映画「機動戦士ガンダムSEED FREEDOM(シードフリーダム)」の名言・台詞まとめ

アニメ映画「機動戦士ガンダムSEED FREEDOM(シードフリーダム)」の名言・台詞をまとめていきます。

 

機動戦士ガンダムSEED FREEDOM

「(一緒に?) ダメだ、戦場を広げたくない」(キラ・ヤマト)

 

「(デストロイ?) またこんなものを…」(キラ)

 

「(援護?) 何言ってんの」
「私の機体(ギャン)は近接戦用、援護はあなたよ!」(アグネス・ギーベンラート)

 

「クソ…出る幕ないじゃん」(シン・アスカ)

 

「これ以上の戦闘継続は市民への被害があります」
「形勢が変わればこれか…」(キラ)

 

「なぜ分からないんだ!」(キラ)

 

「あいつら、こんなこといつまで続けるんスか?」
「最初っから帰還を想定しない作戦なんて、パイロットも機体ももちませんよ!」(シン)

 

「でも続いてる」
「だから問題なんだ」(キラ)

 

「憎しみを忘れられんのは愚か者と理解してはいても、やはり我等も感情に支配される」
「失ったものがあまりに大きすぎましたからな」(ワルター・ド・ラメント)

 

「(不思議な男?) 優しいのです、彼は…」(ラクス・クライン)

 

「だから早く、自由にしてあげなくては」
「優しさが彼を壊してしまう前に…」(ラクス)

 

 

「わたくし達はデュランダル議長の示す未来を否定しました」
「ですが、その可能性に惹かれる人達も多いはずです」(ラクス)

 

「その人達までも否定することは出来ません」(ラクス)

 

「望まれたからではないのです」
「わたくしも望むのです」
「あなた(キラ)と共に戦うことを」(ラクス)

 

「(敵を圧倒する力?) そんなんじゃないです」
「でも、僕達は何も守れてない…」(キラ)

 

「この戦いは終わりが見えない、人は簡単には変われない」
「何が出来て、何が出来ないのかも分かってない」(キラ)

 

「僕に出来ることは…」
「誰かがやらなきゃいけないんだ」
「誰かがやらないと…」(キラ)

 

「ようやくお会い出来ましたね、ラクス・クライン」
「私はあなたの運命…共に世界を導く者」(オルフェ・ラム・タオ)

 

「世界を統べるのは力のある者だけだ」
「お前にその力があるのか?」(シュラ・サーペンタイン)
「そんな世界、人は望まない!」(キラ)

 

「人は争いを望んでいない」
「しかし一方で、争いはなくならない」(オルフェ)

 

「コーディネイターもナチュラルも、同じ人間なのですけどね」
「悲しいことです。人はそんな些細なことを争う理由にする」(オルフェ)

 

「でも僕はこう思うのです」
「些細な違いが問題なのではなく、真に公正ではない社会が問題ではないかと」(オルフェ)

 

「彼女を追う資格が君にあるのかな?」
「失礼だが、君は彼女にふさわしくない」(オルフェ)

 

「破壊・憎しみ、そして死」
「君が生み出すのはそんなものばかりだ」(オルフェ)

 

「みんな決めてほしいんだよ」
「自分に出来ること、望まれることを」(オルフェ)

 

 

「彼女はそんな世界を導く光だよ」
「その傍らに立てるのは、同じく世界を導く者だ」(オルフェ)

 

「私なら出来る」
「彼女の望む世界、戦いの連鎖もない、安定と調和の世界を創り出すことが私には!」(オルフェ)

 

「どうすれば、これら全てが終わるのでしょう?」
「誰も戦わず、許し合って暮らすことが、なぜこんなにも難しいのでしょう?」(ラクス)

 

「私はオルフェ・ラム・タオ」
「あなたと対になり、この世界に平和を取り戻すことが出来る者」(オルフェ)

 

「(フェムテク装甲?) そのとおり、見たら死ね!」(リュー・シェンチアン)

 

「(狙撃が出来ない?) そんなの、やってみなきゃ!」(ルナマリア・ホーク)

 

「貴様は勝てない」
「それがお前の運命(さだめ)だからだ!」(シュラ)

 

「すまん、待たせた」(ムウ・ラ・フラガ)
「遅いわよ…」(マリュー・ラミアス)

 

「なんで帰ってこないのよ」
「シンのバカ…」(ルナマリア)

 

「我々も遺伝子操作によって創られた究極のコーディネイター」
「”アコード”だ!」(オルフェ)

 

「遺伝子に刻まれたその役割は、人類の調停者として世界を導く者」
「我等はそのために生を受けた」(オルフェ)

 

「あなた(ラクス)は人々のために生まれた」
「全ての民に愛され彼等に道を示すために」
「そのように私が創った」(アウラ・マハ・ハイバル)

 

「わたくしの愛する人は、あなたではありません!」(ラクス)

 

「必要だから…必要だから愛するのではありません」
「愛しているから必要なのです!」(ラクス)

 

「つまり、ここにいる私達はみんな死人も同然…ってことよね」(ラミアス)

 

 

「無駄だよ…」
「どうせ同じだ、僕等が何をやっても…」(キラ)

 

「結局また繰り返しだ」
「あんなに苦しんで、迷って・戦って…戦って戦って!」(キラ)

 

「でも、何も変わらない…」
「それは僕が間違ってるからなのか!?」(キラ)

 

「くだらない泣き言はやめろ!」
「”自分が自分が”ばっかりで、彼女の気持ちなんか1つも考えてないだろう」
「お前は!」(アスラン・ザラ)

 

「もういい!」
「そんなに戦うのが嫌ならここでイジイジ腐ってろ!」(アスラン)

 

「やらせときな」
「ヘタレたやろうは修正してやるのが友達ってもんさ」(ヒルダ・ハーケン)

 

「なんで言わない? 頼まない、誰かに!」
「お前1人で何が出来る!」(アスラン)

 

「ラクスに会いたい…」(キラ)

 

「ラクス…ただ隣で笑っていてほしいだけなのに…」
「僕にはもう、どうしたらいいのか分からない!」(キラ)

 

「しばらく会わないうちに、ラクスは随分変わったんだな」(アスラン)

 

「こうしてやらないと幸せになれないとか、出来ないとダメとか」
「俺の知ってるラクスはそんなこと言わなかったはずだ」(アスラン)

 

「不安なら会って聞いてみろよ」
「行こう、キラ」(アスラン)

 

「ラクスを助けよう、俺達で」
「言葉にしないと伝えられないこともあるから」(アスラン)

 

「デスティニー!」
「(心もとない?) いや、これさえあればあんな奴等なんかに!」(シン)

 

「シン! バカ! バカ、もう!」
「死んだかと思ったじゃないの!」(ルナマリア)

 

「では、ラミアス館長」
「この船は、今はコンパスでもザフトでもない」
「反逆者…いわば海賊です」(アレクセイ・コノエ)

 

 

「それにふさわしい戦い方を知る者がこの席に座るべきだ」(コノエ)

 

「お父様、民をお守り下さい…キラ」(カガリ・ユラ・アスハ)

 

「残念だったね、僕はまだ生きている」
「自分の国民を犠牲にしてまで殺そうとしたのにね」(キラ)

 

「君達は人類を導く者なんかじゃない」
「ただの殺戮者だ」(キラ)

 

「僕達は真実を知っている、証拠もある」
「世界中にそのことを訴える、君達の負けだ!」(キラ)

 

「アコードか何か知らないが、虐殺者のたくらみは絶対に潰す!」(キラ)

 

「どんな命にも、自らが生きる道を選ぶ権利があると思います」
「わたくしが望んだ運命(さだめ)ではありません」(ラクス)

 

「(失敗作?) わたくしが愛すると決めた人だからです」(ラクス)

 

「愛に資格はありません」
「それもお分かりになりませんか?」(ラクス)

 

「力で人を従えても、心は決して従えることは出来ません」
「何をされても、わたくしの中からキラを消すことは出来ません」(ラクス)

 

「あなたの愛する”ラクス・クライン”は、わたくしではありません」(ラクス)

 

「ナメるなーっ!」(シン)
「私だって!」(ルナマリア)

 

「心を読めるんじゃなかったのか?」
「使えないな」(アスラン)

 

「その目が見えなくても、声が失われてもラクスはラクスだ」
「僕はその全てを愛している!」(キラ)

 

「今度は負けない、僕は1人じゃないから」(キラ)

 

「やれやれ…不可能を可能にするのもつらいよねえ」(ムウ)

 

「こないだはジャスティスだったから負けたんだ」
「デスティニーならお前らなんかに!」(シン)

 

 

「彼等の提案する公正で平等な社会とは、デスティニープランによる統治であり」
「かつて申し上げたとおり、わたくしがそれを受け入れることはありません」(ラクス)

 

「失敗も、変化も、夢も、全てが許されない世界」
「人の価値を遺伝子で決める社会」
「わたくしは自分の価値を他人に委ねはしません」(ラクス)

 

「ましてそれを暴力や恐怖で人に強制するなど」
「決して許されることではないのです」(ラクス)

 

「どんな命にも、自らの運命を決める自由があります」
「わたくしもそのために戦います」(ラクス)

 

「あなたを愛してもいない者に、決してあなたの価値を決めさせてはいけません」(ラクス)

 

「わたくしも出撃します、許可を」
「これをキラに届けなければ」
「それはわたくしがすべきことなのです」(ラクス)

 

「いいじゃないですか」
「見ているだけの方がよっぽどつらいってこともあるんですよ」(メイリン・ホーク)

 

「時代錯誤のバカ者共が!」(イザーク・ジュール)

 

「モビルスーツの性能で強さが決まるわけじゃない!」(キラ)

 

「だけど僕にも武器がある」
「ラクスの愛だ!」(キラ)

 

「貴様のようなゴミがラクスの名を口にするなど」
「百万回殺してもその罪は消えぬ!」(オルフェ)

 

「昔から人の彼氏にちょっかい出してたよね、あんた」(ルナマリア)

 

「何が悪いの? 男ならみんな私のこと好きなはずよ」
「ひがまないでよね!」(アグネス)

 

「わたくしの意志は、あなたと共にあります」
「幾久しく、よろしくお願いします」(ラクス)

 

 

「そうまでして私を拒むか…ならばその愚鈍な愛と共に滅びるがいい!」(オルフェ)

 

「そんな寝ぼけた分身が、通用するか!」
「分身はこうやるんだーっ!」(シン)

 

「はあ? 好きだけど! 悪い?」(ルナマリア)

 

「大きなお世話!」
「好きじゃなくてなんで付き合うのよ!」(ルナマリア)

 

「目標、敵旗艦。ぶつけてでも落とす!」(ラミアス)

 

「(死者の恨み?) 忘れてねえよ」(ディアッカ・エルスマン)
「だからこそ、こんなことはもうやめねばならんのだ…」(イザーク)

 

「強さは力じゃない、生きる意志だ!」(アスラン)

 

「命に優れている劣っているはありません」
「誰もが誰かにとって尊い存在です」(ラクス)

 

「必ず誰かがあなたを見ています」
「今ではなくとも、未来にいる誰か」
「あまりに近すぎて、気づかない誰かが」(ラクス)

 

「未来などいい」
「私は今あなたが欲しい!」(オルフェ)

 

「人は必要から生まれるのではありません」
「愛から生まれるのです」(ラクス)

 

「僕は自分の手で未来を選ぶ!」(キラ)

 

「つなぐ2人の手のために、その手を強くするために」
「互いのことを知りましょう」(ラクス)

 

「話します」
「わたくしの心にある、たくさんのこと…小さなことを」(ラクス)

 

「だから、あなたもわたくしに話して下さい」
「あなたの心の中にある、たくさんの…小さなことを」(ラクス)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 
スポンサーリンク
 
 
 
アマゾンリンク
機動戦士ガンダムSEED [Blu-ray]
機動戦士ガンダムSEED DESTINY [Blu-ray]

コミックシーモアリンク
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

 

→ガンダムSEED FREEDOMのインデックス