「ようこそ実力至上主義の教室へ」の名言・台詞まとめ

アニメ「ようこそ実力至上主義の教室へ」の名言・台詞をまとめていきます。

ようこそ実力至上主義の教室へ

1話

「とにもかくにも、人間は考えることの出来る生き物だ」(綾小路清隆)

 

「平等という言葉は嘘偽りだらけだが」
「不平等もまた受け入れ難い事実であるということ」(綾小路)

 

「社会貢献には興味がないのでねえ」(高円寺六助)

 

「それに…私以外の一般席に座っている者はどうだ?」
「優先席かそうでないかなど、ささいな問題だと思うのだがね」(高円寺)

 

「(関わりたくない?) 一緒にしないで」
「私は信念を持って(席を)譲らなかったの」(堀北鈴音)

 

「この自己紹介で、クラス内の立ち位置が決まる」
「うけを狙うべきか、超ハイテンションでひと笑いくらい取れるかも…」(綾小路)

 

「いやドン引きされるか…」
「そもそも趣味とか特技とかないし、俺は何も持たない自由な白い鳥」(綾小路)

 

「支給額の多さに驚いたか? この学校は実力で生徒を測る」
「入学を果たしたお前達には、それだけの価値はあるというわけだ」(茶柱佐枝、先生)

 

「あなた、人付き合いが得意じゃなさそうね」
「会話が下手だもの」(鈴音)

 

 

「(似たようなもの?) そうね」
「でも、私はそもそも友達を作る必要性を感じない」(鈴音)

 

「(ぼっち?) そうね、私は1人が好きだもの」(鈴音)

 

「(ああいう性格?) でも私、堀北さんとも友達になりたいの」
「協力してもらえないかな?」(櫛田桔梗)

 

「ダメ…かな?」(櫛田)

 

「私のことは放っておいてほしいの」
「クラスにも迷惑はかけないわ」(鈴音)

 

「私は1人を寂しいと感じたことはない」(鈴音)

 

「(3年間ぼっち?) 9年間続けているから平気よ」
「幼稚園も含めれば、もっとね」(鈴音)

 

「本当に愚かだな、お前達は」(茶柱先生)

 

「(聞いてない?) ただの高校生に過ぎないお前達が、なんの制約もなく」
「毎月10万も使わせてもらえると本気で思っていたのか?」(茶柱先生)

 

「なぜ、疑問を疑問まま放置しておく?」
入学式の日にも言っただろ、この学校は実力で生徒を測る…と」(茶柱先生)

 

お前達は評価ゼロの…クズというわけだ」(茶柱先生)

 

2話

「水泳授業の自由時間ともなれば、自然とグループに分かれる…か」
「なるほど、俺は見事に友達作りに失敗したらしい」(綾小路)

 

「そう、これが”Sシステム”だ」
「リアルタイムで生徒を査定し、数値として算出する」(茶柱先生)

 

「見ろ。お前達Dクラスは見事に自分達が最低ランク」
「最悪の不良品であることを証明した」(茶柱先生)

 

「(ポイント増減の理由?) 実社会と同じだ」
「人事考課、詳細な査定の内容は教えられない」(茶柱先生)

 

「次回以降、中間・期末テストで赤点を取った者は…即退学とする」(茶柱先生)

 

 

「テストで赤点を取るなんて、私には考えられない」
「けれど、世の中にはどうしても赤点を取ってしまうような」
「どうしようもない生徒がいるのも事実」(鈴音)

 

「(容赦ない?) 事実を事実として述べただけよ」(鈴音)

 

「本当に私がDクラスと判断されたのなら、必ず…Aクラスに上がってみせる」(鈴音)

 

「私は…私がDクラスに振り分けられたことを納得していないの」(鈴音)

 

「(巻き込むな?) 食べたわよね? 私のおごりで、お昼を」
「スペシャル定食、豪華でよかったわねえ」(鈴音)

 

「困っている友達がいたら、助けるのは当たり前じゃない?」
「だから手伝うよ」(櫛田)

 

「連立方程式の1つも解けなくて、将来どうしていくのか」
「私は想像するだけでゾッとするわね」(鈴音)

 

「そう、幼稚ね。バスケットでプロを目指す?」
「そんな夢が簡単に叶う世界だとでも思っているの?」(鈴音)

 

「すぐに投げ出すような中途半端な人間は、絶対にプロになんてなれない」(鈴音)

 

「確かに私は間違っていたようね」
「不毛なことで余計なことをしたと痛感したわ」(鈴音)

 

「足手まといは今の内に脱落してもらった方がいい…ということよ」(鈴音)

 

「もう、兄さんの知っている頃のダメな私とは違います」
「追いつくために来ました」(鈴音)

 

「”追いつく”…か。お前は今もまだ、自分の欠点に気づいていない」
「この学校を選んだのは失敗だったな」(掘北学)

 

「Dクラスに振り分けられた妹、恥をかくのはこの私だ」
「今すぐこの学園を去れ」(学)

 

「お前には、上を目指す力も資格もない」
「それを知れ」(学)

 

「彼は友達なんかじゃありません、ただのクラスメートです」(鈴音)

 

「相変わらず、孤高と孤独の意味を履き違えているようだな…鈴音」
「上のクラスに上がりたければ、死に物狂いであがけ」(学)

 

「お前の欠点は、他人を足手まといだと決めつけ、最初から突き放してることだ」
相手を見下すその考え方こそ、お前がDクラスに落とされた理由じゃないのか?」(綾小路)

3話

「両者そこまで!」
「この学校の生徒の1人として、暴力沙汰を見過ごすわけにはいかないなあ」(一之瀬帆波)

 

「私は…私のために勉強を教える、あなたはあなたのために勉強するの」
「あなたがこの学校でバスケットを続けていくために」(鈴音)

 

「(切れ者?) 悪知恵が働くだけだ」(綾小路)

 

「俺は不用意に目立つことはしたくないんだ」
「それに、櫛田はクラスメートにも信用されてるからな」(綾小路)

 

「ルールはルールだ、諦めろ」(茶柱先生)

 

「ルールは、平等に適用されているように見えなければならない…」
「ということですよ」(綾小路)

 

「退学者が出たクラスに、どんなペナルティが課せられるか分かりません」
「彼を残すメリットの方が大きいと判断しました」(鈴音)

 

「学校史上、一度たりともDクラスが上に上がったことはない」
「それでもあがくつもりか?」(茶柱先生)

 

「お言葉ですが…不良品は、ほんの少しの変化を与えるだけで良品に変わる」
「私はそう考えます」(鈴音)

 

「退屈ですね」(坂柳有栖)

 

「苦しみながら後悔するのと、絶望しながら後悔する」
「あなたはどちらが好みかしら?」(鈴音)

 

「堀北とは友達…いや、ただの隣人だ」(綾小路)

 

「ああ、うざい…」
「自分がかわいいと思ってお高くとまりやがって…ああ最悪!」(櫛田)

 

「本当に最悪最悪最悪! 死ねばいいのに、堀北なんか!」
「うざい…本当うざい…あのクソ女!」(櫛田)

 

「誰かに話したら容赦しないから」
「(話したら?) あんたに◯イプされそうになったって言いふらしてやる」(櫛田)

 

「大丈夫、冤罪じゃないから」
「あんたの指紋これでべっとりついたから、証拠もある」
「私は本気」(櫛田)

 

「綾小路君、私が聞きたいのは1つだけ」
「今ここで知ったことを誰にも話さないと誓えるかどうか?」(櫛田)

 

「分かった…綾小路君を信じるよ」(櫛田)

 

「よし! また、秘密が出来ちゃったね」(櫛田)

 

「なあ櫛田…教えてくれ」
「どっちが本当のお前なんだ」(綾小路)

 

4話

「私も、Bクラスでよかったと思う」
「担任の先生はちょっと変な人だけど、クラスメートはみんないい人で」(一之瀬)

 

「だから私は、みんなと一緒に…Aクラスに上がりたい!」(一之瀬)

 

「告白…されるみたいなの、ここで!」(一之瀬)

 

「一之瀬。誰かに告白するって、そんな生易しいものじゃないだろ?」(綾小路)

 

「毎日のように悶々とした時間を過ごして、それでも出来なくて」
「のど元まで出かかった”好き”の言葉はなかなか出てこなくて」(綾小路)

 

「お前は、その子の必死な思いに答えないといけないんじゃないのか?」(綾小路)

 

「私、千尋ちゃんを傷つけないことばかり考えて、逃げようとしてた」
「間違ってたね」(一之瀬)

 

「綾小路君に借りが出来ちゃったね」(一之瀬)

 

「君は退学しておいた方がよかったんじゃないかな、レッドヘアー(須藤)君」
「君の存在は…美しくない」(高円寺)

 

「計画どおり、上手く踊れよ」(龍園翔)

 

「俺達は、学校のシステムを分かってないんだ」
「Aクラス
を目指すなら、考えうる危険は排除すべきだと思うけどな」(綾小路)

 

「仮に彼女が証言してくれたとしても、あまり意味のないことね」
「事件が正当防衛だったかどうかなんて、些細な問題でしかない」(鈴音)

 

「真実はそうじゃないかもしれない」
「けど…判断材料が少なければ、ある材料で判断を下さなければならない」(綾小路)

 

「巻き込まれたくない」
「私の持っている仮面を…誰にも知られたくない」(佐倉愛里)

5話

「(佐倉は)心を通わせることを恐れている」
「だから…目を伏せる」(綾小路)

 

「黙ってたら後悔すると思う」
「(なぜ俺に?) 目が怖くなかったから」(佐倉)

 

「”黙ってたら後悔する”って言ったよな」
「なら、それだけでいいじゃないか」(綾小路)

 

「須藤のため、櫛田のため、クラスメートのため」
「そんな考えは一度全部捨てろ」(綾小路)

 

「あれもこれも考えて、抱え込まなくていい」
「証言するのは、佐倉自身のためだ」
「それで十分だ」(綾小路)

 

「ねえ…」
「綾小路君は隠したいことって…ない?」(櫛田)

 

「私が頼む時には渋るくせに、櫛田さん相手だとすんなり承諾するのね」
「その違いはなんなのか、冷静かつ慎重に分析していたところ」(鈴音)

 

「生徒会長がいたのは想定外だ」
「堀北がポテンシャルを発揮できない」(綾小路)

 

「放心状態であろうと、体に強い刺激を与えられれば…意識は覚醒する」(綾小路)

 

「お前が戦わなきゃ、このまま敗北だ」(綾小路)

 

「あなたのその態度が、全ての元凶だということを理解しなさい」(鈴音)

 

「今話し合われている事件に関して私は、須藤君になんら非はないと思っています」(鈴音)

 

「なぜなら、これは偶然起きてしまった不幸な出来事ではなく」
「Cクラス側が仕組んだ意図的な事件だと確信しているからです」(鈴音)

 

「須藤君の完全無罪を主張します」(鈴音)

 

「(勝算?) 負けるつもりはないわ、私は諦めない」(鈴音)

 

「証明しなければただの虚言だ」
お前の仮面は枷でしかない」(学)

 

6話

「俺はお前(佐倉)を信じてる」
「だから、もし困ったことがあったら、その時は力になる」(綾小路)

 

「この事件が起こった時点で、双方が痛みを負うことが確定してるんだ」(綾小路)

 

「事情はどうあれ、須藤はお前達を殴った」
「その事実は変えられない」(綾小路)

 

「存在しない事件を、誰も裁くことは出来ない」
俺達が口裏を合わせれば学校側もそれ以上、追求は出来ない」(綾小路)

 

「1人じゃ何も決められないのかしら」
「惨めね」(鈴音)

 

「暴力…振るってみる?」(鈴音)

 

「女の子に乱暴しといて逃げようなんて、虫がよすぎるんじゃないかな?」(一之瀬)

 

「でも、これでよかったのかも…」
自分を偽り続けるって大変だから」(佐倉)

 

「お前がAクラスに上がろうと思っているのなら、1つだけアドバイスをしてやろう」(茶柱先生)

 

「今のうちに、綾小路という人間を出来るだけ把握しておけ」
「さもなければ手遅れになる」(茶柱先生)

 

「Dクラスはこの学校の言葉を借りるなら、不良品の要素を持った人間達が集まる場所だ」
「これは私個人の見解だが、Dクラスでもっとも不良品たる生徒は…綾小路だ」(茶柱先生)

 

「(生徒会に?) 断る。俺は面倒事が嫌いなんだ、生徒会なんて冗談じゃない」
「普通の学生生活を送るさ」(綾小路)

 

「底辺を脱落させて、学校の反応を見るつもりが台無しだ」
「無能共…これぐらいの痛みは当然だよな」(龍園)

 

「Dクラスは俺が潰す」
「次はB、最後にAクラス…お前を潰す」(龍園)

 

「王は1人で十分だ」(龍園)

 

「Aクラスに上がるための手助けはする、ただ…」
「俺の詮索はするな」(綾小路)

7話

「てか、堀北さん生きてたんだ。夏休みになってから全然顔見ないし」(軽井沢恵)
「あなた達と会う必要がないだけよ」(鈴音)

 

「(友達と遊ぶ?) 必要ない」
「その時間を、学習や読書に費やした方がよほど有意義だわ」(鈴音)

 

「馴れ合いは不要。今までもずっと、1人で生きてきたのだから」
「なのに…なぜ私はこんな所(みんなと一緒)にいるのかしら?」(鈴音)

 

「綾小路君が誰と仲良くしようと、私にはどうでもいいことよ」(鈴音)

 

「(立入禁止?) 知らねえなあ」
「行きたい場所に行く、それが俺だ」(龍園)

 

「見苦しいですね」
「底辺同士の争いというものは」(坂柳)

 

「お呼びじゃねえ、犬共を連れてとっとと失せろ」(龍園)
「あら、あなたも飼ってあげましょうか?」(坂柳)

 

「いいと思うぞ。ゲームってのは感情的にならないとつまらないしな」
「少しくらい感情的な方が友達も出来やすい」(綾小路)

 

「AからDのクラスは」
「表面的な成績や運動能力だけで分けられているわけじゃない」(鈴音)

 

「ならば落ちこぼれのDでも、Aに上がれるはず、Aを目指せるはず」
「私達は、Aクラスを目指す!」(鈴音)

 

「俺が無理に止めれば、あいつらは俺の知らないところで実行するかもしれない」
「それよりはやらせて失敗させた方がいい」(綾小路)

 

8話

「無論、この学校の生徒である限り、お前はルールに守られている」
「だが、問題を起こせば…話は別だ」(茶柱先生)

 

「残念ですけど…俺は傲慢なイカロスと違って」
「太陽にケンカを売ったりしませんよ」(綾小路)

 

「お前の意志は関係ない」
私がそうだと判断すれば、全てが現実になる」(茶柱先生)

 

「今ここで決断しろ」
「Aクラスを目指すか…退学するか?」(茶柱先生)

 

「後悔するかもしれませんよ、俺を利用しようとしたことを」(綾小路)
「安心しろ。私の人生は既に後悔だらけだ」(茶柱先生)

 

「自由を守るために、自由を捨てる…か」(綾小路)

 

「君はまた…同じ過ちを犯すつもりか?」(葛城康平)

 

「あいにくと私は、物心つく頃から体は拭かない主義なのだよ」(高円寺)

 

「昔から言うだろう。”水も滴るいい男”とねえ」
「美しい!」(高円寺)

 

「お前みたいな女は嫌いじゃないぜ、鈴音」(龍園)

 

「俺はお前のファンなんだ」
「今度は俺が相手をしてやろう…楽しみにしてな」(龍園)

 

「(特別試験?) バカンスは終わりか…」(綾小路)

 

9話

「気取ってんじゃねえよ」
「チャンスは生かすべきだ、お互いにな」(龍園)

 

「(無人島サバイバル) 私向きじゃないもの」
「原始的な生活もそうだし、1人じゃないってところもね」(鈴音)

 

「あなたが私に言ってたことが、少しだけ現実になったかもしれないわね」
「”学力以外で能力を問われるかもしれない”…そんな話よ」(鈴音)

 

「ああ美しい」
「大自然の中に悠然とたたずむ私は美しすぎる…究極の美」(高円寺)

 

「運? 上陸前から目星はつけていた」
「発見は必然だ」(葛城)

 

「力になれることは何もないわね」
敵やゴールがあるなら考えようもあるけど」(鈴音)

 

10話

「力を持っていながら、それを使わないのは…愚か者のすることだ」(白衣の男)

 

「(Bクラス) 総じてDクラスの上位互換、そう言わずにはいられないわね」(鈴音)

 

「100だか200だかのクラスポイントのために」
「お前らは飢えに耐え、暑さと虚しさに耐えるのか?」
「想像するだけで笑えてくるな」(龍園)

 

「バカはどっちだ? 俺か? お前か?」
「これが俺のやり方だ、これ以上もこれ以下も存在しない」(龍園)

 

「支配者の命令に背く手下は要らねえ」
「軽く制裁を加えてやったのさ」(龍園)

 

「この試験は文字どおり自由だ」
龍園の考え方も正解の1つだろうな」(綾小路)

 

「僕は好きで(まとめ役)やってるだけだから」
「クラスのみんなが幸せでいてくれれば、それだけで満足なんだ」(平田洋介)

 

「この試験はプラスを積み重ねるのが目的だ」
「それを放棄した時点で龍園は負けている」(神崎隆二)

 

「私達には地道な戦略が一番だよね」(一之瀬)

 

「(男子は犯人じゃない?) 身体検査…」
「下着盗む奴なんて変態なんだから、どこに入れてるかも分からないでしょ?」(篠原さつき)

 

「犯人にされるなら、僕が一番ダメージが少ないよ」
「一応彼氏だしね」(平田)

 

「”隠蔽”…か。そうとられても仕方ないね」
「誰が犯人であれ、僕は事実を伏せるべきだと思ってるから」(平田)

 

「こんなことで壊したくないんだ…」
「だから、君にも協力してほしい」(平田)

 

11話

「人間、誰もが裏表を持っていると思わない方がいいぞ」(綾小路)
「それはそうね、私には裏表がないもの」(鈴音)

 

「だけど、大抵の人間は本音と建前を使い分けているはず」
「あなただってね」(鈴音)

 

「まして善意と偽善は表裏一体だから、信用しないことにしているの」(鈴音)

 

「堀北…殺す気か?」
「カバーしなかったら、山内の頭蓋は割れてたぞ」(綾小路)

 

「これは私の油断…ミスだと自覚した上で話すこと」
「いい?」(鈴音)

 

「まさかの失態」
「1人で吐き出したい気持ちもある…か」(綾小路)

 

「なんで…こんな…僕は悪くないのに…どうして…」
「こんな…誰が…こんなこと…」(平田)

 

「私、このままじゃDクラスの足を引っ張ってしまう」
大勢をバカにして、役立たずとののしってきた自分が…」(鈴音)

 

いざとなったらなんの役にも立たない上に、暴力で解決」
「本当に笑えるわ」(鈴音)

 

「悪いな、私もいろいろ立て込んでるんだ」
「おしゃべりは…おしまいだ」(伊吹澪)

 

12話

「(なぜAに?) 兄さんに認めてもらうためよ」(鈴音)
「認められてどうする? お前は何がしたいんだ」(綾小路)

 

「お前1人じゃ無理だ」
「お前はそんなに強くない、残念だけどな」(綾小路)

 

「諦める必要はない」
「1人で戦えないなら2人で戦えばいい、俺が手を貸してやる」(綾小路)

 

「僕は、この試験はクラスが一丸になれるチャンスだと思ってた」
「みんなで協力して試験を乗り越えれば、それはきっと絆を形作っていくって…」(平田)

 

「でも…Dクラスは終わりかもしれないね」(平田)

 

「(働きに謝辞?) なあに、今から面白いものが見られるさ」(龍園)

 

「学校の用意した試験なんざ、律儀にやってられるか」
「俺は努力が嫌いなんでな」(龍園)

 

「そうだ、本気で俺を憎め」
「でないと…人をだませねえ」(龍園)

 

「おおかた私の予想どおりでしたね」
「葛城派はこれで大きく勢力を落とすでしょう」(坂柳)

 

「ねぇ、入学したての頃先生が言ってたよね」
「”この学校でポイントで買えないものはない”って」(一之瀬)

 

「すごく高額だけど買えるんだよ」
「好きなクラスに上がる権利も…ニャッ!」(一之瀬)

 

「(堀北さん)やっぱり嫌い…いい意味でも悪い意味でも裏表がないから」
私とは正反対」(櫛田)

「ほとんどの人間がそうだ…俺もな」(綾小路)

 

「私がお前のことを詳しく知っている」
「それが何よりの証拠だろ」(茶柱先生)

 

「あの男…お前の父親は言っていた、”清隆はいずれ自ら退学する道を選ぶ”と」
「太陽に翼を焼かれ、海に落ち死んでいく」(茶柱先生)

 

「(これから?) 先生も知っているでしょう」
「イカロスはダイダロスの忠告を守らない」(綾小路)

 

「試験のポイントなんざ単なるついでだ」
「だが…俺の行動を邪魔したことは気に食わねえ」(龍園)

 

「堀北、あの時言ったことを覚えてるか?」
「”仲間が必要だ”って」(綾小路)

 

「(変わった?) あなたのせいよ」
「あなたのこともひとまず百歩譲って仲間だと認めてあげるわ」(鈴音)

 

「だからといって学校に帰ったあと、馴れ馴れしくはしないでほしいのだけれど」
「あくまでこれはAクラスを目指すための関係で…」(鈴音)

 

「けれど、お礼は言っておくわ…ありがとう」(鈴音)

 

「だが堀北、俺はお前を…仲間だと思ったことはない」
「お前も…櫛田も…平田も…全ての人間は道具でしかない」(綾小路)

 

「過程は関係ない、どんな犠牲を払おうと構わない」
「この世は勝つことが全てだ」(綾小路)

 

「最後に、俺が勝ってさえいれば…それでいい」(綾小路)

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

ようこそ実力至上主義の教室へ [Blu-ray]
コミックシーモアリンク
国内最大級の漫画・電子書籍ストア【コミックシーモア】※商品リンク有り※許可が下りていないメディアでの掲載は厳禁※

 

→ようこそ実力至上主義の教室へのインデックス