「僕のヒーローアカデミア(1期,2期,3期)」の名言・台詞まとめ

アニメ「僕のヒーローアカデミア(1期,2期,3期)」の名言・台詞をまとめていきます。

僕のヒーローアカデミア

1話

「人は、生まれながらに平等じゃない。これが、齢4歳にして知った社会の現実。そして僕の、最初で最後の挫折だ」(緑谷出久)

 

「彼らは、活躍に応じて与えられるんだ。国から収入を、人々から名声を」(出久)

 

「あのオールマイトをも越えて、俺はトップヒーローとなり、必ずや、高額納税者ランキングに名を刻むのだ!」(爆豪勝己)

 

「キリはある。なぜって、私が来た」(オールマイト)

 

「あん時、決めたじゃないか。そうさ、周りの言うことなんて気にするな。ぐいっと上見て突き進め」(出久)

 

「いや~、悪かった。ヴィラン退治に巻き込んでしまった。いつもはこんなミスはしないのだが、オフだったのと、慣れない土地で浮かれちゃったかな~!」(オールマイト)

 

「液晶越しに、また会おう!」(オールマイト)

 

「プロは常に、敵か時間との戦いさ」(オールマイト)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

2話

「人々を笑顔で救い出す。平和の象徴は、決して悪に屈してはいけないんだ。私が笑うのは、ヒーローの重圧、そして、内にわく恐怖から己を欺くためさ」(オールマイト)

 

「プロはいつだって命がけだよ。力が無くとも成り立つとは、とてもじゃないが、口に出来ないね」(オールマイト)

 

「夢見るのは悪いことじゃない。だが、相応の現実も見なくてはな、少年」(オールマイト)

 

「本当に情けない」「君に諭しておいて、己が実践しないなんて!」(オールマイト)

 

「トップヒーローは学生時から逸話を残している。彼らの多くが話をこう結ぶ、『考えるより先に、体が動いていた』、と」(オールマイト)

 

3話

「無個性でただのヒーロー好きな君は、あの場の誰よりも、ヒーローだった」(オールマイト)

 

「最近のヒーローは派手さばかりを追い求めるけどね。本来ヒーローってのは、奉仕活動。地味だ何だと言われても、そこはブレちゃあいかんのさ」(オールマイト)

 

「でも、入るだけじゃダメなんだ。他の人より何倍も頑張らないとダメなんだ。きっと、追いつけない」
「僕は、あなたみたいになりたいんだ。あなたみたいな、最高のヒーローに!」(出久)

 

4話

「あの仮想ヴィランに挑んでもメリットは一切無い。だからこそ、色濃く、まばゆく、浮かび上がる時がある」
「そう、浮かび上がるのだ。ヒーローの大前提、自己犠牲の、精神ってやつが」(オールマイト)

 

5話

「ヒーローになるなら、そんな悠長な行事、出る時間ないよ」(相澤消太、先生)

 

6話

「最下位からのスタート。これから学んで行くんだ、憧れに近づくために」(出久)

 

「見込みが無い者はいつでも切り捨てます。半端に夢を追わせることほど残酷なものは無い」(相澤先生)

 

「格好から入るってのも大切なことだぜ、少年少女!」
「自覚するのだ。今日から自分は、ヒーローなんだと!」(オールマイト)

 

「嫌な奴だけど、目標も、自信も、体力も、個性も、僕なんかより何倍も凄いんだ」
「でも、だから今は、負けたくない、なって」(出久)

 

「奇襲も戦略、彼らは今、実戦の最中だぜ」(オールマイト)

 

「いつまでも、雑魚で出来損ないのデクじゃないぞ!」(出久)

7話

「君が凄い人だから、勝ちたいんじゃないか。勝って、超えたいんじゃないか、バカヤロー!!!」(出久)

 

「使わない、つもりだったんだ……使えないから。体が、衝撃に耐えられないから」(出久)

 

8話

「勝ったにせよ、負けたにせよ、振り返ってこそ、経験ってのは活きるんだ」(オールマイト)

 

「向こうは防衛戦のつもりだろうが、俺には関係ない」
「悪かったな。レベルが違いすぎた」(轟焦凍)

 

「真っ当な授業もまた、私達の自由さ!」(オールマイト)

 

「いなくなれば、超人社会は悪にかどわかされます。これは、この力を持った者の責任なのです!」(オールマイト)

 

「こっからだ! 俺はこっから!! いいか、俺はここで一番になってやる!!!」(爆豪)

 

9話

「やりたいとふさわしいか否かは別の話。僕は僕の正しいと思う判断をしたまでだ」(飯田天哉)

 

「君達の力は、人を傷つけるためにあるのでは無い。助けるためにあるのだと、心得て帰って下さいな」(13号)

 

10話

「プロのヒーロー達が何と戦っているのか、何と向き合っているのか。それは、途方もない悪意」(出久)

 

「バカだがアホじゃなねえ。これは何らかの目的があって、用意周到に画策された奇襲だ」(轟)

 

「一芸だけじゃヒーローは務まらねえ」(イレイザー・ヘッド)

 

「今、理由なんて……理由なんて、知るか」
「奴らにオールマイトを倒す術があるんなら、僕らが今すべきことは、その企みを阻止すること。戦って、勝つこと!」(出久)

 

「救うために、個性を使って下さい!」(13号)

 

「勝利の鍵は一つ。僕らの個性が、相手にとって未知であること」(出久)

 

「敵が勝利を確信した時が、大きなチャンス。昔、情熱大陸でオールマイトが言ってたよ」(出久)

 

11話

「反省するより、次どうするかじゃないかしら?」(蛙吹梅雨)

 

「個性を消せる、素敵だけどなんてこと無いね。圧倒的な力の前では、つまりただの無個性だもの」(死柄木弔)

 

12話

「全く己に腹が立つ。子供らがどれだけ怖かったか。後輩らが、どれだけ頑張ったか。しかし、だからこそ、胸を張って言わねばならんのだ」
「もう大丈夫、私が来た!」(オールマイト)

 

「マジで全然効いてないな!?」(オールマイト)

 

「人質に取られでもしたら、足手まとい以下。ヴィランへの憶測より、オールマイトを信じるんだ」(出久)

 

「しかし大丈夫。プロの本気を見ていなさい」(オールマイト)

 

「確かに時間はもう1分と無い。力の衰えは思ったよりも早い。しかし、やらねばなるまい」
「なぜなら私は、平和の象徴なのだから!!」(オールマイト)

 

「私対策、私の100%を耐えるなら、さらに上からねじ伏せよう!」(オールマイト)

 

「ヒーローとは、常にピンチをぶち壊していくもの」(オールマイト)

 

「ヴィランよ、こんな言葉を知ってるか!?」
「更に向こうへ、Plus Ultra(プルス・ウルトラ)!」(オールマイト)

 

「やはり衰えた。全盛期なら、5発も打てば充分だったろうに。300発以上も打ってしまった」(オールマイト)

 

13話

「クリアとか何とか言ってたな? 出来るものならしてみろよ」(オールマイト)

 

「何も、出来なかった……」(出久)
「そんなことは無いさ。あの数秒が無ければ、私はやられていた。また、助けられちゃったな」(オールマイト)

 

「無茶をしなければやられていた。それほどに強敵だった」(オールマイト)

 

「一つ違うぜ、塚内くん。生徒達もまた戦い、身を挺した」
「ヴィランもバカなことをした。このクラスは強い、強いヒーローになるぞ。私は、そう確信しているよ」(オールマイト)

僕のヒーローアカデミア(2期)

14話

「ヒーローが飽和した現代、抑圧されてきた悪意たちは、そういう無邪気な邪悪に惹かれるのかもしれない」(塚内直正)

 

「私は絶対、ヒーローになってお金稼いで、父ちゃん母ちゃんに楽させたげるんだ!」(麗日お茶子)

 

「君に力を授けたのは、私を受け継いで欲しいからだ」

「雄英体育祭、プロヒーローが、いや全国が注目しているビッグイベント、今こうして話しているのは他でもない」

「次世代のオールマイト、平和の象徴の卵、緑谷出久が、君が来たってことを、世の中に知らしめて欲しい」(オールマイト)

 

15話

「常にトップを狙う者とそうで無い者、そのわずかな気持ちの差は、社会に出てから大きく響くぞ」(オールマイト)

 

「関係ねえよ」
「上に上がりゃ関係ねえ」(爆豪)

 

「遅れをとる訳にはいかないんだ……僕も本気で取りに行く」(出久)

 

「宣誓、俺が一位になる」
「せめて跳ねのいい踏み台になってくれ」(爆豪)

 

16話

「追い越し無理なら、抜かれちゃダメだ!」(出久)

 

17話

「何より、(騎馬戦は)仲いい人とやった方がいい!」(お茶子)

 

「君をライバルとして見るのは、爆豪くんや轟くんだけじゃない。俺は、君に挑戦する」(飯田)

 

18話

「一位だ、ただの一位じゃねえ。俺が取るのは、完膚なきまでの一位だ!」(爆豪)

 

19話

「俺がお前につっかかんのは見返すためだ。クソ親父の個性なんざ無くたって……いや、使わず一番になることで、奴を完全否定する!」(轟)

 

「僕だって負けられない、僕を助けてくれた人達に応えるためにも。さっき受けた宣戦布告、改めて僕からも……僕も君に勝つ!」(出久)

 

「君の目指すヒーロー像は、そんな儚げ顔か?」
「いいかい。怖い時、不安な時こそ、笑っちまって臨むんだ!」(オールマイト)

 

20話

「でも、だから負けていいとはならない。一番を目指すって、そういうことなんですよね」(出久)

 

21話

「みんな、夢のためにここで一番になろうとしてる。勝ちゃんでなくても、手加減なんて考えないよ」(出久)

 

「みんな、将来に向けて頑張ってる。そんならみんな、ライバルなんだよね。だから……決勝で会おうぜ」(お茶子)

 

22話

「僕は……オールマイトじゃありません」
「当たり前のことですよね。轟くんも、あなたじゃない!」(出久)

 

23話

「個性だって身体機能。奴等にもなんらかの、限度があるはずだろ」(爆豪)

 

「半分の力で勝つ? まだ僕は、君に傷一つ付けられちゃいないぞ」
「全力でかかってこい!」(出久)

 

「期待に応えたいんだ……」
「笑って、応えられるような……かっこいい、ヒーローに、なりたいんだ!」
「だから、僕が勝つ! 君を超えて!!」(出久)

 

24話

「捨てられる訳ねえだろ」
「そう簡単にくつがえる訳ねえよ。ただ、あの時、あの一瞬は……お前を忘れた」
「それがいいのか悪いのか、正しいことなのか、少し、考える」(轟)

 

「確かに、残念な結果だ。バカをしたと言われても仕方の無い結果だ。でもな、余計なお世話ってのは……ヒーローの本質でもある」(オールマイト)

 

「最初はかつての自分と重ねていたよ。しかし、君は私の想像をもう何度も超えてきた。君にしか導き出せないものがあると、私は思っているぞ」(オールマイト)

 

25話

「強え個性ゆえに……攻め方が、おおざっぱだ!」(爆豪)

 

「勝つつもりもねえなら、俺の前に立つな!」(爆豪)

 

「たとえ望まれてなくたって、助け出す。それが、俺のスタートラインだと、そう思ったからだ」(轟)

 

26話

「でもこないだの体育祭で、爆豪くんと戦って思ったんだ。強くなればそんだけ可能性が広がる。やりたい方だけ向いてても見聞狭まる、と」(お茶子)

 

27話

「自分でも理解は出来てるはずなのに、オールマイトへの憧や責任感が足かせになっておる」
「ワン・フォー・オールを特別に考えすぎだな」(グラントリノ)

 

28話

「ヒーローが本来の意味を失い、偽物がはびこるこの社会も、いたずらに力を振りまく犯罪者も、粛清対象だ」(ステイン)

 

「ヒーローはいかなる理由があろうとも、己のために個性を使ってはならない。もし私利私欲のために個性を使えば、それはとても重い罪となる」(マニュアル)

 

「ヒーローとは、偉業をなした者のみ許される称号。多すぎるんだよ、英雄気取りの拝金主義者が!」(ステイン)

 

「僕の名前を、生涯忘れるな! インゲニウム、お前を倒す、ヒーローの名だ!」(飯田)

 

29話

「(いる理由は)決まっている、ヒーローだからさ」(エンデヴァー)

 

「僕の考えすぎかもしれない、確証も全くない。でもだからって、動かずにはいられない!」(出久)

 

「そんなこといったら、ヒーローは何も出来ないじゃないか!」(出久)

 

「簡単なことだったんだ全部……簡単なことなのに見えてなかった」(轟)

 

「止めて欲しけりゃ立て!」
「俺がお前に言える一言、なりてえもんちゃんと見ろ!」(轟)

 

30話

「お前を倒そう! 今度は犯罪者として……」
「ヒーローとして!」(飯田)

 

33話

「確かに信念の男ではあった。クールだと思う人がいるのも分かる。ただ奴は、信念の果てに粛清という手段を選んだ。どんな考えを持とうとも、そこだけは間違いなんだ」(飯田)

 

「力を持っていると、人は使える場を求めるから」(オールマイト)

 

「皮肉な話さ、正義はいつも悪より生まれいずる」(オールマイト)

 

34話

「消耗戦に極端に弱い。いいかい、戦闘ってのはいかに自分の得意を押し付けるかだよ」(セメントス)

 

36話

「仮にヒーローになれたとして、ヒーローになることがゴールの人間に先は無い」(リカバリーガール)

 

「ヒーローだからかっけぇんじゃねえ、かっけぇからヒーローなんだって」(峰田実)

 

37話

「負けた方がマシだなんて、君が言うなよ!」
「勝つのを諦めないのが、君じゃないか……」(出久)

 

「バカだったぜ……リスクを避けて、あんたに勝てるはずなかったわ!」(爆豪)

 

38話

「悔しいが私も人だ、手の届かない場所の人間は救えないさ。だからこそ、笑って立つ」
「正義の象徴が人々の、ヒーロー達の、悪人たちの心を常に灯せるようにね」(オールマイト)

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

僕のヒーローアカデミア(3期)

39話

「作ってやるよ、オールマイトのいない世界を。そして見せつけてやる、正義とやらの脆弱さを」(死柄木弔)

 

「誰だろうが俺の横に、ましてや前にはいさせねえ! オールマイトを超えるってことは、ナンバー1ヒーローを超えるってことは、そういうことだろうが!」(爆豪)

 

40話

「だから今日から(合宿で)君等の個性を伸ばす」
「死ぬほどきついがくれぐれも……死なないように」(相澤先生)

 

41話

「何をするにも原点を常に意識しとけ。向上ってのはそういうもんだ。なんのために汗かいて、なんのためにこうしてグチグチ言われるか、常に頭に置いておけ!」(相澤先生)

 

「素性も分かんねえ通りすがりに正論たたかれても煩わしいだけだろ。大事なのは、何をした、何をしてる人間に言われるか、だ」

「言葉単体だけで動くようなら、それだけの重さだったってだけで、言葉には常に行動が伴う、と思う」(轟)

 

42話

「出来る出来ないじゃないんだ! ヒーローは、命を賭して、綺麗ごと実践するお仕事だ!」(出久)

 

「ワン・フォー・オール、100万%、テラウェア、デトロイト、スマァァァーーーシュ!!!」(出久)

 

43話

「僕まだ、ごめんも、ありがとうも、言ってないんだよ。あいつ、大丈夫かな……」(出水洸汰)

「大丈夫、あいつも死ぬつもりなんか無いからボロボロなんだろ。でも俺は教師として、葛藤した緑谷を叱らなきゃいけない」

「だから、この騒動が終わったら言ってあげてくれ」
「出来れば、ありがとうの方に力を込めて」(相澤先生)

 

「雄英の単細胞ってのはな」
「普通、もうダメだって思うようなことを、さらに一歩、超えて来るんだよ!」(拳藤一佳)

 

44話

「緑谷、俺はどんな状況下であろうと、苦しむ友を捨て置く人間になりたくはない」(障子目蔵)

 

「分かっている、助けるという行為にはリスクを伴う。だからこそ、ヒーローと呼ばれる」(障子)

 

「どちらか選ばなきゃいけないなら、僕はどっちも助けたい」(出久)

 

「判断……最悪を推し量りなさい、百。そこから今できる最善を」(八百万百)

 

「痛みなんか今は知らない! 動けるよ、早く!」(出久)

 

45話

「私は、素晴らしい友を持った。奴等に会ったらこう言ってやるぜ。私が、反撃に来たってね」(オールマイト)

 

「そんなもん分かってるよ! でもさ、なんも出来なかったんだ。ダチが狙われてるって聞いてさ、なんも出来なかった、しなかった!」

「ここで動かなきゃ俺は、ヒーローでも男でも無くなっちまうんだよ!」(切島鋭児郎)

 

46話

「どれほど正当な感情であろうと、また戦闘を行うというのなら、ルールを破るというのなら、その行為はヴィランのそれと同じなのよ」(梅雨)

 

「僕も……自分でも分からないんだ……手が届くと言われて、いても立ってもいられなくなって、助けたいと思っちゃうんだ!」(出久)

 

「人の命を金や自己顕示に変換する異様、それをルールでギチギチと守る社会、敗北者を励ますどころか責め立てる国民。俺達の戦いは問い、ヒーローとは、正義とは何かを?」

「この社会が本当に正しいのか、一人ひとりに考えてもらう。俺達は勝つつもりだ、君も勝つのは好きだろ?」(死柄木)

 

「俺はオールマイトが勝つ姿に憧れた。誰が何言ってこようが、そこはもう曲がらねえ!」(爆豪)

 

47話

「したくねえもんは嘘でもしねえんだよ俺は!」(爆豪)

 

「状況を考えろ、その一瞬の迷いが現場を左右する。ヴィランには何もさせるな!」(ベストジーニスト)

 

49話

「誇れ、俊典。端から持ってる奴とじゃ本質が違う。お前は力を勝ち取ったんだ」(志村菜奈)

 

「体が朽ち衰えようとも……その姿をさらされようとも……私の心は依然平和の象徴! 一欠片とて奪えるものじゃあない!」(オールマイト)

 

「人を助けるって、つまりその人は怖い思いをしたってことだ。命だけじゃなく、心も助けてこそ真のヒーローだと、あたしは思う」

「どんだけ怖くても自分は大丈夫だっつって笑うんだ。世の中、笑ってる奴が一番強いからな」(菜奈)

 

「ああ、多いよ……ヒーローは、守るものが多いんだよオール・フォー・ワン。だから、負けないんだよ!」(オールマイト)

 

「俊典、限界だって感じたら思い出せ。なんのために拳を握るのか」
「原点、オリジンってやつさ。そいつがお前を、限界の少し先まで連れてってくれる」(菜奈)

 

「次は、君だ」(オールマイト)

 

52話

「答えを教えるだけでは教育とは言えない。考えるのさ少年。正誤は重要じゃない、自分で考え気づくことが重要なんだ」(オールマイト)

 

「彼女は失敗を恐れず、常に発想し、思考している。イノベーションを起こす人間ってのは、既成概念にとらわれない」(パワーローダー)

 

53話

「雄英潰し。別にあいつらに言わない理由も無いが、結局やることは変わらんからな。ただただ乗り越えて行くだけさ」(相澤先生)

 

「ピンチを覆していくのがヒーロー。そもそもプロになれば、個性さらすなんて前提条件。悪いがうちは、他より少し先を見据えている」(相澤先生)

 

54話

「足を中心に使って鍛える、もう少し早くたどり着くべきだった」
「人を助けるには、まず自分が無事でいなきゃ!」(出久)

 

55話

「俺は心配じゃあない、期待してるんだ。たとえそばにいなくても、奴等の存在が、クラスを底上げしてくれている」

「それが俺のクラス、1年A組だ!」(相澤先生)

 

56話

「でも、君はいたじゃないか」
「皆が先に通過していたら、それは良いことだ。俺はA組の委員長、クラスを導く立場だ。時間と足の許す限りはクラスに貢献したい。兄さんならそうする」

「俺の行動は、俺の夢の形でもある」(飯田)

 

57話

「仮免もこの試験もただの通過点じゃない。全部憧れへの、夢の形なんだ。やるべきことを全力でやる!」(出久)

 

「この気持ちは、しまっておこう……デク君の、目標のためにいっぱいいっぱいで余裕の無い姿を、かっこいいと思ったから」(お茶子)

 

60話

「貴様の未来は、私が砕く、何度でもな」(オールマイト)

 

61話

「何も無かったからこそ、嫌な所と同じくらい、君の凄さが鮮烈だったんだよ」
「君が凄いと思っていたから、だから、ずっと……君を、追いかけていたんだ!」(出久)

 

「気持ちをさらけ出した今ならもう、分かってるんじゃないかな?」
「互いを認め合い、真っ当に高め合うことが出来れば、助けて勝つ、勝って助ける、最高のヒーローになれるんだ」(オールマイト)

 

63話

「何してるか分かんないなら、分かってる範囲で仮説を立てて、とにかく勝ち筋を探って行こう」(出久)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
僕のヒーローアカデミア 1巻 (Kindle)

 

→僕のヒーローアカデミア(4~5期)
→僕のヒーローアカデミア(デク)
→僕のヒーローアカデミア(爆豪&轟)
→僕のヒーローアカデミア(オールマイト)
→僕のヒーローアカデミア(相澤先生)
→僕のヒーローアカデミア(エンデヴァー&ナイトアイ)

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました