アニメ「かぐや様は告らせたい」の名言まとめました

アニメ「かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~」の名言をまとめていきます。

かぐや様は告らせたい

1話 「映画に誘わせたい」「かぐや様は止められたい」「かぐや様はいただきたい」

「恋愛は戦!!」
「好きになった方が、負けなのである!」

冒頭のナレーション。物語の基本思想となる。

「が、まあ。四宮がどうしても付き合ってくれというなら考えてやらんでもないがな」
「向こうがひざまずき、身も心も故郷すらささげるというなら」
この私に見合う男に鍛えあげてあげなくもないけれど」

お互いに相手が告白すれば付き合ってもいいと考える、白銀御行と四宮かぐや。
しかし駆け引きを続ける内、半年が経過する。
駆け引きというより奥手の恋愛初心者だが、2人とも受け入れるつもりはない。

「あら、会長。今、私のことを誘いましたか?」
「男女で見に行くと結ばれる映画に、私と会長の男女で行きたいと?」
「あらあらまあまあ、それはまるで...」

生徒会書記の藤原千花は映画のチケットが当たったが、自分は見に行けないので2人に渡そうとする。
軽い気持ちでかぐやを誘おうとする御行だが、男女で見に行くと結ばれるジンクスを聞く。
その言葉を聞き逃さなかったかぐやは、御行を追い詰める。
「あらあら」や「まあまあ」は、かぐや様の口癖。

「それは乙女的にノー! そのような選択肢はノー!」

御行の切り返しにより、厳しい選択を迫られるかぐや。
しかし断るという選択肢だけは選びたくなかった。
この点から、かぐや様の可愛さが分かりますね。

「あら? あらあら! 私が他の人に取られちゃうのが、そんなに嫌なのですか?」
「おかわいいこと!」

ラブレターをもらったかぐやは、取り敢えず会うことを御行に伝える。
御行は止めようとするが、そのリアクションを想像し躊躇する。
人を見下すようにいう「おかわいいこと!」も、かぐや様の口癖。
可愛くて恋愛初心者だが、名家の令嬢として人を見下すことは忘れない。

スポンサーリンク

2話 かぐや様は交換したい/藤原ちゃんは出かけたい/白銀御行は隠したい

「会長。私から聞いてくるのを待っているのでしょうが、全くの無駄です」
「異性の私に、会長が恥ずかしがりながらも聞いて来ることに意味があるのではないですか」

やっとスマホを手に入れた御行は、かぐやがアドレスを聞いてくるのを待っていた。
しかしかぐやは、会長が聞いてくれることにこそ意味を感じていた。

「でも連絡先を聞くということは、『あなたといつでもお話がしたい』という意思表示に他ならない」
「それじゃあまるで、私が寝る前にちょっとしたメッセージのやりとりしたいとか」
「テスト前の深夜、通話をつないだままにして、ずっと無駄話したいとか」
「まるで私がそんなこと思ってるみたいじゃない!」

かぐやにアドレスを聞かせようとして、ある作戦を実行する御行。
動揺するかぐやは、妄想と理性で戦っていた。

「いいえ! 時間なんてあっという間に過ぎるんです!」
「うかうかしてたら、な~にもないまま卒業ですよ!」

まだまだ春が続くのに、早く夏が来て欲しいと話す千花。
その点を突っ込んだ時に力説する千花の言葉は、2人に大ダメージを与える。
何でも無自覚に話すのが、千花の魅力です。

「逆にって、何!?」
「ポジティブ過ぎませんか!?」

御行と男子生徒の会話を、盗み聞きしてるかぐや。
女性心理?を考えて深読みする御行に対して、納得する男子生徒。
それを聞いていたかぐやは、余りの都合のいい考え方に心の中で叫ぶ。

3話 白銀御行はまだしてない/かぐや様は当てられたい/かぐや様は歩きたい

「あら、会長。たいそうおもてになると伺っていたのですが」
「彼女いないんですか?」

焦る御行を見て、チャンスと考えるかぐや。
ストレートな追い打ちを続ける。

「嘘をつくのは簡単だ」
「だが、経験者に経験があるというのは、映画マニアに素人が映画に詳しいと言って、騙し通せると思うほどに無謀!」

かぐやに経験を聞かれて、返答に困る御行。
嘘をつくことも考えたが、墓穴の可能性が高いため別の方法を考える。

「だって...そういうことは結婚してからって、法律で!」

おかしなことを言うかぐやに、初体験の意味を説明する千花。
本当の意味を知り、涙を流しながら叫ぶかぐやだった。

「私のことを分かってきた、ですか。本当に?」

生徒会で一緒にいるため、かぐやのことが分かってきたと話す御行。
それを聞いたかぐやは、試すようにゲームをする。
御行を乗せるところまでは出来るかぐや様だが、どうしても最後の詰めが。

「さて。徒歩で学校に行けるなんて、もう無いかもしれない」
「この貴重な機会を生かさないと!」

車にトラブル?が発生したため、今日は珍しく徒歩で学校に向うかぐや。
貴重な機会と考えて、御行との偶然を装った接触を計画する。

「私も一度でいいから、やってみたかったんだけどな」
「誰かと一緒に、学校へ」

ある理由で泣いてる子供がいたため、一度は通り過ぎたが助けることになるかぐや。
しかしその結果、自分は遅刻しそうになる。
一度はみんなと一緒に登校したいと考えていた時、奇跡が起こるのだった。

スポンサーリンク

4話 かぐや様は愛でたい/生徒会は言わせたい/かぐや様は送らせたい/白銀御行は話したい

「フランスは日本に次ぐコスプレ大国です」
「コスプレに言葉は要りません」

フランスから来る交換留学生の歓迎会に向けて、コスプレを提案する千花。
コスプレに疑問を感じるかぐやに対して、千花は当然のように話していく。

「嘘じゃないです、ブラフですよ~!」

ゲームの途中で真面目な話をする千花の作戦に、まんまと乗ってしまうかぐや。
「嘘」と怒るかぐやに対して、「ブラフ」とラップ口調で話す千花だった。
千花は何をやっても可愛いが、もし一緒にいたらウザいかも?

「最初にも言ったが、俺はフランス語は付け焼き刃だ。聞き取れるはず無いだろ」
「だから、お前が何を言ってたのかなんて分からん」
「ただまあ、俺の悪口に怒ってくれたことくらいは分かる」
「ありがとな!」

相手を口汚く罵った所を御行に見られたため、昔に戻ったみたいと落ち込むかぐや。
御行は内容は分からなかったが、何をしてくれたかは分かったので感謝する。

「会長。私、会長のそういう所が、○○○○ですよ!」
「内緒です!」

御行に言われたことが嬉しいかぐや。
笑顔で話すのだが、その言葉は御行には聞こえない。
実際に見ていても、何を言ってるかは分からない。

5話 かぐや様はこなしたい/白銀御行は見せつけたい/かぐや様は差されたい

「あ~! 私、あと二三段階手前の相談だと思ってました~!」
「彼氏持ちの相談...しかも重めの...」
「そんなの付き合ったことない私に答えられるわけがないでしょう!?」

柏木渚より恋愛相談したいと話しかけられ、笑顔でOKするかぐや。
円満に彼氏と別れるという内容を聞き、驚きと焦りを感じる。

「違うの! 目つき悪いのを気にしてる所がかわいいの!」

嫌っている訳では無いので、好きな点を考えようと提案するかぐや。
例の一つとして「目つきが悪い所」を挙げてしまう。
「欠点では?」と聞かれた時、思わう恥じらいながら答えてしまうかぐや。
相手の恋愛相談なのに思わず自分の本音を話してしまい、そして自分で照れている。

「かいちょう! 人に教えを請う時は、どんな態度が適切ですかね~!」

運動音痴の御行はバレーボールの授業に向けて練習していた。
見かけた千花は教えてもいいと話すが、そっぽを向く御行。
その行動に対して、千花は笑顔で追い詰める。
千花の笑顔は、獲物を見つけた時にも発揮される。

「まだだ!」「俺はまだ、やれる!」
「かっこ悪い所を、見せたくないからだ。見せるなら、やっぱかっこいい所だろ!」

「普通に下手な人」レベルまで進歩する御行だが、なかなか止めようとしない。
理由を千花にかっこよさげに語る御行。
しかし千花は自分の好きな分野に発展させる。

スポンサーリンク

6話 石上優は生き延びたい/藤原千花はテストしたい/かぐや様は気づかれたい

「いい子だし、嫌いじゃないのですが」
「ごめんね。石上くんのことは虫けら程度にしか思えません」

心理テストで「好きな人」に当てはまる人を、かぐやと話す石上。
実際は全然違うのだが、それを聞いたかぐやはひどいイメージを持っていた。
かぐや様にとって興味の無い全ての男は、「虫けら」と変わらない。

「私たちにとって、美貌は力です。社交界で自分を飾れない者に、居場所はありません」
「美しいだけの女にチャンスを奪われたく無いでしょう?」

かぐやの近侍である早坂愛は、放課後の誰もいなくなった後でかぐやに会いに来る。
少し派手な格好を指摘された時、かぐやに飾ることの大切さを伝える。

「四宮がおしゃれしてる~!」「どういう心境の変化だ」
「いつもは、『白鳥が着飾りますか?』といわんばかりの飾り気の無さなのに」
「どうする? これは触れていいものか?」

かぐやがネイルをしているのに気づくが、言っていいものか悩む御行。
もちろんかぐやは言ってくれないことに不満顔。
言っても言わなくても、上手くいかないことが多いのは何故ですかね?

7話 白銀御行は働きたい/かぐや様は入れたい/かぐや様は堪えたい

「のろけですよね、それ! 相談という体でのろけに来てるんじゃないですか!」

彼氏の相談はまさかの「彼女と手をつなぐ方法」
盗み聞きしていたかぐやは思わず心の中で叫ぶが、御行の取った対応は。

「ハードル高!! でもそれいい!!」
「会長、そういう系か!!!」

真面目に答える御行は、お金の掛かるロマンティックな方法を提案する。
ハードルの高さに驚くかぐやだが、シチュエーションには憧れる。
基本的にかぐや様は、夢見る金持ちの少女です。

「だってそんなの、頑張る以外に無いじゃないですか!」
「逆に頑張らないで手をつながれるなんて興ざめです!」
「そこをサボろうとするなんて、根本的に間違っていますよ!」
「猛省して下さい!!」

手をつなぐ程度のことで相談してることに呆れる千花。
シチュエーションに関係なく、頑張りを強調する。
そしてキッパリと男子2人に説教する。

「私を怖がって離れていく人たちの中で、藤原さんだけがそばに残ってくれた」
「もう少し、大事にしてあげなきゃね」
「いつかゲラゲラ笑ってるかぐやさんを見るのが、私の夢です~!」

中学時代は笑わないため、かぐやは「氷のかぐや姫」と呼ばれていた。
しかし最近では少しだが、笑うようになっていることを話す千花。
そんな自分から離れなかった千花を、かぐやは大切な存在と考える。
千花もかぐやが大笑いする所を見たいと話していく。

「もう、止めて!」
「この私が、こんな下品な言葉で笑っちゃうと気づかれたら、四宮家末代までの恥!!」
「ちん○んで藤原さんの夢が叶うとかイヤすぎる!!」

家の犬のことで「ちん○ん」という言葉を連呼する千花。
耐性の無いかぐやは、この言葉に笑うことを止められない。
何とかバレないように頑張るが、千花が見逃すはずもなく。
千花にとってかぐや様は友達であると同時に、かわいいおもちゃでもある。

「大丈夫です。私とて乙女。男子の前であんな言葉いえませんよ~!」
「自分の口からは、ね!」

御行が入ってきたため、止めるように言うかぐや。
悪い顔をする千花だった。

スポンサーリンク

8話 かぐや様は呼ばせたい/白銀御行は負けられない/そして石上優は目を閉じた

「あるある! 目の怖い所とか面影ある~!!」

生徒会室に中学生の少女が訪ねてきたが、何故か初めから「かわいい」と感じるかぐや。
御行の妹・白銀圭と分かり、テンションが上がっていく。

「あっ、いい! いいですよ、これ!!」
「この子に姉と呼ばせてみましょう!」

圭と話すかぐやは、1人で妄想を膨らませていく。
「かぐや姉さん」と呼ばれた姿を想像し、何とか実現しようと作戦を開始する。

「チカ姉~?」
「藤原さんは、そうやって私が欲しいものを全て奪っていくんですね」
「強欲! こうゆう人が地球を滅ぼすんだわ」
「地球のガン。なんておぞましい!」

自分が呼ばせたいと思っていたことを、先に実行していた千花。
かぐやは過去を振り返り、呪いの全てをかけていこうとするのだが。
何でも思ったことを話し行動する千花は、かぐや様にとって天敵であり憧れの存在?

「ご忠告、どうもありがとう」
「ですが、私は周囲の評判で人を判断しません」
「石上くんは、私が、私の目で関係を持つに足ると判断した人物です」
「私の目を、信用できませんか?」

図書室で石上に勉強を教えているかぐやだが、周囲が悪い噂話をしていた。
噂をしている学生に問いかけるかぐやだが、学生は逆にかぐやを心配してる話をする。
しかしかぐやはその言葉の全てを否定し、自分と石上の正当性を話していく。
いろいろ問題はあるが、こういう所がかぐや様のいいところ。

スポンサーリンク

9話 かぐや様は送りたい/藤原千花は見舞いたい/四宮かぐやについて1

「あれ? それって、ドライブデートじゃん!」

台風により電車が止まっているため、御行を車で送っていこうと考えるかぐや。
軽い気持ちで言いかけたが、デート?ということに気づき慌ててしまう。
かぐや様の恋愛脳は止まらない。

「あっ、あれ? 電車復旧してる! 何でこのタイミングで!」
「もう少し頑張りなさいよ、台風!!」

御行から「乗せて欲しい」と、後少しで言わせることに成功しそうなかぐや。
なにげに調べると電車が復旧していたため、理不尽な怒りをぶちかます。

「やだ! そばにいてよ、早坂~!」
「普段からこれくらい可愛ければいいのに?」

作戦に失敗し雨で濡れてしまうため、風邪を引いてしまうかぐや。
寝込んでる時は甘えん坊のかぐやだった。
風邪モードのかぐや様は可愛すぎる。

「そ~ですよ!」
「イカサマはバレなきゃ、イカサマじゃ無いんですよ。へ~んだ!!」

かぐやの見舞いに誰が行くかで、トランプ勝負をすることになる。
バレバレのイカサマを指摘される千花だが、なぜか開き直って叫びだす。

「いいですか。この部屋には3時間ほど、誰も絶対に入りませんが」
「変なことをしては絶対にいけませんよ」
「その上、この部屋は防音完璧ですし、かぐや様の記憶は残りませんので」
「何したってバレっこ無いですから」
「絶対に絶対に、変なことしちゃダメですよ~!」

かぐやの見舞いに来た御行は、早坂(ハーサカ)の策略により2人きりになる。
変なことをしてはダメと言いながら、変なことが出来る状態を作り出す。
かぐや様のためというより、早坂は自分が楽しんでいる。

「私、いつも会長を困らせてる」
「私ね、いつもね、どうしたらいいか分からないの」
「初めてのことばかりだから、分からないの」
「だから、私が知ってるやり方しか出来ない。他のやり方を知らない」
「こういう風にしか、出来ないの」

風邪で弱っているかぐやは、御行に自分のことを話していく。
さらにこの後、驚くべき提案をする。
普段これをすれば、御行ごとき楽勝ですけどね。

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク