「炎炎ノ消防隊」武久火縄の名言・台詞まとめました

アニメ「炎炎ノ消防隊」武久火縄の名言・台詞をまとめていきます。

アマゾンリンク
炎炎ノ消防隊 全26巻セット (コミック)

炎炎ノ消防隊

2話

「消防官が火で遊ぶな!」

 

「問題ありませんよ。茉希は元軍人です。人間を潰す方法を心得ている」

 

4話

「あいにく、お前のようなクズを許せるほどお人好しでも無い」

 

「森羅。あいつの言葉に耳を貸すな、あいつを処理しろ」

 

5話

「俺が冗談を言うように見えるのか?」

 

「俺のシゴキから逃げられると思うなよ!」

 

「俺は、話の通じない国のバカ共をぶちのめすために、特殊消防隊ではなく、桜備大隊長の元、第8に入ったからな」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

10話

「俺は、この第8を気にいっている。お前ら新入り達も、俺たち第8を信頼してもらいたい」

 

「あなたが集めた第8のメンバーに、ヤワな奴はいませんよ。あいつは大丈夫です」

 

11話

「だが所詮、コネで入ってきた箱入りだ、優しすぎる。軍人には絶望的に向いてない」

 

「無駄な努力は努力とは呼べない。怠け者と変わらんよ」

 

「何で撃てなかった? 撃ってやれなかった……」

 

「処罰など、この中の焰ビトの苦しみに比べたら、痛くもかゆくも無い。あなたもそう思うんでしょ?」

 

20話

「お前達のような命の重みを分からない奴に、森羅は渡さない」

 

「感情のしんどさには同意するが、熱くならざろう得ないな」

 

「全く第8は、中隊も無いのに、中隊長なんてやらされて。桜備大隊長だけでは不安だからな。俺が死んだら、誰がうちの部下の面倒を見る!?」

 

「俺を仕留められなかった原因は、最初の一撃で、第8のエンブレムがある左肩を撃たなかったことだ」

 

炎炎ノ消防隊 弐ノ章

5話

「自ら発火することは出来ないが、相手が第三世代なら、相手の炎を利用して戦える」
「だからこそ、対第三世代戦は、相手に炎を出させるため、自分の世代を隠し、油断させるのが我々の戦術だ」

 

19話

「白装束の活動は過激化している。箱入り娘に務まる任務じゃない」

 

「訓練は頑張ってこなせるようになるんじゃない。余裕でこなせるようになれ」

 

21話

「もちろん、最前線で肉の壁にしてました」

 

「戦場で名乗りを上げるとは、アーサーなみのバカか」

 

「手足の関節があれば、相手が何であれ関係ありませんよ」

 

「第8は戦闘狂などではありません。私はそうかもしれませんが、第8は違います」

 

22話

「過激化する白装束を相手に、お前みたいなお嬢様が戦えるか心配だったんだ。今日はよくやった」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
炎炎ノ消防隊 全26巻セット (コミック)

 

→炎炎ノ消防隊
→炎炎ノ消防隊 弐ノ章
→炎炎ノ消防隊(森羅日下部)
→炎炎ノ消防隊(アーサー・ボイル)
→炎炎ノ消防隊(秋樽桜備)
→炎炎ノ消防隊(新門紅丸)
→炎炎ノ消防隊(茉希尾瀬&環古達)
→炎炎ノ消防隊(アイリス&プリンセス火華)
→炎炎ノ消防隊(ヴァルカン&リヒト)
→炎炎ノ消防隊(バーンズ&ジョーカー)

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

03_キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました