「色づく世界の明日から」の名言まとめました

アニメ「色づく世界の明日から」の名言をまとめていきます。

色づく世界の明日から

1話 キミノイクベキトコロ

「いつからだろう、花火を楽しめなくなったのは?」
「母と一緒に見た花火は、赤・青・黄・緑・オレンジ、全てが美しかったのに」

「私は大きくなって、大事な人は遠く離れて、いつの間にか、世界は、色を失っていた」

叔母と約束して花火を見に来ている月白瞳美。
しかし瞳美は色を見ることが出来ず、その表情は暗かった。

 

「私は大丈夫。一人でも平気。言い続けている内に、だんだん本当になっていく」
これも魔法のせいなのかもしれない。自分を守るささやかな魔法」
「魔法なんて、大嫌い!」

魔法が使える一族に生まれた瞳美。
クラスメイトと接点を持たないことも、それを理由と思いたがる。

 

「同じだ! 海と山。おばあちゃん家の近くの」
「同じだけど、ちょっと違う。違うけど、ちょっと同じ」

「本当に来たんだ、私!」

開けた場所に来た瞳美。
そこからの景色を見て、改めて過去に来たことを実感する。

2話 魔法なんて大キライ

「話しても、信じてもらえるかどうか?」
「魔法のせい、なんです」

唯翔が描いている絵では、色を見ることが出来た瞳美。
もう一度絵を見たかったが、唯翔は自分の部屋への不法侵入者として警戒する。
そして理由を聞かれたので、仕方なく事実を話す瞳美だったのだが。

 

「いえ。ちょっと、取り調べを受けたような気分で」

まほう屋に帰ってきた瞳美は疲れ切っていたので、驚いた琥珀の母親。
唯翔の話し方を取り調べの様に瞳美は感じてしまう。

 

「やっぱり、もっとちゃんと断ればよかった」
「1人でいたいだけなのに、私は何をしにここに来たんだろう?」

まほう屋の人達のすすめで、高校に通うことになった瞳美。
断ることも出来ず、すべきことも分からず悩む瞳美だった。

 

「やっぱり、魔法なんて大嫌い!」

瞳美は魔法を見せたが、みんなを失望させるレベルしか出来ない。
いたたまれなくなった瞳美は逃げるように、その場を立ち去り1人になる。

 

「あの絵は、私にとって特別なんです。あの絵は、私に忘れていた色を見せてくれました」
「灰色だった私の世界に、一瞬光りが差したんです!」

もう一度絵を見せてくれるようにお願いする瞳美だが、唯翔は絵を見せることを嫌がる。
しかし瞳美は絵を見る目的が、単なる興味本位だけではないことを話していく。
唯翔の絵を見せてもらうことが出来たが、色が広がることは無かった。

 

「また見せてよ、魔法! 星とか出せるのって、結構すごいと思うよ」
「俺の絵なんかよりもすごいって、絶対に!」

「いつか、でいいから!」

色を見ることが出来ず、落ち込んで帰ろうとする瞳美。
その時に唯翔は、また魔法を見せてくれることをお願いする。

 

「あんな風に言われるなんて、思っても見なかった」
「私の魔法を喜んでくれる人がいるなんて」

「魔法なんて、大嫌い!」

唯翔の言葉を聞いた瞳美は、魔法に対する気持ちに少し変化を見せる。
最後の言葉は同じでも、その声色は違っていた。

 

3話 No Rain,No Rainbow

「初心者の内は、こういうの使った方が、集中力をコントロールしやすいのよ!」

魔法を琥珀の母親に教えてもらっている瞳美。
何も持たない時に失敗したため、お菓子を杖代わりすることを提案される。

 

「あれ? 餌付けされてる?」

魔法はちょっと反応したが、結局、失敗に終わった瞳美。
それでもお菓子をもらったため、違うことを考えてしまう。

 

「色の無い世界なんて、上手く想像できないよ!」

瞳美から色が見えないことを聞いた唯翔。
意味は理解できても、実際の世界として想像は難しい。

 

「ちゃんと顔を合わせて、ちゃんと話をしなきゃダメ」
「魔法と一緒。思い込みが肝心!」

授業が終わると、逃げるように屋上に来た瞳美。
しかしもう一度、向き合うことを決心する。

スポンサーリンク

4話 おばあちゃんはヤメテ!

「私は、かわいい魔法も大好きですよ」
「魔法が使えるなんて、ちょっぴりうらやましいです!」

琥珀が見せた魔法は、トラブルもあったが圧倒的なもの。
自分との違いを感じている瞳美に対して、あさぎはフォローを入れる。

 

「でもさ、先のことなんて分からない方が、ワクワクすると思わない?」
「これから一緒に考えようよ。魔法使い同士、協力しあえばきっと何とかなるはず!」

瞳美は琥珀に、先のことが分からない不安を話した。
しかし琥珀は、それすらプラスにしか考えない。

 

「瞳美~! そろそろその『おばあちゃん』っての止めてくれない?」
「琥珀って呼んで~!」

瞳美はクセのように、琥珀のことを「おばあちゃん」と呼び続ける。
さすがの琥珀も、それには参っていた。

 

「じゃあ、下の名前で呼んだらどうですか?」

瞳美と琥珀は同じ「月白」のため、呼ぶ度に2人が返事する状態。
それをややこしいと考えた将に対してあさぎは軽く言うが、これは結構たいへん。

 

「モノクロ写真って水墨画と同じで」
「色彩が無い分、見ている人のイメージが広がるような気がする」

「色が少ない方が、大事なものがよく分かるのかもしれない」

モノクロ写真で夜景を撮っている瞳美。
いつもと変わらない世界だが、唯翔はその良さを語りだす。

 

「私は、みんなの笑顔が見たいの。魔法でたくさんの幸せな笑顔を届けたい」
「せっかく神様から授かった力だもの。世界にお返ししなきゃね!」

琥珀はちょっとしたイタズラをして、瞳美から注意される。
その時に琥珀は、自分にとっての魔法の考え方を話していく。

 

5話 ささやかなレシピ

「否定文、禁止! これは瞳美にとっても大切な問題なんでしょ!」

唯翔のために瞳美自身で星砂を作ることを提案する琥珀。
自分には無理と話しそうになる瞳美に対して、琥珀はその意味を話していく。

 

「茶色い!!」

他のメンバーが到着し料理を並べると、唐揚げ・ポテト・餃子など。
華やかなものをイメージしていたあさぎは、その光景に絶句する。

 

「将くんって、そんなんだからテーブルの上も茶色にしちゃうんです!」

みんなの前で瞳美の話をして、あさぎにも瞳美を見習うように話した将。
それを聞いたあさぎは急に敬語になり、茶色にこだわりながら怒りだす。

 

「だけど、占いってヒントでしかないよ。未来を決めるのは、いつも自分!」

みんなから少し離れ、涙ぐむあさぎ。
そこに来た琥珀は、占いの意味を話していく。

 

「私も、変わりたいな!」

同じと思っていた瞳美が変わってきたことを、感じているあさぎ。
自分も変わることを願うのだった。

 

6話 金色のサカナ

「自覚が無いのに魔法が使えるなんて、魔法使いとしてはかなり凄いよ」
でも、危険でもある」

瞳美から絵の中に入ったことを聞いた琥珀。
瞳美の才能に驚くと同時に、その危険性も指摘する。

 

「怒られるのも、無視されるよりはずっといいんじゃない。仲良くなれる気がするじゃん!」

唯翔に怒られて落ち込んでる瞳美。それを見た琥珀は少し視点を変えてみる。
好きの反対は無関心ですからね。

 

「お決まりの笑顔ばっかじゃ、つまんないもん!」
「それにね。絆って、少し叩いた方が強くなるのよ!」

昨日の撮影会は途中で唯翔が帰ったため、全体的に気まずい空気になる。
しかし胡桃はその雰囲気を写真に撮っていた。
瞳美に対して、今回の件もマイナスばかりで無いことをアドバイスする。

7話 ヴィーナスの重荷

「うつむいてるだけじゃ、何も変わらないよ。大事なのは、これからだから!」

一度は色が見えるようになった瞳美だが、また見えなくなる。
みんなに話したいと考える瞳美だがキッカケをつかめな。
琥珀は過去よりこれからの大事さを話していく。

 

「でも楽しいんだよね!」
「好きなことやって、喜んでくれる人がいて。それだけで頑張れるもん!」

胡桃の姉は自分の目標だったパティシエとして働いていた。
忙しい毎日で休日も研究に使っているが、楽しいと胡桃に話していく。

 

「似てないよ、全然。お姉ちゃんと違って、私はなんもないから」

千草より姉のことを聞かれ、似ていると聞いた胡桃。
その時に全然違うことを話し、いつもは明るい胡桃だがいろいろ悩みを抱えていた。

 

「2人共、なんかお姉ちゃんと同じ顔してる」
「うん。私の憧れ」

心配して来た瞳美に対して、将と唯翔は目標を持って頑張ってると話す胡桃。
それは自分には何も目標が無いことに対する焦りでもある。

 

「何も無くてもいいんじゃない? こんだけいい顔できるんだから!」

胡桃が瞳美に話していたことを、偶然聞いていた千草。
胡桃の写真をまとめた物を見せ、本人の良さを語りだす。

 

「いや、走れば行けますって!」
「そんなもん、置いてけ~!」

イレギュラーにより、撮りたいものに間に合うのが厳しくなる。
その時に千草は荷物を置いて走ることを提案し、すぐにみんな走り出す。

 

「好きの度合いなんてみんな違うし、他にもっと好きなもの出来るかもしれないし」
「そんなの、今すぐ決めつけなくてもいいじゃん。焦んなくても大丈夫っすよ、先輩なら!」

走りながら胡桃に話しかける千草。
しかし最後は、少し茶化していく。

 

「ごめんなさい。何だか、グダグダ過ぎて!」

必死で走ったが、結局間に合わなかったメンバー達。
それでもめてる胡桃と千草を見て瞳美が笑い、そしてメンバーも笑いに包まれる。

 

8話 ほころびのカケラ

「大丈夫! 言えるまで待ってるよ!」

瞳美の色が見えない原因は、魔法にあると考える琥珀。
その秘密を解くため、唯翔との関係を言うまで許さない琥珀だった。

 

「相変わらずが続くのって、つらくないですか?」
「いいんです、今のままで」「告白とかって、気持ちの押しつけみたいな気がしてしまって」

ふざけあってる胡桃と千草を見たあさぎは、変わらないつらさを胡桃に問いかける。
しかし逆に、胡桃に気持ちを確認されたあさぎ。
つらい気持ちはあるが、告白は違うように感じていた。

 

「未来のあなたは、どうして瞳美が帰る方法を手紙に書かなかったと思う?」
「今の琥珀なら、自分たちで解決できるって分かってて」
「あえて書かなかったんじゃないかしら?」
「きっと、大丈夫よ!」

少しなら時間を戻す魔法が出来るようになる琥珀だが、それは不完全に過ぎない。
結果に悩む琥珀に対して、祖母は未来の琥珀の気持ちを語りだす。

 

「琥珀に言われてから、ずっと考えてたの。未来に帰りたいのかどうか?」
「ここにいたいな!」

未来の自分は、決して幸せとは考えていない瞳美。
未来に戻らずに、このままいたい願いを話す。

 

「あたしは、魔法でみんなを幸せにしたい」
「でも、魔法で人を幸せにするのは、本当に難しい」

魔法に対して強い想いを持っている琥珀。
その可能性を信じているが、その限界も感じていた。

 

9話 さまよう言葉

「どの子を文化祭でお披露目しようか、迷っちゃって?」
「違います! 千草くん、分かってない! もう!」

文化祭で紹介する、ペンギンの写真を選んでいるあさぎ。
どれも一緒という千草に対して、ちょっとあさぎは怒り気味。

 

「俺さ、悩んだり迷ったりって好きじゃないんだ」
「もうすぐ引退だし、受験もあるし、あんま時間無いから、後悔だけはしたくない!」

瞳美と2人だけで撮影会に行くことを、唯翔に話した将。
報告を受けて戸惑う唯翔に対して、自分の気持ちを話していく。

 

「私なら、そういう話はもうちょっと人のいない所でするかな~!」

将に告白された話を、教室で琥珀に相談する瞳美。
しかしその声は大きく、女子は興味津々、男子は残念がる。

 

「瞳美がその人のこと、どう思ってるのか?」
「どうして気持ちに答えられないのか。それは、瞳美が自分で考えて答えなきゃ!」

告白に対する答えについて、瞳美に聞かれた琥珀。
その時に断るにしても、自分の考えを自分の言葉で話す必要があることを伝える。

 

「写真ってさ、同じものは撮れないんだよ」
「夜景も、いろんな人が生活してて。昨日まで付いてた灯が、今日は消えてて」
「気づいたら、もう二度と見られない景色に変わってて...」

あさぎに写真について話す将。
しかしそのいつもと違う雰囲気に、あさぎは戸惑いを隠せない。

 

「ダメですよ、考えなきゃ! その人が、かわいそうだから!」

瞳美から告白されたことを相談されたが、その相手が将だと気づいたあさぎ。
この時は自分の将に対する気持ちは話さず、相手のためとして意見だけする。

 

「いいよ、覚悟できてるから」
「そっか。ありがとう、ちゃんと言ってくれて。おかげで吹っ切れる」

自分の言葉で話し、正式に告白を断った瞳美。
それを穏やかな表情で受け入れた将。
しかしこの後に唯翔と出会った時、驚きの行動に出る。

 

10話 モノクロのクレヨン

「バカみたい、私。瞳美ちゃんは悪くないのに」

将の件で、瞳美を避けてしまうあさぎ。そんな自分を責めてしまう。

 

「自分勝手なの分かってる。でも、あさぎちゃんと話したい」
「あさぎちゃんは、こっちに来て初めて出来た、大切な友達だから!」

部室に顔を出したが、すぐ行ってしまうあさぎを追いかけた瞳美。
勇気を出して声を掛けた瞳美に対して、あさぎは穏やかな表情を見せる。

 

「私も、追いかけて来てくれて、ホントは嬉しくて」
「あ~、もう! 全部、将くんが悪いんです! 食べましょう!」

追いかけて来て声を掛けてくれたことを、ホントは嬉しかったと話すあさぎ。
涙を拭いた後、すべて将が悪いとして2人でパフェを食べる。

 

「そんなとこだけ鋭いんですね!」
「将くんのバカ。人の気も知らないで!」

あさぎに瞳美との仲が戻ったことを、良かったと伝える将。
しかし自分の気持ちには気づかないので、あさぎは怒り気味に話してしまう。

 

「ずっと2人で練習を続けてきて、今なら象10頭だって大丈夫ですよ!」

文化祭でする絵の中に入る実験を、部のみんなとする時が来た。
不安を口にする将に対して、琥珀は絶対の自信を話す。

 

「みんな~! じっとしてたらもったいないよ!」
「いろいろ見てみなよ~!」

絵の中に入り、驚きと感動を話す部員たち。琥珀は傘を使い空を飛び誘っていく。
絵の中は、うさぎの公園、虹の橋、海賊船、空中に魚が泳ぐ街、背中に乗れる空飛ぶクジラなど、バラエティ豊かだった。

 

「見てもらいたいです、この世界を!」
「私に、世界には色があふれてるって思い出させてくれた唯翔さんの絵を、もっと!」

自分の絵を見られるのが、少し恥ずかしいと話す唯翔。
しかし瞳美は唯翔の絵を、もっと知って欲しいと願う。

 

「いいよ。瞳美はもっと怒っていい」

帰り道で自分と母親のことを唯翔に話す瞳美。
魔法を使えない母親が出ていったのは自分の責任と話す瞳美に、唯翔は間違ってると伝える。
それを聞いた瞳美は声が大きくなる。そして唯翔は怒ったほうがいいと話しだす。

 

「追いかければいいのに、出来なくて。お母さんのバカって言えば良かった!」
「私のバカ! 私のバカ!」

出ていく母親を、ただ見送ってしまった自分を責める瞳美。
それを唯翔に、涙を流しながら話す。

 

「魔法なんて、大嫌い。お母さんを奪った物だと思ったから」
「ずっとずっと、嫌いだった。でも!」
「私は何をしに、ここへ来たんだろう。私が来た意味」

唯翔に母親のことを話すことで、心がスッキリした瞳美。
魔法のこと、そして自分が来た意味を考えていく。

 

11話 欠けていく月

「月白さんが自信満々な時ほど、不安になるのはなぜでしょうね?」

文化祭の出し物について、先生に報告に来た琥珀。
その自信満々な態度を見て、過去の実績から不安になる先生だった。

 

「ごめん、みんな!」
「瞳美に掛けられた時間魔法は、ほころび始めてる」
「早くしないと、瞳美が時の間に引き込まれて、二度と戻って来れなくなるかもしれない!」

瞳美が消えた状況について、理解が追いつかない唯翔たち。
それを聞いていた琥珀は、瞳美に危険が迫っていることをみんなに話し出す。

 

「私だって出来るかどうか不安でたまらないの」
「でも、瞳美が時の間に消えちゃうのは、絶対に嫌!」
「私がやるしかない!」

今回は瞳美を見つけることが出来たが、危険のため未来に帰すことをみんなに伝える琥珀。
時間魔法について琥珀が「出来るかどうか分からない」と話した。
しかしそれが出来るのは自分だけのため、絶対に成功させると誓う。

 

「みんなも、瞳美ちゃんのことが大好きだから、無事に帰したいんですよね」
「私もがんばります。明日は絶対に泣かないように、最高の文化祭になるように!」

琥珀から文化祭の夜、新月の時に瞳美を帰さないといけないことを聞く唯翔たち。
みんなが淡々と帰すことを話しているのを聞いて、怒るように部室を飛び出したあさぎ。
その夜みんなで星砂を集めようとする時に駆けつけてきたあさぎは、手伝うことを約束する。

 

12話 光る光る この一日が光る

「そしたら、会えなかったよ」
「俺は、瞳美が魔法使いで良かった」

消えゆく自分のため、唯翔にあやまる瞳美。
それを聞いた唯翔は、瞳美と出会えた喜びを伝える。

 

「残された時間は少ない」
「でも、ちゃんと見つけたい。私が、ここに来た意味を!」

文化祭の朝、目覚めた瞳美はここに来た意味を考えていた。
その姿は、来た当時の瞳美とは違う前向きになっていた。

 

「このダサさが青春ぽくていいんだってば~! 分かってないな~!」

胡桃は瞳美におそろいのTシャツをを渡した。
千草は「ダサ残念な感じ」と言うが、胡桃はその良さを語りだす。

 

「誰かのために描くのも、すごくいいことだと思うよ」
「これから君の絵に、いい影響を与えてくれるんじゃないかな」

文化祭に来た写真部OBの浅川さんに、喜んでもらえることが嬉しいと話す唯翔。
それを聞いた浅川さんは、唯翔の変化に気づきアドバイスする。

 

「誰かを好きになって、悪いなんてこと無いです」
「ちゃんと伝えた将くんのこと、尊敬します」
「いつか私も、自分に自信を持てるようになったら!」

瞳美と唯翔に自由時間を作って欲しいと、将に話すあさぎ。
瞳美に対する将の気持ちを知っているため確認するが、将も照れながらOKする。
そして自分の気持についても、将来伝えることを思い描く。

 

「二人には時間が無いから、幸せになって欲しいんです。少しでも、これからの分も」
「その気持ち、伝わるといいな~。誰か見ててくれたとか、好きって言ってくれたとか」
「そういうのって、思い出すたびに、宝物みたいに自分を支えてくれるからね」
「しんどい時、地味に効く、薬!」

唯翔と瞳美の時間は少ないけど、だからこそ幸せになって欲しいと願うあさぎ。
それを聞いた胡桃は、その少しが宝物になることを話していく。

 

「それって、『幸せ』なんじゃない?」

文化祭も成功し、みんなで集まっている時に瞳美は「ドキドキするの。嬉しくて温かい、懐かしい気持ち」とみんなに伝える。
それを聞いた琥珀は、瞳美の気持ちの意味を代弁する。

 

「心残りがあるとしたら、それは一つだけ」
「いつまでも消えない、恋という花火」

全てが終わり、今から琥珀の時間魔法で未来に帰ろうとしている瞳美。
唯一の心残りは、唯翔への想いだけだった。

 

13話 色づく世界の明日から

「1人になった俺は、きっと何度も思い出す」
「色とりどりの君を、鮮やかな痛みと共に」

話の冒頭、高台から街を眺めている唯翔の独白。
この時点では結果がどうなったかは分からない。

 

「俺は、お前の写真、好きだった。これからも撮り続けて欲しい」

時間魔法を開始したが、発動まではもう少し時間があると話す琥珀。
そして部のメンバー達が1人ずつ瞳美に別れの言葉を送り出す。
まずは将から。

 

「もっともっと笑えばいいのに?」

次は千草だが、ふざけた感じに周りは怒り出す。
しかし瞳美は自分が笑うのが苦手と話し、笑顔でこれからのことを話していく。

 

「ありがとね、うちの部に来てくれて!」
「後輩になってくれて、楽しかった!」

胡桃は思い出がたくさん出来たことを話していく。
そして涙を流しながら瞳美に抱きつく。

 

「手紙書きます、何回でもずっと。未来の友だちに...」

初めから涙が止まらないあさぎは、一緒にこれからも過ごしたかったことを話していく。
そして未来にも続くことを伝える。

 

「60年後、2人で思い出ばなしが出来るの、楽しみにしてるね」

まずこの世界に来てくれたこと、そして想いを伝える琥珀。
未来での再開を誓う。

 

「苦しくても、叶わなくても、大切な気持ちは、決して消えない!」

光は瞳美を別の世界に引き込もうとしていた。
それを止めようとする唯翔は、一緒に光の中に入ってしまう。
その世界で瞳美を見つけた唯翔は自分の気持に正直になり、瞳美の所に走り出す。

 

「ありがとう! 唯翔くんが、私のこれからに魔法をかけてくれた!」

再会した瞳美は、自分の心を素直に伝えていく。
それは自分を受け入れ、幸せな時間をくれたことにだった。

 

「俺たちはきっと、お互いの未来に色を取り戻すために出会えた」

2人の世界がほころび始めた時、お互いが出会った意味を唯翔は伝える。

 

「未来のあたしがかけた大きな魔法、今はまだ届かない」
「けど、いつか、きっと!」

瞳美と唯翔はもう一度、琥珀たちの前に帰ってくる。
改めて時間魔法をかける琥珀は、無事に瞳美を未来に送ることに成功する。
しかしその成功は、自分の力ではないと知る琥珀だった。

 

「でも、幸せだった!」

未来に帰ってきた瞳美は、おばあちゃんの琥珀と再会する。
そして過去の世界で、いろいろな感情を持てたことを話していく。
最後に「幸せ」という言葉を使い、瞳美は笑顔を見せる。

 

「それから、ふと考えました。私の色は、何色かしら?」

未来の琥珀から、ある物を見せてもらった瞳美。
最後にこの言葉が出てくるのだった。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
色づく世界の明日から Blu-ray BOX 1

 

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました