「色づく世界の明日から」の名言まとめました

アニメ「色づく世界の明日から」の名言をまとめていきます。

色づく世界の明日から

1話 キミノイクベキトコロ

「いつからだろう、花火を楽しめなくなったのは?」
「母と一緒に見た花火は、赤・青・黄・緑・オレンジ、全てが美しかったのに。
私は大きくなって、大事な人は遠く離れて、いつの間にか、世界は、色を失っていた」(月白瞳美)

 

「私は大丈夫。一人でも平気。言い続けている内に、だんだん本当になっていく」
これも魔法のせいなのかもしれない。自分を守るささやかな魔法」
「魔法なんて、大嫌い!」(瞳美)

 

「同じだ! 海と山。おばあちゃん家の近くの」
「同じだけど、ちょっと違う。違うけど、ちょっと同じ」

「本当に来たんだ、私!」(瞳美)

2話 魔法なんて大キライ

「話しても、信じてもらえるかどうか?」
「魔法のせい、なんです」(瞳美)

 

「いえ。ちょっと、取り調べを受けたような気分で」(瞳美)

 

「やっぱり、もっとちゃんと断ればよかった」
「1人でいたいだけなのに、私は何をしにここに来たんだろう?」(瞳美)

 

「やっぱり、魔法なんて大嫌い!」(瞳美)

 

「あの絵は、私にとって特別なんです。あの絵は、私に忘れていた色を見せてくれました」
「灰色だった私の世界に、一瞬光りが差したんです!」(瞳美)

 

「また見せてよ、魔法! 星とか出せるのって、結構すごいと思うよ」
「俺の絵なんかよりもすごいって、絶対に!」

「いつか、でいいから!」(葵唯翔)

 

「あんな風に言われるなんて、思っても見なかった」
「私の魔法を喜んでくれる人がいるなんて」

「魔法なんて、大嫌い!」(瞳美)

 

3話 No Rain,No Rainbow

「初心者の内は、こういうの使った方が、集中力をコントロールしやすいのよ!」(月白瑠璃)

 

「あれ? 餌付けされてる?」(瞳美)

 

「色の無い世界なんて、上手く想像できないよ!」(唯翔)

 

「ちゃんと顔を合わせて、ちゃんと話をしなきゃダメ」
「魔法と一緒。思い込みが肝心!」(瞳美)

スポンサーリンク

4話 おばあちゃんはヤメテ!

「私は、かわいい魔法も大好きですよ」
「魔法が使えるなんて、ちょっぴりうらやましいです!」(風野あさぎ)

 

「でもさ、先のことなんて分からない方が、ワクワクすると思わない?」
「これから一緒に考えようよ。魔法使い同士、協力しあえばきっと何とかなるはず!」(月白琥珀)

 

「瞳美~! そろそろその『おばあちゃん』っての止めてくれない?」
「琥珀って呼んで~!」(琥珀)

 

「じゃあ、下の名前で呼んだらどうですか?」(あさぎ)

 

「モノクロ写真って水墨画と同じで、色彩が無い分、見ている人のイメージが広がるような気がする。色が少ない方が、大事なものがよく分かるのかもしれない」(唯翔)

 

「私は、みんなの笑顔が見たいの。魔法でたくさんの幸せな笑顔を届けたい」
「せっかく神様から授かった力だもの。世界にお返ししなきゃね!」(琥珀)

 

5話 ささやかなレシピ

「否定文、禁止! これは瞳美にとっても大切な問題なんでしょ!」(琥珀)

 

「茶色い!!」
「将くんって、そんなんだからテーブルの上も茶色にしちゃうんです!」(あさぎ)

 

「だけど、占いってヒントでしかないよ。未来を決めるのは、いつも自分!」(琥珀)

 

「私も、変わりたいな!」(あさぎ)

スポンサーリンク

6話 金色のサカナ

「自覚が無いのに魔法が使えるなんて、魔法使いとしてはかなり凄いよ」
でも、危険でもある」(琥珀)

 

「怒られるのも、無視されるよりはずっといいんじゃない。仲良くなれる気がするじゃん!」(琥珀)

 

「お決まりの笑顔ばっかじゃ、つまんないもん!」
「それにね。絆って、少し叩いた方が強くなるのよ!」(川合胡桃)

 

7話 ヴィーナスの重荷

「うつむいてるだけじゃ、何も変わらないよ。大事なのは、これからだから!」(琥珀)

 

「でも楽しいんだよね!」
「好きなことやって、喜んでくれる人がいて。それだけで頑張れるもん!」(川合苺花)

 

「似てないよ、全然。お姉ちゃんと違って、私はなんもないから」(胡桃)

 

「2人共、なんかお姉ちゃんと同じ顔してる」
「うん。私の憧れ」(胡桃)

 

「何も無くてもいいんじゃない? こんだけいい顔できるんだから!」(深澤千草)

 

「いや、走れば行けますって!」
「そんなもん、置いてけ~!」(千草)

 

「好きの度合いなんてみんな違うし、他にもっと好きなもの出来るかもしれないし。そんなの、今すぐ決めつけなくてもいいじゃん。焦んなくても大丈夫っすよ、先輩なら!」(千草)

 

「ごめんなさい。何だか、グダグダ過ぎて!」(瞳美)

 

8話 ほころびのカケラ

「大丈夫! 言えるまで待ってるよ!」(琥珀)

 

「相変わらずが続くのって、つらくないですか?」
「いいんです、今のままで。告白とかって、気持ちの押しつけみたいな気がしてしまって」(あさぎ)

 

「未来のあなたは、どうして瞳美が帰る方法を手紙に書かなかったと思う?」
「今の琥珀なら、自分たちで解決できるって分かってて、あえて書かなかったんじゃないかしら?」
「きっと、大丈夫よ!」(月白柚葉)

 

「琥珀に言われてから、ずっと考えてたの。未来に帰りたいのかどうか?」
「ここにいたいな!」(瞳美)

 

「あたしは、魔法でみんなを幸せにしたい。でも、魔法で人を幸せにするのは、本当に難しい」(琥珀)

 

9話 さまよう言葉

「どの子を文化祭でお披露目しようか、迷っちゃって?」
「違います! 千草くん、分かってない! もう!」(あさぎ)

 

「俺さ、悩んだり迷ったりって好きじゃないんだ。もうすぐ引退だし、受験もあるし、あんま時間無いから、後悔だけはしたくない」(山吹将)

 

「私なら、そういう話はもうちょっと人のいない所でするかな~!」(琥珀)

 

「瞳美がその人のこと、どう思ってるのか?」
「どうして気持ちに答えられないのか。それは、瞳美が自分で考えて答えなきゃ!」(琥珀)

 

「写真ってさ、同じものは撮れないんだよ。夜景も、いろんな人が生活してて。昨日まで付いてた灯が、今日は消えてて」
「気づいたら、もう二度と見られない景色に変わってて……」(将)

 

「ダメですよ、考えなきゃ! その人が、かわいそうだから!」(あさぎ)

 

「いいよ、覚悟できてるから」
「そっか。ありがとう、ちゃんと言ってくれて。おかげで吹っ切れる」(将)

スポンサーリンク

10話 モノクロのクレヨン

「バカみたい、私。瞳美ちゃんは悪くないのに」(あさぎ)

 

「自分勝手なの分かってる。でも、あさぎちゃんと話したい」
「あさぎちゃんは、こっちに来て初めて出来た、大切な友達だから!」(瞳美)

 

「私も、追いかけて来てくれて、ホントは嬉しくて」
「あ~、もう! 全部、将くんが悪いんです! 食べましょう!」(あさぎ)

 

「そんなとこだけ鋭いんですね!」
「将くんのバカ。人の気も知らないで!」(あさぎ)

 

「ずっと2人で練習を続けてきて、今なら象10頭だって大丈夫ですよ!」(琥珀)

 

「みんな~! じっとしてたらもったいないよ!」
「いろいろ見てみなよ~!」(琥珀)

 

「見てもらいたいです、この世界を!」
「私に、世界には色があふれてるって思い出させてくれた唯翔さんの絵を、もっと!」(瞳美)

 

「いいよ。瞳美はもっと怒っていい」(唯翔)

 

「追いかければいいのに、出来なくて。お母さんのバカって言えば良かった!」
「私のバカ! 私のバカ!」(瞳美)

 

「魔法なんて、大嫌い。お母さんを奪った物だと思ったから。ずっとずっと、嫌いだった。でも……」
「私は何をしに、ここへ来たんだろう。私が来た意味」(瞳美)

 

11話 欠けていく月

「月白さんが自信満々な時ほど、不安になるのはなぜでしょうね?」(先生)

 

「ごめん、みんな!」
「瞳美に掛けられた時間魔法は、ほころび始めてる。早くしないと、瞳美が時の間に引き込まれて、二度と戻って来れなくなるかもしれない!」(琥珀)

 

「私だって出来るかどうか不安でたまらないの。でも、瞳美が時の間に消えちゃうのは、絶対に嫌。私がやるしかない!」(琥珀)

 

「みんなも、瞳美ちゃんのことが大好きだから、無事に帰したいんですよね」
「私もがんばります。明日は絶対に泣かないように、最高の文化祭になるように!」(あさぎ)

 

12話 光る光る この一日が光る

「そしたら、会えなかったよ」
「俺は、瞳美が魔法使いで良かった」(唯翔)

 

「残された時間は少ない。でも、ちゃんと見つけたい。私が、ここに来た意味を」(瞳美)

 

「このダサさが青春ぽくていいんだってば~! 分かってないな~!」(胡桃)

 

「誰かのために描くのも、すごくいいことだと思うよ」
「これから君の絵に、いい影響を与えてくれるんじゃないかな」(朝川砂波)

 

「誰かを好きになって、悪いなんてこと無いです。ちゃんと伝えた将くんのこと、尊敬します。いつか私も、自分に自信を持てるようになったら」(あさぎ)

 

「二人には時間が無いから、幸せになって欲しいんです。少しでも、これからの分も」(あさぎ)
「その気持ち、伝わるといいな。誰か見ててくれたとか、好きって言ってくれたとか、そういうのって、思い出すたびに、宝物みたいに自分を支えてくれるからね」
「しんどい時、地味に効く、薬!」(胡桃)

 

「それって、『幸せ』なんじゃない?」(琥珀)

 

「心残りがあるとしたら、それは一つだけ。いつまでも消えない、恋という花火」(瞳美)

 

13話 色づく世界の明日から

「1人になった俺は、きっと何度も思い出す。色とりどりの君を、鮮やかな痛みと共に」(唯翔)

 

「俺は、お前の写真、好きだった。これからも撮り続けて欲しい」(将)

 

「もっともっと笑えばいいのに?」(千草)

 

「ありがとね、うちの部に来てくれて。後輩になってくれて、楽しかった!」(胡桃)

 

「手紙書きます、何回でもずっと。未来の友だちに……」(あさぎ)

 

「60年後、2人で思い出ばなしが出来るの、楽しみにしてるね」(琥珀)

 

「苦しくても、叶わなくても、大切な気持ちは、決して消えない!」(唯翔)

 

「ありがとう! 唯翔くんが、私のこれからに魔法をかけてくれた」(瞳美)

 

「俺たちはきっと、お互いの未来に色を取り戻すために出会えた」(唯翔)

 

「未来のあたしがかけた大きな魔法、今はまだ届かない」
「けど、いつか、きっと!」(琥珀)

 

「でも、幸せだった!」(瞳美)

 

「それから、ふと考えました。私の色は、何色かしら?」(瞳美)

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
色づく世界の明日から Blu-ray BOX 1

 

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アニメの名言
関連記事&スポンサーリンク
アニメとマンガの名言サイト
タイトルとURLをコピーしました