「オーバーロード」の名言まとめました

アニメ「オーバーロード」の名言をまとめていきます。

オーバーロード

1話 終わりと始まり

「楽しかったんだ。本当に、楽しかったんだ」(モモンガ、以降はアインズで統一)

 

「またどこかでお会いしましょう、か」
「どこでいつ会うのだろうね?」(アインズ)

 

「みんな生活が掛かっている。夢を実現した人だっている」
「リアルを取るのは、仕方のないことなんだ」(アインズ)

 

「仮にここが異世界として。俺は、元の世界に戻るべきなんだろうか?」
「友だちも家族も無く、仕事をして帰って眠るだけの毎日に、一体、どんな価値があるのだろう?」(アインズ)

2話 階層守護者

「ああ、疲れた……」
「えっ、何、あの高評価! あいつら、マジだ!」(アインズ)

 

「ああ。いろいろ事情があってな」(アインズ)
「そういうことですか。まさに支配者たるにふさわしいご配慮かと考えます」(デミウルゴス)

 

「ただ、そうだな。世界征服なんて、面白いかもしれないな」(アインズ)

 

3話 カルネ村の戦い

「では期待しなかったか。力持つ貴族や冒険者が助けてくれることを」
ならば、我々が示そうではないか。危険を承知で命を張る者たちの姿を。弱き者を助ける、強き者の姿を」(ガゼフ・ストロノーフ)

 

「おかしい? この世界にやって来る前であれば、卒倒していたはずなのに」
「なぜ冷静に見ていられるのか?」(アインズ)

 

「誰かが困っていたら、助けるのは、当たり前!」(たっち・みー)

 

「このあたりで騒ぎを起こすなら、今度は貴様らの国まで死を告げにいくと」
「行け! そして確実に我が名を伝えよ!」(アインズ)

 

「村人たちを安心させるために金銭を要求したが、本当に欲しいのは情報だ」
「この世界に無知であれば、権力者や、私以上の強者に接触した時に、大きな弱点となる」(アインズ)

 

「脆弱な生き物。下等生物。虫のように踏み潰したら、どれだけキレイになるかと」(アルベド)
「アルベド。だがここでは冷静に、優しくふるまえ。演技というのは重要だぞ」(アインズ)

 

4話 死の支配者

「本当にバカで、本当に自慢の奴らだ!」(ガゼフ)

 

「抵抗すること無く、その命を差し出せ。そうすれば痛みは無い」
「だが、拒絶するなら、愚劣さの対価として、絶望と苦痛の中で死に絶えることになるだろう」(アインズ)

 

「次はこちらの番だ。ゆくぞ、鏖殺(おうさつ)だ!」(アインズ)

 

「お待ち下さい、アインズ様」
「至高の御身と戦うのであれば、最低限度の攻撃というものがございます」(アルベド)

 

「くだらん」
「この程度の幼稚なお遊びに警戒していたとは」(アインズ)

 

「しかし、この世界の知識が無い内は、常に敵が己に勝る可能性を考慮する必要がある」(アインズ)

 

5話 二人の冒険者

「いやいや、許してくれ。あまりにも雑魚にふさわしい台詞に笑いをこらえきれなかった」
「お前とならば、遊ぶ程度の力も出さないでよさそうだな」(モモン、以降はアインズで統一)

 

「ときに質問なのだが、人間をどう思うか?」(アインズ)
「ゴミです!」(ナーベラル・ガンマ)

 

「黙れ、ナメクジ。身の程をわきまえてから声を掛けなさい」
「舌を引き抜きますよ」(ナーベ)

 

6話 旅路

「昔は俺もこうだった」
「みんなで冒険し、素材を集め、ナザリックを作りあげたんだ」(アインズ)

 

7話 森の賢王

「確かに、驚くべき技術は無い」
「しかし、あそこにいるのは10日ほど前までは、弓など使ったことの無かった者たち」
「そんな者たちが、連れ合いを、子供を、親を殺され、二度とあのようなことが起きないようにという気持ちがなしている技を、称賛しなくてどうする」(アインズ)

 

「どんな者にも失敗はある」
「ならば、その失敗を繰り返さぬよう、努力すればよい」
「お前のミスを全て許そう、ナーベラル・ガンマ」(アインズ)

 

「胸を張るべきなんだろうか?」
「これではメリーゴーランドに乗ってるおっさんにしか見えないよな~!」
「とんだ羞恥プレイだ!!」(アインズ)

8話 死を切り裂く双剣

「少しだけ、不快だな!」(アインズ)

 

「全てだ」「お前の全てを差し出せ!」
「仮にそうだとして、何か問題があるか?」(アインズ)

 

「それが? この私モモンに何か関係あるのか?」(アインズ)

 

「全く。芋虫のように簡単に潰れればよいものを」(ナーベ)

 

「私だって、時と場合によってはお前と似たことをするだろう」
「だからそれを責めるのはワガママというものだ」(アインズ)

 

9話 漆黒の戦士

「そう興奮するから下等生物という言葉がお似合いなのよ。ベニコメツキ」(ナーベ)

 

「真実を聞いても理解できぬとは。プラナリアめ!」(ナーベ)

 

「でもさ。アホか、お前」
「てめえのは単に肉体能力で剣を振り回してるだけなんだよ」
「戦士をなめてんのか~!」(クレマンティーヌ)

 

「アメンボに知恵を得る機会を与えましょう」
「お代はあなたの命ということで」(ナーベ)

 

「言い忘れていたな。私は非常にワガママなんだ」(アインズ)

 

10話 真祖

「一方的に楽しませてくんなましな」(シャルティア・ブラッドフォールン)

 

「やっと理解していただけんしたかえ」
「わたしは残酷で冷酷で非道で、そいで可憐な化物でありんす」(シャルティア)

 

「でも、私が測れる強さのものさしは1メートル単位」
「1ミリと2ミリの違いって、分かりんせんでありんす」(シャルティア)

 

11話 混乱と把握

「ただ着いてきたら、確実に死ぬぞ!」(アインズ)

 

「止めてくれ。そんな冷たい目で俺の黒歴史を見ないでくれ」(アインズ)

 

「お前の考えは正しい。しかし間違えてもいる」
「お前たちの知識は与えられただけのものに過ぎないのだ」
「ナザリック最高の支配者とお前たちが呼ぶ存在が、伊達ではないことを教えてやろう」(アインズ)

 

「戦闘は始まる前に終わっている、ということだ」(アインズ)

 

12話 鮮血の戦乙女

「アインズ様がご自身でシャルティアを倒すとおっしゃったからよ」
「本気の意思がそこには合ったわ」
「女としと、不敬かもしれないけれど。惚れた殿方が、その意思を貫こうとしている時に、あれ以上、横からグダグダ言う気は無かったわ」(アルベド)

 

「主人を信じなさい! それも創造された者としての努めよ」(アルベド)

 

「でも……見たく無いんだよ。お前たちが殺し合う姿を。それに」
「私は、アインズ・ウール・ゴウン。ならばその名にかけて、敗北はあり得ない!」(アインズ)

 

「そんなに驚かないで下さい、アインズ様」
「これもスキルなんですよ。卑怯なんて思わないで下さいよ!」(シャルティア)

 

「逃げたくないんだ」
「誰にも理解されないかもしれないが、私はこの瞬間にギルド長としての満足感を得ているんだ」(アインズ)

 

13話 PVN

「知るがいい」
「お前の前には、アインズ・ウール・ゴウン41人の力が集まっているということを」
「そして、お前に勝算など、元より皆無だったと理解しろ!」(アインズ)

 

「だが嘘もまた真実になる」(アインズ)

オーバーロードⅡ

1話 絶望の幕開け

「その通りだ」
「国家として大したことが無くても、驚愕すべき個人の存在があるかもしれないからな」(アインズ)

 

「信賞必罰は世の常。アインズ様から罰を与えられれば、シャルティアの中に生まれた罪悪感も解消されるでしょう」(アルベド)

 

「来たらたやすく返り討ちに、とはいかないだろうな。しかし安心しろアルベド」
「遭遇時は撤退を優先し、正体を確認するまでは出来るだけ目立たぬよう行動するつもりだ」(アインズ)

 

2話 旅立ち

「俺たちは死ぬために戦う訳では無い」
「勝つために戦うんだ!」(ザリュース)

 

3話 集う、蜥蜴人

「アインズ様は、本当に勝利をお望みなのかね~?」(デミウルゴス)

 

4話 死の軍勢

「違う。先に言っておこう。私はお前の今回の敗北を強く責める気は無い」
「なぜなら、どのような者もまた、失敗するからだ。それはこの私だってそうだ」
「その上で質問だ、コキュートス。どうすれば勝てた?」(アインズ)

 

「聞け、守護者たちよ。命令に盲目的に従って行動していればよいというものではない」
「その前に少しだけ思案を巡らせるのだ」
「何がもっとも、ナザリックの利益につながるかを!」(アインズ)

 

「戦わずして降伏などというつまらないことは、言わないで欲しいな」(アインズ)

 

5話 氷結の武神

「戦士として、ここに来た覚悟を持つもの達には無礼だが、告げさせてもらおう」
「そこよりこちら側は死地。進むというのであれば、死が待ち受けるとしれ!」(コキュートス)

 

「不意を撃ちたいなら、静かに行なうべきだな!」(コキュートス)

 

6話 拾う者、拾われる者

「天から降り注ぐ雨を浴びる植物のように、己の元に救いが来ることを祈るだけの者を助ける気はしません」
「ですが、己で生きようとあがく者であれば、恐怖を忘れておやすみなさい」(セバス)

 

「気にしないで下さい」
「女性に胸を貸したというのは、男にとって名誉なことですよ」(セバス)

 

「使われないハンカチはかわいそうなものです」
「特に、涙を拭うことすら出来ないハンカチはね」(セバス)

 

7話 蒼の薔薇

「金が無い時に限って、出費ってかさむんだよな~!」(アインズ)

 

「安心して下さい。これでもわたくしは十分強いので」
「そうですね。わたくしより強い方は41人と、もう少しぐらいしかいませんよ」(セバス)

 

「欲をかきすぎるのは問題では!?」(セバス)

 

8話 少年の思い

「愚かだな……実に愚かだ」
「叶わぬ願いを持って進む者は、確実に身を滅ぼすぞ!」(イビルアイ)

 

「クライム。力を欲しているからといって、人間を辞めるような真似はよせよ」(イビルアイ)

 

「はっきり言いましょう。死ぬ、かもしれません」
「それはあなたの心しだいです。もしあなたに大切なものがあるならば、大丈夫でしょう」(セバス)

 

「人は大切な者のためであれば、信じられない力を発揮することが出来ます」
「それが人の強さだと、わたくしは思っています」(セバス)

 

「怯えは大切な感情です。ですがそれに縛られてはいけません」
「肉体能力で負けているのであれば、心で勝ちなさい」
「時に精神は、肉体を凌駕する時があります」(セバス)

 

9話 舞い上がる火の粉

「錆びておりましたので、少しばかり強引に開かせていただきました」(セバス)

 

「あなたがやって来たことを考えても分からないのですか?」
「そうですか。生きる価値が無いとはこのことですね」(セバス)

 

10話 王都動乱序章

「私はな、恩には恩を、仇には仇を返すべきだと思っている」
「受けた借りはしっかりと返すべきだと」(アインズ)

 

11話 ヤルダバオト

「今回の作戦によって、アインズ様に我々が役に立つ所をお見せしなくてはならない」
「失敗は許されない。逆に、全てのミスを帳消しにするような結果を、お見せするのだ!」(デミウルゴス)

 

「せっかくですから全員で掛かって来なさい」
「そうすれば、10秒くらいはもちますよ」(セバス)

 

「不死王などという二つ名を名乗ってよいのは、この世界にたったお一人」(セバス)

 

「人食いのモンスターが、メイド服を着ているのは何かの冗談か?」(イビルアイ)

 

「何をしているのかと思ったら。やれやれ、彼我の戦力差を考えるんだな」
「こいつはお前たちよりも強い。そして、私よりも弱い」(イビルアイ)

 

「あの程度の炎で死ぬとは、お悔やみ申し上げます」
「あなたを基準に死なない程度に手加減するつもりだったのですが」
「なぜ実力差があるのにチームを組まれているのですか?」(デミウルゴス)

 

「それで、私の敵は、どちらなのかな?」(アインズ)

 

12話 動乱最終決戦

「何だろう、これは? 心臓なんて、とっくの昔に動きを止めたはずなのに」
「頑張れ、モモン様!」(イビルアイ)

 

「真実というのは得てして、驚くようなことです」(セバス)

 

13話 最強最高の切り札

「確かにこの身体になってから、人間という種族に親近感は無い」
「ナザリックの利益のためならば、いくら殺した所で、心が痛むことも無い」
「だけど、それでも……」(アインズ)

 

「少しだけ楽しいな」
「何というか、リアルというのか、戦っているという気がする」(アインズ)

オーバーロードⅢ

1話 支配者の憂鬱

「配下の無欲は時に主人を不快にするとしれ」(アインズ)

 

「元々サラリーマンの俺に、完全無欠な最高支配者になれというのが無茶なんだよな~!」(アインズ)

 

2話 カルネ村再び

「私はナザリック地下大墳墓という国を作り上げることを提案いたします」
「念のため説明しておくが、全ては当初からアインズ様がお考えになられていたことだよ」(デミウルゴス)

 

「私は、戦う力も無いのに、愚かな考えかもしれないけど、助けられるかもしれない人を見捨てるのは、加害者の片棒を担ぐのに似ていると思います」
「私は、弱者をいたぶるあいつらのようにはなりたくない」(エンリ)

 

3話 エンリの激動かつ慌ただしい日々

「もう、さあ。世界中で私だけなんじゃないの?」
「いきなり崇められて、凄く偉いふりしなきゃいけなかったり、行ったこともない所で、やったこともない仕事をいくつもやらなくちゃいけないなんて」(エンリ)

 

「当たり前だよね。お金払えない客は客じゃ無いもの」(エンリ)

 

「ハッキリ言えることは、村長を誰がやろうと、いろいろな失敗はするわ」
「完璧に全てを行なうなんて、私の知る限りでは、41人ぐらいしかいないわ」
「だから失敗がどうこう考えるのは、愚かなこと」(ルプスレギナ)

 

4話 東の巨人、西の魔蛇

「知識は力だからな」
「監禁して働かせるよりは、信頼を培い、感謝という鎖で縛った方が未来の利益につながる」(アインズ)

 

「弱者の生殺与奪は強者の特権」
「だがしかし、不快だ!」(アインズ)

 

5話 二人の指導者

「いや~、体力レッドゲージって感じっすね~!」
「大丈夫っすか~?」(ルプスレギナ)

 

「好きかどうかは分からないけど、ンフィーにはどこにも行って欲しくないよ」
「それが好きってことなのかな?」(エンリ)

 

7話 蜘蛛に絡められる蝶

「全員、死ぬだろう」
「そういうつもりでいるべきだと言いたいんだ」(アインズ)

 

「はいはい。元々、殺すことは確定事項よ」
「ただ、みんながやる気になって嬉しいわ」(ユリ)

 

「ならば名も無い愚か者として、それがしの記憶からも消してしまうとするでござる!」(ハムスケ)

 

8話 一握りの希望

「やはりいまいち決め手に欠けるな」
「連携が取れたパーティー。その手数の多さがどれほど強いかは知っているつもりだったが」
「さて、これからは別の遊びだ」(アインズ)

 

「教えてやろう」
「このナザリックに置いて死はこれ以上の苦痛を与えられないという意味で、慈悲である」(アインズ)

 

9話 舌戦

「貴殿のおかげで、大人しく暮していても、面倒事に巻き込まれると知った」
「ならば地上に出て面倒事を叩き潰して置こうと思ってな」(アインズ)

 

「力で支配するのは容易だが、それでは敵を作り過ぎてしまう」
「廃墟となった国では、アインズ・ウール・ゴウンの名が泣こう」(アインズ)

 

「君たちは本当にアインズ様の計画が、それだけだと思っているのかね?」(デミウルゴス)

 

「と、恐らくだが、あの皇帝はこのように考え実行に移すだろう」
「中途半端に賢い者の方が、愚者より読みやすくて助かるね」(デミウルゴス)

 

11話 もう一つの戦い

「では戦いましょう。私たちは戦います」
「アインズ・ウール・ゴウン様に恩義を返します!」(エンリ)

 

「いやいや。ここに来た理由なんて一つだけじゃないっすか」
「皆殺しに来たっすよ!」(ルプスレギナ)

 

12話 大虐殺

「これから多くの人が死ぬというのに、俺は何も感じない」
「あるのはこの魔法の効果を見たいという欲求。そして、ナザリックの利益」(アインズ)

 

「ただ、私の魔法はまだ終わっていないぞ。これからが本番なんだ」
「黒き豊穣の母神への贈り物は、子供たちという返礼をもってかえる」(アインズ)

 

「勘違いするな。私はアンデッドだ!」(アインズ)

 

13話 PVP

「確かに物理的な距離は近い。だが」
「あまりにも圧倒的な開きがあるように見えるぞ」(ガゼフ)

 

「さようならだ、ガゼフ・ストロノーフ」
「嫌いでは無かったぞ」(アインズ)

 

「分かった、受け入れよう」
「しかし、この街の人間を無意味に傷つけるようなことをした時は、この剣がお前の、お前たちの首をはねると覚えておけ!」(アインズ)
(モモンとして住民側から交渉する)

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
オーバーロード 1 [Blu-ray]
オーバーロードⅡ 1 [Blu-ray]
オーバーロードⅢ 1 [Blu-ray]

 

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました