「東京喰種トーキョーグール」の名言まとめました

アニメ「東京喰種トーキョーグール」の名言をまとめていきます。

 

★サイト掲載作品の一覧は下記より
→アニメの名言インデックス
→マンガの名言インデックス
→アマゾン Fire TV Stick(外部リンク)

東京喰種トーキョーグール

1話 悲劇

「あなたとは遊んであげない」(神代利世、リゼ)

 

「金木さん。私、読書より好きなことがあるの。それはね、逃げ惑う人の内蔵をぜ~んぶ引きずり出しちゃうこと!!」(リゼ)

 

「弱かったせいだろ!」(霧嶋董香)

 

「助けて下さい。信じてもらえないかもしれないけど、僕は人間なんです。なのに、それを食べたくて、食べたくて仕方がなくて。でもそうしたら、もう人間では無くなってしまう!」(金木研)

2話 孵化

「あたしが化物なら、あんたは何なんだよ!?」(董香)

 

「最悪か、あたしだって教えて欲しいよ。ねえ、ケーキって本当はどんな味なの。吐くほど不味いから分かんないんだけどさ。あれ、人間は美味しそうに食べるじゃない」

「平和な生活はどうだった?」(董香)

 

「確かにあんたは喰種じゃ無い、けど人間でも無い。半端もんのあんたの居場所なんて、もう無いんだよ!」
そんなに人間でいたいんなら、一度限界まで飢えてみれば。言っとくけど、喰種の飢えはマジで地獄だから!」(董香)

 

「何で僕の周りには、喰種が現れるんだろう。いや違う。彼らは最初からそこにいたんだ。迷い込んでしまったのは僕の方なんだ」(金木)

 

「本当、うんざりする。今回だけは同情してあげる。大人しく、くたばんな!」(董香)

 

「喰種が空腹を満たす方法は一つしか無い。君も分かっているだろう。あのままだと君は友人を手にかけていたよ。自分が、何者か知りなさい」(芳村、マスター)

 

「それは違う。君は喰種でもあり、人間でもあるんだ。2つの世界に居場所を持てる、ただ1人の存在なんだよ」(芳村)

 

3話 白鳩

「人の世で生きるには、彼らのことを学ぶ必要がある。人間は、我々喰種にとっては生きた教本なんだ。それにね、私は好きなんだよ、人がね」(芳村)

 

「十分さ、糸の端はつかんだんだ。後はたどり着くまで、残らず駆逐するだけだよ」(真戸呉緒)

4話 晩餐

「喰種がハイソぶって味覚に趣向を凝らすなんて、まるで人間みたいで滑稽じゃない、月山くん」(リゼ)

 

「新しいごちそうの発見は、人の幸福にとって、星の発見以上のものだ!」(月山習)

 

5話 残痕

「変態? 心外だな。仮にそう感じたのなら、金木くん、そうさせているのは君なのだから、君が責任を取り給え。君は自分がおいしそうなことに気づいた方がいい」(月山)

 

「こんなのはどう? 普通の不意打ち」(董香)

 

「トレッビア~ン!! 何だこの味は! 舌の上で、深く絡み合う、ハーーーモニー!!」(月山)

 

「あの頃の君の冷たさは素晴らしかった。だが今はダメだ。何かが君の瞳に熱を灯してしまった。残念だよ、霧嶋さん。そんなもの、君に必要なかったのに」(月山)

 

「だから、いいよ。生きて!」(西野貴未)

 

「手え出したら殺す。死んでも、ぶっ殺してやる!」(西尾錦)

 

「あんたの? あほか! ここにてめえのものなんか、一つもねえんだよ!」(董香)

スポンサーリンク

6話 驟雨

「待ったかいがあったというものだね、亜門くん。雑魚をエサに、外道を釣る。もっとも、こいつは本当の意味での外道だけれど」(真戸)

 

7話 幽囚

「母が子のために命を捨てる、むしずが走るわ。滑稽だな、貴様ら喰種が人間の真似事をしている姿は」(真戸)

 

「いい、いいぞ最高だ。絶望、恐怖、憎悪。その表情だ、もっとだ、もっと見せろ!」(真戸)

 

「かわいそうなのは仇を取れないことじゃない。本当にかわいそうなのは、復讐に囚われて、自分の人生を生きられないことだ」(芳村)

 

「よくあることです。ひたむきな者ほど命を落とす」(亜門鋼太朗)

 

「白鳩に手を出したということは、全ての責任を1人で背負う覚悟をしたということ。生きるも死ぬも他人が関与することでは無い」(芳村)

 

「私みたいな人殺しが死ぬのはいい。でも、リョーコさんや雛実みたいな喰種が、一方的に殺されるのは、我慢できない!」(董香)

 

8話 円環

「貴様らはなぜ存在している。親を殺された子供たち、残された者の悲しみ、孤独。貴様はそれを考えたことがあるか!?」(亜門)

 

「僕だけだ。それに気づけるのも、それを伝えられるのも。喰種の僕だけだ、人間の僕だけだ。僕だけなんだ」(金木)

 

「世界を歪めているのは、喰種だけじゃない。あなたもだ。分かってもらえませんよね。だったら、分からせます」(金木)

 

「そんなの、どうでもいい。復讐なんて、どうでもいい。私、悲しいだけなの。お父さんとお母さんに会いたくて、悲しいだけなの」(笛口雛実)

9話 鳥籠

「勘だ!」「勘はバカにならんぞ、亜門くん。私は勘には自信が」(真戸)

 

「敵を前にしたら手足をもがれても戦え。それが捜査官というものだ」(真戸)

 

10話 青桐

「これは人間と喰種との戦争だ。だからお前らの命を俺に預けろ。ちなみにこれは命令だ! 拒否権はねえ!」(丸手斎)

 

「勝手? 勝手を振る舞えるのは、強者の権利だよ」(ヤモリ)

 

「分かって無いのはてめえだ、董香。親父もお袋も死んだ。何も守れず、ただ奪われたんだ。だが俺は違う。喰種が人間より上だってことを、ゴミどもに分からせてやる!」(霧嶋絢都)

 

「お前の羽根じゃ、どこへも飛べない。地面にはいつくばってろ!」(絢都)

 

「私は行く。この店の方針って何でしたっけ? 店長が行かないなら、1人で行きます!」(董香)

 

「金木くんを助けたいなら、命を賭けなさい。そのかわり、私と四方くんが全力で守ろう。助け合うのが、『あんていく』の方針だからね」(芳村)

 

11話 衝天

「こんなに強かったか? 何がこいつをここまで。私の、せいか?」(董香)

 

「狡猾であることだよ、亜門くん。正義の下であれば、どんな卑怯も許される」(真戸)

 

12話 喰種

「ヤモリは僕に、1000から7ずつ数を引いて、口に出して言えと命令した。初めは意図の分からなかったその指示は、僕が出来るだけ、正気を保っていられるようにさせていることだと分かった」(金木)

 

「この世の全ての不利益は、当人の能力不足。この言葉を教えてくれたのは、クソみたいな人間だったけど、今では感謝してるよ」(ヤモリ)

 

「一方を捨ててでも守らなくちゃいけない時があるの。あなたの母親はそれが出来なかった。それは優しさじゃ無いわ、ただ弱いだけ。捨てる強さが、覚悟が足りなかった」(リゼ)

 

「違う、そうじゃ無い。僕があなたを超えればいい! 間違っているのは僕じゃない。間違っているのは、この世界だ! 僕は、喰種だ」(金木)

 

「今さらこんなの、痛がると思った?」(金木)

 

「僕を食おうとしたんだ。僕に食われても、仕方ないよね」(金木)

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
東京喰種トーキョーグール 【Blu-ray】 vol.1

 

→東京喰種(霧嶋董香)
→東京喰種(月山習)
→東京喰種(芳村)
→東京喰種(神代利世)
→東京喰種(ヤモリ)
→東京喰種(真戸呉緒)

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

01_アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました