「小林さんちのメイドラゴン」1~3話の名言・台詞まとめました

アニメ「小林さんちのメイドラゴン」1~3話の名言・台詞をまとめていきます。

アマゾンリンク
小林さんちのメイドラゴン 1-10巻セット (コミック)

小林さんちのメイドラゴン

→小林さんちのメイドラゴン(4~7話)
→小林さんちのメイドラゴン(8~13話)

1話

「ドラゴン……それは最強の生物である。炎を吐き、空を飛び、時には魔法も使うという想像上の存在……」(小林さん)

「ジャーーーン!!!」(トール)
「だと、私は思っていた……」(小林さん)

 

「おかしい? 夢から覚めない。夢じゃない? いやいや……」(小林さん)

 

「私のとこ、来る?(酔っぱらい)」(小林さん)

 

「あの温かい言葉、忘れません! さっそく、今日からメイドとして働かせて下さい!!」(トール)

 

「私、役に立ちますよ! ここ一帯を火の海にしたり、呪殺したり出来ます!」(トール)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「どうしても、ダメですか……」
「分かりました。こちらこそ急に押しかけて、すみませんでした……」(トール)

 

「罪悪感が消えない……夢じゃ、ない? 夢じゃ、なかったら……」(小林さん)

 

「遅刻!? トール!」
「飛べる!?」(小林さん)

 

「雇うか?」
「明日から2人というなら、それでもいいかも」(小林さん)

 

「汚いわ! ビジュアル大事にしろ!」(小林さん)

 

「さては小林さん偏食ですね!?」(トール)
「偏見だ」(小林さん)

 

「てか、何で嫌いなもの聞くの? 普通、好きなもの聞かない?」(小林さん)
「それはダメです。好きなものを利用されて殺された知り合い、ホント多いんですよ。酒とか女とか宝石とか……」(トール)

 

「でも私は、小林さんだから言います! トールは小林さんが大好きです!!」(トール)

 

「私にチャンスを下さい! 父と母に、受けた恩は下等で愚かな人間でも返せと育てられました」(トール)

 

「通勤で目立つ! ドラゴンは門番とかの方がいいと思う!!」(小林さん)

 

「トールは強い方のドラゴンだろ?」(小林さん)
「終末をもたらす程度には」(トール)

 

「この男……小林さんを誘惑しようなどと!? 許さぬ!!」(トール)

 

「(話の)レベルが低く過ぎて入る気にならないだけです!」
「もっと、ラグナロクとかハルマゲドンの話にして下さい!!」(トール)

 

「ていうかもう面倒くさい! 実力行使! 殺してさらして、ジャッカルのエサだ!!」(トール)
「トール! メイドがそんな口調を使うな!!」(小林さん)

 

「だいたいトールのそのメイド服は何? メイドなめてんの? 髪は結ってキャップに入れてくれよ。フレンチはもうお腹いっぱいだよ。それもうコスプレ」(小林さん)

「来たぁぁぁーーー!!!」
「小林殿! 確かにトールたんのメイドレベルはコスプレ! 外人が忍者や侍、してるようなものでやんす!」(滝谷真)

 

「もう、話に入れる入れないとかの次元じゃない……」(トール)

 

「恐るべし、人間!!」(トール)

 

「人間っていうのは、老廃物で服が汚れるんですね……劣等種」(トール)

 

「小林さん、後で生贄とか欲しくなりません? トールの生き血すすります?」(トール)
「あたしゃ悪魔か!?」(小林さん)
「とんでもない! 小林さんは天使です! あっ、でも神には仕えないで下さいね」(トール)

 

「あのブレス、見つけた」(カンナカムイ)

2話

「あそこ(デパート)って城みたいで落ち着かないんです」
「あの白いカラーリング、聖騎士どもの本拠地を思い出すんですよ!」(トール)

 

「えっ? (魚屋さんとは)仲良くないですよ。何か適当に愛想よくしたら、向こうも愛想よくなっただけですよ」(トール)

 

「トールって人間の感情理解してないふしがあるよね」(小林さん)
「もちろん小林さんは別ですよ! 相思相愛です!」(トール)

 

「考えてみると、私はトールのこと何も知らないんだな。知りたい……のかな?」(小林さん)

 

「トール様と別れて」「知ってる。あなたがたぶらかした、身体で!」「ねとられ」
「いんらんメガネ!」「別れる! 別れて~!」(カンナ)

 

「私と一緒に帰ろ。トール様が必要……」(カンナ)
「私は帰りません」「それは、小林さんを愛しているからです!」(トール)

 

「やっぱり!」
「バザールでデートしてるの見た。人前で手をつないで、へんたい!」(カンナ)

 

「小林さんの死んだ魚の目は怖いと思います」(トール)

 

「に、人間なんか信じない! 何か企んでる。利用しようとしてる!」(カンナ)

 

「知らない世界で誰も信じられない、当たり前だと思う。私だって信じない。誰かを信じるなんてさ、友達になったり、恋人になったりした後のことなんだよ」

「カンナちゃん、友達になろうなんて言わないよ。一緒にいよう、そんだけ」(小林さん)

 

「私、小林さんを好きになってよかった」(トール)

 

「寝てられるか! 何いきなり殺し合ってんの!?」(小林さん)
「やだな。ちょっとじゃれついてただけじゃないですか」(トール)
「小林、おおげさ」(カンナ)

 

「こっちの世界、平和」(カンナ)

 

「トール様はどうしてこの世界に来たの?」
「死んだって聞いてたから。生きてて、嬉しかった」(カンナ)

「この世界には、逃げるように来たんです。実際、死にかけていたんですが、小林さんが助けてくれました」
「その恩返しでメイドをすることにしたんです。死んだ、ということにしたまま……」(トール)

 

「でもね、カンナ……私は今、とても幸せです」(トール)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

3話

「チョロゴン」(小林さん)
「小林、あくとう」(カンナ)

 

「小林さん(の小さい時)、かわいい!!」
「この死んだ魚のような目がたまりません!!」(トール)
「トール様、へんたい!」(カンナ)

 

「(メイド服は)着ない」
「一度袖を通して似合わなさに絶望したんだよ。だからもう着ない!」(小林さん)

 

「これ(人間の姿)、窮屈なんですよ。それに、この世界は成約が多いですよね。私にとっては少々手狭です」(トール)

 

「トール」「昨日のお礼に体洗ってあげる」
「何か洗車してる気分だ」(小林さん)

 

「了解です! 言って聞かなかったら、殺害・滅却・塵芥にしてきます」(トール)

 

「人間は同じ過ちを繰り返す。どしがたい……殺すか?」(トール)

 

「小林さん、いいんですか? 奴等は学ばない猿から進化した生き物ですよ!」(トール)

 

「そもそも人が生活の中で多少迷惑をかけ合うのなんて当たり前だし。ましてご近所だし」
「それに……静か過ぎても嫌だしね」(小林さん)

 

「私は、うるさいですか?」(トール)
「うーん、そう感じる時もあるかな」(小林さん)

「迷惑、ですか?」(トール)
「うーん、それを正確に答えるのは難しいかな」
「でも、こういう生活もありかな、とは思ってる」(小林さん)

 

「こちらの世界は面倒なものだな。絶やしたくなる」(ファフニール)

 

「トール君、あんまり笑わない子だったのに。あなたのおかげかな?」(ケツァルコアトル、愛称:ルコア)

「あたしは普通の人間ですよ」(小林さん)
「あの子には今まで、その普通がなかった。あの子だけじゃなく、その仲間にも」(ルコア)

 

「ルコアさん」「私だってトールに感謝してる。私もあまり笑う方じゃなかったんで。本人の前じゃいわないけど」(小林さん)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
小林さんちのメイドラゴン 1-10巻セット (コミック)

 

→小林さんちのメイドラゴン(4~7話)
→小林さんちのメイドラゴン(8~13話)
→小林さんちのメイドラゴン(小林さん)
→小林さんちのメイドラゴン(トール)
→小林さんちのメイドラゴン(カンナ)

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

01_アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました