「ワンピース」サンジの名言・台詞まとめ

アニメ「ワンピース」サンジの名言・台詞をまとめていきます。

 

ワンピース 東の海(イーストブルー)編

20話

「ちょっとあの虫を取り除けば飲めたんじゃねえのか?」
「せっかく三日三晩、アクを取り取り作りあげたスープだぜ」

 

「金ってのは…腹の足しになるのかい?」
「腹の足しに…なるのかって聞いてるんだよ!」

 

「食いもんを粗末にすんじゃねえ」
「海でコックに逆らうことは、自殺に等しい行為だってことをよく覚えておくんだな」

 

21話

「客がどうした? こいつは大切な食い物を粗末にした上に、コックを侮辱しやがった」
「だから思い知らせてやったのさ」

 

「四の五の言ってねえで食いやがれ。俺にとっちゃ誰でも腹減らしてる奴は客なんだよ」

 

「海は広くて残酷だなあ。この海の上で食料や水を失うことがどれほどの恐怖か、どれほどつらいことか…腹減った奴の気持ちは誰よりも分かるんだよ」

「誇りに死ぬも構わねえが、食って生き延びれば見える明日もあるんじゃねえのか?」

 

「(仲間?) それは断る。俺はこの店で働かなきゃいけねえ理由があるんだよ」

 

「なーに…怒られる理由と証拠がねえ」

 

22話

「他の何を差し置いても、俺の料理をけなすのは許さねえぞ」
「てめえがなんと言おうと、俺はここでコックをやるんだ。文句は言わせねえ!」

 

「ふざけんな…いくら追い出そうとしてな、俺はこの店でずっとコックを続けるぞ」
「てめえが死ぬまでな!」

 

「分かってるよ…相手が救いようもねえ悪党だってことくらいな」
「でも俺にはそんなことはどうだっていい…どうだっていいんだそんなことは!」

「食わせてその先どうなるかなんて、考えるのも面倒くせえ」
「俺はコックだ、それ以上でもそれ以下でもねえ。腹すかしている奴がいるってなら食わせてやる、ただそれだけだ」

「コックってのは、それでいいんじゃねえのか?」

 

23話

「腹をすかせた奴に飯を食わせるまではコックとしての俺の正義」
「だがな…こっから先の相手は腹一杯の略奪者。これから俺がてめえの仲間をぶちのめそうとも、文句は言わせねえ」

「この店を乗っ取ろうってんなら…俺はたとえてめえでも容赦なく殺す!」

 

24話

「あの野郎いかれてるぜ。相手は本物の世界一だぞ、結果は見えてた」
「死ぬくらいなら野望を捨てろよ」

「簡単だろ! 野望を捨てるぐらい!」

 

25話

「(敵に足場?) 構わねえ。このレストランの中を戦場にするわけにはいかねえんだ」

 

「包丁はコックの魂。素人がやすやすとコックの包丁に手かけんじゃねえよ」

 

「たかがコックだと? 三枚におろすぞてめえら!」

 

「料理人は手が命。戦闘で傷つけるわけにはいかねえんだ」
「てめえもこの足で仕留めてやるよ」

 

「バーカ。炎が怖くてコックが務まるかよ」

 

26話

「この店はそのジジイの宝だ!」
「俺はクソジジイから何もかも取り上げちまった男だ。力も…夢も…だから俺はもう、クソジジイには何も失って欲しくねえんだよ!」

 

「おい! ジジイ、死ぬな? 勝手なことして、勝手に死ぬなよ!」

 

「よし、俺もそれ(レストラン)手伝うよ。だから死ぬな」

 

「クソジジイは…てめえの足の代わりに俺を生かしてくれた」
「俺だって…俺だって死ぬくらいのことしねえと、クソジジイに恩返し出来ねえんだよ!」

 

「(立ち上がるのは)一時でも長く、ここがレストランであるためさ」

 

28話

「ギン、お前は…お前はついていく男を間違えたらしいぜ」

 

30話

「俺は行かねえぞ、海賊にはならねえ」
「ここでコックを続けるよ。クソジジイに俺の腕を認めさせるまで」

 

「離れられねえよ。どいつもこいつも頼りにならねえ奴等だからな」
「でも、俺もいつか行こうと思ってるぜ…グランドラインへ」

 

「お前さ、オールブルーって知ってるか?」
「何だ、知らねえのかよ、奇跡の海の話さ」

 

「まる聞こえだよ、クソ野郎ども」

 

「バカげた夢は、お互いさまだ」
「俺は俺の目的、オールブルーのために」

「ああ、付き合おうじゃねえか、海賊王への道とやらに」
「お前の船のコック、俺が引き受ける」

 

「オーナーゼフ! 長い間、クソお世話になりました! この御恩は一生、忘れません!」

 

34話

「なんだと、コラ。恋はいつもハリケーンなんだよ!」

 

「なぜ泣いてたんだろう、ナミさんは?」
「心ん中でな」

 

37話

「幸せをかみしめてるのさ」
「ナミさんは人の何倍もの苦しみを背負って生きてきた。その苦しみを俺が取り除いてあげる、こんな幸せがあるか?」

「美しい人のために戦う、それのどこが悪い?」

 

38話

「まいったね、どうも」
「俺はとんでもねえアホのキャプテンについてきちまったらしい」

 

「俺の騎士道が生ぬるいかどうか試してみろよ。これでも俺は半生を無敵の海賊に育てられたんだ」

 

39話

「魚がコックに逆らうな!」

 

「魚野郎のパンチが40段?」
「それなら、いつもくらってたクソジジイの蹴りは400段だな」

 

40話

「こいつ絶対に許さん。俺が…俺が誰も守れねえだと?」

 

「俺の騎士道が甘いだと?」
「俺が誰も守れんだと?」
「デザートは…いらねえか?」

 

「しょせんは雑魚。コックに逆らおうなんざ100と5万年はええ」
「このゲーム…俺達の勝ちだな」

 

48話

「極上のアペリティフ」
「ポワンドリーヌのシャンパン風美女2人」
「町中とびっきりの食材であふれてんじゃねえかよ。何から手つけていいか迷うじゃねえか、この野郎」

 

54話

「いいじゃねえか、事情があんだろ。言いたくねえってんだ、聞くこともねえさ」

 

61話

「グランドラインに向かった奴等は、入る前に半分死ぬと聞いた」
「簡単には入れねえと分かってたさ」

 

グランドライン突入編

67話

「なるほどね。それは惜しいことをしたが、まだ俺にも活躍の場は残ってるわけだ」
「大丈夫。この眠れる騎士が目覚めたからには、君の安全は保障する」(サンジ)

 

冬島編

78話

「俺がこの船のコックである限り、普段の栄養の摂取に関しては一切問題を起こさねえ。だが、病人食となるとそれには種類がある」

「どういう症状で何が必要なのか、その診断が俺には出来ねえ」

 

81話

「いいか、ルフィ! お前は絶対に手出すなよ」
「バカ! お前が攻撃しても受けたとしても、その衝撃は全てナミさんにまで響いちまうだろうが!」

「死んじまうぜ…」

 

82話

「レディはソフトに…扱うもんだぜ」

 

87話

「てめえレディーに向かってアフロ飛ばすとは、どんなブラザーソウルだよ」

 

アラバスタ編

102話

「そんでもって時は流れて今はアラバスタ王朝ってわけだ。壮大な話だね、そりゃ」
「栄えた国もいずれは消えてく運命ってか、ロマンだねえ」

 

104話

「こいつ(ルフィ)は考えもなしに、たまに核心を突くよな」

 

109話

「何本でも房になってかかってこいよ、クソバナナ(ワニ)」
「レデイーに手を出すような行儀のわりいてめえらには、片っ端からテーブルマナーを叩き込んでやる」

 

110話

「ビビちゃん、こいつは君が仕掛けた戦いだぞ。数年前この国を飛び出して、正体も知らねえこの組織に君が戦いを挑んだんだ」

「ただし…もう1人で戦ってるなんて思うな」

 

113話

「おいおい、俺は反乱軍でも国王軍でもねえ」
「レディーの味方だ!」

 

「よくやったな、カルー隊長。男だぜ」
「おめえらも下がっていいぞ」
「反乱はまだ止まるんだろ? ビビちゃん」
「そいつは…俺が引き受けた」

 

「(プリンス?) いや、俺の名はサンジ。海の一流コックだ」

 

115話

「バカか、てめえ。いくら何者に姿を変えようと、お前はお前さ」
「俺はそういう映像にはとらわれねえタチなんだよ」

「人は、心だろうが!」

 

116話

「いい勝負だった。もうそれ以上、言葉はいらねえはずだぜ」

 

127話

「分かってんだろ?」
「俺達ゃ札付きだよ、国なんてものに関わる気はねえ」

スポンサーリンク
 

空島編

159話

「このミルキーロード…止まってうだうだやってたら、えらい目に遭うぜ」
「進み続けるしかなさそうだ」

 

163話

「お前は試練試練ととやかく言うが、正直俺らにゃ身に覚えのねえ話。だが受けよう、空くんだりのクソ試練」

「なぜならか弱いレディーが2人、俺の助けを待っている。つまりそうだ…これは恋の試練」

 

184話

「神だろうがなんだろうが、ナミさんに指1本触れてみろ。この俺は青海の悪魔と化すぞ」

 

185話

「いいか、ウソップ。俺は…ナミさんのためならお前が死んでも構わない」

 

「神よ、言い残したことが1つあった」
「いや、その前に…悪いな…タバコの火、欲しかったとこだ」
「ああ…ほえズラかき…やがれ…」

 

ウォーターセブン編

234話

「人にケンカ売っといて、締まらねえマネすんじゃねえよ」

 

「もうしゃべってくれるな。そういうこっちゃねえんだよ」

 

235話

「バカ野郎が…てめえ今何言おうとしたんだ!」

 

236話

「決闘に負けて、その上同情された男がどれだけ惨めな気持ちになるかを考えろ!」
「不用意な優しさが、どれほど敗者を苦しめるか考えろ」

「あいつは、こうなることを覚悟の上で決闘を挑んだんだ」

 

237話

「もしかして俺達…ロビンちゃんのことなんにも知らなくねえか?」

 

257話

「分かってんなぁ。おう、マリモ君。俺を心配してくれてんのかい?」
「だが残念。そんなロビンちゃんの気持ちを聞かされちゃあ、たとえ船長命令でも俺は止まる気はねえんで!」

 

259話

「戦闘にはコックの神聖な手も包丁も使わねえのが俺のポリシーだが、ここが給仕室で敵が食材ならば話は別だ」

 

「すいませんね、生意気で。おわびと言っちゃなんですが…ご覧に入れましょう」
「一流コックの、別格の包丁さばき」

 

260話

「しょせん食い物をおもちゃにするような三流コックとはいえ、包丁の手入れだけは褒めてやるか」

 

261話

「なお、皮むきでさえ愛情を欠いては、どんな料理もまずくなる」
「包丁は剣じゃねえんだ、人は斬らねえ」

 

「これ以上なんか言ったら骨格変えるぞ」

 

「お前の罪は3つある」
「1つ、俺の前で料理人を名乗ったこと」
「2つ、食い物を粗末にしたこと」
「3つ…俺達の仲間を、侮辱したこと!」

 

エニエス・ロビー編

282話

「独りで死ぬつもりだったなんて、切ないぜロビンちゃん」
「俺はもう、誰かが犠牲になるのは見たくねえんだ」

 

CP9編

287話

「い…いかーーん! お茶なんて飲んでる場合じゃねえ!」
「魔術…魔術にかかっていた。恋の罠という名の高潮に、俺は飲み込まれちまうところだった」

 

「海列車でロビンちゃんをひどく侮辱したCP9を、俺は忘れねえ」

 

「ああ…俺のバカ野郎…」

 

「命はやらねえ。俺が欲しいのは、ロビンちゃんの手錠の鍵だ」

 

「すまねえ…負けた。鍵、奪えなかった…」

 

「別に、死にてえとは思わねえ。ただ、女は蹴ったらいかんもんだと叩き込まれて育った」「だから…たとえ死んでも、俺は女は蹴らん!」

 

297話

「命がありゃあいい。誰にでも出来ることと出来ねえことがある」

 

「状況は最悪だ。だが最悪の事態には、必ず相応のチャンスが眠ってるもんだ」

 

「お前に出来ねえことは俺がやる。俺に出来ねえことをお前がやれ!」

 

「よく考えろ…状況を読め!」
「お前がいれば、ロビンちゃんは必ず救えるんだ、ウソップ!」

 

298話

「逃げる気もねえし、殺される気もねえし…許す気もねえ」

 

「口に気をつけろ。俺は怒りで、ヒートアップするクチだ」

 

「神は食物を作り、悪魔が調味料を作る。少し辛味が、効き過ぎたな」

 

さよならメリー号編

311話

「(効果は)想像以上!」
「ああ! 根性だけで逃げ切れる敵じゃねえだろ」

 

スリラーバーク編

343話

「おい、ジジイ! 泣き落としはレディの特権だと思え!」
「お前じゃときめかねえ!」

 

353話

「(ナミさんが)連れ去られた! なぜ地の果てまで追わねえ!」

 

355話

「当ったりまえじゃ!」
「透明人間だか陶芸名人だか知らねえが、霧の彼方へ蹴り飛ばしてやらぁ!」
「(ナミさんと)結婚なんざさせるかぁ!」

 

「透明エロ人間め! クソ許さーーん!」

 

356話

「あのムカつくゴーストの黒幕が、あんなキューティーちゃんだったとは!」

 

357話

「俺はここで別れてナミさんのもとへ向かう」
「おうよ! 俺は恋の狐火! ナミさーーん! 嫁にはやらんぜぇ!」

 

358話

「お待たせ、ナミさん。あなたのナイトです」

 

「驚いた。全く人騒がせな美しさ。間違えて女神を助けちまったのかと思ったぜ」

 

「ナミさんに当たるとこだ」
「レディのいる場所で人を巻き込むような攻撃は避けるべきだろう」

 

「何が結婚だ? 俺の目を見て言ってみろ! 蹴り潰してコロッケにしてやる!」

 

「イラだってるっつったか、お前? 俺はそんなもんじゃねえぞ」
「怒りで体が爆発しそうなんだよ!」

 

「俺とお前には、因縁がある」

 

359話

「お前は俺から、夢を1つ奪った男だ」

 

「分からねえのか?」
「無駄な破壊でナミさんを傷つけたら、お前はもう生物としての原形をとどめさせちゃおかねえぞ」

 

「スケスケの実の透明人間。お前に出来ることは、全て分かってる!」

 

「ガキの頃に開いた”悪魔の実大図鑑”」
「嘘くせえ上に、海に呪われると書かれたそんなものに興味はなかったが…」
「1つだけ、俺の心をとらえた項目があった」

「一生のうち、万が一こんな能力に出会えたなら、俺はたとえカナヅチになろうとも食ってみてえと思った」

「だが…この世に同じ実は2つと存在しねえから…」
「もしその能力者に出会ったとしたら、俺のその夢はついえる」

「分かるか? 俺は一度、透明人間になってみたかったんだ!」
「だからスケスケの実を食ったお前は、俺の夢を1つ潰したっつってんだよ!」

 

「もう、その夢に未練はなしだ」
「俺はもう、透明になんかなれなくたって構わねえ!」
「自力でのぞく!」

 

「野獣の花嫁は…野獣で十分だ」

 

366話

「てめえの中身がルフィの影なら、てめえの仲間の底力、見くびっちゃいかんだろ」

 

377話

「こんなマリモ剣士より、俺の命取っとけ」
「今はまだ海軍は俺を軽く見てるが、後々この一味でもっともやっかいな存在になるのは」
「この黒足のサンジだ!」

 

「こちとらいつでも身代わりの覚悟はある。ここで死に花咲かせてやらあ!」

 

378話

「やぼなマネはするな。あいつは恩を売りたくて命張ったわけじゃねえ」
「特に、自分の苦痛で仲間を傷つけたと知るルフィの立場はどうなる?」

 

シャボンディ諸島編

388話

「(爆弾を)レディー達に当てやがったら、生かしちゃおかねえぞ」

 

389話

「(責任?) うるせえ! あの手配書に頭来てんのは俺の方なんだよ!」

 

「俺にとっても見たくもねえ、あの手配書の落書き」
「そいつが実在してんじゃねえよ!」

 

「至高の技が織り成す上質な味わいを堪能しやがれよ、クソ野郎」

 

391話

「恋の奴隷なんだ俺は!」

 

395話

「ふざけやがって…全くどいつもこいつもレディーをなんだと思ってやがるんだ」

 

396話

「人に飼われて悲惨な人生を歩むより、今ここで死ぬことを選んだんだ」
「場合によっちゃ利口かもな」

 

403話

「ヤケになったら勝負は終わりだ」

 

女ヶ島編

419話

「ナミさんやロビンちゃんが俺のことを待ってる。でも、まずはさっきのお礼をいわねえと」
「この俺が男のマナーに反するわけにはいかねえ!」
「ナミさんやロビンちゃん、移り気な俺を許してぇ!」

 

「俺は今…地獄に来ています」

 

マリンフォード編

510話

「俺は、レディが好きな男の中の男だ! 近寄るんじゃねえよ、おめえら!」

 

512話

「(3D2Y) そうか、ルフィ」

 

514話

「俺はレデイ達とお友達になるために生まれてきたんじゃねえ」
「俺はレディを…愛するために生まれてきた男だ!」

 

「俺が勝った時…」
「俺が全てに勝った時…俺は今の数倍強くなってそうだな」

 

「おい、ルフィ。お前…負けんなよ」

 

「ルフィ。次、無事に会えたら…」
「俺は、お前が海賊王になるために、料理人として世界一のサポートをしてやる」
「この、地獄を…生き抜いて!」

 

515話

「2年後に、シャボンディ諸島で!」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

→ワンピースのインデックス

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました