「甲鉄城のカバネリ」の名言まとめました

アニメ「甲鉄城のカバネリ」の名言をまとめていきます。

甲鉄城のカバネリ

1話 脅える屍

「生きるために必要なもの。それは隠れて身を守る道具じゃ無い」
「カバネにひるまず、戦う力だ」(生駒)

 

「誰かを切り捨てて、それで生き延びて胸を張れるのか?」
「失うものは、仲間の命だけじゃない。だから、俺は」(生駒)

 

「『人を測るに、外見をもってなすは愚行である』て、兄様が言ってたよ」(無名)

 

「なら、その普通が間違ってる」
「仕方なくなんか無い」
「怖がって人を切り捨てるのが仕方ないなんて、俺には到底思えないよ。恐怖で、人としての品性まで失っちゃいけない」(生駒)

 

「俺は、あの時とは違うんだ。俺は、もう二度と、逃げない!」
「今度こそ、俺は、俺の誇れる俺になるんだ!」(生駒)

2話 明けぬ夜

「線路の上を走るだけでしょ。道は私が開くから着いて来て!」
「それじゃあ、100秒目標で!」(無名)

 

「菖蒲さん、戦が下手だね。だからいっぱい死ぬんだよ」(無名)

 

「違います! あれは、ただのカバネです」(来栖)

 

「見ろ! 俺を見ろ!」
「お前らが蔑んだ男が、血を流して死ぬ所を、よく見ていろ!」(生駒)

 

「俺がお前らを助けてやる。見捨てた奴に助けられた記憶を、ずっと抱えて生きてゆけ」
「それを、俺はあの世から笑ってやる! ざまみろってな!!!」(生駒)

 

「こいつはカバネじゃ無いよ。人でも無いけど」
「私達は、カバネリ。人とカバネのはざまにある者」(無名)

 

3話 捧げる祈り

「あんたが私の敵なら、殺すよ!」(無名)

 

「稽古に決まってるでしょ! 今のままじゃ、盾としても頼りなさすぎ!」(無名)

 

「やっぱり、よくある話だよ。弱いやつが死んで、強いやつが生き残った。それだけの話しでしょ!」(無名)

 

「生駒。あなたは父に言っていましたね。銃を向ける相手を、間違うなと!」
「では、カバネリは人の敵ですか、それとも味方ですか?」(菖蒲)

 

「この手に誓ったからです!」
「もう逃げたりしない。たとえ自分が助かるためだとしても、誰かの命を、踏みにじってはならないと!」
「倒すべきはカバネだ。カバネを倒すために、俺の命はあるんだ!!」(生駒)

 

4話 流る血潮

「ワザトリだ!」
「戦を重ねて戦い方を覚えてる、手強いよ!」(無名)

 

「頼むね。起きた時、あんたが死体になってたら、あたし、困るからね」(無名)

 

「これは契約です。私の血と引き換えに、生駒、戦いなさい!」(菖蒲)

 

5話 逃げられぬ闇

「いいよ。でも、一緒には戦わない」(無名)

 

「お前らは噛まれたら終わりだろ! 俺は噛まれても、カバネリだ!」(生駒)

 

「私は爪、カバネを切り裂く。標的、確認!」(無名)

 

6話 集う光

「でも、俺だってバカだ。お前が落ちるのを見て、クレーンのレバーから手を離しちまったんだから」
「とんだバカだ、俺たちは。きっとみんなも呆れてる。だから、このままじゃ死ねない。見返さなきゃ!」(生駒)

 

「さっきの話しだけどさ、やっぱり俺たちは弱いよ、無名」
「でも、だからってあがいちゃダメってことにはならないだろ!」(生駒)

 

「お前さん達は、ただのオマケだよ。こいつが落ちてたのを思い出したから、仕事で来たんだ。だからお前らも仕事で返せよな」(巣刈)

 

7話 天に願う

「帰らない父親を永遠に待ってる方が、残酷でしょうよ。少なくとも俺は教えて欲しかった」
「ゴメンな、泣かすつもりじゃなかったんだ。でも、涙が枯れてからが勝負だからな」(巣刈)

 

「こうして話してるけどさ、明日にはカバネになっちゃうかもしれない。今日かもしれない」
「寝る時だってさ、いっつも思うよ。朝、目を覚ました時、私は同じ私かなって。もうこの心は、消えて無くなっちゃうかもって」(無名)

 

「いや、俺は決めた。お前を人間に戻す」(生駒)

 

「じゃあ巣刈は、生きてるだけでいいのか?」
「俺は嫌だ。生きてる以上を望みたい、手に入れたい!」(生駒)

スポンサーリンク

8話 黙す狩人

「自分の身を守ることは卑怯じゃない。みんなが強くなれば、悲しいことは無くなるよ。兄様は正しいことを言ってる。あんた達嘘つきに分かってもらおうとは思わないけどね!」(無名)

 

9話 滅びの牙

「私は、今日死ぬの?」(滅火)

 

「過信はダメよ、無名。敵を侮った者ほど、早くこの世を去る」
「その日はいつも、突然来るのよ」(滅火)

 

「先に騙したのは、お前の主だ」(美馬)

 

「全てを開放する。土地も、人も、その恐怖も」
「見ろ、無名。これが、我々が求めてきた、等しく公平な世界だ」(美馬)

 

10話 攻め上ぐ弱者

「関係ないさ。来たがらなくても連れ戻す。そう、決めたんだ!」(生駒)

 

「ごめん、兄様。出来ない」
「私は、甲鉄城のみんなと一緒にいたい。いつかカバネがいなくなった世界で、お米をいっぱい食べたいの!」(無名)

 

11話 燃える命

「すればいい! あんた達の手から血が消えなくなるまで、殺せばいい!!」(鰍)

 

「よく見ろ! 見つけたら、殺られる前に殺れ! さもなければ、今度はお前がカバネになる!」(美馬)

 

「俺では無い。殺るのは、恐怖だ!」(美馬)

 

「ご立派だね。敵はカバネだけじゃ無いんだよ」(瓜生)

 

「構わない。美馬を殺し無名を救う。もうそのためだけの命だ!」
「今こそ、俺は……俺は、俺の誇れる俺になるんだぁぁぁーーー!!!」(生駒)

 

12話 甲鉄城

「俺たち人は惨めな生き物だ。怖いから拒絶し、理解できないから攻撃する」
「人の臆病が、戦いを生むのだ」(美馬)

 

「いいえ。秩序は、人を守るためにあるのです。銃を向ける相手を、間違ってはなりません」
「撃ち抜くべきは、互いを疑う心です!」(菖蒲)

 

「お前は殺しすぎた!」(生駒)

 

「いや、お前は仲間を生かせ。全てが終わったら、皆を連れて脱出するんだ」
「行かなくては。命を燃やす男が、俺を呼んでいるのさ」(美馬)

 

「止めてって言ったでしょ。私の言うことも聞いてよ、兄様。私たちは弱くても生きるよ。みんなで田んぼを作って、お米を食べる明日を目指すよ」
「だから、ごめんね、兄様」(無名)

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
甲鉄城のカバネリ 1 [Blu-ray]

 

→甲鉄城のカバネリ 海門決戦
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました