「暴食のベルセルク」の名言・台詞まとめ

マンガ「暴食のベルセルク 〜俺だけレベルという概念を突破する〜」の名言・台詞をまとめていきます。

 

暴食のベルセルク

1巻

「喰らえ!! 喰らえ!! 喰らえ!! 喰らえ!!」
「敵のすべてを喰らい尽くせ!!」(フェイト・グラファイト)

 

「今日も暴食は絶好調か」
「はずれスキルめ…」(フェイト)

 

「やめなさい!! 守るべき民にそのような行い!!」
「聖騎士としてあるまじき行為です!!」(ロキシー・ハート)

 

「気にしないでください」
「同じ門番仲間じゃないですか」(ロキシー)

 

「それに聖騎士として当然のことです」(ロキシー)

 

「彼女は巻き込んではいけない」
「俺のことなんか気にしないで、迷うことなく我が道を行くべきなんだ」(フェイト)

 

「世界には、持つ者と持たざる者が存在する」
「それを分けるのは、神から授かる特別な力(スキル)」(フェイト)

 

「強力なスキル保持者は魔物を倒し、レベルアップして成功者となり」
「そうでない者は負け犬となる──はずだった」(フェイト)

 

「あなたがいなければ私は大きな失態を犯すところでした」
「何かお礼はさせてください」(ロキシー)

 

 

「そうだ、ハート家に就職しませんか」(ロキシー)

 

「その…ラーファル達を気にする必要はありません」
「それとも一生彼らのもとで働く気ですか?」(ロキシー)

 

「あいつらにこき使われて過労死する未来」
「かたや、ロキシー様のもとで働けるバラ色の人生」
「考えるまでもない」(フェイト)

 

「暴食。殺した対象の魂を喰らい、ステータスとスキルを奪う力」
「つまり──敵を倒せば倒すほど、俺は強くなれる」(フェイト)

 

「俺を見下してきたやつらを、見返すことができる」(フェイト)

 

「(この刀) 油埃で薄汚れて、ゴミ屑のように扱われて、まるで俺みたいだ」(フェイト)

 

「おいお前、決して損はさせない」
「俺様を買え」(グリード)

 

「俺様は使い手を選ぶんだよ」(グリード)

 

「…暴食は、ステータスやスキルが奪える代わりに、経験値の恩恵を受けられなくなる」
「神の理(ことわり)を破りしスキルなのだ」(グリード)

 

「(なぜ知ってる?) 俺様とお前は同類だからだよ」(グリード)

 

「1人じゃない。俺様がいるだろう?」(グリード)

 

「これも何かの縁だ」
「お前の行く末まで共にいてやる」(グリード)

 

「(無茶はするな?) わかってる。でもせっかく力を手に入れたんだ」
「目の前で苦しむ人ぐらい、助けたいじゃないか」(フェイト)

 

「答えろ」
「お前に仕事を依頼した、最低野郎の名前だよ!」(フェイト)

 

「空腹感が際限なく大きくなる。抑えきれなくなる」
「この疼きはもはや──飢えだ」(フェイト)

 

「今更だな。もう賽は投げられた」(グリード)

 

「暴食スキルが魂の味を知ったら、もうやめられない」
「魂を喰えば喰うほど強くなり、喰えば喰うほどそれを欲するようになる」(グリード)

 

 

「お前は死ぬまで強くなり続ける業を背負ったのだ」(グリード)

 

「もしそれができなければ──」
「餓死するか、自我を失い誰かれ構わず襲うようになるのさ」(グリード)

 

「のんびり使用人ライフを楽しむのもいいが、やるべきことを忘れるな」(グリード)

 

「襲うだって…?」
「それじゃあまるで化け物じゃないか…!?」(フェイト)

 

「それでどれだけ喰えば、飢餓ブーストが解除されるんだ?」(フェイト)

 

2巻

「(ゴブリン・キング?) なにビビってるんだ?」
「魔物にとって人間は御馳走だろ」(グリード)

 

「(棍棒?) あんなもの他愛もない、俺様を信じろ」(グリード)

 

「今のステータスなら、第一位階を開けるぞ」(グリード)

 

「使用者のステータス」
「俺様と出会った時点から得た力すべてを贄(にえ)として俺様に寄越せば」
「それと引き換えに形状を増やすことができる」(グリード)

 

「もちろん、第二第三もある」
「それには使用者の特殊な精神状態によるトリガーと」
「もっと多くの贄(ステータス)が必要だがな」(グリード)

 

「俺様は欲張りなんだよ」(グリード)

 

「(必須?) …いいや」
「解放しない場合、俺様の使用資格がなくなるだけだ」(グリード)

 

「俺様を手放すか強くするか」
「お前だけ強くなるのか、俺様も強くして共に歩むか」
「今選べ」(グリード)

 

「選ぶ必要なんてない、俺の相棒はお前だけだ」(フェイト)
「わかった、後悔はさせない」(グリード)

 

「(服装が違う?) これは息抜き…いいえ…そのっ…」
「…視察!! 町娘の格好で民の中に入って暮らしを調べる!!」
「これは極秘の視察なのです」(ロキシー)

 

 

「いいこと思いつきました、フェイに極秘任務を与えます」
「民の視察に同行して、私をエスコートしなさい!!」(ロキシー)

 

「人生初の女性のエスコートがロキシー様って、難易度高すぎだろ?」(フェイト)

 

「こうしてみると聖騎士なんかじゃなくて、普通の女の子みたいだ」(フェイト)

 

「早速中身を確かめましょう」
「家まで待てません!!」(ロキシー)

 

「(道具?) 大丈夫、手でいけます」(ロキシー)

 

「…叱られる時は一緒ですよ?」(ロキシー)

 

「では帰りましょう、私達の家に」(ロキシー)

 

「(領地へ行くのは)私も楽しみです」
「領民と共に何世代もかけて土地改良をした豊かな土地は」
「ハート家の自慢ですから」(ロキシー)

 

「(コボルト討伐) 私も一応聖騎士ですから、造作もありません」(ロキシー)

 

「ところで…フェイトさんはロキシーのことが好きですか?」(アイシャ・ハート)

 

「私はただ、雇用主としてどうかを聞いただけですよ」(アイシャ)

 

「わかってるさ、たとえ想っていても身分が違う」
「それでも俺は──」(フェイト)

 

「アイシャ様、ロキシー様をとてもお慕いしています」
「もし許されるなら、この命が尽きるまでお仕えしたく」(フェイト)

 

「(お辛い?) ロキシー様は優しくも心の強い方」
「あのお方なら大丈夫だと俺は信じてます」(フェイト)

 

「長く白い髮、褐色の肌に白い入れ墨、この国にはいない人種だ」
「赤い目…!? この目はまるで…飢餓状態になった俺だ」(フェイト)

 

「…まだ早かったみたい」
「コボルトを追って狩りに来たけど、あなたにあげる」
「貸し1つ。そのうちまた」(マイン)

 

 

「(知ってるか?) …『また』って言ってただろ」
「その時まで忘れておけばいい」(グリード)

 

「領民と一緒に畑で汗を流す領主、慕われるのも当然だな」(フェイト)

 

「温かな居場所、優しい人たち」
「だからこそ怖くなる」
「俺はいつまで、ロキシー様の側(そば)にいられるだろうか」(フェイト)

 

「この力──暴食スキルを抱えたままで」(フェイト)

 

「やばいのが来たな」
「あれは個体識別名を持った強力な魔物『冠』だ」(グリード)

 

「やばいぞ。若い聖騎士1人では、こいつは荷が重い」
「ここでお前が抑えなければ、領内が蹂躙されるってことだ」(グリード)

 

「(約4倍) 今の俺じゃ絶対に勝てない」
「でも、俺がなんとかしないとこの領地が、みんなが」
「それにロキシー様を死なせるわけにはいかない…!!」(フェイト)

 

「(考え?) わかってるだろ」
「暴食らしく戦うだけさ」(フェイト)

 

「黒弓(第一位階)の奥義で一気に片付けるぞ」
「すべてを吹き飛ばしてやる、全ステータスの10%を捧げろ!!」(グリード)

 

「相変わらず強欲な奴だ、持っていけ!!」(フェイト)

 

「おい、グリード」
「やりすぎだろ、これ」(フェイト)

 

「なんだ…これ!? とんでもない高揚感…!!」
「歓喜…いや、これはもう…狂気だ…!!」(フェイト)

 

「それが…戦闘跡と大量のコボルトの死体は見つかったのですが」
「生きているものは見つけられませんでした」(ロキシー)

 

「しかも、美しかった景観が見る影もなく…!!」(ロキシー)

 

「…私はたぶん、もう長くはないわ」
「自分のことは自分が一番わかっているのよ」(アイシャ)

 

「あなたといると、あの子はいい目をするの」
「だからお願い、ロキシーの支えになってあげて」(アイシャ)

 

「地位や立場なんて必要ないわ、聖騎士のような力もいらない」
「大事なのは、ここ。『そうありたい』っていう心よ」(アイシャ)

 

「フェイト、母上と何をこそこそ話をしているんですか?」
「仲いいですね」(ロキシー)

 

「とうとう来たか、半飢餓状態だ」
「そうなったら残された時間は少ないぞ」
「今後の身の振り方を考えろ」(グリード)

 

「ロキシー様の様子がおかしかったのはそのせいか…!!」
「ガリアで死んでこいってか…!!」(フェイト)

 

「俺には国の決定を覆すことはできない」
「ロキシー様を止める力もない」(フェイト)

 

「だけど、人を虫けらのように扱って、大切な人を傷つける」
「お前達は、許せない」(フェイト)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 
スポンサーリンク
 
 
 
アマゾンリンク
暴食のベルセルク 1巻 [Blu-ray]

コミックシーモアリンク
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※