「僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ、7期)」の名言・台詞まとめ

アニメ「僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ、7期)」の名言・台詞をまとめていきます。

 

僕のヒーローアカデミア(7期)

139話

「かくれんぼに勝つのは短期目標」
「”ワン・フォー・オール”を手中に収めるのが中期目標」(オール・フォー・ワン)

 

「スターアンドストライプ、最強の女だ」
「ヒーローの本場、自由の国のトップに君臨するヒーロー」(オール・フォー・ワン)

 

「彼女の”個性”を奪れたら、あとは消化試合だ」(オール・フォー・ワン)

 

「(オール・フォー・ワン?) さあ…俺って、なんなんだろ?」(死柄木弔)

 

「(迎撃? 回避?) もちろん…スマッシュ!」(スターアンドストライプ)

 

「さあ、敵(ヴィラン)退治だ!」
「お前達の死体は必ず親族の元に返してやる」
「心おきなく戦え!」(スターアンドストライプ)

 

「変な感じだ…俺は自分を”死柄木弔”だと断言できる」
「同時に…”僕”であることも疑いようがない」(死柄木)

 

「手の内が分かってても、対策しようがないってのが最強なんだぜボーイ!」(スターアンドストライプ)

 

 

「死を覚悟したその時…彼(オールマイト)は来た」
「あの2本の触角を、私は生涯忘れない」(スターアンドストライプ)

 

「彼は心の師」
「彼より平和に貢献するため、私は触角8本だ!」(スターアンドストライプ)

 

「こいつはもう日本の敵じゃない、世界の敵になる」
「日本には出来ないやり方で…今殺す」(スターアンドストライプ)

 

140話

「”崩壊”は…操れる」(死柄木)

 

「ここから始まるよ、与一」
「あの日お前と読んだコミックさ、僕は続きがあるのを知らなかったんじゃない」
「先が分かって読むのをやめたんだ」(オール・フォー・ワン)

 

「最悪は”個性”を奪われ全滅すること」
「私の体も守れたらよかったけど、それはプラスアルファね」(スターアンドストライプ)

 

「世界の脅威と私1人の1対1交換なら…安いものでしょう」(スターアンドストライプ)

 

「ああ、あの時…あなたが私を助けてくれたから」
「素敵な夢に溺れられた」(スターアンドストライプ)

 

「だから、オールマイト」
「これが私の…恩返し」(スターアンドストライプ)

 

「殺しきれなかったのは残念だけど」
「よく覚えておきな、名無しの権兵衛(ジョン・ドゥ)」(スターアンドストライプ)

 

「人が人を助ける限り、英雄の意志を継いだ誰かが必ずお前を討ち滅ぼす」(スターアンドストライプ)

 

「あの日の卵達はとっくにかえっていて」
「嵐にもくじけず、今頼もしく羽ばたかんとしている」(オールマイト)

 

「オール・フォー・ワン、やはりお前はバカなことをしたよ」
「改めて言おう、このクラスは…強いぞ」(オールマイト)

 

141話

「オールマイトの面(つら)を誰かが覚えている限り、このいらだちは消えない!」(死柄木)

 

「気楽に行こう」
「1枚の青写真に固執するのはよくないことだ」(オール・フォー・ワン)

 

「(もうしばらくステイ?) 無理だね、限界」
「今日も元気におやじが飛んでる、耐えられないね」(荼毘)

 

「僕という人間は1つのゴールに対して」
「いくつもの…いくつものルートをあらかじめ作っておく」(オール・フォー・ワン)

 

「厳密にはいざという時に使えるルートを何年も何十年も前から作っておき」
「最良の道筋を取捨選択してゴールに結びつけるのさ」(オール・フォー・ワン)

 

「(バレたらまずい?) ならないよ」
「君は100円ライターがつかなくなったらどうするかね?」(オール・フォー・ワン)

 

「彼等が成功すれば嬉しい」
「ダメだったら”ああダメだったか”と落胆し、次のルートに思いをはせるだけだ」(オール・フォー・ワン)

 

「正しく”使い捨ての道具”でしかない」
「少しでも場を楽しませてくれれば万々歳さ」(オール・フォー・ワン)

 

「◯◯君。葉隠さんは、君がこれ以上人を傷つけないようにしてくれたんだ」
「もうやめよう。こんなのもう…やめよう」(出久)

 

「だって…取り繕いもせずに泣いているのは」
「オール・フォー・ワンの言うとおりに出来なかったからじゃないだろ」(出久)

 

「オール・フォー・ワンに心を利用されても」
「全てを明け渡さなかったヒーローを僕は知ってる」
「心が押し潰されただけだ」(出久)

 

「罪を犯したら、一生ヴィランだなんてことはないんだ!」(出久)

 

「この手を握ってくれ、◯◯君」
「君はまだヒーローになれるんだから」(出久)

 

142話

「それは過去の話でしょう」
「彼の心の内をすくい取れなかった俺達の責任でもあります」(飯田天哉)

 

「だからこそ、今泣いて絶望しているクラスメートを友として手を取りたい…」
「手を取ってもらいたい」(飯田)

 

「それが彼と俺達が、再び対等になれる唯一の方法だからです!」(飯田)

 

「緑谷を止めに行った時、誰か1人でも無個性を責めたかよ」
「涙こらえて隠し事してた奴、嫌いになったかよ!」(切島鋭児郎)

 

「あの時、みんな言ったよな!」
「”責任を分けてくれ”って」
「”1人で行かせない”って」
「”余計なお世話はヒーローの本質だ”って」(切島)

 

「◯◯! まだ終わってねえんだよ!」
「一緒に踏ん張れるんだよ、俺達!」(切島)

 

「この責任は見抜けなかった担任の俺にあります」
「ただ、気持ちはこいつらと同じです」
「◯◯。俺はまだ…お前を除籍するつもりはない」(相澤消太、先生)

 

「100点満点の出来でも、1分後には90点になってしまう」
「”思いついたらベイビーを育てる”、私の言葉です」(発目明)

 

「甘いですね、緑谷君。ポリエチレンのように甘いですよ」
「あなた達ヒーローが窮地に立っていることくらいは存じてます」(発目)

 

「私達は戦えません」
「だからあなた達がより多くの人間を守れるように試行錯誤するのです」(発目)

 

「同じなんです」
「発明が、サポート科のヒーロー活動なんです」(発目)

 

「私は信じたい、◯◯少年を」
「そして信じる…その担任、相澤消太を」(オールマイト)

 

「あいつらは友達だから優しく言ってくれたが」
「俺は違う、はっきり言ってやる」(相澤先生)

 

 

「植え付けられた恐怖を無理にでも引き剥がす」
「戦え! 戦うしかないんだ、お前は」(相澤先生)

 

「この先一生負い目を抱える生き方など、俺は生徒に教えない」
「惨めで情けなくても手を差し出してくれた…友と歩め」(相澤先生)

 

「俺達が守る」
「断言する…あいつらといれば大丈夫だ」(相澤先生)

 

「お前1人で歩ませるわけがないだろ」
「お前ら雄英の生徒達、俺達教師やプロヒーローも…その道は皆が歩む道だ」(相澤先生)

 

143話

「覚悟は決まったか?」
「しょうもねえ世界を終わらせる覚悟」(荼毘)

 

「誰が泣こうが笑おうが、明日は平等にやってくる」
「それなら…笑おうぜ、トガヒミコ」(荼毘)

 

「人は…笑うために生きている」(荼毘)

 

「誰もが、誰かの、ヒーローになれるんだ」(オール・フォー・ワン)

 

「速やかに就寝しよう、俺達の強みは若さだ」
「一挙手一投足、全て力につながる」(飯田)

 

「私さ…変なんだよね」
「あの時…雄英の校舎の上でじゃべってる時、ふとさ…」
「トガヒミコが頭をよぎった」(麗日お茶子)

 

「ギガントマキアの進行中に1対1になって」
「私は自分が当たり前だと思うことを言葉にして返したんだ」
「とても悲しそうな顔をしてた」(お茶子)

 

「私はあの人の当たり前を知らない」
「トガヒミコのこと、何も知らないって考えてしまう」(お茶子)

 

「僕も死柄木の中に小さな少年が泣いているのを見た」
「戦いは避けられなくても、その奥にあるものを無視はしたくない」(出久)

 

「まいた種が実った時ほど喜ばしいことはない」(オール・フォー・ワン)

 

「そんなの変だよ、世界が許すはずがないよ」
「それに…まだ僕達がいるよ」(出久)

 

144話

「昔からよく言われましたよ」
「その”個性”じゃスーパーヒーローになれないって」
「脇役の”個性”だって…」(物間寧人)

 

「物間…この作戦は誰が欠けても成り立たない」
「脇役なんていない」
「これまでも、これからも…お前が主役だ!」(ブラドキング)

 

「やつは”ワン・フォー・オール”さえ奪えば、逃げ隠れする必要もなくなる!」
「ここで終わらせ…ここから始めるつもりだ!」(オールマイト)

 

「ここで会えるとは思ってなかったぜ、お父さん!」
「まずはお仲間の葬式か!?」(荼毘)

 

「させやしねえよ…バカ兄貴!」(轟焦凍)

 

「全てお前のうぬぼれと自業自得の結果だ!」(エンデヴァー)

 

「僕等を分断し各個撃破…実にいいプランだ」
「勝てる可能性を考慮しなければ…だがね」(オール・フォー・ワン)

 

「いいからやろうぜ、もう始まってんだ」
「有史以来の最凶のヴィオラとの戦いがよ!」(ミルコ)

 

「脳と筋肉で動いている以上、体に強力な電流が流れれば硬直する」
「どんな超人でも…一瞬はな」(ベストジーニスト)

 

「頑張れチャージだ、チャージズマ!」(上鳴電気)

 

「名誉でも栄光でもない」
「ただ来る明日を守らんとする者達が動かしている」
「貴様の破壊を拒む者達がだ!」(ベストジーニスト)

 

「お前はかっこいい奴だと思ってた」
「ホント、がっかりだぜ…イレイザー・ヘッド」(死柄木)

 

145話

「これは成長、ただの肉体」
「髪が伸びることと同じ、爪が伸びることと同じ」(死柄木)

 

「深化していく”個性”に体を対応させるべく、人が獲得した新たな形」
「超人社会の行き着く先、殻木の提唱した特異点」(死柄木)

 

「蓋をし、来たるべき未来から目を背けてきたお前達には…分からないさ」(死柄木)

 

「ダイナマ。チーム組んでまで戦ってんだ、しっかりしろ」(ミルコ)

 

「ああ? いいなてめえ、生意気だな」(ミルコ)

 

「”ワン・フォー・オール”がいなくとも、我々で勝ってやろうじゃないか!」(ベストジーニスト)

 

「行かないでよ、出久君」
「大好きだよ。ねえ、だから行かないで」(トガヒミコ)

 

「(どうしてほしい?) 私の…恋人になって」(トガ)

 

「好き…初めて見た時から」
「血だらけで、ボロボロで、初恋の人にそっくりで…かっこいいよ、出久君」(トガ)

 

「私、君になりたいの」
「チウチウさせて」(トガ)

 

「(遊園地? 手をつなぐ?) 私にとっては同じになることが”それ”なの」
「それでしか満たされないの」(トガ)

 

「ねえヒーロー…君は私をどうしたい?」(トガ)

 

「僕もオールマイトのように強くありたいと思った」
「同じになろうとすることが心を満たすのは分かるよ、トガヒミコ」(出久)

 

「でもじゃあなんで、心も同じになろうと思えないんだ!」
「僕は好きな人を傷つけたいとは思わないよ!」(出久)

 

「出久君もお茶子ちゃんと一緒だね」
「パパとママと一緒だね」(トガ)

 

「ヒーローと、ヒーローが守る人達だけが人なのね」
「交わることはないんだね」(トガ)

 

「世界が私を拒むなら、私も世界を拒む」(トガ)

 

「行きなさい、デクちゃん」
「あなたがすべきは、今ここで恋愛話じゃないでしょ」(蛙吹梅雨)

 

「作戦どおりに、トガヒミコは接触数の多いウラビティを中心に」
「私達で片をつけます」(梅雨)

 

「捨てばちにはなるな、これは未来をつかむ戦いだろ」
「友を信じろ」(リーダー、2代目継承者)

 

「人の心は百様…であるならば、お前は…お前の戦場を見据えろ」(リーダー)

 

「なりたい自分になりたいの」
「私は…私が当たり前に生きたいだけ」(トガ)

 

「私はトガヒミコ、ヒーローはいらない」
「だから消えてね、さようなら」(トガ)

 

「(消えてね?) 嫌だよ!」
「私も私の当たり前をまっとうする」
「麗日お茶子として!」(お茶子)

 

「燈矢…荼毘」
「勘違いするな、俺は言われたからここに立ってるわけじゃねえ」
「俺自身がお前を止めたいと思ったから立ってるんだ」(轟)

 

「黙認され、あちこちに蓄積されてきたゆがみ」
「超人社会の限界、それが俺…俺達だ」(荼毘)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 
スポンサーリンク
 
 
 
アマゾンリンク
僕のヒーローアカデミア 全5巻セット [Blu-ray]

コミックシーモアリンク
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

 

→僕のヒーローアカデミアのインデックス