「赤髪の白雪姫」の名言まとめました

アニメ「赤髪の白雪姫」の名言をまとめていきます。

スポンサーリンク

赤髪の白雪姫

1話 出会い…色づく運命

「これは、自分の行く道。自分の物語」
「願うなら、この道の先も、自分で描けるように」(白雪)

 

「お前のせいじゃ無いけどね」(白雪)
(自分の長く美しい赤い髪に)

 

「あいにくと毒を持ち歩く趣味は無いよ」(白雪)

 

「今のは素直だね」(白雪)

 

「相手にしたら、果物屋で林檎を買うようなものだったんじゃないかな。だから、欠片で見飽きて下さいと思って、髪を置いてきたんだよ」(白雪)

 

「よくそのゲスから切り離した。お前の大事な赤だもんな」
「ああ。赤ってのは、運命の色のことを言うんだろ。今はやっかいなだけでも、案外いいものにつながってるかもしれないぞ」(ゼン・ウィスタリア・クラリネス)

 

「籠に入れるくらい、訳ないか。痛み始めてる、この赤。もうダメかな」(白雪)

 

「あら、失礼を。ラジ王子、どうぞお好きに、お連れ下さい!」(白雪)
「却下ぁぁぁーーー!!!」
「それ以上、その娘の耳が汚れるような戯言を吐かないでもらおうか」(ゼン)

 

「白雪、お前も言ってやりたいことが山ほどあるだろ。文句を言うなら今だぞ、思い切り行け」(ゼン)

 

「白雪、俺が森で言ったこと覚えてるか。俺としては今、お前といることは運命の方だと嬉しいんだけどな」

「お前が自分で向かった森に俺達がいて、関わりをもって、互いの身を守ろうとした。それがこの場限りの毒か、これからのつながりか、お前が決めればいい」

「当然。俺だって、自分の運命は自分で決めてる。決めてその道に進めるか否かは、自分次第だろ」(ゼン)

 

「ゼンって、やっぱり凄い考え方するね」(白雪)
「考え方じゃなく、生き方ですがね。お前の答えは?」(ゼン)

 

「それは、言わば自分の物語。願うなら、この出会いの道の先、物語のページをめくるその音が、重なる足音のように響くよう、私は!」(白雪)

2話 辿るは胸の鳴るほうへ

「クラリネスはいいとこだね。ここはとても魅力的だ」(白雪)

 

「ここにはまだ、俺の知らない魅力が山ほど隠れている気がするんだ。だから、もっといろんなことを見たい、知っていきたい」(ゼン)

 

「私達、似た者同士だね」(白雪)

 

「私は、自分で行くと決めた場所がある。こんな所で立ち止まっていられない。だから他を当たって下さい!」(白雪)

 

「私は、そんな道に興味は無い!」(白雪)

 

「この娘がお前の目にどう映ってるかなんて、知りたくもないけどな。白雪は一欠片だって、道具とされるためには無い!」(ゼン)

 

「白雪の友人だ」(ゼン)

 

「俺は、城の外のことを知れるだけで、楽しかった。けど、知った後に出来ることが、何かあるのかもしれない」(ゼン)

 

「私がこの国に来るって決めた理由」
「この国で、ゼンがどんな風に生きてるのか、見たいと思って。それが叶う場所が、私が行くと決めた場所」(白雪)
「その場所、俺からもお前が見えるとありがたいな」(ゼン)

 

「ここが、私が立つ国、立つ街、立つ道。もし、立ち止まってしまっても、自分で望んだ場所だから、きっと眩しい追い風は吹く」(白雪)

 

3話 約束、輝くその時に

「机仕事も嫌じゃ無いんだ。ただ、外のことはすぐ分からなくなるからな。国は、クラリネスは、城の外に広がっている。俺はそれが好きだ」(ゼン)

 

「俺も遊びで言っている訳では無いぞ」(ゼン)

 

「ゼンと私が同じ場所にいることを許すまいとする人が、この城にいる。でも、ここにはゼンが、いる!」(白雪)

 

「私だって、怖かった、それに腹が立ってる!」
「だけど、何もせずにここを、行き止まりに何かしたくない」(白雪)

 

「悪い。俺はどうも、敵を作りやすいらしい」(ゼン)

 

「では、あなたの言うように、私がここにいてはいけないのなら、その剣で切り払って止めればいい」(白雪)

 

「お好きに」(白雪)

 

「貴公にとって爵位は重要か?」
「ならばせいぜい大事にされよ、二度目は無い」(ゼン)

 

「いつか私、自分で門をくぐれるようになって、ゼンの味方になりに来る」(白雪)

スポンサーリンク

4話 芽吹きの協奏曲響く、小さな手

「お前、時々笑ってかわそうとするよな」(ゼン)

 

「今できる、一番必要なことをやるよ」
「見失わなければ大丈夫。前を向いていられる力は、今までゼンにたくさんもらってるから」(白雪)

 

「まさか殿下に手伝わせた?」(ガラク)
「いつか王子を助けるかもしれない、大事な薬草たちですので」(白雪)

 

「そんないいかげんな判断でしていい話じゃない! 撤回していただけますか!」(白雪)

 

「そんなに必死になることじゃないよ」(リュウ)
「バカなこと言わないで下さい」(白雪)

 

「怒ったかどうかを知りたいのなら、本人に聞くのが一番早いぞ。特に白雪の場合は、真正面から向き合うことをすすめる」
「お前が子供じゃなかったら、こんな助言してやらないけどな」(ゼン)

 

「昨日まで知らずにいたものを、今日知ることが出来れば、自分の内に、誰かの中に。一つ見つけては摘んでいく、苦さも蜜も、その花の名を知るために」(白雪)

 

5話 この道は予感の結晶

「白雪の身を案じる気持ちは分かるさ。その気持ちの分、頼っていい相手なんじゃないか」(ミツヒデ・ルーエン)

 

「本当の所、ゼンが耳を貸すのは、ミツヒデの言葉くらいだよ」(木々・セイラン)

 

「まいった……白雪お前、かっこいいな」(ゼン)

 

「それは大丈夫なような」
「意味のあることだから、何度も来てるんだと思うんです。ゼンがここで楽しそうにしている顔を、私も見てみたいです」(白雪)

 

「助けてもらったあと警戒するなんて、何が何やら」(白雪)

 

「だから何事もなく締めたいだけだよ」(白雪)

 

「気にするな、お前達あてじゃ無い。感謝の言葉だよ」(ゼン)

 

「ちゃんと礼を言ってなかった。お前がいてくれてよかったよ、白雪」
「兵達のことと、俺にとってもな」(ゼン)

 

「外で得たものは多くある。見聞きしてきたこの国のこと、幸運に思っている出会い。そして、それを経て知っていく感情。そのいくつもが、消えることのない火をくれるんだ」(ゼン)

 

6話 意味の背中

「人の目にも明らかなものがあるかどうか、私には答えられません」(白雪)
「今の言葉が謙遜でないのなら、もの珍しい赤髪の娘を異国から城に招き入れ喜んでいる、くだらない王子の出来上がりだ」(イザナ・ウィスタリア・クラリネス)

 

「気絶しそうだね」(イザナ)

 

「約束されていないから、そうありたいと望むんだ。だから人は動く」(ゼン)

 

7話 聞かせて、笑顔の旋律

「ゼン! 私が行く!」(白雪)

 

「俺の名前、呼んだだろ。聞こえた」(ゼン)

 

「言われたとして、ゼンに、お兄さんをやっつけてっていう話でも無いでしょ」(白雪)

 

「領民を腐らせる主など、影で撃たれて死ねばよい」(イザナ)

 

「さあな。いずれ斬りかかってくるかもな?」
「その時に盾になる者が誰もいなければ、俺もそれまでの男だということだ」(イザナ)

 

「ゼン。周囲の者に主君の子なのだと認めさせねば、己にも自覚など生まれないぞ」(イザナ)

 

「私も大丈夫だよ。ひるまなければいいと思えば」
分かりやすい状況でしょ。すごく、ね!」(白雪)

 

「周囲の目があるなら、むしろお前は、お前の望むように動けばいい」
「必ず、味方がいるからな」(ゼン)

 

「結構。何かを打破するために行動するのは、あの娘の得意とするところです」(ゼン)

 

「俺は白雪との出会いを、自分が真にたどりたいと思う道の妨げになどしません」(ゼン)
「では置いていけ」(イザナ)

 

「どうかな、姫。嫌になった?」(イザナ)
「なりません! ゼンと会えた国です」(白雪)

 

8話 記憶は過去のらせんを描いて…

「ゼン王子が、王子じゃなければよかったとは思わないのかい?」(オビ)
「次言ったら、その時は侮辱と取る」(白雪)

 

「俺に友達なんか出来ない」
「お前だってただの側近でしかないんだからな。俺といる限り、ずっとだ」(ゼン)
「ゼン様。そのような冷たいこと、おっしゃらないで頂きたい」
「はい、傷つきます」(ミツヒデ)

 

「お前にどう思われようと、俺はまだ、探しものばかりだ」(ゼン)

 

9話 繋がり届く想い

「木々嬢たちだけじゃなく、あんたがいてこその王子だとも思うよ、俺は」(オビ)

 

「お嬢さんだって充分、格好つけが標準装備に見えるけどね。動き方が分かんないなら、探しに行けばいいんじゃないの」(オビ)

 

「引かれて動く、ね。やっかいなとこに居座っちゃったかね?」(オビ)

 

「疑うことを優先しては、人は着いて来ないでしょう」
「敵を見抜くことにとらわれるより、まず誰が味方かを知ることです」(ミツヒデ)

 

「私はまだ未熟ですが、ゼン様のそばにいて、信頼を得られる男になります」
「私に、あなたを守らせて下さい」(ミツヒデ)

 

「ミツヒデ! 俺もなるぞ!」
「側近に誇られるような主人、と言いたい所だが、まずは、強く、だ!」(ゼン)

 

「信じるからな、俺は。自分の目と、味方の目と、ついでにお前をだ」(ゼン)

 

「俺は、大事なものを、もっと上手く守れるようになるからな」(ゼン)

10話 心蒼く、もっと深く

「それは、ゼン殿下の人柄を指す言葉では無いよ」(白雪)

 

「自分の価値観が、当然の常識と信じて疑わないのかもな」(ゼン)

 

「確かに、あなたの言う通り、本心では動けない時があると思う。でもそれなら、私は全力であの人を、そんな目には合わせない!」(白雪)

 

「大体、何かを守ろうとしている人の、懸命さも目に入らないような地位なんて」
「この見張り台より低いってえの!!」(白雪)

 

11話 出会う…初めての色

「木々。ゼンはあの子を連れて行くぞ」(ミツヒデ)

 

「今までゼンに伝えてきたこととは、違う」
「私、ゼンにどう言えばいい?」(白雪)

 

「権力を金銭に代えて従わせるのであれば、子爵と変わらない。あなた方が望んでいる誠意がそこにあるとは思えないが?」(ゼン)

 

「白雪を想う感情は、もう俺の中にずっと合ったよ。それが白雪に触れて、焼き付いた。クラリネスの王子として、告げようと思う」(ゼン)

 

「俺がお前に仕えてるのは、ただクラリネスのゼン王子に従ってるって訳じゃないぞ」(ミツヒデ)

 

「影響しあえる意味のある関係なのね。自分の世界が広くなるものは、大事にしなさい、諸君」(ガラク)

 

「俺が!? やだな~、あんたがそうさせたんでしょ、主」(オビ)

 

「どうしよう……思わず走ってしまった。なんて意味のない行動を……」(白雪)

 

「今はお前がいるから別だけどな、それだけでいい」(ゼン)

 

「今までと同じように、ゼンを見ていたいと思うのが、望んでいいことなのか分からなくて」(白雪)

 

「俺も、望んでいるよ」
「白雪。俺の持つ王族の称号は、お前を守るものではないのかもしれない。お前が俺にくれるもの、どれだけ返せるか分からないが、それでも俺は、お前とこの先共にありたい、そばにいて欲しいと願っている」

「お前との出会いにかけて、互いの望みを、俺自身が守り抜く。そのために、お前に力を貸して欲しいというのは、おかしな話かもしれないが、お前は確かに、俺に強さをくれる」

「だから、この手をとってもらえないか、白雪」(ゼン)

 

12話 始まりのさようなら

「主の前でなめたマネするな。あれは見世物じゃないんでね」(オビ)

 

「姫を守るのは、本当の王子の役目でしょ」
「ホント分かりやすくてさ、かっこいいよね」(オビ)

 

「ゼンはいつも示してくれる、想いを、熱を。だから私も知っている、その大切さを」(白雪)

 

「俺はこれからのことを、お前らを外して考える気は無いからな」(ゼン)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
赤髪の白雪姫 Blu-ray BOX

 

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました