「艦これ いつかあの海で」の名言・台詞まとめ

アニメ「艦これ いつかあの海で」の名言・台詞をまとめていきます。

艦これ いつかあの海で

1話

「今から少し昔…あるいは、少しだけ先の未来…激しい海の戦いがありました」

「海の底から生まれくる”深海棲艦”と呼ばれる異形の敵」
「そして、それに立ち向かう力…船の魂を宿した少女達”艦娘(かんむす)”、そしてその艦隊」

「艦娘、その奮戦により、初戦は深海からの敵を圧倒するかに見えました」
「ですが、次々に繰り出される敵の物量に、彼女達は次第に傷つき、あるいは倒れ、戦局は大きく傾いていきます。そして…」(ナレーション)

 

「えっ、敵機? 北北西!」
「対空戦、用意!」(時雨)

 

「くっ…当たって」
「撃墜確認。次弾装填。機銃射撃開始!」(時雨)

 

「抜かれた? 龍鳳!」
「待って、行くなって!」(時雨)

 

「浜風、ありがとう。(次の隊は)自分の目で、見てくるね」(時雨)

 

「はぁ…不幸だわ」(山城)

 

「艦隊符号は”1YB3H”。この作戦…きっと私達”1YB3H”の最初で、そして最後の作戦」
「時雨。敵は…敵は強大よ。みんな、山城を守ってあげてね」(扶桑)

 

「時雨、それはね…それはね…」(扶桑)
「それはね…私達が本当はおとりだから」(山城)

 

「いい、時雨!」
「私達”1YB3H”はね、全滅覚悟の、寄せ集めのハンパもんの、おとり艦隊なのよ!」(山城)

 

「けれど、そんなことはさせない!」
「姉様、安心して。私、旗艦として、提督と出来るだけの準備をする」
「大丈夫、私達の提督なら、ずっと共にいたのだから」

「他の奴等にハンパもんなんて言わせるものか、絶対!」
「私達”二戦隊”は!」(山城)

「第一遊撃隊部隊第三部隊よ、山城」(扶桑)
「そう、私達”1YB3H”は…」(山城)
「沈まない。必ず、帰ってくる」(時雨)

 

「志を果たして、いつの日にか帰らん♪」(朝雲)

 

「時雨。みんなを…姉様を守ってね」
「私がいなくなっても…」(山城)

 

「やまない雨は…ない!」(時雨)

 

2話

「ここはもう戦場っていうわけね…上等だわ!」(山城)

 

「こんな所で、やらせない!」(時雨)

 

「来るなって言ってる…から!」(満潮)

 

「衝突注意…じゃなかった! 爆撃注意、だね!」(最上)

 

「山城、私は大丈夫よ。扶桑型はこんなことではびくともしないわ…ホントよ」(扶桑)

 

「山城、時雨はちゃんと守ってくれたわ」
「そして私達も…いえ私達が、みんなを守るのよ」
「未来に伝えるために」(扶桑)

 

「第三部隊・先行掃討隊、先行します!」
「最後の出撃になる…かな?」(最上)

 

「もう、私がいない間に全滅とかってやめてよね」
「後でたっぷり利子をつけて返してくれればいいわ」(満潮)

 

「お仕置きです!」(山雲)

 

「お掃除、完了?」(山雲)

 

「時雨…ありがとう」
「ありがとう、姉様を守ってくれて」(山城)

 

「時雨。もし、私達が沈んでも…いえ、戦うことが出来なくなっても…」
「いいえ、なんでもないわ」(山城)

 

3巻

「ふん! 来るならきなさいよ!」(満潮)

 

「僕等、丸見えみたいだ! ヤバい…」(最上)

 

「私は大丈夫。扶桑型は、こんなことでは沈みはしないわ。進みましょう」(扶桑)
「艦隊、前進!」(山城)

 

「ここは、地獄なのよ」(深海棲艦)

 

「進むしか…ない!」
「艦隊! 前進します! 前へ…前へ! 前へーー!!」(山城)
「バカよ、私達…」(満潮)

 

「待たせたな! 第二遊撃隊部隊、推参!」
「全軍突撃せよ!」(那智)

「だいぶ大変な状況ね、でも平気よ」
「戦闘が、勝利が私を呼んでいるわ!」(足柄)

 

「山城さん、扶桑さん、ありがとう。皆さんのおかげでここまで来られました」(大和)

 

「時雨、2人だけの警戒陣ね」(山城)
「えっ? そんな陣形、ないよ」(時雨)
「いいのよ…よし!」(山城)

 

「姉様…ずっと…」(山城)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
劇場版 艦これ [Blu-ray]

 

→艦これ 劇場版

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました