「ノーゲーム・ノーライフ」空の名言まとめました

アニメ「ノーゲーム・ノーライフ」空の名言をまとめていきます。

ノーゲーム・ノーライフ

1話 素人(ビギナー)

「妹よ。人間の脳はブドウ糖さえあれば機能する。食パンがコスパ的に最強」

 

「駆け引きのつもりか……まあ、乗ってみるのも一興か」

 

「待て、白。プログラムは常に最善の手を打つ、だからこそお前は勝てる。だが、こいつはあえて悪手で誘っている、人間だ。落ち着け、白が技量で負けるはず無い」

「揺さぶり誘いは俺が読む。空と白、2人で空白だ。俺らに勝てる奴がいるか、見せてもらおうじゃねえか!」

 

「どう思うか、だって? ルールも目的も不明瞭な中、70億ものプレイヤーが好き勝手に手番を動かし、勝ちすぎても負けすぎてもペナルティ。パスする権利も無く、喋りすぎたら疎まれる。パラメーターも無く、ジャンルすら不明。こんなもの、ただの……クソゲー」

 

「ああ、もしそんな世界があるなら、俺達は、生まれる世界を間違えたわけだ」

 

「人生なんて無理ゲーだ、マゾゲーだと何度となく思ったが……ついにバグった!?」

 

「悪いが、お遊びの勝負はやるつもりは無い。その金、全部だ」

 

「別に。ただのよそ者だよ」

 

「言っとくぞ。嘘をつく相手は慎重に選べ、な!」

 

「異世界漂流物の主人公たちって、ここから元の世界に戻ろうと頑張るんだよな。何であんな世界に戻ろうとしたんだ?」

 

「じゃあ、決まりだな。さあ、ゲームを始めよう!」

2話 挑戦者(チャレンジャー)

「子供に図星を付かれていちいち怒りを顔に出す。単純、沸点が低い、感情抑制も出来ない上に、リスクを恐れる保身的思考。はっきり言って論外」
(ゲームに敗れ身ぐるみはがされたステフが部屋に来て)

 

「頑張ったみたいだが、まだ足りない!」

 

「俺は全て盟約に従ってお前に宣言した。確認しなかったお前が悪い」

 

「だから勝ち目が無い、とでも思ってるなら、そりゃ負けがこむだろうよ」
(ステフから自分たちは魔法が使えず、また魔法を見破れないことを聞いた時)

 

「だから愚王の孫娘だと言われるんだ。駆け引きってのは、もう始まってるんだよ」

 

「盟約に誓って行われた賭けは絶対遵守される。これはお前の物だ、今はまだ、な!」

 

「お前の爺さんが正しかったと、証明しに行くぞ」

 

3話 熟練者(エキスパート)

「さあて、ちょいと王様になって、領土取り戻してくるか!」

 

「まっ、それだけじゃ無いけどな。あいつもお前も、人類なめすぎ!」

 

「忘れるな。俺らは2人で1人、2人で空白だろ?」

 

「忘れてはいけない。一度ゲームに入り込んだ白の圧倒的な集中力。それは、あの神さえ破ったのだという事実を!」

 

「お前のおかげで、このチェスはチェスじゃないことが分かった。これはストラテジーゲームだ、後は俺がやる。白は俺が冷静さを欠いたら、手伝ってくれ。まあ見てろ、このゲームは、俺の担当分野だ」

 

「この世に絶対的な正義はたった一つしか無い。この世で唯一不変の正義、それは、かわいいだ!」

 

「敵のイカサマは一つだと勝手に思い込んで、別の可能性を排除していた。ステフに偉そうに指摘したミスを、ここにきて自分がやらかした。なぜもう一歩考えなかった!?」

 

「知ってるか、ステフ。ゲームに勝つ方法って、何も一つじゃ無いんだわ。別に戦わなくったって、勝てる!」

スポンサーリンク

4話 国王(グランド・マスター)

「言ったろ。戦わずして勝つってな」

 

「悪いな。俺らの世界は、ここほどいい所じゃなくてね。こと争い、殺し合いに関しちゃ、あんたらより余程エキスパートなのよ」

 

「これでいいだろ。これが、お前のじいさんが信じ続けた可能性だ。イマニティ(人類種)を信じた、お前のじいさんは間違って無かった。これで愚王と言われずに済む、だろ?」

 

「だが、お前の考えが気に入らない。エルフ様の庇護が無きゃ生きることも出来ないなんて、ちょっと卑屈すぎやしないか?」

 

「そう思うなら結構、それがお前の限界だ。言っとくぞ。相手がエルフだろうが神だろうが、空白に敗北の二文字は無い。あまり、人類をなめるんじゃねえ!」

 

「我ら2人は弱者として生き、弱者らしく戦い、そして弱者らしく強者を屠ることを、ここに宣言する!」

かつてそうだったように、これからもそうであるように。認めよ、我ら最弱の種族、何も持って生まれぬゆえに、何者にもなれる、最弱の種族であることを!」

「さあ、ゲームを始めよう。もう散々苦しんだろ、もう過剰に卑屈になったろ。待たせたな、イマニティ同胞諸君。今この瞬間、我がエルキアは全世界の国に対して、宣戦布告する」

「反撃の狼煙を上げろ! 我らの国境線、返してもらうぞ!」

 

5話 駒並べ(ウィークスクエア)

「いや。だって、ステフってステフだろ?」
(国内を要領よく抑えていたのを知って)

 

「愚問だな。ことゲームに関しちゃ、どこまでも!!」

 

「この世に運なんて存在しない。ルール、前提、心理状態。そんな無数の見えない変数がもたらす予測できない必然で、ゲームの勝敗は始める前には終わってるんだ」

「偶然なんて無い」

 

「つまり、知らなかっただろ。知ってれば1.92%の可能性が100%に変わる。要するに、知ってる奴が必然的に勝ちをもぎ取って行くんだよ」

 

「勝ち目も無いのに攻め込むなんざ馬鹿のやることだ」

 

「一手でもしくじったら終わるんだよ。この国は、イマニティはそんくらい追い詰められてるの。忘れんな」

スポンサーリンク

6話 一手(インタレスティング)

「確かにキレイなとこだが引きこもりにはキツイ!」

 

「未知なるものに敬意を持たず、好奇心でことを済ませるあたりだよ。そろそろ教育してやる。てめえの弱さを、たっぷり痛感しろ!」
(イマニティを見下すジブリールに対して)

 

「神様に挑むんだ、正気でやれるか」

 

7話 死に手(サクリファイス)

「ゴメンな、白。ちょっと絶望してるだけだ」

 

「まったく人類ってのは、どいつもこいつもどうしようもねえ!」

 

「だが、してる奴もいる。おおむね、そういう奴は理解されない。それを理解しようとするのは、俺の義務だ」
(思慮深い存在について)

 

「だけど、人類の可能性は信じてる。根拠は、こいつだ! 世の中にはな、いるんだよ。神にすら届きうる可能性を、希望を、幻想をその小さな身に体現した本物が」

 

「ときめいたよ、ワクワクした、本物は実在したんだって。そして、分不相応にも、憧れた」

 

「だからまずは信じなきゃ始まらないんだよ、前国王もさ」

 

「ステフ。こいつは愚者を演じ、無謀に挑み、儚く敗れ、その手の内をあばくことに徹した偉大な男の生涯。人類への、信頼の全てだ!」

「お前のじいさん、いや前国王は、やっぱお前のじいさんだな」

 

8話 起死回生(フェイクエンド)

「自称エスパー、この手は読めたか? チェックメイトだ!」

 

9話 解離法(スカイ・ウォーク)

「なあ、白。人は変われるって言うけど、本当にそうかな?」

 

「飛びたいって願えば、翼が生えるのかな? 違うと思うんだ。変えるべきは自分じゃなくて、手段じゃないかな?」

作るしかないんだ。今のままの自分が空を飛ぶ方法を、編み出すしかない。白を飛ばす翼、考えてみようぜ、ゆっくりさ」

 

「いいや。ちゃんとこれで勝てるようになってる」

スポンサーリンク

10話 指向法(ブルー・ローズ)

「今、俺等がやるべきは唯一つ。共闘のために必要不可欠なこと……自己紹介だ!」
(空白には限りなく高いハードルだった)

 

「俺一人じゃ絶対しくじる。けど、空白なら話は別だ。俺が踏み外しても白がいる。それが、空白の必勝法だ」

 

「最後にゲームを楽しいって感じたのは、いつ?」
(対戦相手のいづなに対して)

 

「疑惑の目以上に信頼できる監視はねえだろ!」

 

「想定したもの、想定外のものにもいかに早く対応し、戦術に組み込めるかが勝負!」

 

11話 誘導法(キリング・ジャイアント)

「どうりで日の光を浴びても大丈夫な訳だな」

 

「悪魔的なまでの計算能力によって、敵の動きを把握。そこから導き出される行動パターンから、射撃可能時間まで織り込んだ、未来予知に迫る偏差射撃と回避行動は、まるで撃った弾が避けて通り、白の弾が、お前を追尾して襲ってくるようだろ!」
(白の圧倒的な射撃ゲーム能力について)

 

「頼むぞ、白。初手で決められなかった以上、こっからはアドリブだ」

 

「いや、出来る! ゲームで俺に出来ないことは、白が出来る。いつだってそうだったし、これからもそうだ!」

 

「ああ、俺は理解してるから気にするな。白は答えを出せなかったんじゃねえ。あれ自体が答えだったんだ!」

 

「つまり、残った俺が、約束された勝利に導く魔法のような数式を完成させると。そういうことだろ、白」

 

「いまさらこんな所でお兄ちゃんがミスる訳には、いかねえだろ」

 

12話 収束法(ルール・ナンバー10)

「物理限界超えてるって言ったろ。いくら物理の式立てても通用しないってこった」
「こういう時は任せろ。兄ちゃんの、ブラフとハッタリにな!」

 

「今回は俺らがずっと主導権を握っていた。それだけのことだ。あんたらは動いているつもりで、ただ単に動かされていた。その結果は必然であって、未来視じゃない」

 

「違うよな、いづな。楽しかったから、どうすればいいか分からなくて戸惑っている、だろ?」

 

「初めて負けてくやしかった。だからこそ楽しかった。それが分かったら、俺らは友だちだ。ようこそ、いづな。お前はもうゲーマーだ!」

 

「なあ、いづなも勘違いしてるようだが、誰も死なないし、誰も苦しまない。この世界はゲームなんだ、根本的に間違えてんだよ、みんな」

 

「チェックメイトって、将棋でいう王手とは違う。討ち取ったという報告だ。だから最初にお前に会った時に言ったろ。チェックメイト、ってさ!」

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
ノーゲーム・ノーライフ NEET Blu-ray BOX

 

→ノーゲーム・ノーライフ
→ノーゲーム・ノーライフ(白)
→ノーゲーム・ノーライフ(ジブリール)
→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キャラ別の名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました