「るろうに剣心」志々雄真実の名言・台詞まとめ

アニメ「るろうに剣心」志々雄真実の名言・台詞をまとめていきます。

るろうに剣心

33話

「気に入った。特に、人間をゴミ同然に斬るところがな」
「いずれ奴にも出番が来る。使い方は俺が考えるさ」

 

「これからは俺が時代をもてあそぶのさ」

 

36話

「君ぐらい付けろよ。無礼な先輩だな」

 

「この村を取ったのは、東海地区制圧の軍事拠点にするためさ。まぁ、温泉が気に入ってるのもホントだがな」

 

「10年前……影の人斬り役として、抜刀斎の後を引き継いだ俺は、維新政府のために命がけで働いた」

「ところが奴等は、さんざん俺を利用したあげく、秘密を知り過ぎたこの俺を、抹殺しようとしやがった」

「ご丁寧に、全身まで焼いてな。しかし、俺は死ななかった。だがその火傷のせいで、俺の体は常人では考えられぬほどの高熱を宿すようになった」

「いわば、地獄の業火の残り火が、ずっと俺の体の中で、燃え続けているのさ」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「だが俺はね、今さら奴等に復讐する気なんて更々ないんだよ」

「むしろ感謝してるくらいさ。この傷は身に染みるほどいろんなことを教えてくれた。信じれば裏切られる、油断すれば殺される、殺される前にやれ」

「それからホントにいい男はどんなになっても、女の方から寄ってくるってこともな」

 

「あんたも俺も先輩も、同じ幕末を生きた男だろ。なのに何で……俺の気持ちが分からないのかね?」

 

「攘夷だ、勤王だ、佐幕だのといっても、しょせん幕末ってのは、戦国以来、300年を経てやって来た、久々の動乱なんだぜ」

「佐幕派も倒幕派も、それぞれがそれぞれの正義って名の錦の御旗を掲げて、日々争い殺し合った動乱の時代」

「そんな時代に生まれ合わせたのなら、天下の覇権を狙ってみるのが、男ってもんだろ」

 

「ところがどうだ……暗殺されかけて、やっと傷を癒やして出てきてみれば、動乱は終わって、明治政府なんてもんが出てきやがった」

「しかも、俺1人を抹殺することも出来ない弱々しい政府だ。こんな政府に国は任せられねえだろ。ならば!?」

「動乱が終わったのなら、俺がもう一度起こしてやる。俺が覇権を握りとってやる。そして、俺がこの国を強くしてやる。それが俺がこの国を手に入れる正義だ!」

 

「この世はしょせん弱肉強食、といっても、先輩は納得しそうにないな」

 

「俺もやるならやるで構わんがな。どうせやるなら、花の京都と洒落込みたいもんだ」

 

37話

「先輩が人斬りを止めたとは聞いていたが、この目で見るまでは信じ難かった。そんなんで俺を倒そうなんて、100年早え」

 

「つまらねえ戦いはしたくねえ」
「京都で待っていてやるから、人斬りに戻って出直してきな」

 

「逆刃刀で、まさかこの長曾禰虎徹をここまで壊すとは、少し甘く見ていたか?」
「緋村剣心の中に押し込められてる、人斬り抜刀斎を、引きずり出したくなった」

41話

「十本刀が集結しだい、国取り開始だ」

 

42話

「いいじゃねえか、そんなことは。壊れてるのは俺達だって同じだろ?」
「まともな精神じゃ生きていけねえ。修羅とはそういう、生き物さ」

 

「だがな……俺は地獄を信じてる」
「こんな血で血を洗う修羅どもがうごめくうつしよこそ、地獄と呼ぶにふさわしくないか」

 

「人間の本性は修羅、そしてこのうつしよこそ地獄。殺さず、四民平等、そんなものは小さくもろい。修羅のみが生きる国、これこそ俺の作ろうとしている地獄なんだとな」

 

45話

「なあ由美、お前は俺の見てくれに惚れたのかい?」
「お前が惚れたのは俺の中身だろ。だったらこいつのそこを見てみろ」

「これが俺達の切り札、名付けて『煉獄』。どうだ由美、惚れてくれるか?」

 

「感傷にひたる理由なんざどこにある? これは俺の栄光への船出だぜ。俺が待っている京都大火は、その船出と宣戦布告の祝い花火さ」

「だがしかし……あの男との勝負がうやむやになるのは、心残りといえば心残りか……」

 

「奴と俺はもっとも近い人斬り。俺の思考読みやがったな」

 

「こいつが東京中を恐怖のどん底に突き落とす明治の黒船『煉獄』の真の姿よ!」

 

46話

「こいつらを甘く見ていたこの俺、志々雄真実の隙きが最大の原因だ! 煉獄一隻は高い代償になったが、この国を取るにはまずお前ら3人を葬る必要があると分かった」

 

「抜刀斎……あんたは俺にとって国取りのついでの余興に過ぎん。だがそれは、今この時からこちらも命を賭けるに値する余興になった」

「この先俺に隙きは無い。覚悟してかかってこい」

47話

「覚悟のほど、見届けた。以後汚れ役は任せる。その代わり、お前には常にいの一番に勝利を味あわせてやる。この俺の傍らでな」

 

50話

「そうでもねえさ。安慈相手に戦って無事にすむ奴など、まず間違いなくいねえし、宇水はおそらく斎藤に負けるだろうが、奴だって意地の一つでもかけて、それなりの傷は負わせるはずだ」

「手負い2人と抜刀斎なら、俺と宗で十分かたがつくだろう」
「お前はオロオロとうろたえる俺が見たいのか?」

 

51話

「そん時は、四乃森蒼紫を倒して、俺が最強だ」

 

53話

「強ければ生き、弱ければ死ぬ。それがあいつの行動理念だ」
「俺があいつに教えた言葉、そしてこの世の唯一の真実だ」

 

「この俺が見出し、作り上げた最強の修羅・瀬田宗次郎。果たして、打ち破れるか、お手並み拝見だ、抜刀斎」

 

54話

「宗次郎の超神速・縮地は、目にも映らねえ速さなんだよ」

 

55話

「違うな」
「生まれがどうのこうのじゃねえよ。お前が弱いから悪いんだ」

「所詮この世は弱肉強食、強ければ生き、弱ければ死ぬ。どんなに上手に嘘の作り笑いをしたところで、この真実からは逃れられねえぞ」

 

「着いてくるか?」
「お前なら、俺の次に強くなれるさ」

 

56話

「所詮、誰一人として、この俺の強さには着いてこれないという訳だ!」

 

「心配するな、俺一人で十分よ。10年を取り戻すくらいな」

 

57話

「伝説の人斬り・緋村抜刀斎の最後、その目にしっかり焼き付けておくんだな」

 

「昔も今も、弱肉強食こそ、この世の絶対普遍の摂理。強ければ生き、弱ければ死ぬ。そして最強は、この俺一人で十分だ」

 

「見直したぜ、抜刀斎。この俺の作り上げた最強の修羅・宗次郎を殺さずのまま倒すとはな。だが、この俺と戦うにおいて、そんな甘い考えは、絶対に通用しねえぜ」

 

「弱者を糧に、己の強さを高めていく。これぞ剣術における、俺の弱肉強食だ!」

 

「不服そうだな? ならば自分の剣で、己の正しさを明かしてみな」

 

「この技は新月村で既に見せてもらった。一度見せた技はこの俺に効かねえ。抜刀斎、お前もここで、俺の糧となるか」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

58話

「この俺より弱え明治政府の連中に、この国の覇権を握る資格はねえ。覇権を握るのは、この俺一人! 俺の国取りは、この国の摂理!」

 

「みっともない生き恥さらすより、あんたはここいらで、華々しく散った方がいいと思うぜ!? そうすりゃ俺が作る新しい歴史の中に、名前くらいは残してやるぜ!」

 

「油断? 何のことかな? これは余裕と、いうもんだ!」

 

「かかってくるなら、このいかんともし難い実力の差を、ちっとは埋めてから、かかってこい!」

 

59話

「久々に俺自ら戦ったついでだ。この際誰が最強か、後腐れのないようハッキリさせてもよ」

 

「抜刀斎を倒せなかった技が、その程度の技がこの俺に通じるとでも思っていやがったか」

 

「四乃森蒼紫。お前は緋村より偏狭な枠組みを持つものの、人のために剣を振るうという点においては、奴と同類」

「抜刀斎と同じく、俺に巡り合った時点で既に、お前の命運は尽きていたのさ」

 

「心地いい剣気だ。そうだ、全力の俺の相手をするからには、限界の一つや二つ、せめて超えてもらわねえとな」

「さあ、この俺の灼熱とかした血肉の全てを、もっと熱く、もっと楽しませてみろ!」

 

60話

「久々に、楽しい戦いだったぜ。こんなに楽しいのは幕末以来だが、この先国取りが控えているんでな、これ以上遊んでやる時間はねえ」

 

「終わりはしねえさ。俺がこの無限刃を手にしている限り」

 

「甘えよ、戦いはまだ続いてるんだぜ!」

 

「裏切るだと? てめえのものさしで語るんじゃねえよ。こいつは、誰より俺を理解し、俺は誰よりこいつを理解している」

 

「人の死をどうこう言ってる時じゃ、ねえだろ。お前も、俺もよ。先に立ち上がって、次の一撃を入れた方が、最後まで生き残った方が、この戦いの、勝者だ!」

 

61話

「方治、さっさと行くぜ」
「決まってんだろ、閻魔相手に地獄の国取りだ」

 

「抜刀斎との戦いは、時代が俺を恐れて奴に力を貸したが、ここには悪人しかいねえからな。今度はそうはいかねえぜ」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
るろうに剣心 全28巻セット (コミック)

 

→るろうに剣心
→るろうに剣心(緋村剣心)
→るろうに剣心(相楽左之助)
→るろうに剣心(四乃森蒼紫)
→るろうに剣心(斎藤一)
→るろうに剣心(比古清十郎)

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

03_キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました