「まちカドまぞく」の名言まとめました

アニメ「まちカドまぞく」の名言をまとめていきます。

まちカドまぞく

1話

「なんか角はえた!? あと尻尾!? はえてる、はえろそってる!? 意思で動く~!?」(吉田優子、シャミ子)

 

「あ~、頭が重い。鉄アレイがダブルで付いているようです」(シャミ子)

 

「片手ダンプ?」(シャミ子)
「ダンプの人も大丈夫? なるだけふんわり止めましたが?」(千代田桃)

 

「あの、コスプレですか?(コスプレであって下さい)」(シャミ子)
「違う、魔法少女」(桃)
「ですよね。片手ダンプですもんね」(シャミ子)

 

「これで勝ったと思うなよ! でも助けてくれてありがとうございま~す!」(シャミ子)

 

「さだめ、いいよね~。かっこいいよね~」(小倉しおん)

 

「そうでした。この方、片手ダンプでした。最初のハードルがこんなに天空だなんて」(シャミ子)

 

「センス……いや、フォームが……いや、えっと……うん、飛び道具使った方がいいかも?」(桃)

2話

「これは目汁だ、涙では無い!」(シャミ子)

 

「シャミ子、若干ずれてるから。予算をフルに使って、びっくりするくらい役に立たないものを作りそうで」(桃)

 

3話

「電波に例えるなら常にこれ、バリバリ絶好調でも1。心の電源切ってるのか、お主は!?」(リリス)

 

「その、森の妖精さんみたいで、かわいいと思う」(桃)
「不器用なフォローはいりません」(シャミ子)

 

「お姉に合った武器を使うといい。時代は飛び道具だよ!」(吉田良子、妹)

 

「あるよ。だって、完成品の被害者は私予定でしょ。意見する権利はある。むしろ、私が監修してこそ、いい飛び道具になると思う」(桃)

 

「今日は何か出すまで帰さない」
「出せるか出せないかじゃない、出すんだ! 出していこう!」(桃)
「何をおっしゃってるんですか!?」(シャミ子)

 

「私でいうなら、『フレッシュピーチハートシャワー!』とか」
「そこは引っかからなくていい、忘れて」(桃)

 

「魔法少女って、私みたいになあなあにするタイプだけじゃないんだよ。もっと容赦ない人がいるの。そういう人に遭遇したら、一瞬でじっくりグツグツ煮込まれるよ!」(桃)

 

4話

「変なギミックは、私が対処できる場所でポチってくれた方が、危なくない」
「跡形もなく倒そう。そして忘れよう」(桃)

 

「焦げ付き魔族なうえに、雪だる魔族なんて。暑くて寒い」(シャミ子)

 

「確かに、魔法少女時代には、あまりいい思い出なくて、変身は控えたかったよ。でも、今はシャミ子の頑張りを無駄にしたくなかった」(桃)

 

5話

「そんなこと大丈夫。私、いい感じに脚色するの得意だから」(妹)

 

「なるはやで借りを返し、封印を解いてこそ、魔族の一歩を歩めるのです」(シャミ子)

 

「やっぱり二度見系の格好だった」(シャミ子)

 

「うかつでした。うちの場合、家に着いてからも危険がいっぱいだったんでした」(シャミ子)

6話

「桃、掃除します。強制スッキリ、心の大掃除です。手伝ってください」(シャミ子)
(桃の夢に入り子供時代を見る)

 

「何で服脱ぐの?」(桃)
「脱いでないです。危機管理です!」(シャミ子)

 

「変な夢を見たんだ。あまり覚えてないけど、嫌な夢。でも、最後は安心する感じの」
「うん。あと、露出魔が出てきた気がする」(桃)
「露出魔じゃないです。戦闘フォームです」(シャミ子)

 

「ワクワクしてきた、まだ帰りません。今日は勝てる戦です」(シャミ子)

 

「大丈夫! 本当にダメな食材は、口に入れると痺れるか、喉が本能的にえずくので。それ以外のものは、食べられるものです」(シャミ子)

 

「自分のダメな所が人にバレるのを怖がっていたら、いつまで経っても前に進めません。私もいろいろやっていますが、ちょっとずつでも前に進んでいるつもりです」(シャミ子)

 

「ずるいよね。シャミ子、ずる魔族だったのかな?」
「魔力が戻るまで、手伝ってくれるよね」(桃)

 

「でも私は、この街だけは守りたい」(桃)

 

7話

「ごめんなさい。お母さんいきなり高級食材いくことに腹くくれなかった」(吉田清子、母親)

 

「おいしい、すっごくおいしいです。頑張ってよかった。これから私、お好み焼きって言葉を思い出すだけで、大きな山を越えられそうです」(シャミ子)

 

「ダメ! 良、本いっぱい読んでるから、少しは役に立つよ。私、お姉の参謀になりたい。馬に乗り戦場を駆けるお姉の軍勢を城塞から見守りたい!」(妹)

 

「魔力は肉体・精神・人生経験、いろんな要素で上がるから。まずは手っ取り早く筋肉を付けよう」(桃)

 

8話

「とっさに変身できてしまった。もしかして、これが桃との修行の成果? でもでも、ここからの引き出しがゼロです!」(シャミ子)

 

「桃、来てあげたわよ! 地面に顔がめり込むまで感謝なさい!」(陽夏木ミカン)

 

「私、その格好スルーできるほど大人じゃないよ!」(佐田杏里)

 

「最近の桃は、以前にも増してグイグイ系に見えます」(シャミ子)

9話

「血で血を洗う戦いと、さわやかな勝負は別カテゴリーです!」(シャミ子)

 

「頭にプロテインとささみが詰まっている訳では無かったんですね」(シャミ子)

 

「シャミ子、何か誤解されてるみたいだけど。私、シャミ子のこと侮っていないよ。負けるのも好きじゃない。じゃあ、今日は頑張ろ」(桃)

 

「お世辞なんかじゃないですよ。ご先祖は私にとって、世界一の貴重品です」(シャミ子)

 

「違うんです。私、感動して。ゾンビさんも幽霊さんも、たとえモツがはみ出ても、圧倒的ヒーローを前にすごく頑張っていて……」(シャミ子)

 

10話

「最近、必殺技に興奮する自分に気づいたんです!」(シャミ子)

 

「シャミ子ちゃんと親しいお友達になって、もっと気軽にいろんな実験がしたいな!」(しおん)

 

「いざとなったら、技術だけいただいて、あの子の記憶を封印して逃げよう」(桃)

 

「私はあなたに実験してデータを取りたい。あなたは魔族として強くなりたい。これって利害の一致だよね、素晴らしいよね。一緒に深淵のぞこう!」(しおん)

 

「私が至らないばかりに、こんな面白い外見にしてしまってごめんなさい」(シャミ子)

 

「いいよ。でも私は、大切な人にずっと隠し事をされている方がきついと思う」(桃)

 

「ちょっと、桃。誤解を解くつもりが誤解が深まりました」(シャミ子)
「壊しちゃいけない笑顔もある、のかも……」(桃)

 

11話

「これは戦だぞ。お主の持てる力を発揮つくさないと、相手に対して逆に失礼だろ」(リリス)

 

「ピンチは乗り切れたけど……なにこれ? シュールな夢を製造してしまいました」(シャミ子)

 

「強いよ! その能力のヤバさに気づかないなんて戦闘センスが無い! 私なら悪用する方法の百や二百、簡単に思いつくよ!」(桃)

 

「桃。オブラートを諦めないで」(シャミ子)

 

12話

「お母さん私、桃を追いかけます。1人で悩むなんて許しません。桃は初めて会った時から私の宿敵です。私が勝つその日まで、地の果てまで追いかけてやる」(シャミ子)

 

「桃は私の宿敵です。仲良くする理由が無くても一緒にいていいはずです」(シャミ子)

 

「完全に取り戻せなかったら諦めて撤収するんですか?」(シャミ子)

 

「強くなって、もっといっぱい動けるようになって、全部欲しいものを取り戻せるだけ取り戻す。魔族らしく、欲張りに生きるのだ!」(シャミ子)

 

「いや待てよ、なんかおかしい? 私にこんなハッピーが降りかかるはずがない」(桃)

 

「今日は驚愕の事実祭りだね」(妹)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
まちカドまぞく 1[Blu-ray]

 

→まちカドまぞく(シャミ子)
→まちカドまぞく(千代田桃)
→あそびあそばせ
→あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない
→ヴァイオレット・エヴァーガーデン
→お兄ちゃんはおしまい!
→かくしごと
→軍神ちゃんとよばないで
→ご注文はうさぎですか?
→ご注文はうさぎですか??(2期)
→この世界の片隅に
→小林さんちのメイドラゴン(カンナ)
→こみっくがーるず
→邪神ちゃんドロップキック
→すみっコぐらし
→世話やきキツネの仙狐さん
→ダンベル何キロ持てる?
→凪のお暇
→バーナード嬢曰く。
→ばらかもん
→プラスティック・メモリーズ
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました