「ジョジョの奇妙な冒険」ワムウの名言・台詞まとめ

アニメ「ジョジョの奇妙な冒険」ワムウの名言・台詞をまとめていきます。

ジョジョの奇妙な冒険 戦闘潮流

14話

「私の眠ってる間、外の世界がどのように変わったか、この貧弱な発明を見て想像できるな」
「作った光でこのワムウを縛ったままに出来るか!」

 

15話

「波紋の一族はいつも同じ台詞を吐く。我々が始めて西のはての大陸から海を超えて来た2000年前も、今も」

 

「貴様らの弱点は喉か肺だ。呼吸できなくさせれば波紋は使えんということも知っている」

「そして俺は、昔も今もこう言うのだ」
「『小僧。こんど会う時はもっと強くなってから、このワムウに向かってこい』と」

「二度目にお前に会う時このワムウが、お前の強さを尊敬して、お前を打ち砕き殺すためにな」

 

「やめろ。人間の寿命はどうせ短い。死に急ぐ必要もなかろう」

 

「お前のその武器と度胸とアイデアに敬意を表そう」
「面白くなってきた。だから…1分、1分だ。1分だけお前にこのワムウと戦う時間をやろう」

 

「必死になってかかってこい!」
「昔も今も俺は波紋の一族にこう言う。『砂時計ならぬ戦いの血時計よ』」

 

「よかろう、もっと打て。これまでこのワムウの顔に傷をつけた者はいないのだから」
「それが…お前にこのワムウが授ける死の前の名誉」

 

「ジョジョとやら、俺はあえてお前の口車に乗ってやるぞ」
「いいだろう。1ヶ月で強くなると言うのなら、1ヶ月だけ命をくれてやろうではないか」

 

20話

「貴様はシャボン玉を使うシーザーとか言ったな。今の身のこなしから判断すると相当に修行を積み、成長したとみえる」

「いいだろう! まずこのワムウに殺される資格はある」

 

「くれてやる…人間のようにセンチになったからではない。俺にとって強い戦士こそ真理、勇者こそ友であり尊敬するもの」

「俺はお前のことを永遠に記憶の片隅にとどめておくであろう、シーザー」
「シャポン玉のように華麗で儚き男よ」

 

22話

「なまじ目が見えたから、視力に頼っていたから、奴に虚をつかれた」
「これからはこの角で明かりなくして風だけでものを見よう」

 

「な…なんということだ、このワムウ…なんてざまだ、このワムウ…」
「1万2千年を生きた肉体がこんなに無様に…」

 

「このワムウ、敵を楽に勝たせる趣味はない。受けた傷も我が肉体。今までのダメージも我が能力。全てを利用して、勝利をつかむ!」

 

23話

「このワムウにとって強者だけが真理。勝者だけが正義であり友情。その自分自身の掟に従っただけのことだ」

「ジョジョ。このワムウ、今までの人生、不老不死などどうでもよかったのだ。この掟さえ貫いて朽ち果てられればな…」

 

「悔いはない…心からお前の成長が見れてよかったと思うよ」
「俺は…お前に出会うために1万数千年もさまよってたのかもしれん」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
ジョジョの奇妙な冒険 全63巻セット (コミック)

 

→ジョジョの奇妙な冒険
→ジョジョの奇妙な冒険(2期)
→ジョジョの奇妙な冒険(ジョナサン)
→ジョジョの奇妙な冒険(ディオ)
→ジョジョの奇妙な冒険(スピードワゴン&ツェペリ)
→ジョジョの奇妙な冒険(ジョセフ)
→ジョジョの奇妙な冒険(シーザー&リサリサ)
→ジョジョの奇妙な冒険(カーズ)
→ジョジョの奇妙な冒険(空条承太郎)
→ジョジョの奇妙な冒険(花京院典明)
→ジョジョの奇妙な冒険(ポルナレフ)
→ジョジョの奇妙な冒険(アヴドゥル&イギー)

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました