「悲劇の元凶となる最強外道ラスボス女王は民の為に尽くします(ラス為)」の名言・台詞まとめ

マンガ「悲劇の元凶となる最強外道ラスボス女王は民の為に尽くします(ラス為)」の名言・台詞をまとめていきます。

悲劇の元凶となる最強外道ラスボス女王は民の為に尽くします

1巻

「順風満帆とは言わない。それでも私の人生はそれなりだった筈だ」
「交通事故で呆気なく、私の人生は終わった」(前世)

 

「ここは前世で私がやり直そうと思っていた乙女ゲーム『君と一筋の光を』の世界」
「……でも何故よりによってプライドなのだろう。こんな最低最悪の外道ラスボスに転生するなんて!!」(プライド・ロイヤル・アイビー)

 

「そうだ、今の私の発言。ゲームで見たプライドの幼少回想シーンそのままじゃない。やっぱりゲーム通りに進んでいるんだわ……」

「妹……もう……全部知っているのに」(プライド)

 

「前世の記憶を生かしてバッドエンド(自分が助かる)に持っていこうなんて思えないわ」
「だってティアラと攻略対象者は本当に善人で、プライドは死んで当然レベルの極悪非道の女王なんだから」(プライド)

 

「大体プライドは予知能力をまったく良いことに役立てなかった。予知を他で役立てればよかったのに」(プライド)

 

 

「18年生きてきた前世の記憶があるからよくわかる。権力を持つ恐ろしさ」
「このことだけは忘れないようにしたい。私はこの国の第一王女なのだから」(プライド)

 

「この世界ってストーリーを変えられるの??」
「……いや、そんな訳ないか……だって──父上も母上も健在だけれど、結局ゲームの通りに人生が進んでいる」(プライド)

 

「隷属の契約なんて、そんなこと私はしない!」
「私はこれ以上絶対に、ステイルを傷付けない」(プライド)

 

「プライド様は、噂とは違う人なのかもしれない」(ステイル・ロイヤル・アイビー)

 

「決まりだ。僕は理想の補佐になる為に全力を尽くそう」
「そうだ。全てはいつか母さんに会う為に、その為に──プライド様を味方に付ける」(ステイル)

 

「人前では姉君でいいけれど、二人でいる時はプライドと呼んでちょうだい。だって私とステイルは家族で対等な関係だもの」(プライド)

 

「約束する。私は絶対これ以上、貴方を傷付けない。貴方も、貴方のお母様のいるこの国も皆が笑っていられるようにする……!」

「私の命のある限り」
「だから、もし……私が最低な女王になったら、ちゃんと私を殺してね」(プライド)

 

「この人は、何をこんなに恐れているんだろう。こんなに優しくて、こんなに国を想ってる人が、なんで自分を最低な女王になると思うんだろう」

「わからない。でも、いつも笑顔で、僕一人なんかにも色々な責を負ってくれるお人好しなこの人にも、怖いものがあるというのなら」

「プライド。貴方のことは僕が守るよ」(ステイル)

 

 

「プライドは約束を果たしてくれた。ただ守るだけじゃ足りない。この恩を、感謝を、絶対に返したい。生涯をかけてでも──」(ステイル)

 

「彼女を守る為には、今の僕じゃ何もかもが足りない。知識も信頼も全て。健気に見えるだけじゃ意味がない」

「誰よりも狡猾に計算高くなって、人の心や考えを読み取り、信頼を得られるような人心掌握術を手に入れて、ジルベール以上の信頼を勝ち得てみせる」

「プライドや父上、ティアラ様や母上に好かれるだけじゃ意味がない。国民全てに好かれるような外面を」(ステイル)

 

「プライドが僕や母さん、民の笑顔を約束してくれたのなら、僕は僕の一生をかけて彼女を薄汚い大人達から守ってみせる」

「これは決意じゃない、誓いだ。僕の望みはプライドの幸せ、ただそれのみ。たった今から僕は、彼女の為に在る」(ステイル)

 

「恐るべきラスボスチート。プライドはただの乙女ゲームの悪役ではない、この世界のラスボスだ。単なる計略や嵌めるだけではなく、主人公に立ちはだかる」

「そう──彼女は強かった」(プライド)

 

「こんな有能な騎士達を私……プライドは将来、自分に逆らう民の制圧や国との争いにしか使おうとしなかったなんて、本当に愚かだ」(プライド)

 

「ステイルの特殊能力については箝口令を。彼の能力は戦いの為でなく、自ら望むことや守ることだけ使ってほしいのです」(プライド)

 

「大丈夫よ。私の国の民は誰一人、不幸にさせない。私を、あの戦場に!」(プライド)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
悲劇の元凶となる最強外道ラスボス女王は民の為に尽くします 1-3巻セット (コミック)

 

→マンガの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました