「美少年探偵団」の名言・台詞まとめました

アニメ「美少年探偵団」の名言・台詞をまとめていきます。

アマゾンリンク
美少年探偵団 全11巻 (Kindle)

美少年探偵団

1話

美少年探偵団団則

1、美しくあること
2、少年であること
3、探偵であること

 

「『きみの意見には反対だが、しかしきみが意見を述べる権利は死んでも守る』。フランスの思想家、ヴォルテールの言葉だ」

「はっきりと反対を表明した上で、意見を戦わせることは一切しない。議論のテーブルにつくつもりは全く無いと宣言するのだから、生かさず殺さずとは、まさにこのこと」(瞳島眉美)

 

「私の意見も、そんな風に潰された。否、意見ではなく、あれは夢というべきか? だからこれは、私・瞳島眉美が、夢を諦めるまでの物語だ」(眉美)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

 

「しかし、あの少年ならば、あの美少年ならば、きっとこういうのだろう」
「『夢を追うことは美しい。だが、夢を諦めることもまた、同様に美しい。ただし、自ら諦めた場合に限るがね』」(眉美)

 

「全くあの美少年、言うことだけはかっこいいのだ。最後になったが、ヴォルテールの完全なる名言に、不遜ながら一つだけ注意書きを添えておこう。人は、死んだら何も、守れない」(眉美)

 

「探しものかね!?」(双頭院学)

 

「美しい! だけどやっぱり、それは、私が望む星空とは違った」(眉美)

 

「僕も星は好きだ。美しく輝く星々は、僕をこうも美しく照らしてくれるからね!」(学)

 

「言った、完全に言った。美しい僕って……」(眉美)

 

「それでは改めて、よろしくと言わせてもらおう、瞳島眉美くん」
「僕こそが、美少年探偵団の美しき団長・双頭院学だ」(学)

「番長と生徒会長と天使長と理事長を従える団長は、そう名乗った……それは、初めて聞く名前で、初めて見る生徒で、私の知らない……美少年だった」(眉美)

 

「私、美形って嫌いなの! ちょっとかっこいいからって、何でもかんでも思い通りになるなんて、勘違いしないでね!?」(眉美)

 

「やってしまった……しかし、言ってやった!」(眉美)

 

「失礼、申し訳ありません。つい、あまりにいつも通りすぎて」(咲口長広)
「ここに来た依頼人は男子女子を問わず、だいたい同じことをいうんだよ。美しさなんてくだらねえって」(袋井満)

「そうそう! だけど最後には、美しさの価値を認めて、帰って行くの!」(足利飆太)

 
 
管理人の別サイトに興味がありましたら
→本の名言サイト
→ユーチューブ(名言セリフの部屋)

 

「瞳島眉美くん。念のために、僕からは一つ訂正しておこう」

「美形という言葉は、誇らしき義務としてあまんじて受け入れるが、しかしながら、かっこいいという言葉は撤回してもらいたい」

「それではまるで僕達が、かっこつけているみたいじゃないか」(学)

 

「私、星を探しているの……10年前からずっと」
「私はずっと、星を探してきた、ある星を。10年前に見た、あの星を」(眉美)

 

「(依頼は)子供っぽい方がよいのだよ。いやむしろ、子供っぽくなければならない」(学)

 

「あいにく僕には学が無くてね。僕にあるのは、美学だけだ」(学)

 

「ねえ、袋井くん。君達って、どれくらい本気なの?」(眉美)

 

「くっだらねえ! 何だその問題意識!? キャラの立ったって何だよ!? 俺ら別に、キャラじゃねえし!」(満)

 

「あれが本気のバカだ。すでにあいつはお前から依頼があったことなんてすっかり忘れてる」

「お前が今から依頼を取り下げるといっても、あいつはその失われた星を探すことを止めないだろう。それがあいつの本気であり、それがあいつの美学だ」(満)

 

「リーダーが本気なら俺達も本気だ。心配するな。誰もお前の悩みを小馬鹿に何かしていないし、お前の夢も小馬鹿に何かしていない」

「つうか、お前の夢を一番小馬鹿にしてんのは、実はお前自身なんじゃねえのか?」(満)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
美少年探偵団 全11巻 (Kindle)

 

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

01_アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました