「機動戦士ガンダム 水星の魔女」プロスぺラの名言・台詞まとめ

アニメ「機動戦士ガンダム 水星の魔女」プロスぺラ(黒色)&エルノラ(青色)の名言・台詞をまとめていきます。

 

機動戦士ガンダム 水星の魔女

PROLOGUE

「そうね。でもこの(GUNDの)技術がなかったら、ママはもう生きてないのよ」
「だからカルド博士はママの先生で、ママの命の恩人なの」

 

2話

「この腕も、仮面の下の顔も、全て水星の磁場に持っていかれました」
「水星の環境は過酷です。ですが、我々のドローン技術を応用できれば、危険に身をさらすことなく、パーメットの採掘事業が可能になります」

「どうかエアリアルの開発を認めて下さい。我々には、グループの支援が必要なのです」

 

7話

「(ミオリネ) お父様とは、いつもあんな感じなのかしら?」
「だって、あなたとスレッタが結婚したら、私達親戚になるんですもの」
「お嫁さんの実家には、仲良くしてほしいじゃない」

 

「21年前の、ヴァナディース事変を鎮圧した立役者。何よりガンダムを禁忌にした英雄」
「立派なお父様だと思うけど?」

 

「その素敵なドレスも、今身に付けているヒールもアクセサリーも、寮には入らず理事長室で生活しているのも、他者から受ける敬意も」

「その全てが、ベネリットグループ総裁であるお父様の力のおかげなのにって思ったら、なんだか可笑しくなっちゃって」

 

「でも…まずはそのかわいい意地を捨てなくちゃってね」
「デリング総裁の…お嬢さん」

 

「助けていただいてありがとうございます、ミオリネ・レンブランさん」
「あなたになら、安心してうちの娘達を任せられますわ」

 

「いいえ、ガンダムよ」
「ごめんね! とうとうバレちゃった。エアリアルは…ガンダムなの」

 

8話

「エアリアルの過去のデータを全て送ったわ」
「ガンダムが欲しい人間は、私やあなたの言葉より、数値を信じると思うから」

 

「人はよく知らないものを恐怖に感じるの」
「人は恐怖を遠ざけようとする、攻撃しようとする」
「ガンダムが禁じられた機体という人々の意識は消えない」
「でも私は、あなた達を守りたかった。忌まわしい呪いの火の粉から」

 

「みんなに教えてあげて。ガンダムはみんなのそばにいていいものだって」

 

11話

「(プロスぺラ?) エルノラ・サマヤで…構いませんよ」

 

「(スレッタ達のおかげ?) 自慢の娘よ」

 

「ドツボにハマったってやつね」

 

「(エアリアル) 安心して。置いていったりしないわ」

 

12話

「あの子は来るわ」
「エアリアルが…ここにいるもの」

 

「スレッタ」
「大丈夫? ごめんね、怖い思いさせちゃって」

 

「(殺した?) そうしなければ、あなたが殺されてたでしょ?」

 

「逃げたら1つ、進めば2つ」
「扉の向こうにこもっていれば、お母さんはこの人達を殺さずに済んだ」

 

「でも戦ったことで、スレッタを死なせずに済んだ」
「そしてもう1つ、スレッタがエアリアルと一緒に戦ってくれたら…」

 

「(無理?) そうね。今起こってるのは決闘じゃない」
「怖いよね、傷つきたくないよね」

 

「でも、あなたとエアリアルなら…」
「お母さんも、スレッタも、ミオリネさんも、みんな救われる」

 

「今みんなを救えるのは、あなた達だけよ」
「スレッタ。あなたは進める子…でしょ?」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
機動戦士ガンダム 水星の魔女vol.1 [Blu-ray]

 

→ガンダム 水星の魔女のインデックス

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました