「宇宙よりも遠い場所(そらよりもとおいばしょ)」の名言・台詞まとめ

アニメ「宇宙よりも遠い場所(そらよりもとおいばしょ)」の名言・台詞をまとめていきます。

宇宙よりも遠い場所

1話

「よどんだ水がたまっている」
「それが一気に流れていくのが好きだった」(玉木マリ)

 

「決壊し、解放され、走り出す」
「よどみの中で蓄えた力が爆発して…全てが動き出す!」(キマリ)

 

「高校に入ったらしたいこと」
「日記をつける」
「一度だけ学校をサボる」
「あてのない旅に出る」(キマリ)

 

「青春、する」(キマリ)

 

「私は旅に出る!」(キマリ)

 

「トイレで着替え、学校と反対方向の電車に乗り」
「いつもの学校から、私1人だけが飛び出して…あてのない旅に出る」(キマリ)

 

まだ、見たことのない場所へ!」(キマリ)

 

「(南極に)私は行く」
「絶対に行って、無理だって言った全員に”ざまあみろ”って言ってやる」(小淵沢報瀬)

 

「受験終わって高校入った時に、そう決めたの」(報瀬)

 

「言いたい人には言わせておけばいい」
「”今に見てろ”って熱くなれるから…
そっちの方がずっといい」(報瀬)

 

「(手伝えること?) じゃあ…一緒に行く?」(報瀬)

 

 

「船の下見、次の土曜ここに来て」
「そしたら本気だって信じる」(報瀬)

 

「私は旅に出る」
「今度こそ、旅に出る!」(キマリ)

 

「赤道を抜け、嵐を抜け、氷を割り、日本から1万4000キロ」
「宇宙よりもはるかに遠い、誰も寄せつけない、その場所へ」(報瀬)

 

「その口元が、ニヤリと笑う」
「私の青春が動き出した!」(キマリ)

 

2話

「その笑顔を見た時、なんか心がブルブルした」
「ああ、武者震いってたぶんこれだと思った」(キマリ)

 

「私は今、人生で一番途方もなくて、とんでもない大きな計画を立てている」(キマリ)

 

「そんなに驚くことないだろ」
「中にはいるんだよ、高校行ってない16歳だって」(三宅日向)

 

「(大学は)合格しまくって、高校で怠けて落ちた奴等に”ざまあみろ”って言うのが」
「今んとこの夢!」(日向)

 

「”引き返せるうちは旅ではない”」
「”引き返せなくなった時に、初めてそれは旅になるのだ”って言うし」(日向)

 

「でも、2人だけはなんか別だなって」
「空気が違うっていうか」
「2人はいいなあって…」(日向)

 

「なんだろう? 嘘ついてない感じ」(日向)

 

「(新宿で)キョロキョロするな!」
「群馬だってバレる!」(日向)

 

「ただ、楽しいな~って」
「うん、なんかね…動いてる!」(キマリ)

 

私の青春、動いてる気がする!」(キマリ)

 

「分かってます!」
「無理を言ってるのは分かってます!」(報瀬)

 

「でも、どうしても行きたい」
だって…お母さんが待ってる」(報瀬)

 

「そんな心配してもらわなくても、私達は行くわ」
「必ずね」(前川かなえ)

 

3話

「軽く死ねますね」(白石結月)

 

「やった…やった…やったあ!」
「だから言ったでしょ? 私の作戦でやってれば必ず行けるって!」(報瀬)

 

「何が無茶よ、何が無理よ」
「行けたでしょ? 上手くいったでしょ?」(報瀬)

 

「やったあ南極! ついに南極!」
「待ってろペンギ~ン! 待ってろオーロラ!」(報瀬)

 

「あれだけ嫌がってるってことは、それなりに行きたくない理由があるってことだろ」(日向)

 

「”思いの強さとワガママは紙一重である”って言うだろ」(日向)

 

「多分、皆さんには分からないと思いますけど」
「私、友達いないんです」(結月)

 

「今じゃないですよ」
「今まで…今まで一度も」(結月)

 

「ただ同じ所に向かおうとしているだけ」
「今のところは…ね
」(キマリ)

 

4話

「いい、どうせ行くまで何言っても信じないから」
「本当に着いてから言うの、”ざまあみろ、ざまあみろ、ざまあみろ!”って」(報瀬)

 

「(性格)悪いよ、悪い?」(報瀬)

 

「あなた達は知らないだろうけど」
「このプロジェクトが立ち上がってからず~っと言われ続けているの」(かなえ)

 

「”お金が足りない”、”危険じゃないのか”、もう慣れっこ」(かなえ)

 

「そんな報道があるたびに、メンバーといつも事務所で言ってるわ」
「”
うるせえ、バ~カ!”ってね」(かなえ)

 

「南極観測隊員のABCというのがあります」
「(
A)当たり前のことを、(B)ぼけっとしないで、(C)ちゃんとやれ」(藤堂吟)

 

「常にその意識を持ってほしい」(吟)

 

「(真っ平らだから行ける?) 逆」
「真っ平らの真っ白だから、吹雪になると方向が分からなくなる」(報瀬)

 

「だからルートを作って、そこを通るようにするわけ」(報瀬)

 

「うるかにしてください」(結月)
「”うるかにしてください”って何?」(キマリ)

 

「あの人(隊長)は、お母さんが高校の頃の知り合い」
「お母さんと一緒に南極に行った人」(報瀬)

 

あの人は帰って来て、お母さんだけが帰って来なかった…それだけ」(報瀬)

 

「(南極に誘われた?) はい、でも決めたのは私です」(キマリ)

 

「一緒に行きたいって、このまま高校生活が終わるの嫌だって」
「ここじゃないどこかに行きたいって」(キマリ)

 

「(行きたいのは)どこかじゃない…南極だって!」(キマリ)

 

「私、みんなと行きたい」(キマリ)

 

「みんなと一緒に南極星見つけて、オーロラ見て、かき氷食べて」
「ペンギンと記念写真撮りたい!」(キマリ)

 

絶対行こう!」(キマリ)

 

5話

「(なんでああなる?) ここだと敵がいないからね」
「敵認定してる人がいると急に、”なんじゃわれ”みたいにスイッチ入るんだけど」(キマリ)

 

「自己責任かあ…難しいなあ大人」(キマリ)

 

「人には悪意があるんだ」
「悪意に悪意で向き合うな、胸をはれ」(日向)

 

「かんぱ~い!」
「なるほど! こういう感じなんだね、仕事帰りにお酒飲むって」(キマリ)

 

「私いつもモタモタして、めぐっちゃんに面倒見てもらって」
「それが嫌で変えたいってず~っと思ってたんだと思う」(キマリ)

 

「めぐっちゃんにくっついてるんじゃなくて、”ダメだなあ”じゃなくて」
「ゲームの相手になれるくらいに」(キマリ)

 

「絶交しに来た」
「絶交だって言ったんだ」(高橋めぐみ)

 

「自分に何もなかったから、キマリにも何も持たせたくなかったんだ」
「ダメなのはキマリじゃない…私だ」(めぐみ)

 

「ここじゃない所に向かわなきゃいけないのは、私なんだよ!」(めぐみ)

 

「(一緒に南極?) バカ言うなよ!」
「やっと一歩踏み出そうとしてるんだぞ…お前のいない世界に」(めぐみ)

 

「絶交、無効」(キマリ)

 

6話

「キマリさん、最初から床で寝ません?」
「どうせ最後は(ベッドから)落ちると思いますし」(結月)

 

「(マーライオン) 思っていたよりがっかりしないな」(日向)
「だよね、”がっかり”って聞いていたのに」(キマリ)

 

「私達が見たことない所でも、知らない場所でも、いっぱいの人がいっぱいの生活してる」
「毎日毎日途切れることなく…それってすごい」(キマリ)

 

「なんでよ! 私たちコンビニ店員は、24時間365日休まず働いているというのに!」
「お役所ってやつは!」(キマリ)

 

「気を遣うなって言うならハッキリ言う」
「”気にするな”って言われて気にしないバカにはなりたくない!」(報瀬)

 

「”先に行け”って言われて、先に行く薄情にはなりたくない!」
「”4人で行く”って言ったのに、あっさり諦める根性なしにはなりたくない!」(報瀬)

 

「4人で行くの! この4人で!」
「それが最優先だから!」(報瀬)

 

7話

「いらっしゃ~い!」
「ようこそ、やっとここがスタート地点よ」(かなえ)

 

「そりゃ(コメントは)いくらでもありますよ」
「”資金不足、隊員不足、計画そのものが無謀”」(結月)

 

「”そもそも新基地も新観測船もあるのに、二重に行く意味はない”」(結月)

 

「でも…前にも言ったとおり、行かないということはありえない」
「必要な準備はしてきたし、安全面だってこれ以上ないってくらい気を遣っている」(かなえ)

 

「それに何より…この船の隊員は”絶対行く”って強く思っているから」(かなえ)

 

「(どうして行くのか?) さあね。まあ強いて言えば…今回は、空を見るためかな」
「うん…空」(かなえ)

 

「宇宙(そら)よりも遠い場所、それは決して氷で閉ざされた牢屋じゃない」
「あらゆる可能性が詰まった、まだ開かれていない世界で一番の宝箱」(報瀬の母親が書いた本の一節)

 

「(前回は)みんな、少しだけやる気になりすぎてた」(吟)

 

「みんな、どうしても成功させたかった」
「この旅が…自分達の作った道が、あとに続くと分かっていたから」(吟)

 

「たぶん…どこかで成果を欲しがっていた」
「そういう気持ちになるのが危険だってことは、重々分かっていたのに」(吟)

 

「どこかで…」(吟)

8話

「いよいよ(出港)ね」(かなえ)
「違う…やっと」(吟)

 

「でも今の私達は、一歩踏み出せないままの高校生ではない」
「何かをしようとして、何も出来ないままの17歳や16歳ではない」(キマリ)

 

それで十分だ!」(キマリ)

 

「まっ、頑張って!」
「早く船に乗れるように」(鮫島弓子)

 

「体力不足で倒れれば、何も出来ないだけじゃなく、周りの手をわずらわせることにもなる」
「南極まで来て、足手まといは嫌でしょ?」(弓子)

 

「(船酔いには)薬飲んでよく寢ること」
「あとはご飯はちゃんと食べる」(かなえ)

 

「食欲ないだろうし、食べても戻しちゃうから嫌なのは分かるけど」
「食べないとどんどん体力が持っていかれる」(かなえ)

 

「最終的には点滴で栄養補給ってことになるから」
「そうなったらいくら鍛えても意味ないでしょう?」(かなえ)

 

「南極に行くにはね、どうしても突破しないといけないの」
「吠える40度、狂える50度、叫ぶ60度…」(安本保奈美)

 

「ジェットコースターみたいに、内臓がふわ~っと」(保奈美)

 

「私は嫌いじゃないですけど、戦ってる感じがして」(吟)

 

「浮いた…体が浮いた」(報瀬)

 

「(選択肢がない?) そうじゃないよ」
「選択肢はずっとあったよ」(キマリ)

 

「でも選んだんだよ、ここを」
「選んだんだよ、自分で!」(キマリ)

 

「うん、言う」
「(観測船は)すごい楽しいって」(キマリ)

 

「嘘じゃないよ」
「この旅が終わった時には、絶対にそう思ってるもん」(キマリ)

 

「真っ暗ですね!」(結月)
「こんな海を越えて行くんだね!」(キマリ)

 

「嵐と荒波に守られた、氷の大陸」(報瀬)
「確かにそこに行くって選んだんだよな!」(日向)

 

「やっと船に乗れたみたいね!」(弓子)

 

「その時、確信した」
「この向こうに本当にあるんだ、南極が」(キマリ)

 

「帰って来たわね」(かなえ)
「ここから玄関開けるまでが、また長いけどね」(吟)

 

9話

「雲ってすごいよね」
「つかめないのに、上見るといつもそこにある」(吟、過去)

 

「南極がそういう(危険な)所だということは、理解しているつもりです」(報瀬)

 

「(本心?) 分かりません…だから話すのが嫌だったんです!」
「どう思っているかなんて全然分からない」(報瀬)

 

「ただ…ただお母さんは帰って来ない、私の毎日は変わらないのに」(報瀬)

 

「変えるには行くしかないんです」
「お母さんがいる、宇宙よりも遠い場所に」(報瀬)

 

「(砕氷艦は)全力で…氷に突っ込んで…船の自重で氷を壊す!」(吟)

 

「まだよ…まだまだ」
「着くまで続けるの、毎年毎年、何度でも」(吟)

 

「隊員が隊長を救うなんて出来ないし、させないんだよ」
「その気持ちは大切に、自分が手を差し伸べられる相手を探すべきなんじゃない?」(弓子)

 

「ざまあみろ…」
「ざまあみろ、ざまあみろ、ざまあみろ!」(報瀬)

 

「あんた達がバカにして鼻で笑っても私は信じた!」
絶対無理だって裏切られても、私は諦めなかった!」(報瀬)

 

その結果がこれよ!」
どう? 私は南極に着いた!」(報瀬)

 

「ざまあみろ、ざまあみろ、ざまあみろ!」
ざまあみろーーっ!」(報瀬)

 

10話

「(ペンギンが)来た~! 来る!」(報瀬)

 

「時計の針を一番進めるものは忙しさである」(日向)

 

「基地での暮らしに重要なの、何か知ってる?」
「食事とイベント、限られた空間で単調な生活が続くからね」(弓子)

 

「(クリスマスは)嫌いじゃないですけど…言うなれば誕生日のお祝いじゃないですか?」
「不公平じゃないですか?」(結月)

 

「誕生日はみんな等しく訪れるのに」
「ちゃんとお祝いしてもらえる人と、もらえない人がいるって」(結月)

 

「(なんで友達?) たぶん、形も言葉も何もない」(報瀬)

 

「友達なんて親子とも夫婦とも違う、ぼんやりしたものだし」
「いつ消えても誰も責任を負ったりしない」(報瀬)

 

「少なくとも私はそう」
「でもだから自由で、だから一緒にいられる気がする」(報瀬)

 

「私にとって友達ってたぶん、そんな感じ」
全然ハッキリしてないんだけどさ、でもたぶんそんな感じ」(キマリ)

 

「ああ…分かった!」
「友達ってたぶん、ひらがな一文字だ!」(キマリ)

11話

「結月ちゃん、そういうのが一番傷つく」(キマリ)

 

「だって…だって心配だったから、だって1人でなんか怒ってたから!」
「なのに、なんにも言わないで…」(報瀬)

 

「ちゃんと言ってよ、心配になる」
「何もかも隠してるんじゃないかって、何も話してくれないんじゃないかって」(報瀬)

 

「(メール?) うん、その(高校を辞めた)時のチームメイト」
「中継で話したいって」(日向)

 

「友達が南極に行ったって聞いて自慢なんだって」
「”
ああ、友達だったんだ”って思ったけどねえ」(日向)

 

「な~にいつまでも引きずってんだよ、忘れろ!」
「そうされてると私が嫌な気になる」(日向)

 

「私がさ、なんで南極来たと思う?」
「なんにもないからだ!」(日向)

 

「なんのしがらみもない人と、なんにもない所に行きたかったんだよ」(日向)

 

「意味なくなんてない…」
「意味なくなんてないから!」(報瀬)

 

「私さ…ずっと考えてた」
「日向と同じだったらどう思うだろうって」(報瀬)

 

ひどい目に遭わされて、でもある日何事もなかったように連絡してきて」
「もう取り返しはつかないのに謝ってきたりして…」(報瀬)

 

「平気でいられるわけない、笑ってなんかいられない!」(報瀬)

 

「手だけでいい」
「報瀬余計なことばっか言ってうるさいから」(日向)

 

ありがとう…ごめんな」
「私、たぶんまだ怖いんだよ」(日向)

 

「怖いんだよ…」(日向)

 

「連れてきてくれてありがとう」(日向)

 

「悪いけど、三宅日向にもう関わらないでくれませんか?」(報瀬)

 

「あなた達は日向が学校辞めて、つらくて苦しくて」
「あなた達のこと恨んでると思っていたかもしれない」(報瀬)

 

「毎日部活のこと思い出して、泣いてると思っていたかもしれない」(報瀬)

 

「けど…けど…」(報瀬)
「けど、そんなことないから!」(キマリ)

 

「日向ちゃんは今、私達とさいっこうに楽しくて、超充実した」
「そこにいたら絶対できないような旅をしてるの!」(キマリ)

 

「日向はもうとっくに前を向いて、もうとっくに歩き出しているから!」
「私達と一緒に踏み出しているから!」(報瀬)

 

「私は日向と違って性格悪いからハッキリ言う」
あなた達はそのままモヤモヤした気持ちを引きずって生きていきなよ!」(報瀬)

 

人を傷つけて苦しめたんだよ」
そのくらい抱えて生きていきなよ!」(報瀬)

 

それが人を傷つけた代償だよ!」
私の友達を傷つけた代償だよ!」(報瀬)

 

「今さら何よ…ざけんなよ!」(報瀬)

 

12話

「それ(母が亡くなったの)は、まるで夢のようで…」
「あれ? 覚めない…覚めないぞって思っていて」(報瀬)

 

「それがいつまでも続いて…まだ、続いている」(報瀬)

 

「ごめん」
「別に落ち込んでいるとか、悩んでいるとかじゃないの」(報瀬)

 

「むしろ普通っていうか…普通すぎるっていうか…」(報瀬)

 

「分かってる、なんのためにここまで来たんだって」
「でも…」(報瀬)

 

でも、そこに着いたらもう先はない」
「終わりなの?」(報瀬)

 

もし行ってなんにも変わらなかったら」
「私はきっと…一生今の気持ちのままなんだって…」(報瀬)

 

「何かをするのが思いやりではない」
「何もしないのも思いやりである」(日向)

 

「いいよね、あなた達」
「お互いほっとけるっていうのは、いい友達の証拠だよ」(弓子)

 

「(南極は)私が来たかったから」
「貴子がそうしてほしいと思っていると、私が勝手に思い込んでいるから」(吟)

 

「結局、人なんて思い込みでしか行動できない」(吟)

 

「けど…思い込みだけが現実の理不尽を突破し、不可能を可能にし、自分を前に進める」
「私はそう思っている」(吟)

 

「定時交信、練習しといて」
「私達だって何があるか分からないんだから」(吟)

 

「(南極?) うん、大好き!」
「でもね…1人だったら好きだったか分からなかったかも」(キマリ)

 

みんなと一緒だから」
「みんなと一緒だったら、北極でも同じだったかも」(キマリ)

 

「ねえ、報瀬ちゃん」
「連れてきてくれてありがとう」(キマリ)

 

「報瀬ちゃんのおかげで私”青春”できた」(キマリ)

 

「お母さん、そこから何が見えますか?」
「お母さんが見たのと同じ景色が、私にも見えますか?」(報瀬)

 

もうすぐ着きます」
「お母さんがいる…その場所に」(報瀬)

 

「(天文観測所) 久しぶりね」(かなえ)
「待たせた…まだまだ待たせるけどね」(吟)

 

「よくない!」
「ここまで来たんだよ! ここまで来たんだもん!」(キマリ)

 

「1個でいい!」
「報瀬ちゃんのお母さんが確かにここにいたって何かを!」(キマリ)

 

13話

「あんまり南極に染まると社会復帰できなくなるよ」
「あんなふうに」(保奈美)

 

「(氷は)持ち出し禁止の南極で、唯一自由にお土産にしていいものだからね」(かなえ)

 

「この氷の中には何万年も前の空気が閉じ込められていて」
溶けるとプチプチ弾けるのよ」(かなえ)

 

「これが数万年前の空気の味!」
「大人になったら絶対これでお酒飲むんだ!」(キマリ)

 

「なんか…すっかり慣れちゃいましたね、この景色も」(結月)

 

「まあ、私も帰りたくないって気持ちはありますけど」(結月)

 

「じゃあまた来てくれる?」(キマリ)
「いいですよ」(結月)

 

「越冬だよ! この4人でだよ!」(キマリ)
「分かってる」(日向)

 

「絶対だからね! 断るのなしだからね!」(キマリ)
「はいはい」(報瀬)

 

「本気で聞いてる」(キマリ)
「本気で答えてる」(報瀬)

 

「なら、よし!」(キマリ)

 

「(南極で)分かった気がしました」(報瀬)

 

「母がここを愛したのは、この景色とこの空とこの風と同じくらいに」
「仲間と一緒に乗り越えられるその時間を愛したんだと」(報瀬)

 

「何にも邪魔されず、仲間だけで乗り越えていくしかない」
「この空間が大好きだったんだと」(報瀬)

 

「私はここが大好きです、越冬がんばって下さい」
「必ずまた来ます、ここに」(報瀬)

 

「あの時のあなた達と話してて、実はすごい勇気が出た」
「あなた達の顔見て、絶対中止に出来ないぞって」(かなえ)

 

大人はね、正直になっちゃいけない瞬間があるの」(かなえ)

 

「一緒に越冬させないと、母に怒られそうな気がして」
「私はもう、なくても平気ですから!」(報瀬)

 

「なんか、私達ちょっぴり強くなりました?」(結月)
「もしくは雑になったっていうか」(報瀬)
「大きいからね、ここは何もかも」(日向)

 

「いいんじゃないかな」
「そういうのが1つくらいあっても」(キマリ)

 

「ねえ…」
「ここで別れよ」(キマリ)

 

「(もう一緒にいられない?) 逆だよ」
「一緒にいられなくても、一緒にいられる」(キマリ)

 

「だって、もう私達は私達だもん」(キマリ)

 

「それが終わったら、また旅に出よう」
「この4人で」(キマリ)

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

宇宙よりも遠い場所 [Blu-ray]
コミックシーモアリンク
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

 

→宇宙よりも遠い場所のインデックス