「文豪ストレイドッグス」芥川龍之介(あくたがわりゅうのすけ)の名言・台詞まとめ

アニメ「文豪ストレイドッグス」芥川龍之介(あくたがわりゅうのすけ)の名言・台詞をまとめていきます。

 

文豪ストレイドッグス

3話

「死をおそれよ、殺しをおそれよ」
死を望む者、等しく死に、望まるるがゆえに」

 

「もちろん今のはわざと外した」
「だが僕(やつがれ)の羅生門は悪食、あらゆるものを食らう」

 

「生け捕りが目的だが抵抗するならば、次はお前の足を奪う」

 

「今の動きはなかなかよかった」
「しかし所詮は愚者の蛮勇」

 

6話

「金属はもろい、人身ももろい」
貴様らはどうだ、武装探偵社」

 

「弱者の戯言か?」

 

8話

「いくら強くても駒は駒か」
「あなたはどうだ、駒か、指し手か?」

 

「あるいは、砕かれるのを待つ駒か?」

 

9話

「自分の組織と部下が滅ぶ知らせを、切歯扼腕して聞くとよい」

 

10話

「弱者は死ね」
「死んで他者に道を譲れ」

 

「どん底を知っているか?」
あるのは汚泥、腐臭、自己憐憫」

 

遥か上方の穴からときより人が覗き込むが、誰もお前に気づかない」

 

「一呼吸ごとに惨めさが肺を焼く」
「外でお前を待つのはそれだ、鏡花」

 

「なぶる趣味はない」
「呪うなら己が惰弱さを呪え」

 

「なぜ貴様なのだ!?」

 

文豪ストレイドッグス「黒の時代」編

15話

「銃など愚者の戎具」
「あまりにも非力」

 

文豪ストレイドッグス 2nd SEASON

18話

「潮風が胸に毒だ」
「手早く済ませよう」

 

「僕が敗北を知らぬだと!?」
「敗北も屈辱も僕と共にある!」

 

「僕の希望はある言葉、ある人からのごくつまらぬ一言だ」
「その一言のため、血を舐めすするかのごとき敗北を、幾度も抜けてきた!」

 

23話

「理解を求めた憶えはない」

 

「誰の許可で床に転がってる?」
「今度は逃さぬ、立って戦え!」

 

「僕からすれば、貴様こそ理解できぬ」
「その臆病な目は、己の力も異能力も信じてない」

 

なのにいつも無謀な死闘に挑む」
「その矛盾した自尊はどこから来る!?」

 

「黙れ、僕のメインは人虎だ」
「デザートはそこでおとなしくしていろ」

 

「しかり。それが唯一絶対の価値」
「戦果なき限り、あの人は僕を認めぬ」

 

「太宰さんは決して」

 

「取り消せ! 僕に力も地位もあるだと?」

 

「貴様を不快だと言った理由を教えてやる」

 

「それは貴様が、全てを持っていながら、そのことに気づきもせず」
「己が古傷に甘え続ける愚か者だからだ!」

 

「ああ、くだらぬ」
なぜなら、苦しめる過去の言葉と貴様は、本質的に無関係だからだ」

 

文豪ストレイドッグス 3rd SEASON

33話

「誰かのために人を殺す、それが目的か」
「美しくないとは言わぬ、が、
力なくば獣の遠吠えだ!」

 

35話

「隠密と奇襲をむねとする暗殺者が、強敵に挑む時点で半分敗北」
「やはり探偵社が、お前の理想の生き方とは思えない?」

 

「かつてのお前の目にあるのは復讐だった」
「その目は己の人生に価値を見ていなかった」

 

「お前と同じ目をした男があったゆえ」

 

「お前と同じだ」
「ある人に会い、ある組織に入り、死を望む目を止めた」

 

「鏡花、よかったな」

 

36話

「人虎。二点のみ記憶せよ」

 

「遅れれば捨て置く」
「邪魔すれば殺す」
「いいな!?」

 

「喋れ、だが牢記せよ」
「貴様らの生命は今、恐ろしく安いぞ」

 

「愚者の思考だな」
太宰さんを測り疑う者はみな、思考のめいもくに落ちる」

 

37話

「当然だ」
「何度きさまと殺し合ったと思っている」

 

「僕がまがいぬなら、貴様は迷い犬だな」

 

「6ヶ月後、貴様を殺す」
「十全に備えよ」

 

「最初の戦場での戦いの時、僕は恵まれし貴様がただ憎かった」
「だが今は少し違う」

 

「貴様を否めぬ限り、僕は一歩も前に進めぬ」
「故に、殺す!」

 

文豪ストレイドッグス 5th SEASON

52話

「発煙筒か…」
「中らぬはずの予言が中ったか」

 

53話

「断る! 世界や探偵社が何色の炎で焼かれようと興味はない」
「ましてやあの人虎を救うなどありえぬ」

 

「楽にしてやる必要などない」

 

「なぜならそこの人虎は苦境に突き落とす度」
「より厄介な敵となって舞い戻ってくるからだ」

 

「(どうして?) 太宰さんの下命だ」
「敵にも味方にも秘して情報を集めよ」

 

「狼煙が上がらぬ限り決して助力に入るな」
「それが命だ」

 

「貴様の正体を外に伝える気はない」
「僕(やつがれ)の仕事は魚のエサやりだ」

 

「貴様を刻んで海にまく」
「黒幕の肉ならさぞ滋養に満ちていよう」

 

「人命は皆、平等だ」

 

「状況が見えておらんのは貴様だ、人虎」
「これが好機だとなぜ分からぬ」

 

「敵の首魁を葬り事件を閉じる」
「これ以上、必要か?」

 

「(初めて会った時?) 人生全ての記憶を失おうと、あの夜だけは忘れぬ」

 

「僕に生きる意味を与えられるか?」

 

「だが…太宰さんは僕を見捨てたわけではなかった」
「全ては試練…ならば死すら乗り越えてみせよう」

 

「たとえ全身の骨が砕けようと奴を倒す」
「でなければ僕は、太宰さんの不用品に戻るからだ」

 

「4年前、太宰さんは僕を捨てた」
「そして貴様という新品に乗り換えた」

 

「だが…違うのやもしれぬ」
「全ては試練なのでは?」
「あの夜、あの森より続く意味ある生の一部なのでは?」

 

「(福地桜痴?) 違う…貴様がだ」

 

「僕は約束は守る」

 

「単純かつ絶対の戦法が存在する」
「月下獣羅生門・黒虎絶爪」

 

「僕と貴様の異能力の混成」
「その爪は、命中さえすれば神すら殺す」

 

「(なぜ笑う?) 無論、嬉しいからだ」

 

「英雄無敗・福地桜痴」
「貴様を倒せば、太宰さんは必ず僕を認める」

 

「この世でもっとも愚かな提案だな」
「太宰さんに換わる人類など…存在しない!」

 

「貴様を6ヶ月後に殺すと約束した」
「それが少し早まっただけだ」

 

「貴様を倒す」
「それが僕の生きる意味だ」

 

「誰にも言っていないが、肺の病で長くない」
「故に僕は…残された時間の中で、太宰さんを落胆させるわけにはいかぬのだ」

 

「ずっと考えてきた…長くないこの命の炎が消える瞬間に何を言うべきか?」
「分かったのは今、つい数秒前だ」

 

「言葉など不要…ただ行動あるのみ!」

 

61話

「福地桜痴が始めたこの物語に結末をつける」
「これ以上、必要か?」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 
スポンサーリンク
 
 
 
アマゾンリンク
文豪ストレイドッグス [Blu-ray]

コミックシーモアリンク
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

 

→文豪ストレイドッグスのインデックス