「五等分の花嫁」中野五月の名言・台詞まとめ

アニメ「五等分の花嫁」中野五月の名言・台詞をまとめていきます。

五等分の花嫁

1話

「もちろんです。頭を使うとお腹が空きますから、またごちそうして下さい」

 

「勘違いしないで下さい。あなたの事情はさっしがつきましたが、協力は出来ません」
「勉強はしますが教えはこいません。あなたの手を借りずとも、やり遂げてみせます。ですので、家庭教師をやるなら、勝手にどうぞ」

 

2話

「何、ニヤついてるんですか。気持ち悪いですよ」

 

3話

「お礼を言われる筋合いはありません。あくまで可能性の一つを提示したまでです」

 

4話

「何もしていないことは無いと思いますよ。あなたの存在は、5人の何かを変え始めています」
「あっ!! 間違いました、4人です」

 

「何ですか。その祭りにふさわしくない顔は」

 

「納得がいきません、あの店主。どういうことですか、同じ顔なのに!?」

 

「なんですか、その気味の悪い質問。そうですね。百歩譲って、赤の他人でしょうか」
「それに。私に聞かずとも、あなたはその答えを、すでに持ってるじゃないですか」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

5話

「お母さんがよく言ってましたね。誰かの失敗は、5人で乗り越えること。誰かの幸せは、5人で分かち合うこと」

 

6話

「あなたは忘れているでしょうが、私は最初にあなたを頼りました。それを拒否したのはあなたでしょ。嫌々相手されるなんてごめんです」

 

7話

「どうも彼とは馬が合いません。この前もいさかいを起こしてしまいました。些細なことでムキになってしまう自分がいます。私は、一花や三玖のようにはなれません」

 

「もうダメです!」「いいえ、限界です」
「お腹がすいて力が出ません!」

 

「あなたを辞めさせはしません」
「らいはちゃんのためです、念のため」

 

「じゃあ私は、特盛で」

 

9話

「これはただの買い物です。学生の間に交際だなんて、不純です」

 

「肝試しの実行委員ですが、私には出来ません。おばけ怖いですから、あなたがやって下さい」

 

「大丈夫ですよね? 私達は、生徒と教師ですから」

 

「もし生徒が好意をいだいたとしても、それを正しく導くのが教師の役目。上杉くん、あなたが家庭教師として本当にふさわしいかどうか、この林間学校で、確かめさせていただきます」

 

10話

「いまさら気がついたんですか?」
「忠告します。今より下げたくなければ、これ以上不審なまねはしないことです」

 

12話

「ただ、男女の仲となれば話は別です。私は彼のことを何も知らなさすぎる。男の人は、もっと見極めて選ばないといけません」

 

「四葉を見習ってみましたが、先生が寝ている間に忍び込むなど……大胆不敵すぎだったでしょうか?」
「だけど、彼を1人にさせてはいけない」

 

「上杉くん。みんな、あなたに元気になって欲しいと思ってます」
「上杉くんがどんな人なのか、私にはまだよく分かりませんが、目が覚めたら、よければ教えて下さい。あなたのことを」

五等分の花嫁∬(2期)

1話

「本当のことを教えてくれるまでにらみ続けます!」

 

「いまいち伝わりませんでしたが、昔のあなたと今のあなたが、大きく違うことは分かります。その子との出会いが、あなたを変えたんですね」

 

「私も変われるでしょうか? もし出来るなら、変われる手助けをして欲しい」
「あなたは、私達に必要です」

 

2話

「あなたにも人の心があったのですね」

 

「私はお嬢様ではありません。私達も数年前まで、負けず劣らずの生活を送っていましたから」

 

「だから私は母の代わりとなって、みんなを導くと決めたんです。決めたはずなのに……上手くいかない現状です」

 

4話

「有事です。なりふりかまってられません」

 

5話

「まだ帰れません。彼を部外者と呼ぶには、もう深く関わり過ぎています」

 

「素直で、物分りがよくて、賢い子じゃなくて、すみません」

 

6話

「お父さんとの約束もありますが、私の夢のため、まずはこの試験を通って進級しないことには、話になりません」

 

「それです。お母さんがどんな人だったかを、教えていただけませんか?」

「ええ、そうですが……私は家庭でのお母さんしか知りません。お母さんが先生として、どんな仕事をしてたのか、知りたいのです」

 

「全員・家庭教師案ですが、いい傾向にあります。教わる以上に、教えることで咀嚼できることもあると、実感できました」

「あなたに教わったことを噛んでいるのですよ。感謝しています」

 

「教えた相手にお礼を言われるのは、どんな気持ちですか?」
「私は……あの時の気持ちを大切にしたい。お母さん……私、先生を目指します」

 
スポンサーリンク
→kindle unlimited(初回30日間無料体験)
→Amazonオーディブル(最初の一冊無料)

7話

「では少しずつ(ケーキを)シェアしましょう。きっとこの試験も、そうやって突破できたのですから。しかも、いろんな味が楽しめてお得です!」

 

「今のはあなたが悪いです」
「全てが同じという訳では無いと思いますよ。現に私達は見分けられています。きっとあなたにも出来るはずです。愛があれば!!」

 

「ニセ五月の真意は私にも分かりませんが、もう利害一致のパートナーでは無いということです。数々の試験勉強の日々、花火大会、林間学校、年末年始などなど」

「これだけの時間を共有してきたのですから……それはもはや、友達でしょ?」

 

8話

「上杉くん。私はいつまでいつまでここにいればいいのでしょう? まだ朝ごはんも食べてないのに。そろそろお腹がすきました」

 

9話

「いいじゃないですか、きっと彼も変わってきてるんですよ。でも、少し妬けてしまうのも分かります」「と、友達としてですよ」

 

10話

「(バイトを)するからには、自分の血肉となりえる仕事がしたかったのです。模試の先、卒業のさらに先の夢のため、教育の現場を見ておきたくて……」

 

「あなたにはいずれ、話しますから」

 

11話

「そうですね。またあの頃のように戻れますよ」

 

「上杉くんに打ち明けるべきです。6年前、彼と出会ったのは、あなただったと」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
五等分の花嫁 全14巻セット (コミック)

 

→五等分の花嫁
→五等分の花嫁∬(2期)
→五等分の花嫁(風太郎)
→五等分の花嫁(一花)
→五等分の花嫁(二乃)
→五等分の花嫁(三玖)
→五等分の花嫁(四葉)

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

03_キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました