「刃牙シリーズ」範馬刃牙の名言・台詞まとめ

マンガ「グラップラー刃牙」、アニメ「バキ」「範馬刃牙」範馬刃牙の名言・台詞をまとめていきます。

グラップラー刃牙

1巻

「歯並びが悪いものだから、そんなものに頼っちゃって。ボクなんかちゃんと歯医者行ったから、ホラ、パーフェクトナチュラルパワー!」

 

「歯医者ギライだけあって、攻撃が甘いや」

 

「末堂さんッ。アンタやっぱりアマチュアだァッ」

 

「や……や……やっぱりさ……ホントに……格闘士(グラップラー)ホントに倒したいならさ、顔面……打たなきゃ……たとえ……反…則……でも…ね……」

 

「今のはね……スリップダウン」
「正直言うと最後の後蹴りは少々キツかったけどね、でも倒れない」
「オレが末堂さんとやりたいのは、こーゆー闘いじゃァない」

 

「骨折ぐらいで大騒ぎしちゃってまァ……」

 

「ウソ言ってるつもりはないし、楽をしてきたワケでもない!」

 

2巻

「まっ……ワカリやすく言えば」
「地上最強の男……かな……」

 

「高山さん! スパーリングなんてかったりィこと言わないでさァ。真剣やろうじゃない、真剣! どーせやるンなら、真剣やろうよ!!」

 

「これが格闘技でイチバ~ン速い技かい」
「止まって見えたぜ」

 

「格闘技には、アマチュアのアンタなど想像もつかない世界がある。いっぱしの闘技者を気取るのは10年早いンだよ」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

3巻

「どーしてかな。テーピングを終えるころには全身がムズ痒くなってきて、対戦者を八ッ裂きにでもしたくなるんだ」

 

「鎬さん。オレ、待ちかねちまったよ、この一か月間」
「空手入門書も10冊以上読んだし、空手家とだって闘った……」
「ハッキリ言って絶対に負けない!」

 

「そうしなきゃ(どんな技でも使わなきゃ)、アンタが殺される」

 

「どーゆう技を持ってるのか知らないけど……鎬さん。必殺技の1つや2つで勝てるなんて思わないでほしいな。ここは地上最強を決定(きめ)る聖地(ところ)だからね……」

 

「いいぞ……」「もっと調子づけ!!」

 

「鎬さん。右腕の自由を奪ったくらいで……オレになり替われると思っているのかい? 忘れてもらっちゃこまるな……ここは地上最強を決定する場所だぜ……」

 

「ダメだよ、鎬さん……あれっぽっちの攻撃で、もう勝った気になってるようじゃ……」

 

「鎬さん。腕を折ることはとどめにならない。あなたは両腕が折れてもきっと蹴りで反撃してきただろうし……あの時のボクに防ぐ体力は残ってなかった」

「あの場合、ああやってあなたを失神させることがベストだった」

 

4巻

「そう……ボクは天才じゃない……体重だって少ないし……パワーだってスピードだって、花田さんにはかなわないかも知れない」

「でもね、本部さん。だからって花田さんに負けるワケにはいかない。花田ごときにつまづくワケにはいかないのです」

 

「ボクの格闘技修行は、父にコンクリートに叩きつけられるところから始まりました……」

 

「……彼(範馬勇次郎)をそんなふうに呼ぶのはやめてください。アイツのやってることは……人間の行為じゃない!」

 

「よ~するに、花田さんより強い奴が出てきたと……そーゆーことでしょ? どんな怪物だろうが、どの道勝たなきゃならないんだ。とんだ復讐劇になっちまったね」

 

「そろそろ……キレてきたぜ」

 

「……なにをやっても通じないのか!!」

5巻

「どこ行く気だい……闘い(バトル)の真最中だってのによォ」

 

「そう……格闘家ってのはそうやって前へ出るしかない。前へ出て……前へ出て……つんのめったらくらいつきゃあいい……」

「斗羽さん……あなたはやっぱり偉大な格闘士(グラップラー)だ」

 

「地上最強の生物というニックネームはコケオドシじゃない。あの人(範馬勇次郎)ならこの地上にいるどんな猛獣と闘っても、確実に殺してのけるだろう」

 

「格闘技において、彼は常に成長期にある。現在(いま)の彼は愚地さんや本部さんと闘った頃の彼じゃない」

「その格闘技術が──強力な殺傷本能に支えられている。質も量もケタ外れの殺傷本能……彼にとっての殺傷本能は食欲や性欲と同じです」

「たとえ一日でも人を殺傷せずにはいられない……」

 

バキ

1話

「健全に不良を貫いて下さい。干渉されない限り、俺から仕掛けることはありませんから」

 

2話

「ナイフでぶった斬る度胸はあっても、顔面を潰される覚悟はねえか」

 

5話

「状況が特別だったから起きたことじゃねえよ」
「君は…俺が母親以外で気を許した、初めての異性だ」

 

11話

「分からないんだ」「気付いたらもう好きになっていた」
「だから…嫌いになってしまうということが、分からない」

 

13話

「てめえは…踏み込んじゃならねえ領域に踏み込んだ!」

 

「やってやるよ……ここで完全決着だ!」

 

14話

「現実? どうしたよ、それが!」

 

「始まってんだぜ、とっくに。不用意にエリアに踏み込むんじゃねえよ」

 

19話

「俺は今まで一度だって、世界最強なんて夢見たことないぜ」
「親父より…範馬勇次郎より少しだけ強けりゃいい。後はいらない」

 

20話

「似てる! 闘いと○○クスが! 闘いと○○クスは…そっくりだ!」

 

「痛えだろ…愛がねえとな」
「もういいだろ、終わらせるぜ」

 

「当たる方向へ首を回転させた。あんまりパンチがのろいんでやってみたよ」

 

21話

「ありがとうな、梢江…心配してくれて」
「でも…この2人じゃ俺を倒せない。これは自信というより予感だ」
「そして…予感より確かなものだ」

 

「敗北をプレゼントどころじゃないぜ。足腰立たなくなるまでぶったたく!」

 

「勝たなくていい! 守れりゃいい!」

 

24話

「もういい」
「これは…俺の闘いだ」

バキ(2期)

2話

「勇気を、もらった…負けるかよ」

 

「ただ……体がね、あんたをやっちゃえって」

 

4話

「つ…強い」
「本当に強い…誇りたくなるほど。上には上があるという言葉が…あなたの前では、まるで虚しい」

 

8話

「(相手は)老人?」
「バカ言ってるぜ。相手はキャリア140年の超武術家だぜ!」

 

「でも…やるんだよ。勝つからやる、負けるからやらない、そういう闘いじゃない。誰かより強いとか弱いとか、もうそんなことには興味がないんだ」

 

9話

「俺がダメだと思うなら、梢江…他へ行きゃいい」
「男も女も、そういう競争の中にいる。俺はそう考える」

 

12話

「『殺られずに殺る』、ジュニアは俺にそう言った。相手から命をも取ろうというのに、自分の命は差し出していない」

「殺られずに生き延びようとしている。殺られて当然だ」

 

「親父……俺と闘ってくれ」
「その試合を最後の防衛戦とし、俺という物語の締めくくりとしたい」

 

「どこのうちでもある親子ゲンカに過ぎない。人に自慢できることじゃない」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

範馬刃牙

1話

「使うんだな、それ(ナイフ)を?」
「だったら…本気でいかせてもらう」

 

「今から…ダチだ」

 

「キャプテン、これは単純な親子ゲンカだ。どこの家庭にだって起こる、よくある問題」
「アメリカ人のあんたが、首突っ込んでんじゃねえよ」

 

「適当と半端は違う。恐竜に負けない適当な相手ってこと」

 

「温まった。そろそろ…終わらせる」

 

2話

「まともに俺とはケンカ出来ないからな、落書きでケンカするしかない」

 

「(カマキリは)何をやらせても超一流、非の打ち所のない完全格闘家だ。もし彼等が100キロを超えたなら、必ずアフリカゾウを捕食する」

 

「(小さいカマキリを)大きくする」
「ここ(脳)とここ(心)で」
「作れるんだ。体重100キロのカマキリとの試合が作れるんだ」

 

「相手が…相手が誰であれ…人であれ獣であれ虫であれ、やることは同じ。やれることは決まってる」

「普通に…普通に戦う!」

 

「ウィークポイントが見えちまえば、100キロも実物大も一緒だ」

 

3話

「のんびりしてんなぁ…」
「ボクシングじゃねえんだよ…ケンカの話をしてんだぜ。あなたの最大のミスは、俺をこの部屋に入れたことだ」

 

5話

「あんたらの顔潰すようで悪いんだけど、こんなものは俺にとっちゃ不自由でもなんでもない。関節を外すくらい…」

 

9話

「いや…俺もね、なろうかなぁって『アンチェイン』」
「なれるさ…多分ね」

 

10話

「俺を囲んだその時、君等の計画は失敗に終わった。銃を過信し近づきすぎ、俺のエリアに入ってしまった」

 

「(狙撃手は)勝負できねえってよ。残念だったな、所長」
「理解してしまったのさ。つまり…自分が人質なんだという事実を」

 

「2日前、ミスター・ゲバルと派手にケンカし、多少ダメージが残っちゃいるが相手は子供だ、問題あるまいって…なめてんのはてめえなんだよ!」

「今日は見逃してやる。飯食って出直して来い!」

 

「世界一自由でなければ自由を感じられないって? なんて不自由な男だい」

 

11話

「やろうとしてるのは所詮ケンカだぜ? 2週間後もクソもねえ」
「俺かアンタ、どちらか1人でも動いちまえば否も応もない。その場でおっ始まるということだ」

 

「純粋じゃねんだよ、アンタは! 俺とアンタ、2人だけのケンカ。誰に見てもらう必要があるんだい?」

 

「ああ…気持ちいい。最強ビスケット・オリバの…全力。この感覚、甘いしびれ、5年前と同じ。父・範馬勇次郎を相手に闘い、味わい尽くしたあの感覚…」

「その差が分からぬほど隔たる…実力差。懐かしい。ああ…あれが…あれが始まっている」

 

12話

「これほど憎んだ相手との決着、ルールやレフリーが決められるはずがない。どちらかが死ぬか、どちらかが負けを認めるか、他に方法はない」

 

「なめたらいかんぜよ! 一流に二度も同じ手使うなんてよ!」

 

「このままじゃもったいない」
「アメリカ合衆国最強ビスケット・オリバに勝つってことはそういうことじゃない」
「殴り合おう」

 

「(やめろ?) 分かった…やる価値十分ってわけだ!」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
グラップラー刃牙 全42巻セット (コミック)

 

→グラップラー刃牙(マンガ)
→バキ
→バキ(2期)
→範馬刃牙
→刃牙シリーズ(範馬勇次郎)
→刃牙シリーズ(愚地独歩)
→刃牙シリーズ(オリバ&ゲバル)

→マンガの名言インデックス
→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました