「ぼっち・ざ・ろっく!」後藤ひとり(ぼっち)の名言・台詞まとめ

アニメ「ぼっち・ざ・ろっく!」後藤ひとり(ぼっち)の名言・台詞をまとめていきます。

ぼっち・ざ・ろっく!

1話

「私なんかが、あの指に止まっていいのかな?」
「そう悩んでるうちに乗り遅れて、気づいたらひとりぼっちな子」

 

「部活も入らず、放課後は即帰宅」
「スマホに届くのは、親からのメッセージか、クーポンのお知らせだけ」

「それが私。後藤ひとり、中学1年生」
「たま~に思う、このままでいいんだろうかって?」

「でも私、話す前に”あっ”って言っちゃうし、目ぇ合わすのも苦手だし、”THE 陰キャ”のような日々が身の丈に合って…」

 

「バンド組んだら、私みたいな人間でも、もしかしたら輝ける?」

 

「決めた。ギター上手くなる! で学校でバンド組んで…」
「それで文化祭でライブして、みんなからちやほやされるんだ!」

 

「人様の前で演奏できるように毎日6時間練習を続けた結果…」
「いつの間にか中学終わってた!」
「ライブ出れなかった、文化祭! 集められなかった、バンドメンバー!」
「そもそも友達1人も出来なかった、3年間!」

「高校こそは…高校になったら絶対バンドやるんだぁ!」
「と決意した高校生活も始まって早1ヶ月、心の拠り所はギターだけ」
「ひきこもり一歩手前です…」
「作詞作曲・私、”押し入れより愛を込めて”」

 

「そうだよ、現実がつらくても大丈夫」
「ネットには私に反応してくれる人がたくさんいるもん」
「ここには私と同じ根暗コミュ症があふれて…」

 

「か…かっこいい! 一気にバンド女子だ。ただ者じゃない感が半端ない。存在感すごい!」

 

「深夜テンションのまま暴走し過ぎた?」
「こんなに分かりやすいほどバンド少女感出してるのに…」

「あっ、あえて話しかけてこないという可能性は…ないないない、精神崩壊する!」
「い…今笑われようものなら精神崩壊どころか消滅してしまう!」

 

「あ…登録者数3万超えてる」
「うん、そうだよ。私の居場所はネットだけ。もう学校行きたくないな…」

 

「(下北?) こんな個性みなぎるおしゃれタウンに来れるわけない」

 

「私がライブハウスで演奏…」
「ダメダメ、今弱きになっちゃ。思い出せ、妄想で毎日した文化祭ライブを!」

 

「現実は怖い。でも、これから楽しいことがたくさん待っている気がする」

 

「ロック免罪符すぎる!」

 

「こんな優しい人がずっと(配信)見ていてくれて、私なんかに声をかけてくれた」
「こんな奇跡、多分一生起こらない! 絶対無駄にしちゃダメだ!」

 

「頭では分かってる、でもやっぱり怖い。お客さんの目線も耐えられるわけが…」

 

「次って…」
「私、次もいていいんだ」

 

「次のライブまでにはクラスメイトに挨拶できるくらいにはなっておきます!」

 

「絶対コミュ症治して、ギターヒーローの私としての力を発揮するんだ」
「虹夏ちゃん、リョウさん、結束バンドのために!」

 

2話

「前は虹夏ちゃんと一緒だったから(ライブハウス)入れたけど…誰か入らないかな…」
「誰かと一緒に入りたい」

 

「5分…後5分たったら絶対入ろう。いや、10分…15分。15分たったら絶対」

 

「あっ、いや県外で片道2時間です」
「高校は誰も自分の過去を知らない所に行きたくて…」

 

「えっ、トクン…リョウさんは、私と同類なんだ」
「いや違う。リョウさんは”1人でいるのが好きな人”だ!」

「コミュ症は1人で服屋入れないし」
「”ぼっち”と”1人好き”の間には、決して埋めることの出来ない深く大きな溝が!」
「危うくトラップに引っかかるところだった」

 

「(好きな歌は)青春コンプレックスを刺激する歌以外なら、なんでも」

 

「けど、好きなバンドが学生時代から人気者なんて知ったら、急に遠い存在に思えちゃたりして」

 

「ロックは負け犬が歌うから心に響くのであって、成功者が歌えばそれはもうロックとは言わない」

 

「逃げたギターの子…私と同じコミュ症だったのかな?」
「いや違う! 真のコミュ症は逃げることも出来ない!」

 

「(歌詞を私が?) 小中9年間、休み時間を図書室で過ごし続けたのは、このための布石?」

 

「バイト!」
「絶対嫌だ。働きたくない、怖い。社会が怖い!」

 

「(ここでバイト?) 働きたくない! 働きたくない!」
「断れ、自分。断れ、断るんだぁーー!!」
「がんばりましゅ」

 

「ごめんね、自分。断る勇気があるならコミュ症してない」

 

「で、そのバイト初日が明日に迫っていると」
「もう30分は(氷水風呂に)浸かってるし、絶対に風邪ひいたよね?」
「すみません、すみません。バイト以外は頑張りますので」

 

「う…(平熱) 丈夫な体が憎い」

 

「バイトをバックレようとしている私に、こんな温かい言葉を!」

 

「自分がいかに愚かなことをしていたか気づきました」
「気づかせてくれて、私を真っ当な人間にしてくれて本当にありがとうございます」

 

「すみません。暗くて狭い所で一息つきたくて」

 

「お…覚えられない。早い!」
「う…歌にして体に覚え込ませるしかない!」

 

「結局、何も成長などしていなかった」

 

「わ…私みたいなミジンコ以下に、どうしてそんな優しくしてくれるんですか?」

 

「会場が一体になって、お客さんも演者も楽しそう。それに比べて私のライブは…」
「お客さんは2000円も払って見に来てるんだよね」

「そんな人達に今の私のままじゃ、次もグダグダなライブをするんだろうな」
「少しずつでも変わる努力をして、一緒に楽しくしたい」

 

「あっ、(接客)がんばりました」
「一歩。一歩…一歩? 千歩ぐらい進んだつもりだったんだけど!」

3話

「憂鬱な月曜日がやってきた」

 

「学校行くのは嫌だけど、私みたいな人間は1日行かなかっただけで、クラスのみんなから存在を忘れられてしまうんだよ」

 

「バンドの話、あっ!」
「いつも話しかけてもらう前提だったから、話の振り方が…」
「忘れました」

 

「これでよかったんだ。もしちゃんと話せてたら今頃…」
「うん、絶対こうなってた。もう調子に乗るのはやめろう。つつましく生きよう」

 

「えっ、かわいい! 絶対いい子だ!」
「かわいくて運動が出来て人望もあって、その上ギターまで弾けるなんて…」
「そんな子を私が勧誘できるの?」

「というかアイデンティティが…私のアイデンティティが崩壊する!」

 

「1日で2つも黒歴史を更新してしまった」
「聴いて下さい。新曲”ダブル黒歴史ぼっち弾き語りバージョン”」

 

「た…たくさん褒めてくれる! (喜多さん)いい人!」

 

「(ゴミ箱で)ア…アイデンティティの喪失中です」
「では聴いて下さい。”その日入った新人より使えないダメバイトのエレジー”」

 

「名誉挽回のチャンス!」
「あっ、むり~! 見られてると緊張する~」

 

「イキってすみません」

 

「グッバイ親近感。調子乗ってすみません」

 

4話

「目が!」
「爽やか向上心パワーまぶしすぎる!」

 

「な…何も思いつかない」
「歌詞は1行も書けてないのにサインは完成してしまった」

 

「昨日も現実逃避して動画5時間も編集してしまったし」

 

「って違う! これは明るい人じゃなくて、ただのパリピだ!」

 

「青春ソングはやめだ、応援ソングにしよう」
「本当は無責任に現状を肯定する歌詞は、あまり好きじゃないんだけど」

 

「薄っぺらい…こんな歌落ち込んでる時に聞いたら、更に追い詰められるぅ!」

 

「下北の街中で写真撮るなんて、陰キャにはハードル高すぎる!」

 

「友達と写真なんて一度も撮ったことない。だって友達いなかったから」

 

「現代の女子高生で私みたいな人、他にいるのかな?」
「ツチノコと肩を並べるくらいの希少種なのでは?」
「私が…私が下北沢のツチノコです」

 

「私がアカウントなんて持ったら…」
「ただでさえ根暗なのにバンドやって人気者になろうとしているこじらせ人間なのに…」
「そんな私がそんなもの始めてしまったら…」
「生まれてしまう! 承認欲求モンスター!」

 

「私には動画サイトだけあればいい…」

 

「ジャ…ジャンプとか記憶にないくらいしてない!」

 

「時間が経てば経つほど、歌詞のハードルが上がっていく気がする」

 

「け…けどそうすると、根暗でどんよりな歌詞が…」

5話

「ギ、ギギギ…ギターを担保にすれば借りれるはずなので」
「バババ…バイト増やすのだけは、海とか遊園地だけは、どうか何とぞぉ!」

 

「せ…精一杯、服従心を表現しようと」

 

「さ…作詞してまたちょっと調子乗ってすみません」

 

「(喜多ちゃん)いい方に解釈してくれた。優しい!」

 

「あっ、あ…私、女遊び無理です。私と遊んでくれる女の人がいません」

 

「ここ最近、本当に激動だった。バイトを始めた。人の目がたまに見れるようになった」
「でも…それはバンドとしての成長ではない気がする」

「ただミジンコやミドリムシから、人間としてのスタートラインにやっと立っただけ」
「せっかく夢だったバンドをやれてるのに、成長した気になってただけで、私は…」

 

「ち…ちやほやされたくて(バンド)始めたって正直に言うべきだろうか?」

 

「私が今、バンドやってる理由。ひと晚考えたけど…」
「今も、人気になってちやほやされたいっていうのは変わりない」
「でもそれは…私だけじゃない! この4人でだ!」

 

「結局成長って何か、分からなかった」
「でも今私は、この4人でちやほやされて、バンドをし続けたい」

「虹夏ちゃんの本当の夢も叶えてあげたい」
「だから、こんなオーディションなんかで落ちるわけにはいかない」
「このまま、バンド終わらせたくない!」

 

「す…すみません。慣れないことしたから、胃酸が大量に…」

 

「(ちゃんと見てる?) 完全に目を付けられてる!」

 

「そ…そうだ! 終わってなんてない」
「むしろ、俺達”結束バンド”の冒険はこれからだ!」

 

「(チケット)ノルマ5枚…ノルマ5枚ぃぃぃ!!」

 

6話

「(ふたり) お、お…お姉ちゃん、話さないだけで学校に(友達)た~くさんいるんだよ」
「冗談でもそんなこと言っちゃダメだよ。人の痛みが分かる子になりなさい」

 

「あの時、見栄なんか張るんじゃなかった」
「どうしよう…誰かに3枚売らないと」

 

「地元で配ろうと思って、バンドの宣伝フライヤー作ってみたけど…」
「よく考えたら、コミュ症だからビラ配るとか無理だった」

 

「ああ…打つ手がなさすぎてどうしよう?」
「怖くてここから動けない」

 

「ヤバい人を助けてしまったかも」

 

「うん、絶対ヤバい人だ」
「本気なのかボケなのか分からないけど…3秒後にダッシュで逃げよう!」

 

「この人、楽器やる人?」
「こここ…怖い。大人のバンドマンと話すの初めてだ」
「な…なんか分からないけど、怒られる?」

 

「へ…下手なこと言う前に消えよう」
「あっ、いや、こここ…これ買ったはいいけど1日で挫折して、今から質屋さんに売りに行くとこだったんです」

「もっとふさわしい人にこのギターを使ってもらって、大空へ羽ばたいてほしくて」
「わ…私は全然弾けません。すみません!」
「あ~、何円で売れるかな? 今日は焼肉だぁ!」

 

「あっ、いや…ごめんなさい。今の話、全部嘘です」

 

「じょ…状況が謎すぎて、つらい」

 

「どんなだろう? お酒に溺れる私…」
「お母さん最近ついにハロワ行けって言わなくなったな」
「きっと孫のお世話で忙しいんだな。ふたりがママだもんな」
「もう。このままじゃダメなの分かるけど…もう人生頑張れないや」

「あっ(写真)…高校のころバンド組んでたの、懐かしいなあ。なんだかんだあの頃の私ってキラキラしてたんだなあ」

「みんな、今頃何してるんだろ?」
「でも、顔合わせても何を話せばいいのか…」
「ひゃあぁぁぁーーー!!!」

 

「ど…どうしよう。(路上ライブ)どんどん話が進んでいく」

 

「(目つむって弾く?) それならいけるかも。いつも手元の見えない暗闇でずっと弾いてたし」
「うん、大丈夫」

 

「あっ、この人…即興なのに音に全く迷いがない」
「すごく自信に満ちた演奏。私の演奏を確実に支えてくれてるんだ」
「音だけで分かる、楽しんでるって」

「それに比べて、私は…お客さんに笑われてないかな?」
「顔上げるのも怖い…」

 

「(頑張れ?) そうか…初めから敵なんかいない。私が勝手に…」

 

「みんな、笑顔…」
「これから、たくさんライブしたら…もっとこんな顔が見れるのかな?」
「見れたら…いいな」

 

「よ…よかったぁ。バレてない、片目しか開けてなかったの」
「ごめんなさい。そんなすぐに全部変えるのは無理です」

 

「不思議な人だったな」
「やっぱバンドマンって…かっこいい!」

 

7話

「喜多さんの優しさがスベった心にしみる」

 

「(おみやげ) うわぁ、紙袋から、お…おしゃれな何かがあふれ出てる!」

 

「む…麦茶でよかったのかな? もっとおしゃれな飲み物の方が…」

 

「こ…これは…」
「すっ、すす…すっかり打ち解けて、わわ…私の入る隙がない」

 

「5歳児と犬以下のコミュ力…」

 

「い…妹いたら、は…はっちゃけられないので!」

 

「(ふたり) お願いします。ジミヘンと遊んでいて下さい!」
「(小声) 冷凍庫のアイス食べていいから」

 

「体育祭…それは、陰キャのトラウマ学校イベント第1位(日本陰キャ協会調べ)」
「運動の出来ない者は煙たがられ、存在価値を奪われる忌まわしき祭典!」

「授業内だけでなく放課後も、横断幕制作や応援練習に駆り出される強制労働!」
「約1ヶ月。体育祭のためだけに生きることを強いられる拷問行為!」

 

「体育祭…このイベントの真に怖いところは!」
「結局陰キャが何をしても邪魔な存在であり、隅の方でじっとしていても非協力的と罵られるところである!」

 

「いつまでも体育祭を引きずってるところが、更に自分が陰キャなのを自覚させつらくなる」

 

「自分の家に友達がいるのって、なんだか不思議だな」

 

「あれ? なんだろ?」
「いつの間にか戻りにくい空気になってる」

 

「青春胸キュン映画…」
「それは陰キャトラウマ映画ジャンル第1位(日本陰キャ協会調べ)」

 

「私がネガティブだから、良くない方向に考えちゃうけど…」
「大丈夫…だよね」

 

8話

「うへっ、へへへ、ファン…」
「私のファン~!」

 

「完熟マンゴー(ダンボール)かぶりたい!」
「っていうか、今すぐこの場から消え去りたい~!」

 

「みんな、いつもと全然違う…」

 

「私達、演奏も曲もまだまだだ」
「けど……このままじゃ嫌だ!」

 

「僕はもう疲れたよ…」

 

「喜多さん。また意味不明なおしゃれそうなことを言っている」
「喜多さんって、スタパとか普通に入れちゃうんだろうな」
「む…難しい注文とかもサラッとしちゃって…」

 

「きょ…今日の私は違うんだ。私も何かおしゃれなチョイスを!」
「あっ、じゃあ、マッ…マチュピチュ遺跡のミシシッピ川グランドキャニオンサンディエゴ盛り合わせで」

「あっ、間違えました。フライドポテトです」

 

「初めて来たけど、居酒屋って少し楽しいかも」
「大人になってお酒飲めるようになったら、もっと楽しいのかな」

 

「人生とはどこまでも地獄なのか」
「高校在学中にデビュー出来なかったら、私も一旦は就職しなきゃいけないんだよね」

 

「大学行けるほど頭良くないし」
「私の場合、なんのために行くのかも分からないし…」

 

「手に取るように分かる! 負の人生ゲーム!」

 

「何も聞こえない、何も知らない…」
「夏休みは終わらない、私は学生なんかじゃない…」

 

「(ギターヒーローを)ごまかすのは無理か…」
「あっ、えっと…そうです。で…でもわざと隠してたんじゃなくて」
「い…今の私なんて、まだ全然ヒーローなんかじゃないし、この性格を直してから話したかったんです」

「と…特に、虹夏ちゃんには」

 

「私は…ギタリストとして、みんなの大切な”結束バンド”を最高のバンドにしたいです!」
「あっ、ああ…それで全員で人気バンドになって、う…売れて学校中退したい」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
ぼっち・ざ・ろっく! 1-4巻セット (コミック)

 

→ぼっち・ざ・ろっく!のインデックス

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました