「五等分の花嫁」の名言まとめました

アニメ「五等分の花嫁」の名言をまとめていきます。

五等分の花嫁

1話 五等分の花嫁

「困ったらこの一花お姉さんに相談するんだぞ。何かおもしろそうだし!」(中野一花)

 

「俺だって嫌だ。俺の方が嫌だね」
「だが、諦める訳にもいかない。昨日のことは、全面的に俺が悪かった」
「謝る。今日から、俺がお前の、パートナーだ!」(上杉風太郎)

 

「気の迷いです!!」(中野五月)

 

「お兄ちゃんはクズで自己中で最低な人間だけど、良い所もいっぱいあるんだ」
「だからその……また食べに来てくれる?」(上杉らいは)

 

「ですので、家庭教師をやるなら、勝手にどうぞ!」(五月)

2話 屋上の告白

「恋!! あれは学業からもっともかけ離れた愚かな行為。したい奴はすればいい」
「だがそいつの人生のピークは学生時代となるだろう」(風太郎)

 

「あいつらは逃げ続けている。俺からも、勉強からも。もう逃さねえ!」(風太郎)

 

「姉妹だから言えないんだよ。5人の中で、私が一番落ちこぼれだから」
「でも、なんとなく分かるんだよ。私程度に出来ること、他の4人も出来るに決まってる」
「五つ子だもん」(中野三玖)

 

「五つ子だから、三玖に出来ることは他の4人にも出来る。言い換えれば、他の4人に出来ることは、三玖にも出来るということだ」(風太郎)

 

「風太郎のせいで考えちゃった、ほんのちょっとだけ。私にも出来るんじゃないかって」
「だから、責任、取ってよね!」(三玖)

 

3話 問題は山積み

「風太郎、現実を見て。もう、みんないない」(三玖)

 

「そんなことない、と思う」
「誠実に向き合えば、分かってくれるよ」(三玖)

 

「あたし達5人の家に、あいつの入る余地なんてないんだから!」(中野二乃)

 

「あたしは、あんたを認めない」
「例え、それであの子達に嫌われようとも!」(二乃)

4話 今日はお休み

「何もしていないことは無いと思いますよ」
「あなたの存在は、5人の何かを変え始めています」
「あっ!! 間違いました、4人です」(五月)

 

「複雑な五つ子心」(三玖)

 

「なんですか、その気味の悪い質問」
「そうですね。百歩譲って、赤の他人でしょうか?」
「それに。私に聞かずとも、あなたはその答えを、すでに持ってるじゃないですか」(五月)

 

5話 全員で五等分

(この関係を友達とは言えないが、あの時、とっさに出た言葉が一番しっくり来る)
「俺はこいつの、こいつらの、パートナーだ。返してもらいたい!」(風太郎)

 

「大丈夫です!」
「私たち5人、服も食べ物も色も、好きなものはバラバラだけど、最後は気持ちを一つにしてきました」
「だから、必ずみんなで花火を見れますよ!」(中野四葉)

 

「その作り笑いを止めろ!」(風太郎)

 

「お母さんがよく言ってましたね。誰かの失敗は、5人で乗り越えること。誰かの幸せは、5人で分かち合うこと」(五月)
「喜びも、悲しみも、怒りも、慈しみも、私たち全員で五等分ですから」(5人)

 

6話 積み上げたもの

「お前は姉妹の中で一番まじめだ」
「ただ、バカなだけなんだ!」(風太郎)

 

「でもね、今日はいつもと違う気がした。二人には、仲良くケンカして欲しいな」(一花)

 

7話 嘘つき嘘たろう

「些細なことでムキになってしまう自分がいます。私は、一花や三玖のようにはなれません」(五月)

 

「三玖、安心して下さい。彼とはもう少し長い付き合いになりそうです」(五月)

 

8話 始まりの写真

「二乃と五月だけでなく、一花も三玖も変わっているのが私でも分かります。成長してないのは私くらいですよ」(四葉)

 

「なんで私が上杉さんの味方してるか、分かりますか?」
「違いますよ。好きだから……」(四葉)

 

「才能が無い私を、応援してくれる人がいるんです」(四葉)

9話 結びの伝説1日目

「下手な嘘を付くと痛い目に遭う。まぁ、自業自得だな」(風太郎)

 

「相手を独り占めしたい。そんなことしない、私たちは五等分だから」
「それに、一花なら心配ない」(三玖)

 

10話 結びの伝説2日目

「私、嬉しいです!」
「いつも死んだ目をした上杉さんの目に、生気を感じます!」(四葉)

 

「後悔しないようにしなよ。今がいつまでも続くとは限らないんだから」(一花)

 

11話 結びの伝説3日目

「風太郎くんは頭が良いけどおバカだよね」(一花)

 

「選択肢のあるお前がうらやましいよ」(風太郎)

 

「今、踊ろ! 今夜は2人だけのキャンプファイヤーだよ」(一花)

 

「私たちは平等。だとしたら……私はどうしたら?」(三玖)

 

「全員平等もいいが、そこに至るまでを否定しちゃいけない」
「平等じゃなく、公平にいこうぜ」(風太郎)

 

12話 結びの伝説2000日目

「風太郎。せっかく林間学校に前向きになってくれたのに。1人で、こんな寂しい終わり方で、いいのかな?」(三玖)

 

「でも、もう止めた。独り占めはしたい。この感情に、嘘は付けない。だけど、それは今じゃ無い」
「私は、風太郎が好き。だから好き勝手にするよ。その代わり、一花もみんなも、お好きにどうぞ。負けないから!」(三玖)

 

「上杉くん。みんな、あなたに元気になって欲しいと思ってます」
「上杉くんがどんな人なのか、私にはよく分かりませんが、目が覚めたら、よければ教えて下さい。あなたのことを」(五月)

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
五等分の花嫁 第1巻 [Blu-ray]

 

→五等分の花嫁(中野一花)
→五等分の花嫁(中野三玖)
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました