「平家物語」びわ&平徳子の名言・台詞まとめ

アニメ「平家物語」びわ(黒色)&平徳子(青色)の名言・台詞をまとめていきます。

平家物語

1話

「教えてやりにきた。お前達は、じき滅びる」

 

「おっとうは……おっとうは何も悪いこと……何も、してない……」
「なんだよ、殺せよ? おっとう……おっとうみたいに……おっとうみたいに殺せ!?」

 

「嫌だ、先は見ぬ。おっとうが見るなと言った。見てはならぬと……」

 

「その(男の格好の)ほうがいいかもしれないわ。女なんて……」

 

2話

「おい入道!」
「お前みたいにギラギラした奴に、闇の恐ろしさが分かるものかい!?」
「覚えておけ! 一寸先は闇ってな!」

 

「まあ、父上は私達を自分の駒としか思っていないのよ。私達だけではないけれど……」

 

「先……わしは、先が恐ろしい」

 

「『いつか』というのはいい言葉だの。明日、あさって……先のことが少し楽しみになるの」

 

3話

「むしろね、子供なんて出来ない方がいいのかもしれないわ。生まれたらかわいいでしょうよ。でも……いろいろとつらい思いをさせてしまうことになるかも」

 

「帝は、いろいろと窮屈な思いをしておられるのよ。心が慰められる場所があるのは、いいことだわ」

 

4話

「(先は)見とうない。見ても何も出来ぬのなら、何も見とうない」

 

5話

「でも、上皇様はきっと私より、他の方とお過ごしになる方が心が休まるのね。清盛の……平家の娘といるよりも……」

 

「でも私は許すの。父上も、上皇様も法皇様もみんな。許すだなんて偉そうね。でも、どちらかがそう思わねば……憎しみ、争うしかない」

「でも、私は世界が苦しいだけじゃないって思いたい。だから私は許して、許して……許すの」

 

7話

「いいえ」
「わたくしをまだ父上の野心の道具になさいますか?」
「しかも、まだ上皇様がご存命のうちにそのようなお話をなさるなど……わたくしは、心より上皇様にお仕えしてまいりました」

「どのようなことがあろうとも、上皇様より他にお仕えする気はございませぬ」
「もし、無理にでもとおっしゃるのなら……」
「出家いたします」

 

「初めて父上に逆らったわ」
「大丈夫、私……この子を守って生きていくわ」

 

「ただ一度だけど優しい言葉を頂いた」
「愛情ではないのだと、あの時は素直に受け取れなかった……でも、私が上皇様のおそばにいたことは無駄ではなかったのよね」

 

「どうすればよいのかの……知っている者も知らぬ者も、皆亡くなっていく。これからもきっと……びわに、何か出来ることはあるのかの?」

 

「望まぬ運命が不幸とは限りませぬ」
「望みすぎて不幸になった者達を多く見てまいりました。得たものの代わりに何を失ったかも分からず、ずっと欲に振り回され……」

「わたくしは、泥の中でも咲く花になりとうございます」

 

8話

「いいえ。帝がいらっしゃる所が都よ」

 

9話

「いいえ、帝はお一人です」

 

「また……まただ」
「びわは……びわには何も出来ない」
「見える……見えるだけで……びわには、何も!」

 

「どうか安らかに、どうか静かに、何も出来なくとも……祈る」

 

「平家の行く末を見届けようと思う。見届けて、祈りを込めて琵琶を弾く。びわにも出来ることが見つかった」

 

「そなたらのこと、必ずや語り継ごうぞ」

 

10話

「法皇様も父上と同じ。自分を脅かした者をそうそう許す方ではないわ」
「守ります。帝だけは……帝だけは絶対に守ります」

 

「維盛、そなたのことも語ろうぞ」
「びわはそなたのことをようよう知っておる。大切にしたい」

 

「見届けようと思うた。資盛の……平家の先を」
「語り継ぎたい」

 

11話

「徳子、まだじゃ! 徳子のこの先は、まだ続いておる!」
「この目には、先が見える。徳子は皆のために、この先を生きていく」

 

「そのよう(不自由でわびしい)に思うたこともございます。ですが、来世の往生のためにはこれも喜ばしいことなのだと、今ではそう思うております」

「平清盛の娘として生まれ、帝の妃となり、その御子を産み、飢えることも凍えることも知らず、美しく移りゆく季節を楽しみ、その栄華の中に身を置いておりましたことはまるで、天上界の幸福であるかのように思われました」

「都を落ち、一門は戦に明け暮れ、海の上では水を飲むことすら出来ず……」
「生者必滅……我が子の命が消えていくのさえ、この目で……」

「人の世にある苦しみは、全て自分のこととして思い知らされました。一つとして分からぬ苦しみはございませぬ」

 

「(苦しみには)祈りを……わたくしにもまだ、忘れられぬ思いがございます。ですのでただ……ただこうして皆を、愛する者を思い、そのご冥福を祈っているのでございます」

「ただそれが、私に出来ること」
「そう教えてくれたその人もまた、平家のために祈り、人々に語り継いでくれております」
「その中で我らの一門は生き続けましょう」

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
平家物語 (原作小説、Kindle)

 

→平家物語
→平家物語(平清盛&重盛)

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました