「機動戦士ガンダム」の名言まとめました

アニメ「機動戦士ガンダム」の名言をまとめていきます。

スポンサーリンク

(アマゾンだけでなくネトフリやdアニメもテレビで見れます)

機動戦士ガンダム

1話 ガンダム大地に立つ!!

「私もよくよく運の無い男だな。作戦が終わっての帰り道で、あんな獲物に出会うなどとは。向こうの運が良かったのかな?」(シャア)

 

「シャア少佐だって、戦場の戦いで勝って出世したんだ! 手柄を立てちまえばこっちのもんよ!」(ジーン)

 

「こいつ、動くぞ!」(アムロ)

 

「認めたく無いものだな。自分自身の、若さゆえの過ちというものを」(シャア)

 

2話 ガンダム破壊命令

「戦いとは、いつも2手3手先を考えて行うものだ」(シャア)

 

「それでも男ですか、軟弱者!」(セイラ)

 

「このスピードで迫れるザクなんて有りはしません。1機のザクは、通常の3倍のスピードで接近します!」(オペレーター)

 

「見せてもらおうか。連邦軍のモビルスーツの性能とやらを」(シャア)

 

「バカな! 直撃のはずだ!」(シャア)

 

「一撃で、一撃で撃破か! 何ということだ。あのモビルスーツは、戦艦なみのビーム砲を持っているのか!」(シャア)

 

「やれるとは言えない。けど、やるしか無いんだ! 僕にはあなたが!!」(アムロ)

 

3話 敵の補給艦を叩け!

「モビルスーツの性能の違いが、戦力の決定的差では無いということを、教えてやる!!」(シャア)

 

「ええい、連邦軍のモビルスーツは化物か! これだけの攻撃でも!」(シャア)

 

4話 ルナツー脱出作戦

「敵を目の前にしても捕捉されぬとは奇妙なものだな。科学戦もつまるところまで来てしまえば、大昔の有視界戦闘に逆戻りというわけだ」(シャア)

 

「それより、腹が空いちゃしょうがないぜ。食べられる時に食べておかなけりゃ、いざって時に何もできないぜ。逃げることだってな」(カイ)

 

「反逆罪は覚悟の上です、ワッケイン司令。あなたの敵はジオン軍なんですか、それとも私たちなんですか?」(ブライト)

 

「軍規軍規、それが何だと言うんですか!?」
軍人が軍規に則って死ぬのは勝手です。でも、他の民間人がその巻き添えになるのは、理不尽ではないでしょうか」(ミライ)

5話 大気圏突入

「戦ってる最中に気をつけられると思うんですか?」(アムロ)
「あなたなら出来るわ」(セイラ)

 

「戦いは非情さ。そのくらいのことは考えてある」(シャア)

 

6話 ガルマ出撃す

「笑うなよ。兵が見ている」(ガルマ)

 

「自信の問題じゃない。やるしかないんでしょ、ブライトさん」(アムロ)

 

7話 コアファイター脱出せよ

「地球での自由落下というやつは、言葉でいうほど自由では無いのでな!」(シャア)

 

8話 戦場は荒野

「どうもお坊ちゃん育ちが身にしみ込みすぎる。甘いな!」(シャア)

 

「これで勝てねば、貴様は無能だ!」(シャア)

 

9話 翔べ! ガンダム

「みんなはこれから、やになるのさ。僕は違う。何回も何回も乗せられたんだ」(アムロ)

 

「戦いが終わったら、ぐっすり眠れるっていう保障があるんですか!?」(アムロ)

 

「二度もぶった! 親父にもぶたれたこと無いのに!」(アムロ)
「それが甘ったれなんだ! 殴られもせずに一人前になった奴がどこにいるものか!」(ブライト)

 

「悔しいけど、僕は男なんだな!」(アムロ)

 

「あなたの戦いが無ければ、私たちもやられていたわ。ありがとう、あなたはエスパーかもしれない。頑張って」(マチルダ)

スポンサーリンク

(アマゾンだけでなくネトフリやdアニメもテレビで見れます)

10話 ガルマ散る

「私がイセリナのために焦っているだと、バカな! 私は冷静だ!」(ガルマ)

 

「モビルスーツめ! やるようになった!」(シャア)

 

「ガルマ。聞こえていたら君の生まれの不幸を呪うがいい! 君はいい友人であったが、君の父上がいけないのだよ」(シャア)

 

11話 イセリナ、恋のあと

「過去を思いやっても、戦いには勝てんぞ」(ギレン)

 

12話 ジオンの脅威

「私の任務はガルマ様の敵討ちだ。ドズル中将から直々の命令を何でやり過ごすものかよ」
「しかし手出しをせずに行き過ぎる男なぞ、お前は嫌いなはずだったな」(ランバ・ラル)

 

「ザクとは違うのだよ、ザクとは!」(ランバ・ラル)

 

「坊やだからさ」(シャア)

 

13話 再会、母よ…

「今は、戦争なんだ!」(アムロ)

 

「単なる消耗戦だぞ! 今の我々には自分の首を締めるに等しい」(ブライト)

 

14話 時間よ、とまれ

「今はホワイトベースはデータ収集が第一の任務になっています。プロよりアマチュアの方が面白い作戦を考えるものです。モルモットはお嫌? ブライト少尉」(マチルダ)

 

15話 ククルス・ドアンの島

「まったく。ガンダムのこんな姿は見たくもないな!」(リュウ)

 

「あなたには、あの夕日の美しさも分からないみたいね」(ロラン)

 

「モビルスーツの格闘技というのを見せてやる!」
「よーく見て覚えておけ! 私は、子供たちがみている限り、戦い続ける!」(ドアン)

 

16話 セイラ出撃

「私はゲリラ屋だ。ガルマ様の仇を討てば、すぐに宇宙へ帰る」(ランバ・ラル)

 

17話 アムロ脱走

「儂の出世は、部下たちの生活の安定につながる。お前のためでもある」(ランバ・ラル)

 

「気にすることはないわ。私たちだって、いつああなるか」(セイラ)

 

19話 ランバ・ラル特攻!

「しかし戦場で会ったらこうはいかんぞ。頑張れよ、アムロ君」(ランバ・ラル)

 

「正確な射撃だ。それゆえ、コンピューターには予想しやすい」(ランバ・ラル)

 

「まさかな、時代が変わったようだな。坊やみたいのがパイロットとはな!」(ランバ・ラル)

 

「見事だな。しかし小僧、自分の力で勝ったのでは無いぞ。そのモビルスーツの性能のおかげだということを、忘れるな!」(ランバ・ラル)

 

「自惚れるなよ。ガンダムさえ戻ってくればと思ったからだ」(リュウ)

 

「僕は、僕は……あの人に勝ちたい!」(アムロ)

 

20話 死闘!ホワイト・ベース

「ランバ・ラル。戦いの中で戦いを忘れた」(ランバ・ラル)

 

「君たちは立派に戦ってきた。だが、兵士の定めがどういうものか、よく見ておくんだな」(ランバ・ラル)

 

21話 激闘は憎しみ深く

「ホワイトベースがやられちまえば、病気だケガだって言えるかよ!」(リュウ)

 

「ガンダム。2人のパイロットを同時に討ち取るとは。さすがは私が見込んだ坊やだけのことはある。しかし!」
「いくら装甲の厚いガンダムといっても、これだけ近ければもちはすまい!」(ハモン)

22話 マ・クベ包囲網を破れ!

「なまじレーダーがあるからこそ、自分で勝手に状況を判断して我々の網に掛かってくれる」(マ・クベ)

 

23話 マチルダ救出作戦

「指揮官のいない船なんて、酷いものだけど。私には無理よ」(ミライ)
「無理はみんな同じだ。君なら出来るよ。やってくれるね?」(ブライト)

 

「ミライ。自分で判断して、行動、するんだ」(ブライト)

 

24話 迫撃!トリプル・ドム

「男子のメンツ、軍の権威。それが傷つけられても、ジオンが勝利すればよろしい。その上で、あなたのメンツも立ててあげましょう」(キシリア)

 

「軍は実行あるのみでは無いのかね!」(レビル)

 

「そうね。戦争という破壊の中で、ただ一つ物を作っていくことが出来るから、かしら」
戦いは破壊だけでも、人間ってそれだけでは、生きていられないと私には思えたからよ」(マチルダ)

 

「連邦のモビルスーツ。噂ほどでは無いわ!」(ガイア)

 

「俺を踏み台にした!!」(ガイア)

 

25話 オデッサの激戦

「敵がこっちの都合を考えてくれるものか」(ブライト)

 

「あなたにも事情があるとおっしゃりたいんでしょう。けれど、違いますよ。あなたみたいな方のおかげで、何十人となく無駄死にをしていった人がいるんです」
「分かりますか、あなたみたいな人のおかげで!」(アムロ)

 

「戦いはこの一戦で終わりではないのだ。考えてみろ。我々が送り届けた鉱物資源の量を。ジオンは後10年は戦える」(マ・クベ)

 

26話 復活のシャア

「いや。やられる時はどこにいてもやられるものだ。全軍を指揮する者が弾の後ろで叫んでいては、勝つ戦いも勝てんよ」(レビル)

 

「私は、これだけは私の手で倒したいと思ってるくらいなのだ。子供じみているだろ。そう、私のプライドを傷つけたモビルスーツだからな」(シャア)

 

27話 女スパイ潜入!

「いいじゃないか。弟や妹の面倒を見ているあんたの気持ちは、よく分かるぜ」(カイ)

 

「何でいまさらホワイトベースが気になるんだ! ほんと、軟弱者かもね……」(カイ)

 

28話 大西洋、血に染めて

「カイ。向こうから来てくれたよ!」(ミハル)

 

29話 ジャブローに散る!

「自惚れるんじゃない、アムロ君! ガンダム1機の働きで、マチルダが助けられたり戦争が勝てるなどというほど、甘いものではないんだぞ!」
「パイロットはその時の戦いに全力を尽くして、後悔するような戦い方をしなければ、それでいい」(ウッディ)

 

「ミハル。俺はもう悲しまないぜ。お前みたいな子を増やさせないために、ジオンを叩く。徹底的にな!」(カイ)

 

「間違いない、奴だ。奴が来たんだ!」(アムロ)

 

「更に出来るようになったな、ガンダム!」(シャア)

 

30話 小さな防衛線

「小さい子が人の殺し合い見るの、いけないよ」(アムロ)

 

「構うな、全員脱出する。作戦が失敗となれば直ちに撤退だ、いいな!」(シャア)

 

31話 ザンジバル追撃!

「木馬の射程距離とどちらが長いか。神のみぞ知るという所か」(シャア)

 

32話 強行突破作戦

「こちらのコンピューターで簡単に動きが読めた。一体どういうつもりで?」(アムロ)

 

「後ろにザンジバル、前にムサイか。強行突破しかないな」(ブライト)

 

「こういう時、慌てた方が負けなのよね」(ハヤト)

 

「弾幕が薄いぞ! 相手は動いてくれるんだ。なまじ狙わずに撃てと言え!」(ブライト)

 

「ガンダムだ。あの白い奴だ!」(ドレン)

 

33話 コンスコン強襲

「そういうことだ。なんせミライ少尉は、ホワイトベースのお袋さんなんだからな」(スレッガー)

 

「全滅? 12機のリックドムが全滅? 3分も経たずにか? 化物か!?」(コンスコン)

 

「そうじゃないの。ホワイトベースを捨てる私に。あなたは、あなたは何をしてくださるの? 分かってくださらないのね。それで私は、ホワイトベースは捨てられないわ」(ミライ)

 

34話 宿命の出会い

「美しいものが嫌いな人がいて?」(ララァ)

 

「アムロ? 不思議と知っているような名前だな」(シャア)

 

「本気なら殴れるはずだ。そうだよ、カムランさん。気合の問題なんだ」(スレッガー)

 

「見える。動きが見える!」(アムロ)

 

「白いモビルスーツが勝つわ。分かるわ。そのために、私のような女を大佐は拾ってくださったんでしょ」(ララァ)

 

35話 ソロモン攻略戦

「これが、戦場か!」(アムロ)

 

「生か死か、それは終わってみなければ分からなかった」
確かなことは、美しい輝きが一つ起こるたび、何人か何百人かの人々が、確実に、宇宙の塵となっていくということだ」(ナレーション)

 

36話 恐怖! 機動ビグ・ザム

「水臭いぞ、ミライ。君のことを見守るぐらいのことは、この僕にだって出来るつもりだ。君の気持ちは分かっている。が、僕はいつもでも待っているよ」(ブライト)

 

「俺は、少尉の好意を受けられるような、男じゃない。俺にとっちゃ、少尉はまぶしすぎるんだ。世界が違うんだ」(スレッガー)

 

「なめるなよ。このビグ・ザムは長距離ビームなど、どうということはない。私の道連れに一人でも多く地獄に引きずり込んでやるわ!」(ドズル)

 

「私情は禁物よ。奴のために、これ以上の損害は出させねえ。悲しいけど、これ戦争なのよね!」(スレッガー)

 

「たかが1機のモビルスーツに。このビグ・ザムがやられるのか!」
やられはせんぞ! やられはせんぞ、貴様ごときに、やられはせん!! ジオンの栄光、この俺のプライド。やらせはせん、やらせはせん、やらせはせんぞ!!」(ドズル)

 

37話 テキサスの攻防

「あたしなんかには届かなくなっちゃったのね。でもいいのよ。弱虫のアムロなんて見たくも無いし。みんなこうやって大人になっていくんでしょう」(フラウ・ボウ)

 

「あるんだな。ギャンは私用に開発していただいたモビルスーツだ。キシリア少将へ男としてのメンツがある」(マ・クベ)

 

「あたしと同じ人がいるのかしら? 大佐があたしの心を触った感じなんです」(ララァ)

 

「私はモビルスーツに乗っても、必ず帰って来る主義だ。死にたくない一心でな。だから戦闘服だのノーマルスーツなどは着ないのだよ」(シャア)

 

38話 再会、シャアとセイラ

「間違いなさそうだな。私の射撃は正確なはずだ。それをことごとく外すとは!」(シャア)

 

「あっけないものね」(セイラ)
「でも、恐ろしいものね。均衡が破れるということは」(ミライ)

 

「マスクをしている訳が分かるか? 私は、過去を捨てたのだよ」(シャア)

 

39話 ニュータイプ、シャリア・ブル

「凄いものだな。あの輝きがララァの仕掛けたものとは、この私にも信じられん。ニュータイプのララァと、モビルアーマー・エルメス。これ程のものとは」(シャア)

 

「ガンダムの反応が遅い!!」(アムロ)

 

「戦いは危険を犯してはならぬ。少なくとも、ソロモンにいるガンダムは危険だ」(シャア)

 

「ニュータイプは万能ではない。戦争の生み出した、人類の悲しい変種かもしれんのだ」(シャア)

 

40話 エルメスのララァ

「大佐がいれば!!」(ララァ)

 

「ガンダム! 昨日までのガンダムと、まるで違うぞ!」(シャア)

 

「大佐、どいて下さい! 邪魔です!!」(ララァ)

 

「悪い人だ! シャアをいじめる、悪い人だ!」(ララァ)

 

41話 光る宇宙

「でも、ニュータイプって言っても、僕は特別な人間じゃありませんよ。これだけ戦い抜いてこられたホワイトベースのみんながニュータイプです」
「でなければ、勝ち抜けなかったはずです!」(アムロ)

 

「見えるぞ!!」(アムロ)

 

「シャアを傷つけるから。シャアを傷つける、いけない人! そのあなたの力が示している。あなたを倒さねばシャアが死ぬ!」(ララァ)

 

「ララァ! 奴とのざれごとは止めろ!!」(シャア)

 

「ララァ……取り返しのつかないこと……取り返しのつかないことをしてしまった……」(アムロ)

 

「ダメだ! 前へ進んじゃダメだ! 光と、人の渦が、溶けていく。あれは、憎しみの光だ!」(アムロ)

 

42話 宇宙要塞ア・バオア・クー

「決定的打撃を受けた地球連邦軍に、いかほどの戦力が残っていようと、それはすでに形骸である。あえて言おう、カスであると!」(ギレン)

 

「圧倒的じゃないか、我軍は!」(ギレン)

 

「あんなの飾りです。偉い人には、それが分からんのですよ!」(メカニック)

 

「本当の敵はあの中にいる。シャアじゃ無い!」(アムロ)

 

「見えるぞ! 私にも敵が見える!」(シャア)

 

「なぜ出て来る!!」(アムロ)

 

43話 脱出

「どうする? あのニュータイプに打ち勝つ方法は。ララァ、教えてくれ。どうしたらいいのだ?」(シャア)

 

「今、ララァが言った。ニュータイプは、殺し合う道具では無いって」(アムロ)
「戦場では強力な武器になる。やむをえんことだ」(シャア)
「貴様だって、ニュータイプだろうに!」(アムロ)

 

「ザビ家打倒なぞ、もうついでのことなのだ、アルテイシア」(シャア)

 

「殺し合うのがニュータイプじゃ無いでしょ。アムロとはいつでも遊べるから」(ララァ)

 

「ごめんよ。まだ僕には帰れる所があるんだ。こんな嬉しいことはない」(アムロ)

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク

アマゾンリンク
機動戦士ガンダム Blu-ray Box

 

→機動戦士ガンダム 逆襲のシャア
→新機動戦記ガンダムW Endless Waltz
→機動戦士ガンダムSEED DESTINY
→機動戦士ガンダム(シャア)
→機動戦士ガンダム(ランバ・ラル)
→機動戦士ガンダム(マチルダ)
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました