「かぐや様は告らせたい」四宮かぐやの名言・台詞まとめました

アニメ「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」四宮かぐやの名言・台詞をまとめていきます。

 

★サイト掲載作品の一覧は下記より
→アニメの名言インデックス
→マンガの名言インデックス  
→アニメを倍速で見るメリットとは?

かぐや様は告らせたい

→2期へ(同ページ)

1話

「まったく下世話な愚民ども、この私を誰だと思ってるの? 国の心臓たる四宮家の人間よ。どうすれば私と平民が付き合うなんて発想に至るのかしら? まあ、会長にギリのギリギリ可能性があるのは確かね」

「向こうがひざまずき、身も心も故郷すらささげるというなら、この私に見合う男に鍛えあげてあげなくもないけれど」

 

「あら、会長。今、私のことを誘いましたか? 男女で見に行くと結ばれる映画に、私と会長の男女で行きたいと?」
「あらあらまあまあ、それはまるで……」

 

「それは乙女的にノー! そのような選択肢はノー!」

 

「あら? あらあら! 私が他の人に取られちゃうのが、そんなに嫌なのですか?」
「おかわいいこと!」

 

「行くわけ無いでしょうが。この子、脳に花わいてるのかしら?」
「この私をデートに誘いたいなら、国の一つでも差し出して、初めて検討に値するのよ。誰が好き好んで慈善活動なんてするもんですか」

 

「タコさんウインナー、実在していたなんて。食べてみたい……でも!?」

 

「藤原さん、友達だと思っていたのですけどね。あなたが明日死ぬとしても、私はもう助けてあげません」

 

「さようなら藤原さん、絶交よ」

 

「人の姿をした家畜、プライドが無く他人に依存することばかりに長けた寄生虫、胸ばかりに栄養が行っている脳カラ。なんておぞましい生き物、私はあなたを絶対に許しはしない」

 

「私、何してるんだろう? バカみたい……」

 

「藤原さん。ごめんなさい、私はあなたのこと誤解してました。あなたはちゃんと人よ」

2話

「会長。私から聞いてくるのを待っているのでしょうが、全くの無駄です。異性の私に、会長が恥ずかしがりながらも聞いて来ることに意味があるのではないですか」

 

「でも連絡先を聞くということは、『あなたといつでもお話がしたい』という意思表示に他ならない」
「それじゃあまるで、私が寝る前にちょっとしたメッセージのやりとりしたいとか、テスト前の深夜、通話をつないだままにして、ずっと無駄話したいとか、まるで私がそんなこと思ってるみたいじゃない!」

 

「甘いですよ、会長。会長が反対してきた場合に備えたマニュアルは既に制作済み。どんな攻撃も無効化してみせます」

 

「逆にって、何!?」「ポジティブ過ぎませんか!?」「あなたもバカなの!?」(かぐや)

 

3話

「あら、会長。たいそうおもてになると伺っていたのですが、彼女いないんですか?」

 

「だって……そういうことは結婚してからって、法律で!」

 

「白銀さん。私は馴れ合いを良しとしません。1人にしてもらえますか」
(白銀御行と出会った当時)

 

「私のことを分かってきた、ですか。本当に?」

 

「さて、徒歩で学校に行けるなんて、もう無いかもしれない。この貴重な機会を生かさないと」

 

「私も一度でいいから、やってみたかったんだけどな。誰かと一緒に、学校へ」

4話

「おかわわわわわわわわわぁぁぁーーー!!!」
「何? 会長に猫耳ついただけなのに! どうしよう、口の緩みが戻らない。これじゃ、会長をかわいいと思ってるのがバレバレに!」

 

「軽蔑、しましたよね? 私、あんなに口汚く……これじゃまるで、昔の私みたいじゃないですか」

 

「会長。私、会長のそういう所が、○○○○ですよ」
「内緒です!」(かぐや)

 

5話

「あ~! 私、あと二三段階手前の相談だと思ってました~!」
「彼氏持ちの相談……しかも重めの……そんなの付き合ったことない私に答えられるわけがないでしょう!? 期待も重い!」

「しかし、四宮の人間が一度引き受けた以上、無理だなんて口が裂けても言えません。何とか乗り切るしかない!」

 

「違うの! 目つき悪いのを気にしてる所がかわいいの!」

 

6話

「いい子だし、嫌いじゃないのですが。ごめんね、石上くんのことは虫けら程度にしか思えません」(かぐや)

 

「会長はどう思うかしら? かわいいと思う? それとも、不真面目だと思うかしら?」
「だったら……嫌だ、な……」

 

「結局、爪、気づいてもらえなかったな。でも、きっと気づかれないでよかったのよ。やっぱり、私なんかがおしゃれをしても、意味なんて無い。私は、かわいくなれない」

 

7話

「のろけですよね、それ!? 相談という体でのろけに来てるんじゃないですか!?」

 

「ハードル高! でもそれいい。会長、そういう系か!!!」

 

「よかったですね、石上くん。藤原さん、優しいから許してくれるんですよ。藤原さん以外は絶対に許さない、でしょうね?」

 

「私を怖がって離れていく人たちの中で、藤原さんだけがそばに残ってくれた。もう少し、大事にしてあげなきゃね」

 

「もう、止めて! この私が、こんな下品な言葉で笑っちゃうと気づかれたら、四宮家末代までの恥!! ちん○んで藤原さんの夢が叶うとかイヤすぎる!!」

スポンサーリンク

8話

「あるある! 目の怖い所とか面影ある~!!」

 

「あっ、いい! いいですよ、これ! この子に姉と呼ばせてみましょう!」

 

「チカ姉~? 藤原さんは、そうやって私が欲しいものを全て奪っていくんですね」
「強欲! こうゆう人が地球を滅ぼすんだわ。地球のガン。なんておぞましい!」

 

「四宮の名において、石上くんに赤点を取らせないわ、感謝なさい」

 

「ご忠告、どうもありがとう。ですが、私は周囲の評判で人を判断しません。石上くんは、私が、私の目で関係を持つに足ると判断した人物です」
「私の目を、信用できませんか?」

 

9話

「あれ? それって、ドライブデートじゃん!」

 

「あっ、あれ? 電車復旧してる! 何でこのタイミングで! もう少し頑張りなさいよ、台風!!」

 

「やだ! そばにいてよ、早坂~!」
(風邪で弱ってる時)

 

「私、いつも会長を困らせてる。私ね、いつもね、どうしたらいいか分からないの。初めてのことばかりだから、分からないの」
「だから、私が知ってるやり方しか出来ない。他のやり方を知らない。こういう風にしか、出来ないの」

 

10話

「私の『あ~ん』、パクらないで下さい!」

 

「言えない……言える訳ない。本当は少しくらい何かして欲しかったなんて」
「そんなに私に魅力が無いのかなって、そんなくだらないことで怒ってるなんて、言える訳ないじゃない!」(かぐや)

 

「会長、お返しです」
「私達、明日からはいつも通りですよね?」

 

「会長、いけません。藤原さんをコントロールしようとしても無駄なんです。こういう時はおいしい物のことを考えるんですよ~」

 

11話

「夏休み、早く終わればいいのに」

 

「だから大丈夫、いつものことなんだ。私の人生は、思い通りには出来ない」

 

12話

「本当につまらない夏休みだったけれど。初めて友達と、初めて会長と、窓の中じゃない、ずっと憧れていた、大きな花火を見にいけるのだから」
「それだけで、こんな夏休みも、いろんなこと全部ひっくるめて、好きになれると思う」

 

「みんなに会いたい。知らないままでいればよかった。何も知らなければ、いつも通りの夏が、こんなに苦しいと気づかずに済んだのに」
「だけど、だけど大丈夫。夏は必ず終わる。大丈夫……大丈夫……大丈夫」(かぐや)

 

「きっと会える。初めて面倒を見た後輩、私と初めて友達になってくれた人、初めて出来た、気になる人。その輪の中に、私がいる」

「私は、私が好きな人達と一緒に、あの綺麗な花火を眺められたら、どんなに幸せだろうって、どんなに素敵だろうって、そればかり考えてた夏休みだった」

「神様。この夏、恋だとか、愛だとかはいりません。だから……だから、せめて私も、みんなと一緒に!」

 

「そうよね……神様なんて、いない」
「みんなは、花火楽しめたかな? だといいな……」

 

「誰もが花火に目を向ける。だけど、ごめんなさい。その横顔から、目が離せない」
「心臓の音がうるさくて、もう……花火の音は、聞こえない」

かぐや様は告らせたい?

1話

「早坂、アクシデントが発生したわ。会長が、肩に!!」

 

「そうよね、私は間違ってないわ。なのに何なの、この虚しさは。老後になっても独身で、お金はあるけど幸せはない。私の人生って、何なのかしら?」

 

「献身? 慈愛? 知らない人ですね。強欲と自己愛の間違いじゃ?」

 

「おぉーーー、何なんですか!? 人がノブレス・オブリージュの精神で会長の誕生日を祝ってあげようっていうのに!」
「どうせ会長は私の誕生日も祝ってくれるつもりもないのでしょ、プイッ!」

 

2話

「下の名前を敬称も付けずに呼ぶなんて生まれて初めて。でも、これは大きな進展」
(会長の妹・圭に呼ぶように言われて)

 

「いい話じゃないですか~!! なんだ、家ではひどいっていうから何かと思えばいつもの会長じゃないですか。ちょっと不安になりましたよ、もう!」

 

「ゲス……この女はやはり何の躊躇もなく男に体を預ける性欲の結晶。男を食い物としか見ていないゲスの女なんだわ」
(圭に抱きつく千花を見て)

 

「いないわ! 会長より格好いい人なんて、この世にいないから!」(アホかぐや、脳内)

 

3話

「なんなの!? なんなのなんなのこの人!? これ、結構アウトじゃない!!?」
「でも、こんなにキラキラした目で語られたら何も言えない!!!」

 

「もちろんです。夜空を見上げれば、愛する人を残し、月に連れ返された女の物語を思わずにはいられません。だからこそ、月は嫌い」

 

「もう……もう、止めて。もう、無理。限界!!!」
「もう止めてって言ってるでしょう!! 恥ずかしいの!!!」
「花火大会の時といい、よくそんなこと真顔で言えますね! 私を殺す気ですか!!!」

 

「本当に……本当に、この一年は一瞬、でした」(かぐや)

 

「これまでの日々は終わり。毎日、夢を見ていたと思えばいい」

 

「おつかれさまでした、白銀さん」「やっぱりこの呼び方、口馴染みが悪いですよ」
「わがまま、言っちゃダメですか?」
「一生に一度のわがままです。私は……会長は、会長がいい」

 

4話

「実際にやってみれば私の苦労も分かるってものですよ!!!」

 

「いつのまにか勉強教えてもらってる。私だってそれしてもらったことないのに!」

 

「そうみたいですね。でも、私は気にしません」

 

「まったく、仕方のない人。いいですか、会長。私は会長の願いにはちゃんとこう答えるんですから。演説のお願いだろうと、何だろうと……はい、よろこんで」

 

5話

「真面目で面倒見がよく、生徒会長に適した人格だと思いますよ。後、近いです」

 

「何で!? 何でなの、もう!! あんなに格好よかった会長の目・が!!?」

 

「でも、人の美醜で態度を変えるなんて、本物の愛はそんな簡単に揺らいだりしないものでしょう!!」

 

「だとしても、問題はありません。出会ってきた悪人の数が違います」

 

6話

「なんで会長は見舞いに来てくれないのかしら?」
「私が倒れたとなれば、何を置いても看病に駆けつけるべきなんじゃ!?」

 

「会長は、私のこと好きなんだと思ってた。私が特別だから優しくするんだって」
「だけど、会長は誰にでも優しくて、誰にでも救いの手を差し伸べるのよ。私が特別な訳じゃなかった……」

 

7話

「確かめたい! どうにかして会長のパ◯ツを見なければ!!」

 

「変態じゃない!? 違うのに! 私はいやらしい意味でパ◯ツが見たい訳じゃないのに!」

 

「もう素直に聞いてみましょうかしら? 策をこねくり回すから変態っぽいのよ」

 

「とにかくエッチなのは嫌いなの!!」

 

「いいものですね。みなさんはご両親の肩たたき等をしてたのかもしれませんが、私はそういうの無かったんで」

 

8話

「新しいおもちゃを買ってもらった時の顔してますね」

 

「怖い。けど……今……目をつぶったら、どうなるの?」

 

「じゃあ何ですか! 私は顔をさわられたくらいで倒れるほどドキドキしたっていうんですか!?」

「確かに多少は嬉しかったですが、それで倒れるなんて、私は会長のこと死ぬほど大好きってことになるじゃない!?」

 

9話

「私だって逃げたくて逃げてる訳じゃないのよ! でも、会長の顔を見ると体育倉庫の件を思い出しちゃって、頭がグワングワンするの!!」

 

10話

「世の中意外と打算なしに動いていることも多いと気づき初めて。見える景色が、少しだけ変わったんです。だから、会長には感謝しているんです」

 

「会長……おちゃめで愉快なお父様ですね……」

 

11話

「何も知らずに、幸せな子」

「分かってるわよ。あの笑顔こそ、石上くんが守ったものなんでしょ。全く、得のないことをしたがる子よね。ホント、かわいい後輩だわ」

 

12話

「こうしている時、私は少しだけ、どこにでもいる少女に、なれた気がした」

 

「集合写真……そういえば私、その手の写真を撮ったこと、一度もありませんね。うらやましいな……」

 

「写真ごときで、何を泣いてるの? 私、こんなに女々しかったのね……」

 

「すごい量ですね」
「前の携帯が壊れた時、全部なくしてしまったと思ってたのに……かえって前より、いっぱいになってしまいました」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

かぐや様は告らせたい 1 [Blu-ray]
かぐや様は告らせたい? 1 [Blu-ray]

 

→かぐや様は告らせたい
→かぐや様は告らせたい?(2期)
→かぐや様は告らせたい(白銀御行)
→かぐや様は告らせたい(藤原千花)
→かぐや様は告らせたい(石上優)
→かぐや様は告らせたい(早坂愛)
→かぐや様は告らせたい(柏木渚)
→かぐや様は告らせたい(白銀圭)
→かぐや様は告らせたい(伊井野ミコ)
→かぐや様は告らせたい(大仏こばち)
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

03_キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました