「ソードアート・オンライン アリシゼーション」の名言まとめました

アニメ「ソードアート・オンライン アリシゼーション」の名言をまとめていきます。

ソードアート・オンライン アリシゼーション

1話 アンダーワールド

「禁忌が何だ! それはアリスの命より大切なことなのか!?」(キリト)

 

「相手が何ものだろうと、次は絶対に勝つわ!」
「どんな手を使ってもね」(シノン)

 

「や~、何か和むのよね、これ見てると! キリト君の心臓が動いてるって思うと」
「こ~、ちょこっとトリップしちゃうっていうか?」(アスナ)

 

「もちろん、行くよ、一緒に! 君の行く所なら、どこにだって!」(アスナ)

 

「やっぱ不意打ちは無理か」
「そりゃあ無いよキリトさん。て、あっちじゃいつもマスクかぶってたっけな~!」
「無いよ! 剣、無いよ!!」(ある男)

2話 悪魔の樹

「これで分かったろう」
「たった半日、仕事が少しばかりはかどらなくても、そんなの全然、大したことじゃないんだよ」(ユージオ)

 

「剣士。俺の天職は、剣士かな!」(キリト)

 

3話 果ての山脈

「だってそんな奴ら、整合騎士があっという間に討伐してしてしまうはずなんだ」
「しなきゃならないんだよ」
「ただ闇の国の土に触れてしまっただけのアリスより、ずっとずっと悪い奴らなんだから」(ユージオ)

 

「禁忌目録に、ギガスシダーを剣で叩いちゃダメ、なんて項目があるのか?」(キリト)

 

4話 旅立ち

「違う、戦うんじゃ無い。勝つんだ!」(キリト)

 

「痛すぎる。仮想世界で、こんな痛み、あり得ないだろ!」(キリト)

 

「今度こそ、僕が、守るんだ!!!」(ユージオ)

 

「僕は、強くなりたい!」
「もう、二度と、同じ間違いを繰り返さないために!」
「無くしたものを、取り戻すために」
「だから、僕は剣士になりたいんだ!」(ユージオ)

 

「夢見たいだよ、こんな日が来るなんて」
「運命なんて信じて無かった。でも」
「キリト、僕はずっと待っていたんだ。この森で6年間、君がやって来てくれるのを」(ユージオ)

 

「待ってる。だから、絶対に3人で帰って来なさいよ!」(セルカ)

 

5話 オーシャン・タートル

「アルブヘイムで、ママを捜していた時のパパは、ただの一度も諦めたりしませんでしたよ」
「今度は、ママがパパを捜す番です」
「パパへとつながる糸は、絶対に残されています」
「例え何が相手でも、ママとパパの絆を断ち切ることなんて出来ないと、私は信じます!」(ユイ)

 

6話 アリシゼーション計画

「でも、あなた達はその話をキリト君には一切していない」
「もし話してれば、彼があなた達に協力するはずがないわ」
「あなた達の話には、大切な視点が一つ欠け落ちてる」
「人工知能たちの権利!」(アスナ)

 

「だが、僕にとって10万の人工知能の命は、1人の自衛官の命より軽い」(菊岡)

 

7話 剣の学び舎

「いいや。キリトが1年間、一応は何も問題を起こさなかったのは奇跡なんだ」(ユージオ)

 

8話 剣士の矜持

「もはや、勝ち負けは問題では無いよ」
「お前の戦いぶりに、私は大切な、とても大切なものを学んだ」(リーナ)

 

「私は、私がセルルト流の後継者であることを、今、心の底から誇りに、そして嬉しく思っている。お前の指導生となれたこともな」(リーナ)

スポンサーリンク

9話 貴族の責務

「貴族でも剣士でも無い僕には、ルーリッドの森で何年もの間、斧を振り続けた経験と、キリトに教わった、アインクラッド流しかない」
「いや、本当はもう一つ!」(ユージオ)

 

「貴族。つまり、力ある者は、それを力なき者のために使わなくてはいけないという」
「そうだな、誇りと言ってもいい」
「その誇りは、どんな法律や規則よりも大切なものだ」(キリト)

 

「だから誰かが止めさせなきゃいけないし。この場合、その誰かというのは」(キリト)
「ああ。僕らの役目だね!」(ユージオ)

 

「僕が統一大会を目指しているのは、整合騎士になって、アリスともう一度会う」
「ただ、そのため!」(ユージオ)

 

10話 禁忌目録

「友達のために、勇気を振り絞って行動を起こしたティーゼとロニエに、これだけの残酷な罰を与える法を」
その彼女たちを罠に掛け、辱めようとしているライオスとウンベールを止められない法を、そんな法を守ることが善だと言うのなら、僕は……僕は!!!」(ユージオ)

 

「禁忌だの貴族の権利など知ったことか」
「ユージオは俺の親友だ。そしてお前は、闇の国のゴブリンにも劣るクズ野郎だ!」(キリト)

 

「お前は人間だ、ユージオ。俺と同じ、いくつも間違いを犯しては、その意味を探してあがき続ける、人間なんだ!」(キリト)

 

11話 セントラル・カセドラル

「そなたらを禁忌条項抵触のとがにより、捕縛・連行し、審問の後、処刑します」(アリス)

 

「僕はもう決めたんだ。アリスと一緒にルーリッドの村に帰るためなら、公理教会にも背く」
「必要なら何度でも剣を抜いて戦うって」(ユージオ)

 

13話 支配者と調停者

「真の神たるラースは、この世界の人間たちの幸せな営みなど、望んではおらぬのだ」
「むしろその逆。民たちを巨大な万力でゆっくりと締め上げて、その負荷にどのように抗うのか観察しておる」(カーディナル)

 

「そうかもしれない」
「しかしワシは、ワシは世界の終末を仕組んだラースを、そんな神を断じて認めぬ」
「故にワシは、唯一の結論に至ったのだ」(カーディナル)

 

「やっと、報われた。私の200年は、間違いじゃ無かった」(カーディナル)

 

「お主にも、いつかは諦めることの苦さを知る時が来る」
「力つくして及ばぬことでは無く、及ばぬであろうという推測を、受け入れなくてはならぬ時が」(カーディナル)

 

14話 紅蓮の騎士

「たった……たった11歳の女の子を鎖で縛り上げて、飛竜にぶら下げて連れ去った奴が」
「今さらそんな口を聞くなぁぁぁーーー!!!」(ユージオ)

 

15話 烈日の騎士

「くっだらな~い!」
「戦いに名誉とか格式とか持ち込むから、一騎当千の整合騎士様が二度も負けるんだよ~だ!」(フィゼル)

 

「お前たちは殺さない。その代りによく見ておけ」
「お前たちがバカにしている整合騎士が、どれだけ強いかをな!」(キリト)

 

「見たな、貴様! 貴様も、そんな顔をするのか、あの男のように!」
「教会に弓引く大逆のとである貴様すら、私が女だと知った途端、本気では戦えないというわけか!」(ファナティオ)

 

16話 金木犀の騎士

「分かってる。でもこれを使えば助けられる」
「助ける手段があるのに、それを使わないなんて、俺には出来ない」(キリト)

 

「なかなかの座興でしたが、たかが氷で、私の花を止められるはずもありません」
「お前とは次に戦ってあげますから、そこで大人しく待っていなさい」(アリス)

スポンサーリンク

17話 休戦協定

「無理です、っと言ったのです」
「そういう意味ではありません。このような状況に陥ったのは初めての経験ゆえ」
「恥をさらすようですが、こうしてぶら下がっているだけで精一杯なのです」(アリス)

 

「お前、私を何だと思っているのです!」(アリス)

 

「私を気取った上級貴族などと一緒にしないで下さい」
「もちろん、見た、ことが……」(アリス)

 

18話 伝説の英雄

「安心しな。俺に師匠はいねえよ」(ベルクーリ)

 

「いいえ。相棒が教えてくれたんです」
「戦場に存在するあらゆるものが、武器とも罠ともなりゆるって」(ユージオ)

 

「僕はあなた達のそういう所が許せないんだ」
「自分が何者なのかも忘れ、剣を捧げた公理教会の真の姿も知らずに、自分たちだけが正義の、法の守護者だという顔をする」
「あなたは最高司祭が天界から召喚した神の騎士なんかじゃない。母親から生まれて、ベルクーリっていう名前を与えられた、僕と同じ人間なんだ!」(ユージオ)

 

19話 右目の封印

「今さら何を言うのです!」
「私は……知りたい、全てを!」(アリス)

 

「会えますか?」
「もし、お前に協力し、封印された私の記憶を取り戻せたなら、私はもう一度セルカに、妹に会えるのですか?」(アリス)

 

「セルカ……セルカ……」
「思い出せない、顔も声も。でも、この名前を呼ぶのは初めてじゃ無い」
「私の口が、喉が、心が覚えている」
「何度も呼んだ。毎日、毎晩、セルカ……セルカ……」(アリス)

 

「盗んだものは返さなくてはなりませんね」
「それがセルカの、両親の、お前の友人の、そしてお前自身の望みでもあるのでしょうから」(アリス)

 

「私の心は決まりました」
「人界と、そこに暮らす人々を守るため、私アリス・シンセシス・サーティは、たった今より整合騎士の使命を捨て……」(アリス)

 

「私から家族を、妹の思い出を奪い、その上このような封印すら施して、服従を強要する」
「なんで……私は人形では無い!!!」
「確かに私は、作られた存在かもしれない。でも私にも意思はあるのです!」
「私はこの世界を、世界に暮らす人々を守りたい!」
「それが私の果たすべき、唯一の使命です!」(アリス)

 

「最高司祭アドミニストレータ、そして名を持たぬ神よ」
「私は、私の為すべきことを為すために、あなたと、戦います!!!」(アリス)

 

「愛っていうのは、そういうものなのかな?」
「お金と同じように、価値であがなう、それだけのものなのかな?」(ユージオ)

 

20話 シンセサイズ

「それに、もう少し感じていたいのです」
「公理教会と戦うことを決意した証である、この痛みを」(アリス)

 

「元老長チュデルキンを吊し上げて術を解除させるか、あるいは切り捨てれば、それで済むことです」(アリス)

 

「ユージオ。覚えて無いだろうけど、お前に剣技を教えたのは俺だ」
「師匠として、まだ弟子に負けてやる訳にはいかない!」(キリト)

 

22話 剣の巨人

「確かに、私は今、胸を引き裂かれるほどの苦しみと悲しみを感じています。けれど、私はこの痛みを、初めて感じるこの気持ちを消し去りたいとは思いません」
なぜなら、この痛みこそが、私が人形の騎士では無く、1人の人間であることを教えてくれるからです」
「最高司祭様、私はあなたの愛を望まない!」
「あなたに治してもらう必要はありません!」(アリス)

 

「それなら、あなた達、向こう側の人間はどうなのかしら?」
「自分たちの世界が、より上位の存在に創造されたものである可能性を常に意識し、世界がリセットされないように、上位者の気に入る方向へのみ進むよう努力しているの?」(アドミニストレータ)

 

23話 アドミニストレータ

「無力だ。僕はなんて、無力なんだろう。いや、きっと、僕にもまだ出来ることがある」
「無力を嘆く時間があるなら、戦う方法を探すんだ!」(ユージオ)

 

「常に勝ち続けなくてもいい」
「いつかは倒れ、破れるのだとしても。心を、意思を、誰かにつなげられればそれでいい」(カーディナル)

 

24話 ぼくの英雄

「それだけが、あらがうことだけが、俺が今ここにいる理由だからだ!」(キリト)

スポンサーリンク

ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld

1話 北の地にて

「綺麗だわ。カセドラルの壁に掛けられていた、どんな絵よりもずっと綺麗。あなたが守った世界よ、キリト」(アリス)

 

「キリト! 助けたのなら、その責任を取りなさい!」(アリス)

 

「いろいろと言いたいことのある奴もいるだろうが、今は民を守ることが先決だ。俺に力を貸してくれ」(ベルクーリ)

 

「私達は、いったい何のために、あれほどの苦しみに耐えて戦ったの?」
「ユージオが命を落とし、キリトは言葉と感情を失い、そこまでして守ったものは、いったい何だったの?」(アリス)

 

「教えて、キリト。どうすればいいの? 私は、どうすれば……」(アリス)

 

2話 襲撃

「家財と命と、どちらが大事なのですか!?」(アリス)

 

「これが私に与えられた本当の罰、本当の責務なの」(アリス)

 

「これから私は、私自身が求めるもののために戦う。妹と父母を守るため。そして、キリトとユージオが守ろうとした、人界の人々を守るため、戦う」
「我、人界の騎士アリス。私がここにいる限り、お前たちが求める血と殺戮は、けして得られない!」(アリス)

 

「選びなさい! 前に進んで血の海に伏すか、後ろに下がって闇の国まで逃げ帰るか」(アリス)

 

「いつか、全ての役目を果たしたら、ただのアリス・ツーベルクとして、ここに戻ってくるわ。その時こそ、ちゃんと言えると思うの。『お父様ただいま』って」(アリス)

 

「いつか必ず、この村に戻ってくる。たとえ戦場で倒れようとも、心だけは必ず!」(アリス)

 

3話 最終負荷実験

「向こうで、キリト君に言ってあげたいんです。頑張ったねって。悲しいこと、つらいことがいっぱいあっただろうけど、君は出来る限りのことをしたんだよって」(アスナ)

 

5話 開戦前夜

「当然です。守ると誓ったのですから」(アリス)

 

「あなたは、私のことをどう思っているの。私はいったい、キリトのことをどう思っているんだろう」(アリス)

 

「体は心の入れ物すぎません。心、魂だけが、唯一確かにするものです。そして魂の有り様を決めるのは、自分自身なのです。出来るはず……かつてキリトが見せてくれたように」
「あなた達にもあるわ。あなた達だけの、広くて長くて、真っ直ぐな道が」(アリス)

 

「生き抜きなさい! 生きて平和の訪れを見届け、そして、取り戻しなさい。そなたの真なる人生と、愛するものを」(アリス)

 

9話 剣と拳

「記憶改変、天命凍結を施さなくては整合騎士にはなれない、何てことは無いと思いますわ、おじさま。たとえ私達が、ことごとく倒れようとも、魂は、意思は必ず次の誰かに受け継がれると、私はそう信じます」(アリス)

 

10話 創世神ステイシア

「もちろんです!」(アスナ)
(アンダーワールドに入る前にキリトのことを頼むと言われ笑顔で答える)

 

「私は……私はただ、その人に、キリト君に会いに来ただけなの」(アスナ)

 

「私の名前はアスナ、あなた達と同じ人間よ。キリト君と同じように、外の世界から来たの。同じ目的を、果たすために!」(アスナ)

 

「大丈夫、もう大丈夫だからね、キリト君。後は私に任せて」(アスナ)

 

「なぜって……キリト君は私のだからよ!」(アスナ)
(キリトに近づいたため激昂するアリスだが、アスナも同じく反発する)

 

「言っておきますが、今後私の許可なく、その馬車には立ち入らないように。キリトの安全を確保するのは、私の責務ですから」(アリス)
「あなたこそ、私のキリト君を呼び捨てにするの、止めなさいよね」(アスナ)

 

「なぜなら私はアリスさんに、自分の目でリアルワールドを見て判断して欲しいのです」(アスナ)
(アリスの存在意義を話し、リアルワールドを実際に見て欲しいことを伝える)

 

11話 非情の選択

「異界人のアスナ嬢ちゃんはともかく、俺達が暗黒界軍に情を掛けてる場合じゃねえ。この機は生かさねばならん」(ベルクーリ)

 

「うん、そうだよね。つながってるんだ、全部。時間も、人も心も、大きな川みたいに」(リズベット)

 

「だけどあたしは知ってる! あたしは信じてる! 現実は、ここにあるって!」(リズベット)

 

12話 一筋の光

「だとしても、ただ闇雲に血を求め、剣を振り回すような連中ならば、何万いようと恐れるにたりません」(アリス)

 

「連射できない、上等じゃない。単発の武器の方がしっくりくるってものだわ」(シノン)

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
ソードアート・オンライン アリシゼーション 1 [Blu-ray]
ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld 1 [Blu-ray]

 

→ソードアート・オンライン
→ガンゲイル・オンライン
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました