「魔女の旅々」の名言まとめました

アニメ「魔女の旅々」の名言をまとめていきます。

 

★サイト掲載作品の一覧は下記より
→アニメの名言インデックス
→マンガの名言インデックス
→アマゾン Fire TV Stick(外部リンク)

魔女の旅々

1話

「平和国ロベッタにおいて、史上最年少14歳で魔術試験に合格し、魔女見習いになった少女がいます。そう、私です」(イレイナ)

 

「有名ですよ。良くも悪くも」(フラン)

 

「いい頃合いかもしれませんね。イレイナ」「今から試験をします」
「わたくしと戦ってもらいます」(フラン)

 

「その気なら……ぶっ飛ばしますよ」(イレイナ)

 

「あらあら、もうおしまい? 優等生も大したことないんですね」(フラン)

 

「信じて、ずっと我慢したのに。きっと大丈夫だって。なのにロベッタの魔女達もあなたも、結局同じじゃないですか。信用したのに、私がどれだけ頑張っているか知らないくせに」

「私はただ、認めて欲しいだけなのに」(イレイナ)

 

「試練なんて与えても無駄だと思いました。あなたはきっと耐えて立ち上がってしまうから。ですが……それが、あなたの問題点でもあるのです」

「我慢をしすぎなんですよ、イレイナ」(フラン)

 

「自分が耐えればいいだなんて思わないで下さい。気に食わないことがあるなら戦いなさい。嫌なものは嫌だと、ハッキリ言えるようになりなさい。自分自身を守るために」(フラン)

 

「お父さん、お母さん。私、魔女になりました。だから旅をさせて下さい」(イレイナ)
「本気なのよね」「なら、行きなさい」(イレイナの母)

 

「ただし、3つ約束して欲しいことがあるの」

「1つ、危険な目に合いそうな時は逃げること」
「2つ、自分が特別な人間だとは思わないこと。他の人と同じだということを忘れないでね」
「3つ目、いつか必ず帰って来て、私達に元気な顔を見せること。守れる?」(イレイナの母)

 

「ニケのように、旅の日記をつけなさい。いつか帰って来た時に、あなたの物語を聞かせてちょうだい」(イレイナの母)
「ならばもらっておきましょう。灰の魔女の旅物語を、楽しみに待っていて下さいね」(イレイナ)

 

2話

「先生。案外いい響きですね」(イレイナ)

 

「はっきり言いましょう、サヤさん。今のあなたの実力では、魔術試験に合格できる確率はゼロに近いです」
「しかし、ゼロに近いということは、ゼロではありません」(イレイナ)

 

「出来るじゃないですか。子供に飛び方を教える母親って、こんな気分なのかもしれませんね」(イレイナ)

 

「そんなの理由になりません。本当に本気で何かを成し遂げる時、人はいつだって孤独です。1人じゃなければダメなんですよ。馴れ合ったら終わりなんです」(イレイナ)

 

「それは予備なので。これでおそろいです」

「あなたはこれから1人になります。でも、孤独ではありません。私やあなたの妹さんは、あなたのこと、見守っているんですよ」(イレイナ)

 

「サヤさんの姿は、あまりに儚くて、か弱くて。まるで、昔の私を見ているようでした」(イレイナ)

 

3話

「美しい花には棘がある、と言います。美しさは時として、触れる者に牙をむくこともあるのです」(イレイナ)

 

「気にしていませんよ。嘘ですけどね」(イレイナ)

 

「私はその時、思い出したのです。昔読んだ本の結末を。夫が見せてくれたキレイな景色は、身動きが出来ない妻を、返って絶望させてしまったのです」

「人のためにと思ってしたことが正しいとは限らないという、大変に説教臭い話だったのです、あれは。優しさや美しさは、時には残酷にもなるのです」(イレイナ)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
魔女の旅々 Blu-ray BOX 上巻

 

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

01_アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました