「鬼滅の刃(2期)」の名言・台詞まとめ

アニメ「鬼滅の刃(2期) 無限列車編」の名言・台詞をまとめていきます。

鬼滅の刃 無限列車編

1話

「そういうことか、切り裂き魔。不愉快な奴だ」(煉獄杏寿郎)

 

「心配するな。君は必ず俺が助ける」(煉獄)

 

「なるほど、お前の速さは分かった。しかし過信しないことだ。昨夜は俺達が来たために逃げたのかと思ったが、どうやらお前は感知することも出来ていなかった様子」

「逃げ足だけは、確かに速いようだな!」(煉獄)

 

「そうはさせん! 癒やし難き心の傷も、我々が長い時間をかけて、手当していく!」(煉獄)

 

「試すには及ばない。お前は……遅い!」
「炎の呼吸、壱ノ型、不知火」(煉獄)

 

「いや、それでいいんだ! 鬼を知らず、遭遇もせず、それで天寿を全うできるなら、それが一番だ!」(煉獄)

 

2話

「うむ、あの時の鬼だな。お館様がお認めになったこと、今は何も言うまい」(煉獄)

 

「罪なき人に牙を抜こうものなら、この煉獄の赤き炎刀が、お前を骨まで焼き尽くす!」(煉獄)

 

「夢を見ながら死ねるなんて、幸せだよね」(魘夢)

 

「人間の心なんてみんな同じ。ガラス細工みたいに、もろくて弱いんだから」(魘夢)

 

3話

「正直に言う。父上は、喜んでくれなかった。どうでもいいとのことだ。しかし、そんなことで俺の情熱は無くならない。心の炎が消えることは無い。俺は決してくじけない」(煉獄)

 

「本当なら、ずっとこうして暮らせていたはずなんだ、ここで……」
「でも、もう俺は失った……戻ることは出来ない」(竈門炭治郎)

 

「もう、一緒にはいられないんだよ。だけど、いつだって兄ちゃんはお前のことを思っているから。みんなのこと、思っているから」

「たくさん、ありがとうと思うよ。たくさん、ごめんと思うよ。忘れることなんて無い、どんな時も、心はそばにいる。だから、どうか許してくれ」(炭治郎)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
鬼滅の刃 全23巻セット (コミック)

 

→鬼滅の刃
→鬼滅の刃(竈門炭治郎)
→鬼滅の刃(我妻善逸)
→鬼滅の刃(嘴平伊之助)
→鬼滅の刃(冨岡義勇)
→鬼滅の刃(鱗滝左近次)
→鬼滅の刃(胡蝶しのぶ)
→鬼滅の刃(栗花落カナヲ)
→鬼滅の刃(鬼舞辻無惨)
→鬼滅の刃(甘露寺蜜璃)
→鬼滅の刃(不死川実弥&伊黒小芭内)
→鬼滅の刃(煉獄杏寿郎&時透無一郎)
→鬼滅の刃(宇髄天元&悲鳴嶼行冥)
→鬼滅の刃(錆兎&真菰)
→鬼滅の刃(胡蝶カナエ&神崎アオイ)
→鬼滅の刃(珠世)
→鬼滅の刃(愈史郎)
→鬼滅の刃(産屋敷耀哉、お館様)
→鬼滅の刃(累)
→鬼滅の刃(朱紗丸&矢琶羽)

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

01_アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました