「幼女戦記」の名言まとめました

アニメ「幼女戦記」の名言をまとめていきます。

幼女戦記

1話 ラインの悪魔

「無駄口を叩く暇があったら、生き残るために最善を尽くせ! 我々は軍人だ。上がやれと言うのであれば、完遂するのみ!」(ターニャ・デグレチャフ)

 

「我軍に命令違反をする士官候補生は必要ない。軍隊とは組織、組織に必要なのは規則。以上だ!」(ターニャ)

 

「軍衣をまとった以上は祖国に貢献をなせ! 帝国には、無能な兵士を養う余裕など無い!」(ターニャ)

 

「とは言え、新人を早々に失っては今後の昇進に響くか? まったく、サラリーマンもつらいものだな!」(ターニャ)

2話 プロローグ

「何だ? 一体、何を? ターニャちゃん? 私が、ターニャちゃん?」(ターニャ)
(異世界で赤ちゃんとして生まれ変わる)

 

「戦争という非生産的な行為は憎むべきものであり、殺すのも殺されるのも大嫌いだ。しかし、軍隊というレールに乗りさえすれば、将来は約束されるのだ!」(ターニャ)

 

「他に道はない。それだけです!」(ターニャ)

 

「そして、存在Xに復讐する意味でも。安全な後方で、順風満帆な人生を送ってやる!」(ターニャ)

 

「私にいかなる印象を抱こうとも自由だが、上官への反抗には厳罰を持って処すべきだな」(ターニャ)

 

軍人としての役割を果たしているだけです。部下の統制は士官の義務ですから!」(ターニャ)

 

「だが、そこで思い知らされる。いつの世にも想定外の出来事が、起こりうると!」(ターニャ)

 

「了解。せいぜいあがいて見せましょう! 神……神だと!? 私は神の存在など認めない!」(ターニャ)

 

「たった1人で戦場の主役とは、なんたる光栄! 死ぬにはいいと言うが、まったく最高に愉快!」(ターニャ)

 

「まずい! まずいぞ! まさか、ここまで評価されるとは? これは、完全なエース扱いだ!」(ターニャ)
(無茶をし意識的に傷ついたが)

3話 神がそれを望まれる

「天才とマッドは紙一重と言うが、対話すら成立しないとは!」(ターニャ)

 

「奇跡など、観測と体系化が不十分ゆえの錯覚。言うなれば、素晴らしき勘違いです!」(ターニャ)

 

「悪質すぎるマッチポンプ。どこまで、クソッタレなんだ!」(ターニャ)

 

「これは確かに性能だけ見れば素晴らしい。素晴らしいが、呪われている!」(ターニャ)

 

4話 キャンパス・ライフ

「あの存在Xを撃ち殺す好機が、いつ訪れるかもしれん。好機への備えは怠るべきではないし、怠ることなど不可能!」(ターニャ)
(大学内でも常にライフルを手放さない理由)

 

「しまった! 大変まずい! 実にまずい! うかつな口を撃ち抜きたい!」(ターニャ)

 

「精神的に無防備になった相手を説得すべき。そう主張したファシストは悪魔的天才だな!」(ターニャ)

 

「もはや形骸化して久しい職務だが、制度上は利用できる。全て手はずは整えた!」(ゼートゥーア)

 

「どう見てもブラックな求人広告。こんな地獄の片道ツアーに、なぜ応募する?」(ターニャ)

 

5話 はじまりの大隊

「優秀すぎる副官も問題だな。こんなことならライン戦線に残しておけば良かった!」(ターニャ)
(副官・ヴィーシャについて)

 

「やっぱりこうなるか!」(ヴィーシャ)
(ターニャが行う新兵訓練の厳しさを見て)

 

「あっと言う間の36時間だったな! 優秀の諸君のことだ、まだまだ遊び足りないだろ!?」(ターニャ)
(新兵の訓練は続く)

 

「どうしてこうなった? 私はなぜあんなことを。記憶が曖昧だ。訓練中に95式を起動しすぎたせいか? 精神汚染検査が必要だな」(ターニャ)

 

「さて大隊諸君、戦争だ! いや、戦争のような代物の始まりだ! ではジェントルマン諸君、スポーツの時間だ!」(ターニャ)

 

「あれに撃墜される魔道士がいれば、敵より先に私が殺してやる!」(ターニャ)

 

「ダキアには足を向けて寝れんな! 実弾演習に協力してもらったばかりか、訓練後の花火まで用意してくれるとは!」(ターニャ)

6話 狂気の幕開け

「ふん! 有能な指揮官ぶりをアピールするのも難しいものだな!」(ターニャ)

 

「少尉、隊を率いて迎撃しろ。悪いが、私はあれを独り占めだ! 実は空軍でもエースになりたいと思っていた所でな」(ターニャ)

 

「こんにちは。そして、さようなら!」(ターニャ)

 

7話 フィヨルドの攻防

「しかし攻勢に出た所で物資が枯渇し、ほどなく攻勢限界に直面します。物資と兵員を浪費し、敵を喜ばせる義理もありません」(ターニャ)
(北方戦線について)

 

「失礼しました。西方では友軍が泥をすすって飢えに苦しんでおりましたが、ここ北方の司令部はずいぶんと恵まれているようでしたので、つい」(ターニャ)

 

「もはや我が国は、若者に死んでくれとしか言えぬ状況だ。なればこそ、大人の我々も、戦い続けねばなるまい」(アンソン)

 

「オーバーワークもはなはだしいが、契約が違うと飛び去る訳にもいかんしな!」(ターニャ)

8話 火の試練

「晴れ時々、砲弾日和。本日も視界良好につき、血で血を洗う激戦が繰り広げられています。やっと協商連合が片付いたと思ったら、おはようからおそようまで砲弾と一緒の最前線勤務。隣で寝ていた戦友が、朝起きると死んでいることもまれにある」

「それがライン戦線の日常です」(ターニャ)

 

「貴様1人抜けた所で問題は無い! 足手まといになるくらいなら、被弾した連中をまとめて帰還しろ!」(ターニャ)

 

「貴様は考えすぎるのだ。躊躇したのだろ、この大馬鹿者め! 帰ったら、覚悟しておけ!」(ターニャ)

 

「逃した敵は、また銃を取るのだ。我々を撃つためにな!」(ターニャ)

 

「これは上からの命令だ。敵は撃たねば撃たれるのだ! 少なくとも、撃つなと言われるまでは撃たねばならん!」(ターニャ)

 

9話 前進準備

「勝利では無く敗北を避ける。これ以外に、最後まで立っているのは困難かと。出来るだけ多くの敵兵を徹底的して叩き、敵の戦争継続能力を粉砕する」

「それが、戦争終結への唯一の道です」(ゼートゥーア)

 

「ええ、天の災いです。片道切符で地獄行きの代物ですよ」(ターニャ)

 

「やるしか無い! やるしか無いのであれば、成功させねばならない!」(ターニャ)

 

「安全な後方で出世するはずが、どうして!! 全ては、全ては存在Xのせいだ。あのクソッタレに市場原理を叩き込むまでは、何があろうと死ぬわけにはいかない!」

「生きて絶対に、絶対に終わらせる!」(ターニャ)

 

10話 勝利への道

「敵援軍を考慮して、タイミリミットは10分だ。襲撃後は全速離脱せよ。総員、突入だ!」(ターニャ)

 

「どうぞ、さらなる続報をお待ち下さい!」(ゼートゥーア)
(会議で作戦の不満を話す相手に成功報告の後)

 

「分かっているとは思うが、帰るまでが遠足だ! 勝利の宴に参加しない内にヴァルハラへの抜け駆けは、許さんぞ!」(ターニャ)

 

「平和さえ戻ってくれば、全ては日常によって置換されるはず。だからもう少し、もう少しの辛抱だ! この一撃で、後わずかで、戦争を終わらせられる!」(ターニャ)

 

11話 抵抗者

「捕捉された以上は追撃される。ケツをほられるよりはマシだ!」(ターニャ)

 

「勝ち戦のはずが、何とも情けないな!」(ターニャ)
(全体としては圧倒的勝利だがターニャの部隊は敵の奇襲を受ける)

 

「我々は……我々は戦争を終わらせる機会を、逃したんだぞ」(ターニャ)

 

12話 勝利の使い方

「帝国の勝利と栄光も、この瞬間だけは本物なのかもしれません。勝利。それは何とも魅惑的であります。誰もがその美酒を口にしたいと思うのは当然です」

「しかし、なぜ参謀本部は、その勝利を活用なさらないのでしょう」(ターニャ)

 

「参謀本部の皆様は、あまりに合理的すぎるのです。ゆえに、完全に見落としておられるのです。人間という存在は、合理性だけでは動かない、おろかな生き物であるということを」(ターニャ)

 

「いかに近代化が進もうとも、いかに社会規範が浸透しようとも、人間は時として合理性よりも、感情を優先するおろかな存在であるということを。憎悪にとらわれた人間は、打算を、合理性を、損得すら抜きに、どこまでもあらがい続けます」(ターニャ)

 

「だからこそ小官は申し上げずにはいられないのです。我々は、かりそめの勝利になぞ酔いしれるべきではない。憎悪の火は全て、消し去らねばならないと」(ターニャ)

 

「かくして、なんたる矛盾だろうか? 皮肉なことに平和への願いによって、戦争は静まるどころか、激化の一途をたどっていく」(ターニャ)

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
幼女戦記3巻セット[Blu-ray]

 

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました