「僕のヒーローアカデミア」の名言まとめました

アニメ「僕のヒーローアカデミア」の名言をまとめていきます。

僕のヒーローアカデミア

1話 緑谷出久:オリジン

「人は、生まれながらに平等じゃない。これが、齢4歳にして知った社会の現実。そして僕の、最初で最後の挫折だ」(緑谷出久)

 

「彼らは、活躍に応じて与えられるんだ。国から収入を、人々から名声を」(出久)

 

「あのオールマイトをも越えて、俺はトップヒーローとなり、必ずや、高額納税者ランキングに名を刻むのだ!」(爆豪勝己)

 

「キリはある。なぜって、私が来た」(オールマイト)

 

「あん時、決めたじゃないか。そうさ、周りの言うことなんて気にするな。ぐいっと上見て突き進め」(出久)

 

「いや~、悪かった。ヴィラン退治に巻き込んでしまった。いつもはこんなミスはしないのだが、オフだったのと、慣れない土地で浮かれちゃったかな~!」(オールマイト)

 

「液晶越しに、また会おう!」(オールマイト)

 

「プロは常に、敵か時間との戦いさ」(オールマイト)

2話 ヒーローの条件

「人々を笑顔で救い出す。平和の象徴は、決して悪に屈してはいけないんだ。私が笑うのは、ヒーローの重圧、そして、内にわく恐怖から己を欺くためさ」(オールマイト)

 

「プロはいつだって命がけだよ。力が無くとも成り立つとは、とてもじゃないが、口に出来ないね」(オールマイト)

 

「夢見るのは悪いことじゃない。だが、相応の現実も見なくてはな、少年」(オールマイト)

 

「本当に情けない」「君に諭しておいて、己が実践しないなんて!」(オールマイト)

 

「トップヒーローは学生時から逸話を残している。彼らの多くが話をこう結ぶ、『考えるより先に、体が動いていた』、と」(オールマイト)

 

3話 うなれ筋肉

「無個性でただのヒーロー好きな君は、あの場の誰よりも、ヒーローだった」(オールマイト)

 

「最近のヒーローは派手さばかりを追い求めるけどね。本来ヒーローってのは、奉仕活動。地味だ何だと言われても、そこはブレちゃあいかんのさ」(オールマイト)

 

「でも、入るだけじゃダメなんだ。他の人より何倍も頑張らないとダメなんだ。きっと、追いつけない」
「僕は、あなたみたいになりたいんだ。あなたみたいな、最高のヒーローに!」(出久)

 

4話 スタートライン

「あの仮想ヴィランに挑んでもメリットは一切無い。だからこそ、色濃く、まばゆく、浮かび上がる時がある」
「そう、浮かび上がるのだ。ヒーローの大前提、自己犠牲の、精神ってやつが」(オールマイト)

 

5話 今 僕に出来ることを

「ヒーローになるなら、そんな悠長な行事、出る時間ないよ」(相澤消太、先生)

 

6話 猛れクソナード

「最下位からのスタート。これから学んで行くんだ、憧れに近づくために」(出久)

 

「見込みが無い者はいつでも切り捨てます。半端に夢を追わせることほど残酷なものは無い」(相澤先生)

 

「格好から入るってのも大切なことだぜ、少年少女!」
「自覚するのだ。今日から自分は、ヒーローなんだと!」(オールマイト)

 

「嫌な奴だけど、目標も、自信も、体力も、個性も、僕なんかより何倍も凄いんだ」
「でも、だから今は、負けたくない、なって」(出久)

 

「奇襲も戦略、彼らは今、実戦の最中だぜ」(オールマイト)

 

「いつまでも、雑魚で出来損ないのデクじゃないぞ!」(出久)

スポンサーリンク

7話 デクvsかっちゃん

「君が凄い人だから、勝ちたいんじゃないか。勝って、超えたいんじゃないか、バカヤロー!!!」(出久)

 

「使わない、つもりだったんだ……使えないから。体が、衝撃に耐えられないから」(出久)

 

8話 スタートライン、爆豪の

「勝ったにせよ、負けたにせよ、振り返ってこそ、経験ってのは活きるんだ」(オールマイト)

 

「向こうは防衛戦のつもりだろうが、俺には関係ない」
「悪かったな。レベルが違いすぎた」(轟焦凍)

 

「真っ当な授業もまた、私達の自由さ!」(オールマイト)

 

「いなくなれば、超人社会は悪にかどわかされます。これは、この力を持った者の責任なのです!」(オールマイト)

 

「こっからだ! 俺はこっから!! いいか、俺はここで一番になってやる!!!」(爆豪)

 

9話 いいぞガンバレ飯田くん!

「やりたいとふさわしいか否かは別の話。僕は僕の正しいと思う判断をしたまでだ」(飯田天哉)

 

「君達の力は、人を傷つけるためにあるのでは無い。助けるためにあるのだと、心得て帰って下さいな」(13号)

 

10話 未知との遭遇

「プロのヒーロー達が何と戦っているのか、何と向き合っているのか。それは、途方もない悪意」(出久)

 

「バカだがアホじゃなねえ。これは何らかの目的があって、用意周到に画策された奇襲だ」(轟)

 

「一芸だけじゃヒーローは務まらねえ」(イレイザー・ヘッド)

 

「今、理由なんて……理由なんて、知るか」
「奴らにオールマイトを倒す術があるんなら、僕らが今すべきことは、その企みを阻止すること。戦って、勝つこと!」(出久)

 

「救うために、個性を使って下さい!」(13号)

 

「勝利の鍵は一つ。僕らの個性が、相手にとって未知であること」(出久)

 

「敵が勝利を確信した時が、大きなチャンス。昔、情熱大陸でオールマイトが言ってたよ」(出久)

スポンサーリンク

11話 ゲームオーバー

「反省するより、次どうするかじゃないかしら?」(蛙吹梅雨)

 

「個性を消せる、素敵だけどなんてこと無いね。圧倒的な力の前では、つまりただの無個性だもの」(死柄木弔)

 

12話 オールマイト

「全く己に腹が立つ。子供らがどれだけ怖かったか。後輩らが、どれだけ頑張ったか。しかし、だからこそ、胸を張って言わねばならんのだ」
「もう大丈夫、私が来た!」(オールマイト)

 

「マジで全然効いてないな!?」(オールマイト)

 

「人質に取られでもしたら、足手まとい以下。ヴィランへの憶測より、オールマイトを信じるんだ」(出久)

 

「しかし大丈夫。プロの本気を見ていなさい」(オールマイト)

 

「確かに時間はもう1分と無い。力の衰えは思ったよりも早い。しかし、やらねばなるまい」
「なぜなら私は、平和の象徴なのだから!!」(オールマイト)

 

「私対策、私の100%を耐えるなら、さらに上からねじ伏せよう!」(オールマイト)

 

「ヒーローとは、常にピンチをぶち壊していくもの」(オールマイト)

 

「ヴィランよ、こんな言葉を知ってるか!?」
「更に向こうへ、Plus Ultra(プルス・ウルトラ)!」(オールマイト)

 

「やはり衰えた。全盛期なら、5発も打てば充分だったろうに。300発以上も打ってしまった」(オールマイト)

 

13話 各々の胸に

「クリアとか何とか言ってたな? 出来るものならしてみろよ」(オールマイト)

 

「何も、出来なかった……」(出久)
「そんなことは無いさ。あの数秒が無ければ、私はやられていた。また、助けられちゃったな」(オールマイト)

 

「無茶をしなければやられていた。それほどに強敵だった」(オールマイト)

 

「一つ違うぜ、塚内くん。生徒達もまた戦い、身を挺した」
「ヴィランもバカなことをした。このクラスは強い、強いヒーローになるぞ。私は、そう確信しているよ」(オールマイト)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
僕のヒーローアカデミア 全巻セット【Blu-ray】

 

→僕のヒーローアカデミア(オールマイト)
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました