「ドロヘドロ」の名言まとめました

アニメ「ドロヘドロ」の名言をまとめていきます。

ドロヘドロ

1話 カイマン

「そんじゃ、もういらん」(カイマン)

 

「魔法使いのくせに、そんなプライドの無いことをしやがったら、俺がお前を殺してやる、いいな」(煙)

 

「よし、決めた! てめえぶっ殺して、あの3人の魔法解いて、病院からボーナスもらう」(カイマン)

 

「よう、魔法使い。ちょっとその骸骨頭に噛みつかせてくんねえかな」(カイマン)

 

「悪夢もこう毎晩だと、恐怖も何もねえな」(カイマン)

 

「お前らは別に、今日死ぬ予定じゃ無かったんだ。なのにクソみたいな考えで、大事な命、張りやがって。そういうバカは……死ねぇぇぇーーー!!!」(心)

 

「それが……ドロヘドロ」(ナレーション)

 

2話 袋の中、食事中はお静かに、隣の町の魔法使い

「ジジイ、よく見とけ。俺みたいなのを本物の魔法使いって言うんだ」(心)

 

「やれやれ、仕方ないな~。じゃあこっちも、久々に本気で行くぞ」(ニカイドウ)

 

3話 死者の夜――決闘! 中央デパート前――

「この街は俺達の魔法の影響でいろんなことが起こる、とってもファンタジーな街ってことだ」(心)

 

「約束してただろ。友達の約束は、守らないとな」(カイマン)

 

「ニカイドウ。俺は一体、何者なんだろう?」(カイマン)

 

「俺の記憶、俺の本当の顔、名前、今は何も分からない、全てを黒煙が隠している。だが、煙はいつか消えるものだ、そう俺は信じている」(カイマン)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
ドロヘドロ Blu-ray BOX 上巻

 

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました