「リコリス・リコイル」の名言・台詞まとめ

アニメ「リコリス・リコイル」の名言・台詞をまとめていきます。

リコリス・リコイル

1話

「きょうも天気で私も元気、ありがたい!」(錦木千束)

 

「大きな街が動き出す前の静けさが好き。平和で安全、きれいな東京。日本人は規範意識が高くて、優しくて温厚。法治国家日本、首都東京には危険などない」

「社会を乱す者の存在を許してはならない、存在していたことも許さない。消して消して消して、きれいにする。危険は元々なかった」

「平和は私達日本人の器質によって成り立ってるんだ。そう思えることが一番の幸せ、それを作るのが私達リコリスの役目…なんだってさ!」(千束)

 

「お前…エリカを殺す気か?」(春川フキ)
「生きてますよね?」(井ノ上たきな)

 

「ここにも母となるべき才能が今結婚という障害にはばまれているのよ…」
「不満だわ! 今すぐ私にいい男を支援しなさーーーい!」(中原ミズキ)

 

「冗談は顔だけにしろよ、酔っぱらい」(千束)

 

「(DAにいないのは)問題児だからだよ」(千束)

 

「(ここは)困ってる人を助ける仕事だよ」(千束)

 

 

「壊れて出来た意味もあるんじゃない?」
「さぁ、どうかな? でもそういう意味不明なところが私は好き」(千束)

 

「まあともかく、DAが興味持たなくても困ってる人はいっぱいいてさ、助けを求めてる」
「だからたきな、力を貸して!」(千束)

 

「なるほど…まあでも、騒動になんてなってないよ、多分ね。普段はそういうの、全部組織がもみ消しちゃう」

「事件は事故になるし、悲劇は美談になる。今回のもきっと、表向きには別のことになってるよ。最後の大事件も…今や平和のシンボル」(千束)

 

「しばらく任せるね。無茶はしないように、命大事にだからね」(千束)

 

「私は…あの人不安ですよ」(たきな)

 

「無知である方が人は幸福なんだよ」(謎の男)

 

2話

「いやいやたきなさ、今の状況分かってるのかな?」
「そう! その前にお昼、食べとかないと?」
「えっ、それ(ゼリー飲料)が? 特急だよ、駅弁食べようよ!」(千束)

 

「クマのハッカーよりは(高校生の方が)合理的ですよ」(たきな)
「つまり…日本で一番警戒されない姿だってことですよ、これ」(千束)

 

「追手から逃げ切る一番の手段は、死んだと思わせること。そうすればそれ以上捜索されない」(クルミ、ウォールナット)

 

「目の前で人が死ぬのをほっとけないでしょ?」(千束)
「私達リコリスは殺人が許可されています! 敵の心配なんて…」(たきな)
「あの人達も、今回は敵だっただけだよ」(千束)

 

3話

「この寮で暮らすことはDAに拾われた私達みんなの憧れ。この制服に袖を通した時も…」(たきな)

「嬉しかったよね」(千束)

 

「そんな意外そうな顔しないで。私だってそうだよ」(千束)
「なら、千束さんにも分かるでしょう? ここが目標だった。それを私は奪われた! どうしてこんな…」(たきな)

 

「あなたはDAに必要とされてるからいいですよね!」
「私には! 私の居場所は…もうここにはない」(たきな)

 

「あの時たきなは仲間を救いたかった。それは命令じゃない、自分で決めたことでしょ?」
「それが一番大事。それに、たきなの処遇はそれとは関係ないよ」(千束)

 

「たきな…今は次に進む時。失うことで得られるものもあるって」
「たきながあの時ああしなかったら、私達は出会えなかったよ」(千束)

 

「私は君と会えて嬉しい!」
「嬉しい嬉しい! 誰かの期待に応えるために悲しくなるなんてつまんないって」

「居場所はある。お店のみんなとの時間を試してみない?」
「それでもここがよければ戻って来たらいい。遅くない…まだ途中だよ。チャンスは必ず来る。その時したいことを選べばいい」(千束)

 

「私はいつも、やりたいこと最優先! まあ、それで失敗も多いんだけど…」
「今はたきなにひどいこと言ったあいつらをぶちのめしたいので、ちょっと行って来ますよ」(千束)

 

「これで(殴るの)おあいこですね」(たきな)

 

「でも…(今日の勝負)スカッとしたな」(千束)
「ええ」(たきな)

4話

「なんですか、これ(ゴム弾)?」
「私には無理ですね。この命中率では自分を守れない」(たきな)

 

「急所を撃つのは仕事だったんですけど?」(たきな)
「もう違うでしょ?」(千束)

 

「クルミ…たきなのパ○ツって見たことある?」(千束)

 

「(スカート?) 制服だけですね。普通そうでしょ?」(たきな)

 

「好きなの…選ばなきゃいけないんですか?」
「仕事に向いているものが欲しいですね」(たきな)
「ああ…銃撃戦向きのランジェリーですか? そんなもんあるかぁ!」(千束)

 

「パ○ツって見せるものじゃなくないですか?」(たきな)
「いざって時どうすんのよ?」
「(いざって時?) 知るか!」(千束)

 

「千束のを見せて下さい」
「見られて大丈夫なパ○ツかどうか知りたいんです」(たきな)

 

「(カロリー?) 野暮なこと言わない。女子は甘いものに貪欲でいいのだ」(千束)

 

「たきな! 人間一生で食べられる回数は決まってるんだよ。全ての食事は美味しく楽しく幸せであれ!」(千束)

 

「何、私に興味あんの?」(千束)
「タツノオトシゴ以上には」(たきな)

 

「気分がよくない。誰かの時間を奪うのは気分がよくない…そんだけだよ」
「そう、悪人にそんな気持ちにさせられるのはもっとムカつく。だから死なない程度にぶっとばす!」(千束)

 

「千束は謎だらけです」(たきな)

 

「(捜してるのは)ありがとうって言いたいだけなんだけど…」(千束)

 

「天才は神からのギフトだ。必ず世界に届けねばならん」
「類まれな…殺しの天才をな」(吉松)

 

5話

「(機械に生かされてる?) そんなことないですよ、私も同じですから。ここ(心臓)に」
「いえ、まるごと機械なんです」(千束)

 

「つまり命と引き換えに世界への使命を与えられた。千束の使命はなんだい?」(クルミ)
「それは千束が決めることだ」(ミカ)

 

「今朝の話…本当なんですか?」(たきな)
「ああ、胸のことね…本当だよ。鼓動なくてビックリしたけど、すごいのよこれ」
「ちょいちょいちょいちょいちょーい!」(千束)

「確かめようと思って?」(たきな)
「いいけど公衆の面前で○を触るな!」(千束)

 

「ミズキがジンに発信機を付けてた。死んでもこっちに情報を残した!」(クルミ)
「死んだと決まってはいないだろ?」(ミカ)

 

「任せてって言ったのに…」(たきな)

 

「私はね、人の命は奪いたくないんだ」
「私はリコリスだけど、誰かを助ける仕事をしたい。これ(ペンダント)をくれた人みたいにね」(千束)

 

「今は他の人いませんよ」
「本当に鼓動…ないんですね」(たきな)
「そうなんだ…すごいだろ」(千束)

6話

「安全が確保されるまで、24時間一緒にいます!」(たきな)
「家(うち)に泊まんの!」(千束)

 

「(何も無い) プロの部屋だ…」(たきな)
「あぁ、そっちじゃないよ。こっち」(千束)

 

「共同生活を送る上で、(これが)公平な家事分担です!」(たきな)
「つまんな~い」(千束)

 

「(DAをハッキング?) さすがはクルミさん…やばいね」(千束)
「ちょろいね」(クルミ)

 

「勝てないんですよ…」
「家事の分担をじゃんけんで決めてるのですが…1回も千束に勝てませんね」(たきな)

 

「あれは私の行動の結果で、クルミのせいじゃありません」(たきな)

 

7話

「どうかしましたか? なんか今日は変ですよ」(たきな)
「こいつは毎日変だろ?」(ミズキ)

 

「いいや。先生をたらしこんで私をDAに連れ戻す計画じゃわ」(千束)
「自慢ですか? 結構ですね、必要とされてて」(たきな)

 

「あいつか…」
「まさか同じ奴とは……手も足も出なかった。こいつは…運命だな」(真島)

 

「弾丸避けるとか誰にでも出来ることじゃないですけど?」(たきな)
「ありゃ勘だよ。弾より速く動けたらメダル取れるんだけど」(千束)

 

「まぁ金メダルとはいかなくても、誰かの役には立てるでしょう」
「DAに戻されてる場合じゃないのよ」(千束)

 

「データしか信じない人はどんどんアホになるな」(クルミ)

 

「覚悟なんか、あるわけないだろ…」(ミカ)

 

「君なら分かるはずだ。千束の居場所がここではないと」(吉松)

 

「なんで黙ってたの?」
「約束を守ったんだ…その方が先生らしい。やるな、千束をあざむくとは」(千束)

 

8話

「完全にアシ出てますよね?」
「独立してるといいならがお金はDAに頼ってたと?」
「分かりました…以後私が、リコリコの経理をします!」(たきな)

 

「人を怪物のように描写するな」(千束)

 

「(思い出したか?) いや、お前のことなんか知るか」(千束)

 

「じゃあなんでこんなことしてんの?」
「それ持ってるからには、なんか凄い才能があるんでしょ? 人を幸せにするような。あんたがやってることは逆でしょ?」

「(殺し屋?) 一緒にすんな。私はちゃんと人助けしてる!」(千束)

 

「なんて言われても…私にはヨシさんとの約束がある。これはその証」(千束)

 

「千束!」
「私からの電話は3コール以内に出て下さい。出ない場合は危険と判断して次のワン切りですぐに向かう通知とします!」

「嫌ならすぐ出るように」(たきな)
「つまりどこにいても来てくれるのね」(千束)

 

「(大活躍?) 店が潰れないようにと思っただけです」
「大切な場所なんでしょ?」(たきな)

 

「(定期検診)嫌なんじゃなくて…」
「ち…ち…注射……」
「(怖い?) そうだよ! だって注射避けられないし!」(千束)

 

9話

「マジか…(心臓)後どれくらいもつ?」(千束)

 

「あの看護師を始末します!」(たきな)
「いいから」(千束)
「いいわけないでしょ!」(たきな)

 

「いいのよ…」
「もともと、そんな長くなかったんだから」(千束)

 

「多くの者がお前を優秀なリコリスにするために尽力したというのに、ロクに役割を果たさず死ぬんだな?」(楠木)

「私の思う役割は楠木さんとは違うよ」(千束)

 

「罪悪感を覚えると、(タバコを)吸いたくなる。自分を痛めつけるにはちょうどいい」(ミカ)

 

「素晴らしい…銃では彼女を殺せそうにないな」(吉松)
「ああ。しかし…先天性心疾患だ。もって半年…病が彼女を殺す」(ミカ)
「そうはさせません」(吉松)

 

「(人工心臓は)耐久性に問題が…おそらくもって彼女が成人するまで」(吉松)
「リコリスの現役はせいぜい18だ。それだけ生きれば十分…」(ミカ)

「十分殺しますか?」
「殺しの才能であれ、世界に届けられること。それが…一番重要な条件です」(吉松)

 

「任務じゃない…約束さ。君と私の」(吉松)

 

「あなたでしょ? 私を助けてくれる人」
「嘘! ここにそんなかっこいいスーツ着た人いないよ」
「ううん、ありがとうは私の方。どうお礼すればいい?」(千束)

「君には大きな使命がある、それを果たしてくれ。そのために私は…さしずめ救世主になったんだ」(吉松)

「ありがとう。私もなる…救世主」(千束)

 

「(救世主からプレゼント?) なら…人を助ける銃だね」(千束)

 

「(復帰は)断ろうと思ってました」
「でも私、DAに戻ります。千束が生きる可能性が、少しでもあるなら…」(たきな)

 

「人生計画通りにはいかないもんだよ。よしたきな、ついてきんさい」
「トラブルを楽しむのが千束流だよ」(千束)

 

「楽しいよ、たきなといればさ」(千束)

 

「完璧なスケジュールのはずだったのですが…」(たきな)
「神様は気まぐれだからな…」(千束)

 

「理不尽なことばかりです。そうは思いませんか?」(たきな)
「自分でどうにもならないことで悩んでもしょうがない。受け入れて、全力!」
「だいたいそれでいいことが起こるんだ」(千束)

 

「それに、たきなの計画は大成功してるよ。今日はメッチャ楽しかったぜ!」
「やるな」(千束)

「やったぜ」(たきな)

 

10話

「やっぱ終わりにしようかね?」
「リコリコは閉店します! ハァ!」(千束)

 

「俺も奴と同じだぜ、思うままに生きてる」
「だから思うままにあんたをぶっ殺すかもしれねえ。いいのかそれで?」(真島)

「アランの理想を果たせるならば、命だろうと捧げてみせよう」(吉松)

 

「仕方ないだろ、千束の望みだ」
「まだ…たきながいる」(クルミ)

 

「私は殺しすぎて、ここを一度クビになってまして」
「割と外の暮らしも楽しかったんで、またクビになるのもいいかなーっと思って」(たきな)

 

「この店ともちゃんと、お別れしないとな…」
「(無理?) 先生にはお見通しか。やっぱり寂しいですよ」(千束)

 

「だがそれ(金)以上に興味のある仕事だから引き受けた」
「正義の味方気取りの悪党がどんなツラかってことだよ」(真島)

 

「真の平和とは悪意の存在すら感じない世界のことだ。お前も、誰の記憶にも残らず消える」(楠木)

「お得意の情報操作か。だがな、悲惨な現実を知らなければ、平和の意味さえ人々は忘れてしまうんじゃないのか?」

「与えられるものではなく、勝ち取るものだってこともな」(真島)

 

「善悪の天秤ってのはな、どっちに傾くにしても、お前らみたいな存在に操られるべきじゃねえ。バランスを取り戻さなきゃあな」(真島)

 

「私はあなたに興味はない。吉松の居所を!?」(たきな)

 

「お前に感謝されるようなことなど、何も出来てないさ」(ミカ)

 

「だが、これだけは約束してくれ」
「彼女を最強の殺し屋として育ててくれ」(吉松)

 

「言えなかった…お前の中で、どんどん大きくなるシンジに対しての憧れは、いつ終わるか分からない命を支える力となっていった…」

「それはとてもまぶしくて…儚い」(ミカ)

 

「ありがとう、先生。私に決めさせてくれて、ありがとう。それ聞いてたら、多分私は負けてた。そんで仕方なくリコリスの仕事してたと思う」

「で、嫌なこととかつらいことは全部先生やヨシさんのせいにするんだ」
「それは嫌だわ。うん、ないない」

「私の仕事も、このお店を始めたのも全部私が決めたこと。それをさせてくれた先生とヨシさんへの感謝は、今の話を聞いても全然変わんない」

「2人共、私のお父さんだよ」
「それが一番嬉しいって感じする」(千束)

 

「先生を疑ってるわけじゃない。けど…ヨシさんに会って直接聞きたい!」(千束)

 

11話

「(解決?) そうでしょうか?」
「嫌な予感がします。罠かもしれない」
「絶対何かある…」(たきな)

 

「ここでは千束を救えない、それだけです」(たきな)

 

「自分が幸福ならそんな不自然でアンバランスな世の中でもいいって?」
「俺達は神様気取りの奴等から自然な世界を取り戻そうとしている。この映像もなかったことになるだろう」

「だが、自分の目で見たことを覚えとけ。これは真実で、奴等を倒す始まりだ」(真島)

 

「またここか…」(千束)

 

12話

「DAはどうしたんだよ?」(千束)
「辞めてきました…」(たきな)
「バカだねぇ」(千束)

 

「奴は死んだか?」
「私をこんな目に合わせた真島を、殺したか?」(吉松)

 

「ヨシさんの期待に応えられなかったのは分かってる。でも…」
「だって、人に救われた命で誰かの命を奪えるわけないじゃない?」(千束)

 

「君は分かっていないようだ。人生の役割が明確な人間は少ない。だが君にはある」
「これほど幸せなことはない」(吉松)

「幸せ…殺しが私の幸せなの?」(千束)
「そうだ。それによって君は、人類と世界に貢献できるのだから」(吉松)

 

「私はそんなことのために死にかけの人形のゼンマイを巻いたわけじゃないんだ」(吉松)

 

「動くな! 次は眉間に撃ち込みますよ」(たきな)

 

「だけど…そんなことはもうどうでもいい。そのケースさえ手に入れば」
「クルミがつかみました。その中に千束の命がある」(たきな)

 

「私を撃って手に入れなさい」
「これで君はまだまだ生きられる。さあ…ためらうな。君自身の価値と人生を取り戻すんだ」
「そのためなら…私は命を捧げるよ」(吉松)

「狂ってる…」(たきな)

 

「実弾を使え、友達が死ぬぞ。早く殺せ」(吉松)

 

「命を粗末にする奴は嫌いだ!」
「嫌いだよ、ヨシさん…」(千束)

 

「私には世界よりも大切なものがいっぱいあるんだ」
「ヨシさんがくれた時間でそれに気づけた。これは返す」(千束)

 

「心臓が逃げる!」(たきな)

 

「ヨシさんを殺して生きても、それはもう私じゃない」
「ヨシさんの代わりに生きるのは、私には無理だよ」(千束)

 

「それを延空木の制御室に挿してこい。後はなんとかしてやる」
「ああ、もうそんなポンコツ(ラジアータ)…ウォールナットに任せろ」(クルミ)

 

「よし、リコリコ営業再開だ! 行こう!」(千束)

 

「(世界一のハッカー?) 100年早いわ!」(クルミ)

 

「知り合いですか?」
「また、恨みを買ってそうな目だ、と」(たきな)

 

「確かに…ひどい奴だ」(たきな)

 

13話

「以前と同じく、私の独断ということで」(たきな)

 

「(リーダー?) だからあなたにお願いしています」
「今、千束をを救えるのは私で、サクラを救えるのはあなたです。私達で決めましょう」(たきな)

 

「よくねえ音だ…休憩だ」(真島)

 

「(やりたいのは)これだよ」
「命懸けの勝負。俺が唯一恐怖を感じた奴とのな」(真島)

 

「調子悪いお前とやりあってもつまらん。まだ死ぬな」(真島)

 

「(止める?) そりゃダメだ。モザイクなしの現実を見せないとな」
「俺は世界を守ってるんだぜ。自然な秩序を破壊するお前らからな」(真島)

 

「悪もんやってるつもりはねえよ。俺はいつも弱い者の味方だ」(真島)

 

「あんたですら自分を正しいと思ってるのね。ホントの悪(ワル)は映画の中だけ…か」(千束)

「だから映画は面白いんだろ?」
「現実は正義の味方だらけだ。いい人同士が殴り合う。それがこのクソッタレな世界の真実だ」(真島)

 

「戦士は全てを見せないものだ。愛する者には、特にな」(ミカ)

 

「シンジ。導いてくれるのは子供達なんだ。私達の知らない世界に」
「彼等の選択を、邪魔してはいけない」(ミカ)

 

「狂わされたな…お前も、あの子も…」(吉松)

 

「みんな…自分が信じたいいことをしてる。それでいいじゃん?」(千束)

 

「世界を好みの形に変えてる間に、おじいさんになっちゃうぞ」(千束)

 

「今のままでも好きなものはたくさん」

「大きな街が動き出す前の静けさが好き。先生と作ったお店、コーヒーの匂い、お客さん、街の人、美味しいものとか綺麗な場所、仲間、一生懸命な友達、それが私の全部」

「世界がどうとか知らんわ!」(千束)

 

「(志?) ありますよ。私を必要としてくれる人に出来ることをしてあげたい。そしたらその人の記憶の中に私が残るかもしれないでしょ?」

「いなくなった後も」(千束)

 

「日本のバランスを取り戻す奴と、現状維持する奴。正義のヒーローはどっちだ?」(真島)
「ビルから落ちなかった方じゃない」(千束)

 

「私はなんで生きてる?」(千束)
「その前に、なんで消えたんです?」(たきな)

 

「おめでとう千束。君の新たな人生の始まりは、私の死によって完成した」
「君の幸せを心より願う」(吉松)

 

「ああ。お前が一番怖えからな」(クルミ)

 

「何しようか、これから?」(千束)
「諦めてたことから始めてみたらどうですか?」(たきな)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
リコリス・リコイル1巻 [Blu-ray]

 

→リコリス・リコイル(錦木千束)
→リコリス・リコイル(井ノ上たきな)
→リコリス・リコイル(真島)
→リコリス・リコイル(ミカ&吉松)

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました