「約束のネバーランド」の名言まとめました

アニメ「約束のネバーランド」の名言をまとめていきます。

 

★サイト掲載作品の一覧は下記より
→アニメの名言インデックス
→マンガの名言インデックス
→アマゾン Fire TV Stick(外部リンク)

約束のネバーランド

1話

「これ、いったい何から僕らを守ってるんだろう」(ノーマン)
(鉄格子を触りながり)

 

「いつも言ってるだろ。ドンの弱点は、すぐに決めつけて熱くなるとこ」(ノーマン)

 

「エマの弱点は優しいところ」(ノーマン)

 

「問題。ノーマンにあって、エマに無いものは?」
「戦略だ!」(レイ)

 

「あんなの、嘘に決まってるだろ」
「だって見ろよ。これのどこが危ないっていうんだ?」(レイ)

 

「外に出たら、まず生きていかなきゃな……」(レイ)

 

「私、書くね。手紙いっぱい書く。みんなのこと、絶対忘れない」
「私、ハウスを出たら、ママみたいなお母さんになるの。それでね、絶対に子供を捨てたりしないの」(コニー)

 

「ここは農園? 私達は食料?」
「違う……みんなは、里子に? ママは、いつもの優しいママだよね? 違うよね!?」(エマ)

 

「大丈夫、きっと逃げられる。エマとレイと僕、3人なら」(ノーマン)
「無理、なのかな? 置いていけない、ここに残せば確実に殺される。これ以上、家族が死ぬのは嫌だ」(エマ)

 

「無理じゃない。大丈夫、逃げよう、みんなで一緒に」
「そう、見つけるんだよ。僕らが生き残る方法を」(ノーマン)

2話

「笑って、エマ」
「僕らもそうするんだ。顔に出せばママは気づく。負けちゃダメだ、笑おう」(ノーマン)

 

「誰であろうと逃さない。ママが言いたいのは、そういうことだ」(ノーマン)
「ママは、敵だ!!」(ノーマン、エマ)

 

「ここを出るだけじゃダメなんだぞ」
「外に待つのは鬼の社会だ。人間の生きる場所なんて、最悪どこにもないんだよ」
「無理なんだよ。連れて出りゃ、全滅は見えてる。置いていく、それが最善だ」(レイ)

 

「全滅はやだよ。でも置いてくって選択肢は無い!」
「無いなら作ろうよ外に、人間の生きる場所。変えようよ世界!!」(エマ)

 

「私は折れない、決めたから。だからレイが折れて! ごちゃごちゃ言わずに力貸して!」(エマ)

 

「エマが、泣いたんだ。あの夜、最初は怖いから泣いてるんだと思ってた、でも違ったんだ。僕は自分が死ぬのが怖かった。けどエマは、家族が死ぬのが怖くて泣いてたんだ」
「凄いよね。あの状況で何かを守ろうと考えられるんだ」(ノーマン)

 

「お前は正しい。自分を恥じるな、情で判断を捻じ曲げるな、ノーマン」(レイ)

 

「好きだから。好きだから、エマには笑っていて欲しいんだ」(ノーマン)

 

「死なせない。そのために僕は、僕を利用するんだ」
「僕もエマも正気じゃないよ、完全に血迷ってる。ほっとけないだろ?」(ノーマン)
「ほっとけるわけ、ねえだろ」(レイ)

 

3話

「逆に喜んでやろうぜ」
「キャロルとあのシスター・クローネ。情報源が二つも増えたってな」(レイ)

 

「考えるんだ、敵の立場で。どこにどんな発振器を埋めれば都合がいい?」(レイ)

 

「問題はみんなママを信じきっていることと、多分、真実に耐えられないことだな」(ノーマン)

 

「自分の痕跡残すだけじゃダメだ。相手の痕跡も見ねえと」
「それにノーマンは、お前らのクセも読んでる」(レイ)

 

「タダのバカじゃ無さそうだ」(レイ)

4話

「あなたは保険。より確実に商品を守るために、念のため呼び寄せた保険に過ぎないの」(イザベラ)

 

「あほ! もっと疑え! いやでも、とことん! 生きるか、死ぬかだろ!?」(レイ)

 

「レイがそう考えたように、ママは僕らがそう考えるよう制御してる。だからその裏をかくんだ」(ノーマン)

 

「ハウスのこと、ママのこと大好きなエマが、そんな嘘つくはずない」(ギルダ)

 

「もしあいつらがスパイじゃなかったら、こんな嘘は残酷すぎる。生きてるなんて、ありもしない希望を与えるなよ!」(レイ)

 

「言っただろ。裏をかかなきゃって」(ノーマン)

 

「一緒に育った家族だもん!」
「邪魔されても裏切られても甘いって言われても、私はその子を信じたい!」(エマ)

 

5話

「我ながら嫌気がさすよ。真っ先にレイを疑った。友達なのに、そうで無ければいいのにって。最悪の想定だったけどね」(ノーマン)

 

「一緒に育った家族だもん、って。それで僕の気も変わった。僕もレイを信じたい、敵である前に友達だって」(ノーマン)

 

「志願したんだ、自分から。いや、売り込んだの方がより正しいかな。全ては、この脱獄のための準備!」(レイ)

 

「分かるか? 今、お前の目の前にいる俺は、最強のカードだ!」(レイ)

 

「全部、お前ら2人を、殺させないためだよ!」(レイ)

 

「ノーマンの言う通り、俺は2人の敵じゃない。でも味方でもない」
「エマを騙せ!」(レイ)

 

「でも。そういう線引、もう二度としないでね!」(エマ)

 

「つまりメリットよりリスクの方が明らかにでかいんだよ」(レイ)

スポンサーリンク

6話

「外に味方がいた、今もいるかもしれない。もしそうなら、外に人間の社会も有るかもしれない」(ノーマン)

 

「私達にとって何か、大切な道標になるような気がする」
「勘!!」(エマ)

 

「ただ逃げるんじゃない。見つけよう、この世界で私たちが生き残る方法」(エマ)
「うん、逃げよう。生きよう、たとえ世界が、どんなでも」(ノーマン)

 

「雑魚扱いが悔しいんじゃない」
「無知で無力な俺が……自分が本当に雑魚なのが悔しい!」(ドン)

 

「ゴメン! 私、分かってなかった!」
「恨まれる覚悟ばっかで、信じる覚悟が足りてなかった!」(エマ)

 

7話

「しないんじゃ無い、出来ないだけだ」(ノーマン)

 

「大丈夫。使えるチャンスは全て使わないと」(エマ)

 

「言葉だけじゃないのよ、情報は。人間はね、その場に立っているだけで、情報の塊なの」(クローネ)

 

「これはまさに、諸刃の剣だね。僕らが発振器を壊して脱走するのが先か、それともシスターが、この物証をつかんで僕らを突き出すのが先か」(ノーマン)

 

8話

「でも、制御は出来ているのでしょ?」
「制御できているのなら、問題ありません。かつてのわたくしのように」(グランマ)

 

「いらなくなった、だから排除した」(イザベラ)

 

「だからこそ諦めて欲しくてここに来たのよ」
「あらがうことを」(イザベラ)

 

「幸福な一生じゃない? 暖かなお家で、おいしいご飯と愛情いっぱい、飢えも寒さも真実も知らず、満たされた気持ちで死んでいく」
「いったいそれのどこが不幸だというの?」(イザベラ)

 

「偽物の笑顔なんていらない!」
「たとえ苦しんだとしても、私は自由に生きる。何が幸せかは自分で決める!」(エマ)

 

「分かったよ、ママ。もういい子は止める」(ノーマン)

 

9話

「エマなら足は即行で治す、ロープもまた作りゃいい。脱獄はどうにかなるし、どうにかする。今はまずノーマンだ!」(レイ)

 

「昼前までは普通に元気だったのに、普通に笑って洗濯とかして。なのに、今はもう世界のどこにも生きてない」(ドン)

 

「だから生きろ! 逃げたフリして、この方法で!」(レイ)
「ダメだ、出来ない。ダメなんだ……」(ノーマン)

 

「僕の代わりに、2人のどちらかが死ぬなんて、絶対に嫌だ。命はくれてやる。でも、その他なに一つ譲る気は無い」
「ママの筋書きを叩き壊して、脱獄を必ず成功させる!」(ノーマン)

 

「ふざけるな……これじゃ、俺の6年は何だったんだ!?」(レイ)

 

「ノーマンが死んじゃうより、全然いいよ。ノーマン言ってくれたよね。みんなで一緒に逃げようって。みんなの中にノーマンがいなきゃあ、私は嫌だ!」
「一緒に生きよう、ノーマン」(エマ)

 

「別に凄かねえよ。ハウスの秘密に気づいて、やるしか無かった、それだけだ」(レイ)

 

「○○だった……塀の向こうは、○○だ」(ノーマン)

10話

「僕は間違える訳にはいかないんだ。誰一人、死なせないために、僕が逃げたら計画が狂う。仮に、わずかでもそれじゃあ困る」
「僕は万が一にも負けたくない。何を言っても無駄だよ、気持ちは変わらない」(ノーマン)

 

「気持ちは変わらない、さっきそう言ったでしょ。それじゃ」(ノーマン)

 

「嫌! その気持ちだけは尊重できない! 本当は嫌なら尚更だ!」(エマ)

 

「メチャクチャだよ、君は。無茶で無謀で、甘くて幼稚で、でも真っ直ぐで。だから……だから僕は……」(ノーマン)

 

「後を頼む。大丈夫、絶対諦めないでね」(ノーマン)

 

「じゃあ、あなたにはいったい何が出来るの?」
「何も出来ない、誰も救えない、ただ死を呪う、苦しみの連鎖よ。生きてママを目指しなさい。絶望を受け入れて、楽になるのよ」(イザベラ)

 

11話

「ずっと考えてた、ノーマンのために何をすべきか。答えは、何もしないこと」
「でも、誰が諦めてなるものか。ノーマンを犬死にはさせない!」(エマ)

 

「俺はこの日を待っていた、ずっと前から決めてたんだ。何年も、何年も前から、ガキくさい腹いせさ」
「俺は人間だ! ざまあみろ!
」(レイ)

 

「これで12歳。呪いたい人生だったけど、お前らとの時間はすげえ楽しかった」
「ありがとう。バイバイ、エマ」(レイ)

 

「ここじゃ無くてもまだ死ねる、いいもの見せてやるから黙ってこい。ノーマンからの伝言」(エマ)

 

「それがレイの計画。僕はそんなことはさせない、絶対に!」
「だから、僕が考えた計画を、ここに記す」(ノーマン)

 

12話

「全員……いや、その、他のプラントの子たちは、いいのかな、私たちだけで?」
「見たことも無いけれど、隣にいるんでしょう。同じように何にも知らず、同じように暮らす家族が」(ギルダ)

 

「でも諦めた訳じゃない。2年以内に必ず戻る」(エマ)

 

「僕も迷った。でも最後は決断した、エマがいたから」
「諦めなくてもいいんだよ、レイ」(ノーマン)

 

「俺の負けだ、ノーマン」(レイ)

 

「さよなら、ハウス。さよなら、大好きだった、私達の家。さよなら、ママ」(エマ)

 

「必ずみんなを連れに戻る。今日が、私達の第一歩」
「最初の朝だ!」(エマ)

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
約束のネバーランド 1 [Blu-ray]

 

→約束のネバーランド(エマ)
→約束のネバーランド(ノーマン)
→約束のネバーランド(レイ)

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

01_アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました