「Dr.STONE(ドクターストーン)」獅子王司の名言・台詞まとめ

アニメ「Dr.STONE(ドクターストーン)」獅子王司の名言・台詞をまとめていきます。

Dr.STONE

2話

「詳しい説明は、うん、ゆっくり聞くよ。ただ一つ約束する。君らにはもう、二度と危険ってやつは訪れない。これからは、この俺が戦うからだ」

 

「身を守るためとはいえ、俺がこの手で殺めたんだ。うん。全てを糧にすることで、自然の輪廻に感謝したい、それだけだよ」

 

「俺は武力、狩猟担当だね」
「俺が仲間になったからには、二度と獲物に不自由はさせない」

 

「千空、君は素晴らしい男だ。俺の復活直後もそうだ。とっさに冷静な情報伝達、君より切れる男を見たことがない。尊敬するよ、心から」

 

「千空。君は心の汚れた年寄り達まで、全員助けるつもりかい?」

 

「うん。彼等も最初はしおらしく感謝するだろうね」

「だが、文明が戻れば必ず老いた金持ちや権力者達が、そこは俺の土地だった、家賃を寄越せ、税を払えと、また貧しい若者から未来を奪い取るだろう」

「もうそんな世界に戻しちゃいけない」

 

「ここはストーンワールド、まだ何のけがれもない楽園だ。純粋な若者だけを復活させて、このまま誰のものでもない自然と共に生きていく」

「人類を浄化するチャンスなんだ。君もそう思わないか、千空?」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

3話

「殺してるっていうのは、うん、捉え方の問題だね。間引いているんだ、新しい世界のために」

 

「大樹、君の主張を整理すると。自分は手を出さず殴られ続ける、よって石像は壊すな、そういうことかい?」
「意味が分からない? 何の取引にもなってない?」

 

4話

「もし、科学の武器を作り、旧世代を蘇らせれば、既得権益を求めて争いだし、たちまち汚れた世界へと逆戻りだ。それを食い止めるためなら、俺が力で統べることも厭わない」

 

「君は自分を合理的というが、大切な友人がいる。俺には取り巻きは山程いるが、大切な人間などいない。だから千空、俺の勝ちだ」

 

「ありがとう、千空。これで、君を生かしておく理由が無くなってしまった」

 

「千空。もしも俺達が、3700年前に出会っていたら、この星が、ストーンワールドになる前に出会っていたら、初めての友達になれたのかもしれない」

 

6話

「科学も無い、純粋な原始の人類だ。いつでも統べられる、いつでも殺せる、攻撃する意味が無い」

 

10話

「この美しいストーンワールドに、旧世界の老いた権力者達はいらない。俺達で新しい世界を作ろうじゃないか」

 

「千空という男がもしまだ生きているのなら、探し出してもらいたい」
「千空は最初の復活者だ。ここで石化を解く薬を、科学の力で作りあげ、俺を復活させた男」

「そして、全人類、穢れた老人達まで復活させて、科学の武器を生む文明を発展させようとしていた、俺がこの手で殺めた、世界一きれる男だ」

19話

「やあ、氷月。ここは3700年後の世界。君のその腕が輝く、新世界だ」

 

「氷月、自然の恵みは豊かだ。暮らすには困らない。人が誕生する遥か昔から、世界はそこにある、誰のものでもなく。だが、君や俺が生まれた瞬間、旧世界はこう言った」

「この世界は、1平方センチメートルに至るまで、全てどこかの肥えた老人のものだと」

 

「持つ者が、持たざる若者を養分にする。人が人から奪い争うのが旧世界だ」

 

「千空さえ消せば、科学も消える。汚れた人類を浄化して、新世界へと踏み出すために。そのためなら俺は、この手をどれだけ汚すことも厭わない」

 

Dr.STONE(2期)

4話

「クロム、俺は科学文明全てを否定してる訳じゃないんだ。現にここでも、炎や道具を使っている。それだって立派な科学だよ」

「だが既得権益者たちが、全てを牛耳る旧世界が、どれだけ科学武器で汚れきっていたか、君は知らない。歯止めが必要なんだ」

「千空は、何者かの意思で浄化された、この美しい世界を、また汚そうとしている」

 

「落下時の死を眼前に、覚悟がまるで変わらなかった」
「これ以上責めても無意味だね。彼は飴でも鞭でも裏切らないよ」

 

5話

「石炭は簡単に手に入るんだ、質を問わなければね。うん、つまり火薬の次に警戒すべき科学は、蒸気機関の車両による突撃だ」

「遅かれ早かれたどり着くさ、千空ならね」

 

「千空は冷徹に見せて、その実、友を見捨てはしない。彼の致命的な弱点は、そこなんだ」

8話

「千空の目的は奇蹟の洞窟だ。陽たちのためにも、必ず阻止してして、理想の新世界を作りあげよう」

 

「やあ、千空」
「長い……長い戦いだった。あれから1年。悲しいな、君を二度もこの手にかけなくちゃならないのは」

 

「うん、紙一重だった。でもたった今、全ての勝負はついたんだ」

 

「最後に制するのは、自然が人類に与えた、純粋な力だ」

 

9話

「悪くは無い、殺したくは無い」

 

「長身の懐から、2人の連携技!?」

 

「受け止めても叩き落としても爆発する。広範囲の爆風はかわすのも無理だ。うん、確かに不可避だね。ただ、必ず皆が巻き込まれて、大勢の死者が出る」

「千空、君は人を見捨てられない。自らを犠牲にもしない」

 

「その状況をわざわざ狙って作り出した。つまり千空、君の目的は?」

 

「そのヨタ話を信じるに値する根拠は?」
「いや、十分だ。十分だよ」

 

「恐ろしい……うん、そうかもしれないね。みんなならどうしたかな?」

「もし自分が、まだ人のほとんどいないストーンワールドで目覚め、復活液の存在を知ったとしたら?」
「原始の世界で大人数は支えられない。復活液を永遠に作り出せる保証も無い。羽京、君なら誰を選ぶ?」

「つまり、命を選ばなくちゃいけない。とても恐ろしいことだ。神を演じる罪深い仕事だよ。ならその罪は俺が負う。新しい世界を作るチャンスにする、そう思った」

「目指すものは変わらないよ、今も、これからも。だから千空、今はあくまで停戦だ」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

10話

「(寝てたのは)6年……いや、数千年だよ、未来」

 

「俺はかつて理想のために、千空、君との約束を違えた。なのに君は、約束を果たしたんだ。今度は俺が果たす番だ、停戦の約束を」

 

「今度こそ、もう二度と危険ってやつは訪れない。これからは、この俺が戦うからだ!」

 

「氷月は心を折るために言っている。でも、戦況内容は事実だよ」
「2人で組んで戦おう、千空!」

 

「さあね、分からないな、俺にも。ただ、もしかすると、少しでも長く戦っていたい。そう思うほど、楽しかったのかもしれない。最後の今、この……束の間の共闘が」

 

11話

「決着はついた。科学王国が勝った今、俺がこの手にかけた石像達は、無意義な犠牲者になってしまう」

 

「もちろん……ただの一度も、(砕いた石像を)忘れたことなんて無いよ」

 

「うん、自分の体だ、一番よく分かってるよ。手術は時間稼ぎ、敗血症で、俺の命は数日だ」

 

「もちろんだ。むしろ死ぬなら、君の手で。何しろ俺は、千空、君を一度殺してるんだからね」

 

「懐かしいな。君達とのあの数日、本当に、楽しかったよ」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
Dr.STONE 1巻 (Kindle)

 

→Dr.STONE
→Dr.STONE(2期)
→Dr.STONE(千空)
→Dr.STONE(コハク)
→Dr.STONE(クロム)
→Dr.STONE(あさぎりゲン)
→Dr.STONE(氷月)
→Dr.STONE(西園寺羽京)

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

03_キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました