アニメ「東京喰種トーキョーグール」の名言まとめました

アニメ「東京喰種トーキョーグール」の名言をまとめていきます。

東京喰種トーキョーグール

1話 悲劇

「あなたとは遊んであげない」

喰種のリゼは人間を襲っていた所を、喰種のヤモリに邪魔される。
戦おうとするヤモリに対して、逃げることを選ぶリゼ。
しかし恐れた訳ではなく、単に興味が無かっただけ。

「金木さん。私、読書より好きなことがあるの」
「それはね、逃げ惑う人の○○をぜ~んぶ引きずり出しちゃうこと!!」

デートのつもりだったが、喰種のリゼに噛まれてしまう。
怯える金木に対して、リゼは嬉しそうに語っていく。

「弱かったせいだろ!」

自分のエリアを主張する西尾は、リゼに一時的に奪われていただけと話し出す。
しかし董香は、そんな戯言は一蹴する。

「助けて下さい。信じてもらえないかもしれないけど、僕は人間なんです」
「なのに、それを食べたくて、食べたくて仕方がなくて」
「でもそうしたら、もう人間では無くなってしまう!」

金木のことを「あんていく」に来ていた客として知っている董香。
そしてリゼに殺されたと思っていたが、生きていることに驚く。
○○を食べたくて仕方ないが、人として一線を超えることが出来ない金木。
冷静に言葉を聞いた董香は、予想外の行動に出る。

2話 孵化

「あたしが化物なら、あんたは何なんだよ!?」

董香に対して「化物」と言う金木。
怒った董香は金木を殴り倒し、そして問いかける。

「最悪か。あたしだって教えて欲しいよ」
「ねえ、ケーキって本当はどんな味なの。吐くほど不味いから分かんないんだけどさ」
「あれ、人間は美味しそうに食べるじゃない」
「平和な生活はどうだった?」

自分の状況を最悪と叫ぶ金木。
しかし董香は生まれた時から喰種であり、その最悪の生活を続けている。
人の生活にも馴染む董香だが、見えるものは違うのだった。

「確かにあんたは喰種じゃ無い。けど人間でも無い」
「半端もんのあんたの居場所なんて、もう無いんだよ!」
「そんなに人間でいたいんなら、一度限界まで飢えてみれば」
「言っとくけど、喰種の飢えはマジで地獄だから!」

どうしても食べることを拒否する金木に対して、怒りを見せる董香。
そんな所に「あんていく」のマスターが現れ、金木を案内する。
もちろんマスターも喰種である。

「何で僕の周りには、喰種が現れるんだろう」
「いや違う。彼らは最初からそこにいたんだ」
「迷い込んでしまったのは僕の方なんだ」

永近の大学の先輩として紹介されたのは、先日路地裏で出会った喰種の西尾。
驚く金木だが、今までは気づいていなかっただけと自覚する。
知らなければ気にならないものが、知ってしまうとどうしようもなくなってしまう。

「本当、うんざりする。今回だけは同情してあげる」
「大人しく、くたばんな!」

西尾を撃退した金木だが、飢えから親友すら判断できなくなる。
そこに現れた董香は、今回だけは同情するとして金木を止める。
そして「あんていく」に連れて帰るので、言葉とは違い優しい所を見せる。

「喰種が空腹を満たす方法は一つしか無い」
「君も分かっているだろう」
「あのままだと君は友人を手にかけていたよ」
「自分が、何者か知りなさい」

目を覚ました金木は永近の無事を確認し、自分の飢えが解消されているのを知る。
理由を問いかけた時、マスターは静かに語りだす。

「それは違う。君は喰種でもあり、人間でもあるんだ」
「2つの世界に居場所を持てる、ただ1人の存在なんだよ」

中途半端な自分には居場所が無いと感じる金木。
しかしマスターはどちらでもいれる存在と話していく。
そして「あんていく」に来て、より知ることを提案するのだった。

3話 白鳩

「人の世で生きるには、彼らのことを学ぶ必要がある」
「人間は、我々喰種にとっては生きた教本なんだ」
「それにね、私は好きなんだよ、人がね」

身を隠すべき喰種が喫茶店をしていることを不思議に思う金木。
マスターは「あんていく」を喰種が集う場所と話していく。
そして必要でもあるのだった。

「十分さ。糸の端はつかんだんだ」
「後はたどり着くまで、残らず駆逐するだけだよ」

CCG(喰種対策局)に所属する捜査官・真戸。
20区の喰種・ヤモリの情報をつかんだことで、喜びすら感じている。

4話 晩餐

「喰種がハイソぶって味覚に趣向を凝らすなんて」
「まるで人間みたいで滑稽じゃない、月山くん」

金木に会っている時、リゼに言われたことを思い出す月山。
味覚にこだわる月山に対して、量だけにこだわるリゼ。
この2人の考えが交わることはなく、月山は怒りを見せる。

「新しいごちそうの発見は、人の幸福にとって、星の発見以上のものだ!」

金木の血の匂いをかぎ、至高のものを感じる月山。
より以上に金木に固執していく。

5話 残痕

「変態? 心外だな。仮にそう感じたのなら」
「金木くん。そうさせているのは君なのだから、君が責任を取り給え」
「君は自分がおいしそうなことに気づいた方がいい」

西尾の恋人・貴未を誘拐し、金木を呼び出した月山は趣向を説明する。
それを聞いた金木は変態と感じたが、月山は驚いたように話していく。

「こんなのはどう? 普通の不意打ち」

金木と一緒に来ていた西尾を痛めつける月山。
しかしその隙をつき、董香が襲いかかる。

「トレッビア~ン!!」
「何だこの味は! 舌の上で、深く絡み合う、ハーーーモニー!!」

劣勢に見えた月山だが、董香の攻撃を受け止め、金木には攻撃をする。
その血をなめた月山は、改めて美味しさを感じていく。

「あの頃の君の冷たさは素晴らしかった」
「だが今はダメだ。何かが君の瞳に熱を灯してしまった」
「残念だよ、霧嶋さん。そんなもの、君に必要なかったのに」

以前は董香の方が上だったが、今では圧倒する月山。
驚く董香に対して、月山は董香が変わってしまったことを話してく。

「だから、いいよ。生きて!」

(過去の回想)
貴未は傷が治らず苦しんでいる西尾を見つける。
金木にやられた後で肉を食べていなかったため、復活できずにいた。
チャンスとして襲いかかるが、貴未はある境遇からそれを受け入れることを選択する。
しかし西尾も正気を取り戻し、何とか思いとどまることに成功する。

「手え出したら殺す。死んでも、ぶっ殺してやる!」

貴未を救うため抵抗する西尾だが、体力が戻らず一方的にやられていく。
それでも這うように近づき、助けることを叫ぶのだが。

「あんたの? あほか!」
「ここにてめえのものなんか、一つもねえんだよ!」

友達の普通の料理を食べていたため、力が入らない董香。
しかしある方法により復活し、改めて月山に対して戦いを開始する。

6話 驟雨

「待ったかいがあったというものだね、亜門くん」
「雑魚をエサに、外道を釣る。もっとも、こいつは本当の意味での外道だけれど」

泳がせていた喰種に接触するヤモリ。
見つけた真戸は、静かに喜びを語っていく。

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク