破壊するピッチ上の革命だ」
「才能の原石共よ、決して役割という枠に収まるな!」(絵心)

 

「ゼロから1を生むために…武器を持てストライカーよ!」
「見極めろ。敵の組織を翻弄し、ねじ伏せ破壊する、己だけの武器を!」

「思考しろ! その肉体と脳でお前に何が出来るのかを!」
「ゴールという革命を起こすのは、いつだって己の武器だ!」

「勝利はその先にしか存在しない」(絵心)

4話

「負けたらサッカー人生が終わる」
「ただそのことだけが、バラバラだった俺達を1つにしていくのを俺は感じていた」(世一)

 

「言ってなかったなぁと思って、お礼」
「パス、あざっす!」
「おう。俺の信念は正々堂々だからな」(國神)

 

「(理由?) そんなの簡単だ。俺はサッカーで、スーパーヒーローになる」
「子供の頃な、俺が憧れたのは、戦隊ヒーローでもロボットでも、海賊王でもなくて…」

「緑の芝生を駆け巡って、勝利のためにゴールを奪うストライカー達だった」
「フィクションじゃないあの選手達は、勇気と興奮を俺にくれる、実在するスーパーヒーローだった」

「そんな存在に、俺はなりたい」(國神)

 

「誰かにバカだと笑われても、そんなことどうだっていい。恥ずかしいことなんて何もない」
「俺は俺の夢のために、正々堂々世界と戦う」(國神)

 

「君って僕と同じ目を持ってる。でも僕には勝てない」
「ゲームを支配するのは僕です」(二子一揮)

 

5話

「僕は負けるわけにはいかないんです」
「足が速いわけでも、強靭なフィジカルがあるわけでもない僕が、ここで生き残るための武器は…」

「フィールドを的確に把握できるこの目と、他人を使うことに長けたこの脳みそなんです」
「僕を止められても、アイデアは止まりませんよ」(二子)

 

「やっぱここだよな、二子」
「ここが一番、ゴールの匂いがする」(世一)

 

「お前は俺に似てる。同じ目と脳みそを持ってる」
「だから自分でシュートを打つより、フィニッシュで大川にパスをする」

「俺の勝ちだ、二子」
「最後の最後でパスを選んだお前は、ストライカー失格だ!」(世一)

 

「シュートじゃなくパスを選んで、負けて後悔して泣いてた、あの時の俺は…もういらない」
「勝ちたい!」
「生まれ変わるのは、今だ!」(世一)

 

「決めろ、エゴイスト…潔世一!」(蜂楽)
「俺は…ストライカーだ!」(世一)

 

「俺が潰したんだ、こいつら11人の夢を。俺のゴールが…」
「これが、勝つってことか?」
「ああ、なんだよこれ…気持ちいい!」(世一)

 

「自分がゴール決めるために走ってたら、あの辺にこぼれてくるのかなーって思っただけで」(世一)

 

「空間認識能力が高いんだよ多分、お前」
「ほとんどの選手はみんな、自分の視野から状況を判断してプレーしている」

「でもお前はたまに、フィールド全体を把握してるみたいに、どでかい視野でプレーする瞬間がある。例えるなら、空からの神の視点みたいな」

「その能力がゴールの匂いを嗅ぎ分けて、ピンチを防いだり、誰も予想できないゴールを生んだんだと思う」(千切豹馬)

 

「俺は夢を諦める理由を探しにブルーロックに来た」
「潔…お前のゴールを見て、俺は諦められる気がするよ」(千切)

 

「怖いから…終わりたくないから戦うんだよ」
「なくす覚悟のない人間に、夢なんかつかめるわけない!」(世一)

 

「代わりの利く仕事はやらない主義なんで」(絵心)

 

「(一次セレクション?) うん、順調順調」
「まあ見てろ、そろそろスパイスの時間だ」(絵心)

 

「武器を見つけることがストライカーの第一条件だ」
「次のステップは、その武器を磨いて伸ばせ。突出させろ」(絵心)

 

「ゼロを1に出来るお前だけの武器に、何を掛け算すれば強力に進化するのか」
「お前だけのプレーを見つけ出して突出させろ」

「才能という熱い原石は、磨かなければ自己満足のゴミと化す」(絵心)

 

「その時がいつ来るかは分かんないけど、バテたり反応できなきゃ意味がない」
「そうだ。俺が磨かなきゃいけないのは…その時に反応するための90分間走り続ける肉体だ」(世一)

 

「下位の人間にひっくり返されたんだから、燃えないわけないよなあ」
「1人の突出した存在が競争のスパイラルを生む、これがブルーロックだ」

「世界一熱い場所にしか…世界一のストライカーは生まれない」(絵心)

 

6話

「お前(千切)みたいに誇れる過去なんてないけど、俺はサッカーを諦めたくなくてここに来たんだ」

「人生変えるためにブルーロックにいるんだ」
「お前の過去もケガのこともよく分かんないけど、俺達はストライカーだ!」
「悔しいのも苦しいのも何もかも、ゴール一撃で生まれ変われる」(世一)

 

「過去なんかどうでもいい。俺が見たいのは、お前の今だ!」
「俺達は、泣いて諦めるためにここにいるわけじゃないだろ」(世一)

 

7話

「才能があるかないか、それだけのことですよ」(千切)

 

「才能ってやつは平等じゃない、俺は選ばれた人間だ」
「初めて他人をぶち抜いた6歳のあの日、サッカーが俺の全てになった」(千切)

 

「この右足がぶっ壊れるのが怖いんじゃない」
「今までずっと、世界一になれるって信じてた…俺が俺じゃなくなるのが怖いんだ」(千切)

 

「走れ、千切!」
「まだ…まだ終わってない!」(世一)

 

「嫌だ、終わりたくない。誰の武器も使えないなら…俺がぶっ壊してやる!」
「俺が、決める!」(世一)

 

「なくしちゃいけないのは…信じなきゃいけないのは…」
「今お前を見て熱くなってる、この俺のたぎりだ!」(千切)

 

「誰かをぶち抜く! それが俺のサッカーの全て!」
「俺にしか味わえない快感だ!」(千切)

 

8話

「(凪に甘い?) 当たり前だ。こいつは俺の…宝物だからな」(御影玲王)

 

「俺の人生は退屈に満ちていた」
「望むものはなんでも手に入った」
「でもその中に、欲しいものは見つからなかった」(御影)

 

「簡単に手に入るものはつまらない。俺だけの、唯一無二の宝物が欲しかった」(御影)

 

「サッカーなんかやんないし、スポーツもやったことない」
「一生ダラダラしてたいんだよね、俺」(凪誠士郎)

 

「頑張んなきゃダメなんて、サッカーって面倒くさいね」(凪)

 

「俺はやる。正々堂々とお前を潰す」(國神)

 

「世界一のストライカーに必要なのは、ゴールの再現性だ」(絵心)

 

「劇的なゴールであればあるほどその印象は強いが、その一撃だけで終わってしまう選手は世界でも多い」

「なぜもう一度同じようにゴールを奪えないのか?」
「それはそのゴールが偶然の産物にすぎなかったからだ」(絵心)

 

「再現性のある成功の先にしか、進化はないと思い知れ!」
「試合なんてものはイレギュラーしか起こらない」
「そんな戦場の中で己の描いた方程式を証明する者」
「それがゴールを爆発的に量産する、世界一のストライカーという存在だ」(絵心)

 

「たまたま勝つな、勝つべくして勝ち取れ!」(絵心)

 

「おい、能なし。お前のそのゴミみたいな夢見がちなエゴ」
「俺がここで潰してやる!」(馬狼)

 

「お前、誰に向かって口利いてやがる。俺はキングだぞ!」(馬狼)

 

「吠えんな、一般市民が。身の程を知れ」(馬狼)

 

「教えたんじゃねえ、思い知らせたんだ」
「フィールドには俺がいる。能なしがサッカーやめるには十分すぎる絶望だろ?」(馬狼)

 

「俺達は怖いから戦うんだ。怖いから強くなれる」
「絶対勝つぞ。俺達は、まだ終わらない」(世一)

 

「勝たなきゃ全部終わる。この最終戦に、サッカー人生の全てを懸ける!」(世一)

 

「ねえ、潔。負けたらもう会えなくなって、一緒にサッカー出来なくなるのかな?」
「そんなの寂しいから、俺頑張る」(蜂楽)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
ブルーロック 1-20巻セット (コミック)

 

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました