「鬼滅の刃」伊黒小芭内(いぐろおばない)の名言・台詞まとめ

アニメ「鬼滅の刃」伊黒小芭内(いぐろおばない)の名言・台詞をまとめていきます。

 

鬼滅の刃

22話

「そんなことより冨岡はどうするのかな?」
「拘束もしてない様に俺は頭痛がしてくるんだが?」

 

「胡蝶めの話によると、隊律違反は冨岡も同じだろ?」
「どう処分する? どう責任を取らせる? どんな目に合わせてやろうか?」

 

「何とか言ったらどうだ、冨岡?」

 

「くだらない妄言を吐き散らすな」
「そもそも身内ならかばって当たり前」

 

「言うこと全て信用できない、俺は信用しない」

 

「冨岡が横から口を挟んだとはいえ、不死川に一撃を入れた…」

 

「信用しない信用しない、そもそも鬼は大嫌いだ!」

 

「不死川、日なたではダメだ」
「日陰に行かねば鬼は出て来ない」

 

23話

「(強く押さえ過ぎ?) 動こうとするから押さえているだけだが?」

 

遊郭編

11話

「陸ね…一番下だ、上弦の」
「陸とはいえ上弦を倒したわけだ、実にめでたいことだな」

 

「陸だがな…褒めてやってもいい」

 

「お前程度でもいないよりはマシだ、死ぬまで戦え」

 

刀鍛冶の里編

10話

「大事になんてしなくていい」
「いい…破れたら、また新しいのやる」

 

柱稽古編

3話

「鬼殺隊にとってこれは、凶兆なのではないだろうか」

 

「隊士共に稽古をつけている間は気が紛れる」
「だが冷静に状況を見渡せば、どうしてもこれからのことを意識してしまう」

 

「この静けさは…嵐の前触れなのではないかと」

 

4話

「(炭治郎が全快?) そうか…じゃあ、徹底的にやっていいってことだな」

 

5話

「竈門炭治郎、俺はお前を待っていた」

 

「黙れ、殺すぞ」

 

「甘露寺からお前の話は聞いた」
「随分とまあ楽しく稽古をつけてもらったようだな」

 

「俺は甘露寺のように甘くないからな」

 

「(くくられてる人の罪?) まあそうだな…」
「弱い罪、覚えない罪、手間を取らせる罪、イラつかせる罪…というところだ」

 

「話にならん! それで稽古と言えるのか?」
「俺が相手をしてやる…打ってこい」

 

「ためらうな、ゴミめ」

 

「(訓練終了) じゃあな。さっさと死ね、ゴミカス」
「馴れ馴れしく甘露寺としゃべるな」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 
スポンサーリンク
 
 
 
アマゾンリンク
劇場版「鬼滅の刃」無限列車編 [Blu-ray]
鬼滅の刃 全23巻セット (コミック)

コミックシーモアリンク
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

 

→鬼滅の刃のインデックス