「機動戦士ガンダム 水星の魔女」の名言・台詞まとめ

アニメ「機動戦士ガンダム 水星の魔女」の名言・台詞をまとめていきます。

機動戦士ガンダム 水星の魔女

PROLOGUE

「超えてしまえばいいのです」
「ヴァナディースの連中がガンダムを完成させてからでは手遅れになります。我々MS(モビルスーツ)開発評議会は決断するべきです。人類の安寧のために、魔女への鉄槌を」(デリング・レンブラン)

 

「ママのGUND(ガンド)、すぐ止まっちゃうね」(エリクト・サマヤ)
「そうね。でもこの技術がなかったら、ママはもう生きてないのよ。だからカルド博士はママの先生で、ママの命の恩人なの」(エルノラ・サマヤ)

 

「エリーや、エリーのパパやママが宇宙で生きていくためには、適応できる体が必要なのさ。こんな兵器じゃなくてね」

「ルブリスは、私達が目指すGUNDの未来。私達の可能性を切り開く、新たな扉」(カルド・ナボ)

 

「私はこれまで、あまたの戦場を経験し、1つの結論を得ました。兵器とは、人を殺すためだけに存在するべきだと」

「一点の言い訳もなく、純粋に殺すための道具を手にすることで、人は罪を背負うのです」

「しかし、ヴァナディースとオックス・アースのモビルスーツは違う。相手の命だけでなく、乗り手の命すら奪う」

「これは道具ではなく、もはや呪いです」(デリング)

 

「自ら引き金を引き、奪った命の尊さと、あがないきれない罪を背負う。戦争とは、人殺しとは、そうでなければならない」(デリング)

 

「お前達が奪うのは、GUNDが救うだろう未来だぞ!」(カルド)

 

「エルノラ、君は逃げろ」
「逃げるのは君だけじゃない」
「生きてくれ。君とエリクトと、みんなのために!」(ナディム・サマヤ)

 

1話

「邪魔しないでよ!」
「もう少しで脱出できたのに、あんたのせいで台無し! 責任、取ってよね」(ミオリネ・レンブラン)

 

「この学園ではね、生徒同士が大切なものを懸けて決闘するの」
「お金、権利、謝罪…結婚相手!」(ミオリネ)

 

「お…お母さんから、教わらなかった、ですか?」
「そんなことしちゃ(女の子殴っちゃ)、ダ…ダメです」(スレッタ・マーキュリー)

 

「なんだってみんな勝手に決めるの? これは私のケンカよ!」(ミオリネ)

 

「勝敗はモビルスーツの性能のみで決まらず」(グエル・ジェターク)
「操縦者の技のみで決まらず」(ミオリネ)
「ただ、結果のみが真実!!」(ミオリネ、グエル)

 

「好きにさせてよ…人の人生、勝手に決めるな!」(ミオリネ)

 

「エアリアルは、たかがじゃありません! 私とずっと一緒に育った、私の家族なんです!」
「責任なら、勝って果たします。私とエアリアルは、あんなのに負けません!」(スレッタ)

 

「お母さんが言ってました。逃げたら1つ、進めば2つ手に入るって」
「逃げたら負けないが手に入ります。でも、進めば…」
「勝てなくても、手に入ります。経験値も、プライドも…信頼だって!」(スレッタ)

 

「なんなんだ、そのモビルスーツは?」
「なんなんだ、お前は!?」(グエル)

 

「この衣装は決闘の勝者、ホルダーの証よ。そして、私の婚約者の証でもあるわ」
「言ったでしょ? そういうルールだって」(ミオリネ)

「でで…でも私、女です、けど?」(スレッタ)
「水星ってお堅いのね、こっちじゃ全然ありよ。よろしくね、花婿さん!」(ミオリネ)

 

2話

「うちのクソ親父が勝手に決めたの。私をホルダーと結婚させるって」
「心配しないで、私もする気ないから」
「私は…地球へ行きたいの!」(ミオリネ)

 

「彼女…本当に魔女なんだろうか?」(エラン・ケレス)

 

「僕は人を好きになったりしないよ…絶対に!」(エラン)

 

「決闘で勝ったのはスレッタよ! クソ親父が用意した男なんかと、絶対結婚しないから!」(ミオリネ)

 

「あいつはいつもそう! 相談しない、説明しない、この学園に入ったのも、ピアノをやめされられたのも、友達さえも勝手に決めて…」

「お母さんの…お葬式だって!」(ミオリネ)

 

「(地球へ)行く!」
「私をここから、連れ出して!」(ミオリネ)

 

「君に興味があったから」
「スレッタ・マーキュリー。君のことを、もっと知りたい」(エラン)

 

「この腕も、仮面の下の顔も、全て水星の磁場に持っていかれました」
「水星の環境は過酷です。ですが、我々のドローン技術を応用できれば、危険に身をさらすことなく、パーメットの採掘事業が可能になります」

「どうかエアリアルの開発を認めて下さい。我々には、グループの支援が必要なのです」(プロスぺラ・マーキュリー)

 

「あんたに一言、言いたくてやって来たの」
「自分で決めたルールを、後から勝手に変えるな! このダブスタクソ親父!」(ミオリネ)

 

「説明も相談も必要ない。私が決める、お前は従う」
「娘だからといって私と対等にものが言えると思ったか?」

「(王様?) そうだ!」
「私には力がある、お前にはない。力のない者は黙って従うのが、この世界のルールだ」(デリング)

 

「だったら、決闘よ!」
「私達が勝ったら、あんたはスレッタを私の婚約者として認める。負けたら好きにすればいい」

「あんたが決めたルールで戦ってやるって言ってるのよ!」
「自分が決めたことぐらい、責任持って守りなさいよ! 大人なんでしょ!」(ミオリネ)

 

「するよ、決闘!」
「負けたら、エアリアルは廃棄処分、あんたも退学になる。絶対勝って!」(ミオリネ)

3話

「この決闘、絶対勝って! あんたの退学と、私の結婚が懸かってるんだから」(ミオリネ)
「嫌…です」(スレッタ)

 

「はあ! 一緒に戦う流れでしょ?」(ミオリネ)
「リストが…学校に来たら、やりたいことリストです」
「友達を作る、あだ名で呼ぶ、図書館で勉強、屋上でご飯、それと…デートする…」(スレッタ)

 

「デートする…です!」(スレッタ)
「色ボケ!」(ミオリネ)

 

「結婚したら、デートできません」(スレッタ)
「すればいいじゃない」(ミオリネ)
「不倫…はダメですよ」(スレッタ)
「大丈夫よ。今すぐってわけじゃないから」(ミオリネ)

 

「結婚できるのは17歳からでしょ。だから、私の誕生日まで結婚はお預け」
「私は必ずここを脱出して地球に行く。あんたはそれまで花婿でいて。これは取引よ!」(ミオリネ)

 

「このスタッフもダリルバルデも、お前を勝たせるために俺が集めたのだ」
「子供のプライドが入る余地はない」
「大人扱いして欲しければ、勝ってホルダーを取り戻せ!」(ヴィム・ジェターク)

 

「じゃあ、決闘の相手って?」
「よかった…」
「だだだだだだだだだって…一度、勝ってますし」(スレッタ)

 

「入って、よい…ですか?」(スレッタ)
「いいよ」(ミオリネ)
「はぁ…私達、親友ってこと!」(スレッタ)
「はあ!」(ミオリネ)
「すみません!」(スレッタ)
「あんたが決闘に負けたら、2人とも終わりだしね」(ミオリネ)
「すみません…」(スレッタ)

 

「リストの12番、叶いました」
「連絡先の交換。学校に来たらやりたいなって思ってて」(スレッタ)

 

「いいっすよねぇ、グエル先輩は。親が偉いと、決闘の負けも無効にしてもらえて」
「今度負けたら言い訳できませんよぉ! やめといた方がいいと思うけどなぁ?」(セセリア・ドート)

 

「アドバイスですよ。これ以上先輩の市場価値が下がらないようにって」
「あっ、でももう底値か!」(セセリア)

 

「ダメ、です!」
「に…逃げない人を笑うのは…ダメ、なんです!」(スレッタ)

 

「(笑わない) 逃げたら1つ、だからです」(スレッタ)

 

「(負けたのは)マグレじゃないです」
「(油断?) つまり…負けたんですよね?」(スレッタ)

 

「(あの人) 訳わかんないです…」(スレッタ)

 

「パーメットリンク…よし、各兵装よし、ご飯も食べた!」(スレッタ)

 

「絶対勝って、ミオリネさんと学校に残ります!」(スレッタ)

 

「(AI?) 俺の意思は…いらないっていうのか?」(グエル)

 

「決闘は平等じゃないよ」
「その生徒のバック次第で、用意できるモビルスーツも、サポートメンバーも違ってくる。この偶然がたとえ仕組まれたものだとしても…それを含めて彼の力だよ」(エラン)

「だったら私も、スレッタの力ってことでいいよね?」(ミオリネ)

 

「クソ親父…今度こそ思い通りにならないから!」(ミオリネ)

 

「スレッタ・マーキュリー。君が魔女なら、切り抜けられるはずだ」(エラン)

 

「スレッタ、後はあんたが勝つだけだからね」(ミオリネ)

 

「これは…俺の戦いだ!」
「俺の…俺だけの!」(グエル)

 

「この人、強い!」
「でも、私とエアリアルは…負けません! だって、だって!」
「やりたいことリスト、全然埋まってない!」(スレッタ)

 

「じゃ…じゃあ、エアリアルもミオリネさんも、セーーフ!」(スレッタ)
「そう! ざまあみろ、クソ親父!」(ミオリネ)

 

「よよよよ…よかったね、ミ…ミオミオ!」(スレッタ)
「はあ!」(ミオリネ)
「ごめんなさい!」(スレッタ)

 

「友達…あだ名で呼ぶのはリストの結構上の方…だったから。かわいくないですか?」(スレッタ)

「却下! センスなさすぎ!」(ミオリネ)

 

「あ…あの、その…ご…ごめんなさい!」
「あなたのこと、見くびってました」
「あ…あなたはその…とっても強かった…です」(スレッタ)

 

「スレッタ・マーキュリー。俺と…結婚してくれ」(グエル)
「えっ?」(スレッタ)

4話

「け…けけけけ、結婚って…」(スレッタ)
「あっ、待て! 今のは違う!」(グエル)
「嫌ですぅぅぅーーー!!!」(スレッタ)

 

「くっだらねぇ!」
「痴話喧嘩だったってわけ? スペーシアン様はお気楽なもんね」(チュアチュリー・パンランチ、愛称:チュチュ)

 

「ホルダーはね、パイロットスーツだけじゃなくて、制服も特別仕様になるの」
「自覚持ちなさい。あんたは決闘のホルダーで、私の花婿なんだから」(ミオリネ)

 

「先日の決闘の件だが」(グエル)
「いいいいい…嫌ですぅ!」(スレッタ)
「真に受けてんじゃねえぞ」(グエル)
「えっ?」(スレッタ)
「くしゃくしゃ頭の田舎者に、俺が惚れると思ったか?」(グエル)

 

「見てろ、水星女」
「ミオリネ・レンブラン。先日の無礼な態度、及び温室を壊したことについて、ここに謝罪する」

「決闘の取り決めは守らなければならない。それがこの、アスティカシア学園のルールだ」(グエル)

 

「勘違いするなよ」
「俺はお前のことなんて全然好きじゃないんだからな!」(グエル)
「訳分かんないです!」(スレッタ)

 

「モニターがいきなり真っ暗に?」
「遅効性遮蔽スプレー…ざけんなあ!」
「どこのどいつだ、ぶっ殺したらあ!」(チュチュ)

 

「また困ってる?」
「君は分かりやす過ぎると思うけど」(エラン)

 

「ダメ!」「そいつは敵よ!」
「御三家の連中はね、私を手に入れたがってるの。こいつだって私目当てで」(ミオリネ)
「僕は君に興味ないよ」(エラン)

「なっ! こっちだってマネキン王子に興味ないわよ!」(ミオリネ)

 

「な…なんてこと言うんですか!」
「エランさんは、寮に誘ってくれて、や…優しくて、親切で、すごく!」(スレッタ)
「なんの話?」(ミオリネ)

 

「(実習?) だったらこいつじゃなくて、私を頼りなさいよ」(ミオリネ)

 

「実習のサポートくらい、マニュアルを暗記すればわけないわ」(ミオリネ)

 

「す…すごいです。じゃ…じゃあ、ここ、教えてくれますか?」(スレッタ)
「モビル重機理論。初歩的なとこじゃない」
「不安要素は私より、あんたの方みたいね」(ミオリネ)
「頑張ります」(スレッタ)

 

「あんたさ、なんでそんなに頑張ってるの?」(ミオリネ)
「夢…なんです。水星に、学校を創るって」(スレッタ)

 

「なんであんたが背負わなくちゃならないの?」
「自分のためだけに生きればいいじゃん」(ミオリネ)
「私がやりたくてやってるから」(スレッタ)

 

「いい。私は素人で、しかも二役。課題をクリアするのはあんたの仕事」(ミオリネ)

 

「お姫様に助けてもらうんなら、うちらの寮に来てんじゃねえよ」
「クソスペーシアン」(チュチュ)

「地球寮の子?」
「スペーシアンってだけでクソ呼ばわり?」
「あなたもアーシアンを差別する連中と変わらないのね」(ミオリネ)

 

「リトライ、お願いします」
「追試はリトライできるの。諦めるな!」(ミオリネ)

 

「もう…帰りたい、です」
「1人で学校に来るの、本当はすごく怖かったんです」
「決闘もやりたくない、目立ちたくない」
「こんなんじゃ私…卒業、出来ないです」(スレッタ)

 

「誰の思いも背負ってない奴が、邪魔してんじゃねえ!」(チュチュ)

 

5話

「ダッサ! 3対1で負けるとか」(チュチュ)

 

「やっぱり君(エアリアル)、さいっこうにミステリアスだね」(ニカ・ナナウラ)

 

「スレッタ・マーキュリーは、おそらく強化人士だ」
「ガンダムに乗るためだけに造られた人間…僕と同じようにね」(エラン)

 

「スレッタ! あんた何考えてんのよ! エランとデートなんて!」
「御三家は敵だって言ったでしょ!」(ミオリネ)

 

「スレッタ! ロミジュリったら許さないからね!」(ミオリネ)

 

「(スレッタがエランとデート?) 場所はどこだ?」(グエル)

 

「いつからこの機体に?」
「君のこと、もっと聞かせてほしい」(エラン)
「小さい頃から、ずっと…です」(スレッタ)

 

「(乗るのは)苦しいっていうか…安心します」
「子供の頃から一緒だったから、エアリアルは私の大切な友達で…家族なんです」
「おかしい、ですよね?」(スレッタ)

 

「僕なら暴ける、お前がガンダムかどうか?」(エラン)

 

「(誕生日?) そんなもの、僕にはない」(エラン)

 

「うっとうしいよ、君は」
「モビルスーツが家族? あんなもの僕には呪いでしかない」
「同じだと思ってたのに…君は、僕と」(エラン)

 

「エラン。貴様こいつに…」
「こいつに何をした? 返答次第では!」(グエル)
「決闘でもする?」
「ちょうどいい。グエル・ジェターク、君に決闘を申し込む」(エラン)

 

「(賭けるのは)こいつがスレッタ・マーキュリーに近づかないことだ」(グエル)
「そ…そんなの、余計なお世話、です!」(スレッタ)

「お前分かってるのか? こいつは敵だ! 御三家なんだぞ!」(グエル)
「あなたも、そうじゃないですか…」(スレッタ)

 

「勝ちさえすれば、父さんだって文句はないはずだ!」(グエル)

 

「いい展開ね。あいつらにも潰し合ってもらおうじゃない」(ミオリネ)

 

「(新型?) 金持ちが!」(チュチュ)

 

「ガンダムを倒せるのは…」
「ガンダムだけだ」(エラン)

 

「勝ったよ、スレッタ・マーキュリー。約束通り、次は僕と戦ってもらう」
「君が僕との決闘で賭けるのは…エアリアルだ」
「僕が勝ったら、君のガンダムをいただくよ」(エラン)

 

6話

「私が許せないのは…あんたがひと言も相談なしに、決闘の約束を交わして来たことよ」
「負けたら許さない」(ミオリネ)

 

「でも君が来てから、グエルもエランもおかしくなってる」
「僕も君のこと知りたくなってきたよ、水星ちゃん」(シャディク・ゼネリ)

 

「ニカ姉なめんなよ! 出来るに決まってんだろ! ねっ?」(チュチュ)
「が…頑張る」(ニカ)

 

「(次の戦闘は問題ない?) 次の次はもたないってことか…」(エラン)

 

「(呪いのモビルスーツ?) 僕はとっくに…呪われてるよ」(エラン)

 

「エランさんが、親切にしてくれたのは作戦で…なのに私、喜んじゃって…」
「バカみたいで…」(スレッタ)

「そうね、バカみたい」
「私もエランの言う通りだと思うよ。実際あんた鬱陶しいし」(ミオリネ)

 

「でもそれがあんたじゃん」
「鬱陶しいくらいからんできて、私の言うことを聞かずに勝手に動いて!」

「進めば2つなんでしょ?」
「そのあんたがなんで逃げてるの?」
「こんなとこでウジウジ言ってないで、さっさと進みなさいよ!」(ミオリネ)

 

「あいつが負けたら花嫁の私が困るの。あんた達だってそうでしょ?」(ミオリネ)
「私はスレッタが勝つって信じてるよ」(ニカ)

 

「(放送) あ、あー、あー。エランさん、聞こえてますか? スレッタです」
「エランさん、どうしてあんなこと言ったんですか?」
「どうして決闘するんですか?」
「どうして、エアリアルが欲しいんですか?」
「教えて下さい。私、鬱陶しいですか?」(スレッタ)

 

「帰ってくれ。僕に誕生日はないって言ったはずだ」(エラン)
「だから、です。今日誕生日にするのはどうですか?」
「誕生日がないのは寂しいじゃないですか。だから」(スレッタ)
「やっぱり君は…鬱陶しいよ」(エラン)

 

「スレッタ。エランさんとちゃんと話せた?」(ニカ)
「いえ、でも…決闘で賭けるものは、決めました」(スレッタ)

 

「私が勝ったら…エランさんのこと、教えて下さい」(スレッタ)
「ホント、鬱陶しい奴」(ミオリネ)

 

「僕のことを教えてくれ?」
「『僕はガンダムのために造られた使い捨ての駒だ』、そう答えれば君は満足なのか?」
「意外と意地が悪いじゃないか、スレッタ・マーキュリー!」(エラン)

 

「君はなんでも持っている」
「友達も家族も、過去も未来も、やりたいことリスト、希望だって…」
「だったら勝利くらい僕にくれよ!」
「じゃなければ…不公平すぎる!」(エラン)

 

「鬱陶しさも、ここまでくれば筋金入りだよ」(エラン)

 

「ベルメリア・ウィンストン…あんたの見立ては間違ってたよ」
「それでも…君だけは否定してみせる! スレッタ・マーキュリー!」(エラン)

 

「ありがとう。お疲れ様、エアリアル」
「今日は、いつもより声、聞こえた気がする」(スレッタ)

 

「賭けは僕のことを教える、だったね?」
「いたんだ、昔…誕生日祝ってくれる人。僕には何もないと思っていた」
「けど、そうじゃなかった…そうじゃなかったんだ」(エラン)

「そんなのおかしい、です」
「誕生日を祝ってくれる人、います。私もいます」
「エランさんに何もないなんてこと、絶対にないです!」(スレッタ)

 

「私は理解ある花嫁なの。多少の浮気くらい…許してあげるわ」(ミオリネ)

 

7話

「勝手に干渉して、勝手に心配して、一体何が楽しいんだか?」(ミオリネ)

 

「(人のこと?) ない! 私が考えることは唯1つ」
「ここから脱出して、地球に行くことだけ」(ミオリネ)

 

「なんだって俺が強化人士の尻拭いなのさ?」
「面倒残していきやがって」(エラン)

 

「ミオリネ…変わったね」
「人のために動くなんて、昔のミオリネなら絶対やらなかった」
「これも水星ちゃんの魔力かな?」(シャディク)

 

「変わったよ、君は…残念だ」(シャディク)

 

「お父様とは、いつもあんな感じなのかしら?」(プロスぺラ)
「今それ聞きます?」(ミオリネ)
「だって、あなたとスレッタが結婚したら、私達親戚になるんですもの」
「お嫁さんの実家には、仲良くしてほしいじゃない」(プロスぺラ)

 

「21年前の、ヴァナディース事変を鎮圧した立役者。何よりガンダムを禁忌にした英雄」
「立派なお父様だと思うけど?」(プロスぺラ)
「そんなの過去の栄光です。私達の世代は、ガンダムなんて知らないし」(ミオリネ)

 

「とにかく! 私はあんな人、父親だなんて絶対に認めたくありません!」(ミオリネ)

 

「その素敵なドレスも、今身に付けているヒールもアクセサリーも、寮には入らず理事長室で生活しているのも、他者から受ける敬意も」

「その全てが、ベネリットグループ総裁であるお父様の力のおかげなのにって思ったら、なんだか可笑しくなっちゃって」(プロスぺラ)

 

「でも…まずはそのかわいい意地を捨てなくちゃってね」
「デリング総裁の…お嬢さん」(プロスぺラ)

 

「こちらこそ、こないだはありがとう。ニカ・ナナウラ」(シャディク)

 

「じゃあ! また学園、来ますか?」
「よかった…です。笑ってくれるようになって」(スレッタ)

 

「(舞台挨拶) スレッタ・マーキュリー、です!」
「水星から来た私にとって、学園には学びがたくさんで、じ…じゅうじゅつしてます!」
「これからも勉強、頑張ります!」(スレッタ)

 

「(才能?) エアリアルが凄いんです!」
「エアリアルは、子供の頃からずっと一緒だった…大切な家族ですから!」(スレッタ)

 

「エアリアルは廃棄させないわ!」
「エアリアルは、ペイル社にもジェターク社にも勝った、優秀な機体よ」
「廃棄するなんてもったいないわ!」(ミオリネ)

 

「(なぜ?) 決まってるでしょ。あの子の花嫁だからよ!」(ミオリネ)

 

「(非人道兵器?) スレッタはピンピンしてるじゃない」
「ただ否定して、排除することしか出来ないの?」(ミオリネ)

 

「お前の提案には価値がない。皆そう言っているのだ」
「どんな大言壮語を吐こうとも、それを裏付ける信用がお前にはない」(デリング)

 

「待って下さい!」
「守るわよ…私があんたを」(ミオリネ)

 

「意地じゃない!」(ミオリネ)

 

「あなたに…投資してほしい!」
「あなたの言う通り、今のままじゃ私の提案に乗る人なんていません」
「ですから、ベネリットグループの総裁である、あなたの信用をお借りしたいんです!」
「お願いします!」(ミオリネ)

「逃げるなよ」
「お前が考えてる以上に、ガンダムの呪いは重い」(デリング)

 

「助けていただいてありがとうございます、ミオリネ・レンブランさん」
「あなたになら、安心してうちの娘達を任せられますわ」(プロスぺラ)

 

「いいえ、ガンダムよ」
「ごめんね! とうとうバレちゃった。エアリアルは…ガンダムなの」(プロスぺラ)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
ガンダムエアリアル 1/144スケール (プラモデル)

 

→ガンダムシリーズのインデックス

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました