アニメ「アズールレーン」の名言まとめました

アニメ「アズールレーン」の名言をまとめていきます。

アズールレーン

1話 【起動】海を駆ける少女たち

「戦い……そう、戦いは、いつの世も変わることはない」

物語の冒頭、エンタープライズのつぶやき。
こういう感じの始まりは個人的に好きです。

「戦いはいつの世も変わらないと言うことだ。だからこそ、私たちは生まれて来たのだ」

以前は味方だったが、レッドアクシズとして敵対する「重桜」と「鉄血」
無駄な争いと話すイラストリアスに、プリンス・オブ・ウェールズはつぶやく。

「戦いの本質は何だと思う?」
「戦いとは傷つけること、戦いとは傷つくこと、戦いとは痛みを交換することよ」

アズールレーンの基地攻撃を前に加賀に話しかける赤城。
それは戦いを楽しんでるかのような感じだった。

「加賀には、姉様の言うことがよく分かりません」
「私はただ、討ち滅ぼすだけ」

姉である赤城の言葉を理解できない加賀。
戦いに勝利する目的だけを重視する。

「どうだ! 人類がお前たちセイレーンに対抗するため、生み出した切り札!」
「それが、軍艦の力をこの身に宿した私たち……お前たちを倒す力だ!」

セイレーンに基地を攻撃されたため出撃する少女たち。
クリーブランドは敵を撃破しながら自分たちの力を叫ぶ。

「鬼神の力、味わうがいい」
「敵同士だから、当然なのです!」

基地内では普通に話しをしたが、戦場では敵として現れた綾波。
理由を問いかけるジャベリンに、綾波は当然として容赦なく攻撃を続けていく。

「私の体に傷を! この体は姉様の!」

圧倒的優勢に戦いを進めていたが、エンタープライズの出現により一撃を食らう加賀。
怒りをもって叫ぶが、赤城に撤退することを指示される。

「戦いの次に、また、戦い……」

敵は撃退したが、これからも戦いが続くことをつぶやくエンタープライズ。
その姿は傍から見ると痛々しいものだった。

2話 【激戦】鼓動の波、鋼鉄の翼

「戦闘は嫌いじゃないけど、好きじゃないです」
「私たちはKAN-SENです。戦うためにこそ、私たちは生まれてきたのですから」

再び出撃を命令される綾波だが、戦闘に対する微妙な気持ちを話す。
呼びに来ているZ23は割り切ったことを話すが、綾波には理解できなかった。

「でもラフィー、眠い時やる気でない」
「でもラフィー、友達いじめられたら許せないから、その時はちょっと本気だす」

エンタープライズに戦う理由をたずねるジャベリン。
その答えを聞く一緒にいたラフィーは、自分の戦う理由を話していく。

「通りすがりの、メイドでございます」

瑞鶴と戦うエンタープライズは押されながらも優勢に進めるが、最後に武器が壊れてしまう。
絶体絶命のピンチに陥った時、何とか間に合うベルファストが瑞鶴を食い止める。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
アズールレーン Vol.1 Blu-ray

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク