映画「ゆるキャン△」の名言・台詞まとめ

映画「ゆるキャン△」の名言・台詞をまとめていきます。

 

映画 ゆるキャン△

「大人のキャンプか…確かに、働くようになったら使えるお金も増えるしなあ」(犬山あおい)

 

「私は免許取って、いろんな所にキャンプ行きたいな」
「現地の美味しい食材でキャンプご飯作ったり」(各務原なでしこ)

 

「私は…大きなバイク買って、海外とかでキャンプしたいかな」(志摩リン)

 

「大人になっていろんなキャンプ」
「またみんなでやりたいな」(なでしこ)

 

「東京からも(富士山)結構見えるんだな」(リン)

 

「久しぶりの土日休み…最高」(リン)

 

「(前に会ったの?) 3年前のキャンプだって言ったじゃん」
「その話さっきもしたろ?」
「ホント面倒くさい酔い方するよな、千明」(リン)

 

「(イベント会社?) 私か? 私はな…辞めた!」
「というか、結構前に転職して今は山梨」
「どうも! 山梨観光推進機構の大垣です」(大垣千明)

 

「草はボーボー、施設は廃墟」
「キャンプ場にピッタリだよな」(千明)

 

「私さ…東京生活は満喫したなあって思ってたとこに、今の職場誘われてさ」
「話聞いたら、なんか楽しそうで…まあ、ここが好きなのかもな」(千明)

 

「でもいざ戻ってみたら、あちこちちょっとずつ寂れちまってて…」(千明)

 

 

「この場所だって、元はいろんな人が集まって、ワイワイするために作られたはずだろ?」
「そういうとこは、やっぱりあった方がいいと思うんだよ」(千明)

 

「予算も人手も少ないし、どっちにしろボランティアを募集つもりだったんだけど…」
「どうせなら…作ってみないか? 私達で」(千明)

 

「(カニ鍋) みんなむっちゃ無言やな」(あおい)

 

「やるやる!」
「みんなでキャンプ場作りなんて、すっごく面白そう!」(なでしこ)

 

「よ~し! 恵那からも参加OKの返事が来た。これで役者はそろったな!」
「今日から5人で力を合わせ、キャンプ場作りを進めていく!」(千明)

 

「そのために、私から役職を授けよう!」
「まず、なでしこは現場監督」
「イヌ子はスケジュール管理」
「恵那は広報」
「私は、もろもろ裏方担当」
「そして、キャンプ場の総合リーダーは…リンだ!」(千明)

 

「ホントに出来るのかな? 私達で」(リン)
「でも…新しいこと始めるの、なんだかワクワクしない?」(なでしこ)

 

「(名古屋から)4時間?」
「相変わらずストロングスタイルだねえ」(土岐綾乃)

 

「(バイクがいい感じ?) リンちゃんもいい感じじゃん」(綾乃)

 

「(作戦本部?) せまっ!」
「野クルの部室みたいやね」(あおい)

 

「いろんな人が、いろんな楽しみ方が出来るキャンプ場だといいよね」(なでしこ)

 

「今出てるアイデアをまとめるために、キャンプ場のコンセプトが必要かも」(リン)

 

「ここは出来るだけ自然に手を入れないようにしているんですよ」
「言っちゃえば”そのまんま”」
「その方がここの良さが出るんじゃないかと思って」(本栖湖キャンプ場の管理人)

 

 

「ただ処分するだけじゃなくて、あるものを活かすのはどうかな」
「この鳥かごとか、そのまんまの方が自然の景色と馴染む気がして」(リン)

 

「コンセプトは”再生”」(リン)

 

「サービスエリアのごはんって楽しくて好きなんだー」
「旅の途中のワクワク感があって、ご当地グルメも食べられるし」(なでしこ)

 

「(オープン?) 今年の7月だ」
「(あと半年?) 大人の事情ってやつだ」
「それをのんで、なんとか企画通してもらったんだよ」(千明)

 

「(ショベルカー) バッチリ講習受けてきたから、任せて!」(なでしこ)

 

「はしゃぎすぎだよ」(斉藤恵那)
「ちくわもおじいちゃんだもんねえ」(なでしこ)

 

「あの(小学校の)ブランコ…はさすがに持ってこれんか」(あおい)

 

「日本酒には炙りサーモンずら」(千明)
「完全に2代目グビ姉やな」(あおい)

 

「(DILLの香り?) うんうん」
「フィンランドの森の中って感じの味だねえ」(恵那)

 

「やっぱ自分達で作ったキャンプ場で食べるキャンプ飯は最高だなあ!」(千明)
「でも本当にこれって、すっごく贅沢だよね」(恵那)

 

「あのさ、あっち(鳥かご)行ってみない?」
「思ったとおり…プラネタリウムみたいだ」(リン)

 

「課題はあっても、工夫次第で楽しめるのかもね」(なでしこ)

 

「”あおいちゃん”やなくて先生やろ」(あおい)

 

「おつかれ、イヌ子」(千明)
「あ…うん、ありがとう…って、別に教師を辞めるわけやないからな」
「新しい小学校にお引越しするだけやで」(あおい)

 

「でも…寂しいわ」
「なんてな、うそやで」(あおい)

 

 

「初めてのキャンプなら、最初は泊まらなくても昼間だけピクニックしてもいいし」
「焚き火して、インスタントの何かを食べるとかでもいいと思いますよ」(なでしこ)

 

「(キャンプは)なんでもいいんです」
「道具はあとから少しずつそろえればいいので」(なでしこ)

 

「(あの子達を見て)ちょっと、キャンプを始めた頃のこと思い出しちゃって」
「楽しんでくれるといいな」(なでしこ)

 

「温泉っていうか、山登りじゃねえか」(リン)
「頑張って登ったあとの温泉は最っ高だよ!」(なでしこ)

 

「体力だけは売るほどあります」(なでしこ)

 

「うんうん。(散歩は)ゆっくり行こうねえ」(恵那)

 

「(脱衣所?) その辺で脱ぐんだって」
「誰もいないし大丈夫だよ」(なでしこ)

 

「(登山後の温泉) 体中の疲れが溶け出していく…」(リン)

 

「温泉ってさ」
「年を取れば取るほど…しみる」(リン)

 

「すっかり社会人で~す」
「でも…なんでも出来るってわけじゃないんだね」(なでしこ)

 

「楽しかったなあ、高下(たかおり)」
「なんだかあの場所で、長~いキャンプをしてたみたいだったよ」(なでしこ)

 

「私ずっと前から、みんなとまたこんな時間を過ごしたいって思ってて…」
「そしたら、キャンプがまた私達を会わせてくれた」(なでしこ)

 

「私も、大人になったらなんでも出来るって思ってたよ」
「でも実際は責任っていうか、やらなきゃいけないことも増えていって…」(リン)

 

「結局、大人になってもずっと周りに支えてもらってるんだなって」
「自分1人じゃないんだよなって分かったんだ」(リン)

 

「でもさ…私達にだって、大人だから…今だから出来ることってあるよね」(なでしこ)

 

「たとえば…私達が今、楽しいって思ってることがいろんな人に伝わって」
「その人達がまた、次の人達に楽しさを伝えていく」(なでしこ)

 

「そういうことがたくさん起きるような場所を作ったりとか」
「私達がやろうとしてたことって、そういうことなんじゃないかな」(なでしこ)

 

「出来るよ」
「だって、1番最初に私にキャンプの楽しさを教えてくれたのは」
「リンちゃんだもん」(なでしこ)

 

「まだ方法あるかな?」
「じゃあ…動いてみますか」(リン)

 

「あの場所は今、遺跡関連の施設が検討されとるけど」
「それに対抗するんやなくて、新しいキャンプ場の企画を提案するんや」(あおい)

 

「完成したんだな」
「いいキャンプ場だ」(リンの祖父)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 
スポンサーリンク
 
 
 
アマゾンリンク
ゆるキャン△ [Blu-ray]
ゆるキャン△ SEASON2 [Blu-ray]
ゆるキャン△ SEASON3 1巻 [Blu-ray]
映画 ゆるキャン△ [Blu-ray]

コミックシーモアリンク
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

 

→ゆるキャン△のインデックス

→アニメの名言インデックス