「僕のヒーローアカデミア」相澤先生(イレイザー・ヘッド)の名言・台詞まとめ

アニメ「僕のヒーローアカデミア」相澤先生(イレイザー・ヘッド)の名言・台詞をまとめていきます。

 

僕のヒーローアカデミア

5話

「ヒーローになるなら、そんな悠長な行事、出る時間ないよ」

 

6話

「見込みが無い者はいつでも切り捨てます。半端に夢を追わせることほど残酷なものは無い」

 

10話

「一芸だけじゃヒーローは務まらねえ」

 

僕のヒーローアカデミア(3期)

40話

「だから今日から(合宿で)君等の個性を伸ばす」
「死ぬほどきついがくれぐれも……死なないように」

 

41話

「何をするにも原点を常に意識しとけ。向上ってのはそういうもんだ。なんのために汗かいて、なんのためにこうしてグチグチ言われるか、常に頭に置いておけ!」

 

43話

「大丈夫、あいつも死ぬつもりなんか無いからボロボロなんだろ。でも俺は教師として、葛藤した緑谷を叱らなきゃいけない」

「だから、この騒動が終わったら言ってあげてくれ」
「出来れば、ありがとうの方に力を込めて」

 

53話

「雄英潰し。別にあいつらに言わない理由も無いが、結局やることは変わらんからな。ただただ乗り越えて行くだけさ」

 

「ピンチを覆していくのがヒーロー。そもそもプロになれば、個性さらすなんて前提条件。悪いがうちは、他より少し先を見据えている」

 

55話

「俺は心配じゃあない、期待してるんだ。たとえそばにいなくても、奴等の存在が、クラスを底上げしてくれている」

「それが俺のクラス、1年A組だ!」

 

僕のヒーローアカデミア(4期)

69話

「気休めを言う。つかみ損ねたその手は、壊理ちゃんにとって必ずしも絶望だったとは限らない。前向いて行こう」

 

僕のヒーローアカデミア(5期)

99話

「人のために、その思いばかり先行しても、人は救えない。自分一人でどうにかする力が無ければ、他人なんて守れない」

 

107話

「自己犠牲と命を捨てることは同義じゃない。それを履き違えた若者に、望み通り一度死を与えます。その上で復籍させ、さらなる向上に務めさせる」

 

「生徒達には、お前のようになって欲しくなかった。正義のためと、おのが命を軽んじるヒーローには!」

 

113話

「(あなたが)生きてここにいる、それだけで背中を押される人間がたくさんいます」

 

僕のヒーローアカデミア(6期)

114話

「お前達がもてあそんでは捨てて来た、あまたの者が言ってんだ」
「次はこっちが奪う番!」

 

115話

「(サイドキック?) 遠慮します。出来の悪い生徒達の面倒があるんで」

 

119話

「生かされてきた、俺の個性、俺の命…お前を討つために」
「死柄木…俺の生徒にちょっかいかけるなよ!」

 

120話

「知って、たまるか。俺がやられたら、歯止めが効かなくなる」
「まだ、見ててやらなきゃ。あいつらを卒業させて、ヒーローになるまで!」
「まだ、あいつらを。邪魔は…邪魔はお前だぁ!」

 

122話

「助かったよ、リューキュウ」
「おかげでよどみなく…合理的に…対処できる!」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
僕のヒーローアカデミア 1-36巻セット (コミック)

 

→僕のヒーローアカデミアのインデックス

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました