「ワールドトリガー」の名言・台詞まとめ

アニメ「ワールドトリガー」の名言・台詞をまとめていきます。

ワールドトリガー

1話

「いや、日本も意外と危険だな」(空閑遊真)

 

「つまんない嘘つくね、お前。俺と仲良くなりたいのか?」(遊真)

 

「とにかく(あいつらと)同じ土俵に上がらないことだ」(三雲修)
「へえ、日本だとそうなのか? 今までいたどの国でも、やり返さなきゃやられっぱなしなのが当たり前だったけどな」(遊真)

 

「寄ってたかって卑怯な!?」(修)
「いや、数はケンカの基本でしょ。メガネ君なんで着いてきたの、弱いのに?」(遊真)

 

「助ける? 俺が、何で? メガネ君が自分から首つっこんで来たんだから、自分で何とかしなきゃ」(遊真)

 

「僕はあいつを助ける! 空閑は避難しろ!」(修)
「おいおい、あいつら自業自得じゃん。何でお前が助けに行くんだ?」(遊真)
「僕が、そうするべきだと思ってるからだ!」(修)

 

「こっちの世界もバカはたくさんいるみたいだけど、あいつは特別だな」(遊真)

 

「レプリカ、トリガー使っていいか?」(遊真)
「それを決めるのは私ではない、遊真自身だ」(レプリカ)

 

「それはこっちの世界での話だろ。俺は門(ゲート)の向こうの世界から来た、お前らのいうところの、近界民(ネイバー)ってやつだ」(遊真)

 

2話

「ネイバーといえばデタラメと言われ、日本人といえば怪しいと言われる」(遊真)

 

「やりすぎ? そんなはずないだろ? 全部向こうの言う通りにしたんだから、納得しなきゃおかしいじゃんか?」(遊真)

 

「日本のルールはよく分からんけど、相手がルールを守るとは限んないじゃん。そういう場合はどうすりゃいいの?」(遊真)

 

「『ルールってのは世界を回すためにある、お前を守るためじゃない』。親父が昔そう言ってた。いざって時に自分を守れるのは、自分の力だろ」(遊真)

 

「だったら……修が俺に日本のこと教えてくれよ」
「日本のことが分かれば、俺はもっと上手くやれるかもしれない、だろ?」(遊真)

 

「なあ修。やっぱりこいつらもぶっ飛ばしちゃダメなのか?」
「日本は悪い奴に優しい国だな」(遊真)

 

「要するにあれだな。初めて会ったボーダーが修で、俺は超ラッキーだったってことだな」(遊真)

 

3話

「行くか行かないか、決めるのは修だ。でも、俺は行かない方がいいと思う」(遊真)

 

「思い出せ! 僕はなぜボーダーに入った!?」
「空閑は避難しろ、僕は助けに行く。勝ち目が薄いからって、逃げる訳にはいかない!」(修)

 

4話

「俺はああいう、たいしたことしてないくせに偉そうな奴が大嫌いなんだ」(遊真)

 

「私は、防衛隊員。戦って市民を守るだけよ」(藍)

 

「僕は街の人を助けに行く。武器が無くても、やれることはあるはずだ!」(修)

 

5話

「言っただろ、お前と修じゃ勝負になんないって。あいつは、お前と見てるもんが違うよ」(遊真)

 

「ネイバーは、我々の敵だ」(城戸正宗)

 

6話

「お前を捕まえるつもりもない。俺は向こうに何回か行ったことがあるし、ネイバーにいい奴がいることも知ってるよ」

「ただ、俺のサイドエフェクトがそう言ったから、ちょっと聞いてみただけだ」(迅悠一)

 

「俺の経験からいってパワーアップ出来る時にしておかないと、いざって時に、後悔するぞ」(迅)

 

「自信を持て、僕はもうC級じゃない、B級隊員なんだ。このくらいの戦闘、1人でこなせずにどうする!?」(修)

7話

「そんな立派な理由じゃない。僕がボーダーに入ろうと思ったのは……何も出来ない自分に、腹が立ったからだ」(修)

 

8話

「考え方を変えましょうよ。そのブラックトリガーが、味方になるとしたら、どうです?」(迅)

 

9話

「俺が6歳の時に聞かされた、親父の3つの教えってのがあるんだけど」
「その1、自分のことは自分で守れ」
「その2、正解は一つじゃない」
「そしてその3、親の言うことが正しいと思うな」(遊真)

 

「いろいろ考えたけど、こういう場合は、やっぱシンプルなやり方が一番だな」
「遊真、お前、ボーダーに入んない?」(迅)

 

10話

「別にいいさ、決めるのは本人だ。お前が後悔しないようにやればいい」(迅)

 

11話

「願わくば修、遊真に目的を与えてやって欲しい。遊真には、それが必要だ」(レプリカ)

 

「これからも、きっと楽しいことはたくさんあるさ……お前の人生には」(迅)

 

「いろいろ考えたけど、やっぱり私、兄さん達を探しに行きたい。他の人に任せるんじゃなくて、自分でも探しに行きたいの」(雨取千佳)

 

「分かってます。私なんかが何をやったって、全部、意味ないかもしれないって。でも、じっとしてられないんです。ちょっとでも、可能性があるなら」(千佳)

 

「僕は、ただ、自分がそうするべきだと思ったことから、一度でも逃げたら、きっと、本当に戦わなきゃいけない時にも逃げるようになる。自分がそういう人間だって知ってるんだ」

「だから、僕は人のためにやってる訳じゃない。自分のためにやってるんだ」(修)
「けど、やばい時は逃げないと、そのうち死ぬぞ。逃げるのも戦いのうちだ」(遊真)

12話

「トリガーは、単なる武器じゃない。ネイバー文明の根幹を支える、テクノロジーなんだ」
「て昔、林藤支部長が言ってた」(烏丸京介)

 

「じゃあ、俺に勝てたら先輩って呼んであげるよ、小南」(遊真)
「いいわ、じゃあ私も、あんたが勝てたらちゃんと名前で呼んであげるわ」
「ぶっ潰す」(小南桐絵)

 

13話

「ここまで本気のお前は久々に見るな。面白い、お前の予知を覆したくなった」(太刀川慶)

 

14話

「お前がネイバーを憎む理由は知っている」
「恨みを捨てろとか言う気は無い。ただ、お前とは違うやり方で、戦う人間もいるってことだ」(嵐山准)

 

「外れる弾なんか撃てるかよ。スナイパーとしてのプライドが許さねえ。かわされるのは仕方ない? そんなだからいつまでたっても、ナンバー2なんだよお前は!」(当真勇)

 

15話

「あんた達は強い。ブラックトリガーに勝ってもおかしくないけど……風刃と俺のサイドエフェクトは、相性が良すぎるんだ、悪いな」(迅)

 

16話

「親しい人を失うつらさはよく分かってるはずだ。ネイバーの危険さも、大事な人を失うつらさも分かった上で、迅には迅の考えがあるんだと俺は思うぞ」(嵐山)

 

「俺は別にあんた達に勝ちたい訳じゃない。ボーダーの主導権争いをする気もない。後輩達の戦いを、あんた達に邪魔されたくないだけだ」(迅)

 

「大丈夫だ。未来はもう動き出してる」(迅)

 

18話

「修だって、別に今すぐ勝てるとは思ってないだろう。先のことを考えて、経験を詰んでんだよ」(遊真)

「ダメでもともと負けても経験、三流の考えそうなことね。勝つつもりでやらなきゃ、勝つための経験は詰めないわ」(藍)

 

「お前は弱いけどバカじゃない。発想と工夫を反映できるシューターの方が合っていると、俺は思う」(烏丸)

 

19話

「子供が想像するより、世界は残酷だという話だ」(城戸)
「でもまあ、何か目的があった方がやる気でるでしょう。救出だろうが、復讐だろうが」(林藤匠)

 

20話

「だから代わりに俺がやる。お前が二度とつまんないことしないようにな」(遊真)

 

「自分の方が強いと思い込んでる奴は、勝てるはずの相手に負けるとムキになるから、ベストな動きが崩れて倒しやすくなる」

「しかも負ければ負けるほど、取り返そうとして熱くなるから、後はその隙をつくだけで簡単に勝てる」(遊真)

 

21話

「けど、戦いは迷ったら負けだ。ちょっとでもやばいと思ったら、使うぞ、俺は」(遊真)

 

22話

「今攻めて来てんのがこないだのラット騒ぎと同じ国の奴等だとしたら、ボーダーの戦力がだいたいどのくらいかは予想済みのはずだろ?」

「それでもまだ仕掛けて来たってことは、向こうに勝算があるってことだ。気を抜くなよ、修。戦いってのは、基本的に数の多い方が有利だ」(遊真)

 

「アタッカーの連携はガンナーよりシビアだ。慣れない奴が入ると逆に戦闘力が落ちる」
「じゃあ、勝手に突っ込んで死ね」
「それでお前の役目は終わりだ」(風間蒼也)

 

23話

「けどこのままじゃ、千佳がやばいんだろ?」
「出し惜しみしてる場合じゃない、一気に片付けるぞ」(遊真)

 

24話

「(加減なんて)やだよ、めんどくさい。どいつもこいつも、つまんない色の雑魚ばっか、全然やる気起きないよ」(天羽月彦)

 

「まず先にイメージがあって、体の動きがそれを追うんだ。体が勝手に動く訳じゃない。隙をついて反撃をねじ込むイメージが無きゃ、相手の隙に気づくことも出来ないぞ」(烏丸)

 

25話

「今度こそ、友達は……私が助ける!」(千佳)

 

「OK、新型なんてズタボロにしてやるわ」
「さあ、戦闘開始よ!」(小南)

 

「お前は、雨取を守れ。死ぬ気でだ!」(木崎レイジ)

 

26話

「未来を決めるのは、勝敗だけじゃあないからな」(迅)

 

27話

「こっちはチームなんで、悪いな」(米屋陽介)

 

30話

「チームで戦う時は、仲間の火力に自分の火力を合わせることを意識しろ。それが出来るのが、射程武器の強みだ」(烏丸)

 

31話

「ここまでいろんな人に助けてもらった。僕は、僕のやるべきことをやる。反省は全部終わってからだ。絶対に、千佳を助ける」(修)

 

「こんだけの手練相手にレプリカ無しじゃあ、どう見ても俺が劣勢。まあそれでも、修の邪魔はさせないけどな」(遊真)

 

「当然だ! 貴様のような奴を倒すため、我々は牙を研いできた!」(忍田真史)

 

「構わん。いずれにしろ、全て斬る」(忍田)

 

「貴様のトリガーは、火力よりも、その特殊性が武器だ。ネタが割れれば、強みを失う。貴様の敗因は、我々の前ではしゃぎ過ぎたことだ!」(忍田)

 

33話

「冗談じゃなく未来は、無限に広がってるんだよ。誰かの投げた小石が生んだ波紋が、それぞれに干渉しあい、次第に大きなうねりとなって未来を変えることもある」

「当然、俺なんかにその全ては読みきれないしな。ただ、誰かの意志ある行動は、確実に未来を変える。俺が確信を持って言えるのは、それだけなんだ」(迅)

 

「我々にこの手を出させたのは称賛してやろう。腕がいい、工夫もある、戦う力は持っている。だが、勝敗はそれ以前に決まっている」(ハイレイン)

 

「いや、今未来がまた動いた」
「お前の投げた石は、敵には届かなかったかもしれないが、生まれた波紋は、まだ生きている」(迅)

 

34話

「自分の力を見極めて、自分にやれることをやるんだ。戦場で自分の力を見誤ると、死ぬぞ」(空閑有吾)

 

35話

「修は、俺達を置いてどこにも行かないよ。あいつは面倒見の鬼だから」(遊真)

 

37話

「つらいことは誰かのせいにしたくなるのさ」(唐沢克己)

 

「別に味方ってほどのことは無いよ。ただ……」
「ヒーローにも反撃のチャンスが与えられるべきだろ」(唐沢)

 

38話

「将来的に被害が広がる可能性があったとしても、それが目の前の人間を見捨てていい理由にはならないと思います」(修)

 

「運命の分かれ目は、こちらの都合とは関係なくやって来ます。準備が整うまで待っていたら、僕はきっと、一生何も出来ません」

「僕はヒーローじゃない。誰もが納得するような結果は出せない。ただ、その時やるべきことを後悔しないようにやるだけです」(修)

 

39話

「なんでもかんでも教えるな。自分達で調べさせろ」
「自力で対策を練るのも、訓練の内だ。あいつらの戦いはもう、始まっている」(木崎)

 

42話

「誰かを助ける時、一番役に立つのは鍛え上げた自分の体だ。死んだ親父の受け売りだ」
「まず力強く、的確に動く体があって、その上でいろんな知恵や道具が役に立つんだと」(木崎)

 

「死んでしまえばそうともいえない。生きて帰れないなら、レスキューとして失格、それが親父の口癖だったし、俺もそう思う」

「尊敬はしている、でも同じ死に方は出来ない。俺が体を鍛えるのは、最後に生きて帰るため。お前を鍛えるのも、生き残らせるためだ。それを忘れるな」(木崎)

 

43話

「俺は別に凹んでないよ。みんなも同じように鍛えてるのは分かってる。全部が全部勝てるとは限らない。でも、だから強い人と勝負するのは面白い」(遊真)

 

「遊べよ、遊真。楽しいことはまだまだたくさんある」(林藤)

 

44話

「こんな原始的な戦いに、何を言うことがある。弱い奴が負ける、それだけの話だ」(ヒュース)

 

45話

「気持ちの強さは関係ないでしょう」
「勝負を決めるのは、戦力・戦術、後は運だ」(太刀川)

 

「もし、気持ちの強さで勝ち負けが左右されるってんなら、俺が一位になれるはずがない」(太刀川)

 

「付け焼き刃にやられる訳にはいかない」(村上鋼)

 

「最後まで粘って、いい勝負だったな」
「勘違いするなよ。俺は気合の乗った熱い勝負は大好物だ」

「けど、気持ちの強さで勝負が決まるって言っちまったら、じゃあ、負けた方の気持ちはショボかったのかって話になるだろ」(太刀川)

 

46話

「あいつの剣にだって、ちゃんと乗ってる。積み上げてきた重みってやつが」(迅)

 

「相手を崩す手を、考えられるだけ考えよう」
「その内一つでも相手の虚をつければ、そこで殺しきれる」(レプリカ)

 

47話

「負けたら即、作戦が悪かったってことにはなんない。結果だけ見て戦術を語るのは、意味ないぞ」(太刀川)

 

48話

「自分で解決するしかないことだろうけど……忘れないで置きなさい。悩み疲れた時には、帰れる場所があるってことを」(三雲香澄)

 

「修のおかげだな。あいつが俺に目的をくれなかったら、こんなに面白い毎日じゃなかっただろうな」(遊真)

「私も、修くんが背中を押してくれなかったら、私はきっと、こんな風に微笑みながら空を見上げることなんて出来なかった」(千佳)

 

「修は修だ、迅さんじゃない。だから俺が一緒にいるんだろ?」
「いくらでもあがけよ、相棒」(遊真)

 

53話

「やってみたかったんだよ、一度。ここは俺に任せてお前は先に行けってな」(米屋)

 

「俺はボーダー隊員として、当然のことをしただけだ」(三輪秀次)

 

60話

「ケンカしたらすぐに謝るんだ。それが人生を生きるコツだぞ」(林藤陽太郎)

 

64話

「無駄な経験など無い。あるのは、それを糧に出来るか出来ないかの差だけたって、親父は言ってた」(遊真)

 

65話

「武器が無いからこそ用心深くなる。お前がこの2試合勝ってこられたのは、下手に撃ち合わずに、状況を動かすことに専念したからだろ?」(烏丸)

 

69話

「あれぐらいで凹むなんてうぬぼれもいいとこです。努力なんて、一週間やそこらで実を結ぶものじゃありませんから」(藍)

 

70話

「墜ちたことをどうこういうつもりは無い。墜とされて学んでいくのがランク戦の存在意義だ」(風間)

 

「本当にチームを勝たせたいなら、自分の成長という不確かな要素だけじゃなく、もっと具体性のある手立てを用意する必要があった」

「隊長としての務めを果たせということだ」(風間)

 

71話

「人が撃てないのは、ある意味正常なことだ。戦いたいなら、少しずつ慣らしていくしかない」(木崎)

 

73話

「目の前の目標から目をそらして、方向の違う努力に時間を費やすっていうなら、それは単なる現実逃避よ」(藍)

 

「あなたがいつかやろうとしたみたいに、ガムシャラな努力と根性でなんとかなるのは、少年マンガの中だけなのよ」(藍)

 

「負けが続けば、無償の優しさはいずれ重荷に変わります。特に、彼のような人間にとっては」(藍)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

アマゾンリンク
Kindle Unlimited(読み放題)
ワールドトリガー 1巻 (Kindle)

 

→ワールドトリガー(2期&3期)
→ワールドトリガー(迅悠一)
→ワールドトリガー(空閑遊真)
→ワールドトリガー(三雲修)

→アニメの名言インデックス

タイトルとURLをコピーしました