「プラスティック・メモリーズ」の名言まとめました

アニメ「プラスティック・メモリーズ」の名言をまとめていきます。

プラスティック・メモリーズ

1話 はじめてのパートナー

「でも覚えておくべきなのは一つだけ。この仕事は決して報われない。思い出を引き裂くのが、私たちの仕事なので」(アイラ)

 

「これだから素人は。すんなり回収に同意してくれる所有者ばかりだと思ってるなら、大間違いよ!」(絹島ミチル)

 

「私は、怖い。こんなことなら、思い出なんて無ければよかったって」
「記憶なんて蓄積されなくて、プログラムだけで自動的に生きる存在だったなら、どれだけ楽だったろうって」(アイラ)

2話 足を引っ張りたくないので

「エラー。よく聞き取れませんでした、もう一度」(アイラ)

 

「私が教えたって意味ないさ。本人同士が分かり合わなきゃ、どうしょうもねえんだ」
「悪いとは思ってるさ。あいつをお前に押し付けたのはな」(桑乃実カヅキ)

 

「私も10年ちかくやってるが、未だに正解なんて見えやしねえ」
「どうやって思い出を引き裂くかなんて、分かるかよ。誰にも分かんねえよ!」(カヅキ)

 

「あんたって、無能かバカかのどっちかよね!」(ミチル)

 

3話 同棲はじめました

「それなら、筋トレだね!」(土器レン)

 

「あの子は、機械のままでいたいんだろ」(カヅキ)

 

「思い出……エラー。そういうことなら、ここから先は行けません」
「私は、遊園地で遊ぶことを目的に作られた訳ではないので」(アイラ)

 

4話 うまく笑えなくて

「自分が何者なのか分からなくなるって、かなりの恐怖よ」(ミチル)

 

5話 守りたかった約束

「ワンダラーになるのはレアなケース。マーシャだって必ずなるとは限らない」
「だから、今は悪い方に考えない方がいい」(アイラ)

 

「ねえねえ、ツカサ。そうやって、僕なんにも知りませ~んって態度とってれば、何でも答えてもらえると思ってんの?」(ザック)

 

「ここで私達が何もしなくても、アール・セキュリティの手でマーシャを破壊されるだろう。だからさ、せめて私達の手で、責任もって回収してやろう。これも、私達の仕事だ」(カヅキ)

 

「ツカサ、足手まといにはならない。だから、私の役割を奪わないで」
「私達は2人で1組。そうでしょう?」(アイラ)

 

「幸せの思い出やキレイな思い出が救いになるとは限らない。思い出がキレイなほど、ツラくなることもある。怖くなることもある」
「去っていく方にとっても、残される方にとっても」(アイラ)

6話 2人で、おかえり

「好きな人のことを全部知りたいと思うのは、しょうがないのです。私も経験ありますから分かります。さっそく明日から、調査開始ですよ!」(海松エル)

 

8話 知らない花火あ

「アンディは間違っちゃいないよ」
「むしろターミナルサービスとしては、そういうやり方が普通さ」(縹ヤスタカ)

 

「一緒に行きましょう、今夜。そこで、自分の目で確かめればいい」(エル)

 

「思い出を作れるのは、今だけなんです。今、この瞬間しか無いんですよ!」(エル)

 

「もしかして私は、ツカサを苦しめてる。だったら、言って欲しい」
「私は、ツカサを苦しめてまで、パートナーでいたいとは、思わないので」(アイラ)

 

9話 祭りの後

「ギフティアと所有者の心に寄り添うのがターミナルサービスの仕事だ。私は、お前の父親の代わりにはなってやれねえが、話相手にならなれる」
「せめて、元気になるまではそうさせて欲しい」(カヅキ)

 

「答え……そう、答えは、とっくに出てる」
「私、ツカサからは離れる」(アイラ)

 

「俺は、最後の瞬間まで、アイラのパートナーでいるって決めたんだ」(ツカサ)

 

10話 もう、パートナーじゃない

「その代わり、あなたも一緒がいい」
「好きな人と一緒に過ごすのが、一番うれしいものなので」(アイラ)

 

「ここでお前がツカサから離れたら、あいつの中には、お前とのツライ思い出しか残らねえ。人ってのはそういうもんだ。後悔して、自分を責め続けるばっかりだ」
「お前はそれでいいのか?」(カヅキ)

 

「私、ツカサとの思い出を、もっと作りたい。私が、ここにいたことを、ツカサに覚えていて欲しい、最後まで!」
「最後まで……ツカサと、一緒にいたいよ」(アイラ)

 

11話 オムライスの日

「私は、いつも通りでいい。いつも通りがいい。ツカサと一緒にいられるだけで、特別なので」(アイラ)

 

「あの光の中に、いろんな人達がいつも通りに過ごしてるのかな。私も、その中の一人かな」(アイラ)

 

「楽しくて、嬉しくて、ちょっぴり恥ずかしくて。それと……」
「オムライスの日」(アイラ)

 

12話 想い出が埋まってく

「だったらやっぱり、これまで通りやっていこう。今日みたいな日は、たまにでいい」(ツカサ)

 

「ツライ思い、させちゃってるね」(アイラ)

 

「大切な人と、いつかまた巡り会えますように」(アイラ)

 

13話 いつかまた巡り会えますように

「カヅキ。私、ここで働くことが出来てよかった」
「ツライこともあったけど、それ以上に、嬉しいこと、いっぱいあったので」(アイラ)

 

「でもね、寂しそうだけど、とっても満ち足りた笑顔をしてる人が多いの」
「楽しかった思い出は、ちゃんと持って帰れるから」(アイラ)

 

「幸せだったよ……ねえ、ツカサ。私、とっても幸せだった」
「そろそろ、夢の時間は、終わりなので」(アイラ)

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
プラスティック・メモリーズ 1 [Blu-ray]

 

→あそびあそばせ
→あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない
→ヴァイオレット・エヴァーガーデン
→かくしごと
→ご注文はうさぎですか?
→この世界の片隅に
→小林さんちのメイドラゴン(カンナ)
→こみっくがーるず
→邪神ちゃんドロップキック
→すみっコぐらし
→世話やきキツネの仙狐さん
→ダンベル何キロ持てる?
→バーナード嬢曰く。
→ばらかもん
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました