「甲鉄城のカバネリ 海門決戦」の名言まとめました

アニメ「甲鉄城のカバネリ 海門決戦」の名言をまとめていきます。

甲鉄城のカバネリ 海門決戦

其の一

「死は、いつだって隣にある。瞬きしているうちに命は消え、魂は蝶に呼ばれてしまうんだ」
「じゃあ、生きるのに必要なもの、それは、何?」(無名)

 

「勝手に死んじゃあダメだからね。したでしょ、約束」(無名)

 

「生きるのに必要なもの、それは、とってもささやかなもの。ほのかに道を照らす、小さな約束」(無名)

 

「教えてくれ、雲母。私……私は、人か、カバネか!?」(駒井景之)

 

「全く……連合軍とか言ってるけど、後方が手薄だっての!」
「守るは即ち余りありって。兄様も言ってたよ」(無名)

 

「あの世で稽古を受けるといい」(来栖)

 

「自分のやることやってから偉そうにしてよね!」(無名)

 

「そうだよ!」「カバネリ、人とカバネのはざまにある者」(無名)

 

「仲良くしなきゃあダメ。いま日の本は大変なんだから。いつ離ればなれになっちゃうか、分からないんだからね」(鰍)

其の二

「誰も信じなくても、でかい脅威が迫っているのは事実だ。みんな殺されてからじゃ遅い、俺が突き止める」(生駒)

 

「いいよ、噛んで。もう私と人間には戻らないんでしょ。約束を、忘れて、どっかで1人で死ぬんでしょ。もういいよ……」(無名)

 

「生駒は舵取りがいると確信していました。奴には敵の姿が見えている。ならばそれは、俺達の敵です」(来栖)

 

「何度も言ったろ、危険が迫ってるって。なのにお前達は、戦いを始めて、みすみす無名を危険に!」(生駒)

 

「私、怖がってる。寂しいんだ」(無名)

 

其の三

「無名、俺は……」「忘れてない。約束、忘れてないんだ」
「ずっとそばにいろ。俺から離れるな」(生駒)

 

「下がってはなりません。怯えて民草を守らぬ武士は、カバネと変わりません!」(四方川菖蒲)

 

「違うよ、バカ。同じことにはならないだろ。今度は止めるぞ、俺達で」(生駒)

 

「かわいそうとは思わないよ。もう、同情はしない」(無名)

 

「心まで憎しみに取り憑かれちゃったんなら……生駒はあんたとは違うよ」(無名)

 

「カバネのウィルスが、怒りや不安、憎しみを増幅する。でも、誰かを思いやる心を無くさなければ、それは静められると思うんだ。あの時、俺達を包んだ光のように」
「だから、心配しなくてもいいんだ」(生駒)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
甲鉄城のカバネリ 海門決戦 [Blu-ray]

 

→甲鉄城のカバネリ
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました