「炎炎ノ消防隊」の名言まとめました

アニメ「炎炎ノ消防隊」の名言をまとめていきます。

炎炎ノ消防隊

1話 森羅 日下部、入隊

「茉希さん、普段はクールなのに」
「頭の中、お花乙女畑だからな~」

焰ビトとの戦いの時、シスターのアイリスは森羅日下部にお姫様だっこで助けられる。
それを見ていた隊員の茉希尾瀬は、事務所に戻った後で興味本位で問いかける。
茉希の表情を見て、アイリスは「お花乙女畑」として残念に思う。

「恐怖心がある方が冷静な判断が出来る」
「だが、ただの臆病者には成るな!」

実際の現場に来た森羅は、その光景に何かを感じてうずくまってしまう。
第8特殊消防隊の大隊長・秋樽桜備は、消防隊員の心構えを話していく。

「俺は悪魔なんかじゃない」
「俺は、ヒーローにならなきゃならない!」

森羅は過去の事故より、「悪魔」と呼ばれていた。
しかし亡き母との約束により、ヒーローに成ることを誓う。

「炎炎の炎に帰せ」

焰ビトの鎮魂に成功する森羅。
決まりの言葉をつぶやき、焰ビトを送り出す。

2話 消防官の心

「無口でクール気取ってるけど、ただバカなだけなんです」
「バカだから言葉が出てこないだけ」
「それなのに、なんかモテるんだよな~?」

もう1人の新人アーサー・ボイルとは訓練時代のライバルのため、早速ケンカする森羅。
茉希たちに気に食わない理由を話していく。

「消防官が火で遊ぶな!」

炎のマスコット・プスプスを作っていた茉希だが、中隊長の武久火縄に消火される。
驚く茉希だが、火縄は正論で怒り出す。

「我々特殊消防隊の任務は、焰ビトと戦い、鎮魂することだ」
「焰ビトは元人間。鎮魂を名目にしてはいるが、俺たちがやっていることは...」

現場に来た森羅とアーサーが武器を取り出したため、大隊長・秋樽桜備は2人を呼び出す。
武器を見せないことが理解できない2人に、自分たちがしている本質的なことを語っていく。

「今はそれでいい。慣れるのが一番怖いんだ。この仕事はな」

今回の鎮魂を、ツライと感じる森羅。
桜備は消防隊員にとって、その気持ちが大切なことを話していく。

「誰の仕業か知らねえけどよ、こっちは毎日鍛えてんだよ」
「イタズラが過ぎんだろ!!」

今回の焰ビトの件について、誰かの悪意を感じ取る桜備。
その無慈悲な行為に怒りを叫ぶ。

「俺たちに出来ることは、このくらいしか無い」
「だからこそ、出来る限り残された遺族に寄り添い、炎の海に飛び込んでいるんだ」

今回の件について、何も出来なかったことを謝る森羅。
桜備は自分たちに出来ることは少ないからこそ、出来るだけのことを話していく。

3話 消防官新人大会

「ヒーローはいつだって空から登場だぜ!」

新人大会は始まるが、空を飛べる森羅は一歩先に行くことに成功する。
そして余裕を見せるのだが。

「ヒーローか、悪魔かだって」
「ふざけんなよ、お前が何を知っていようと、お前は2人の消防官を襲ってんだぞ」
「お前をぶっ飛ばして、とっ捕まえる!」

新人大会を行っている建物の中に現れるジョーカーは、森羅の過去を知ることを話していく。
仲間になることを誘うが、森羅は消防官としての立場を優先する。

「ヒーローと言えば、飛び蹴りだ!」

ジョーカーに対して攻撃する森羅。
飛び蹴りにこだわっていた。

「全員助ける!」
「くそったれ。消防官はヒーローなんだよ!」

ジョーカーは逃げるが、爆発の置き土産を置いていく。
負傷者やアーサー、環がその場にいるが、森羅は全員助けることを叫ぶ。

「特殊消防隊は焔ビトの原因をつかんでいるはずなんだ」
「俺はそれを見つけ出し、人々を救いたい」

第1から第7の特殊消防隊には、それぞれの思惑があることを話す桜備。
しかし第8は違うとし、真実を追求することを語っていく。

4話 ヒーローと姫

「あいつはもう人間じゃ無い。気持ちは分るが」

今回発生した焰ビトは、凶悪だが自我を残し言葉を話していた。
心理的な抵抗を見せる森羅だが、桜備はすでに人では無いことを明言する。

「救いようのないクズだな!」

勝てないと判断した焰ビトは悔い改めたように見せたが、再び襲いかかってくる。
予測していた森羅はあっさりと反応し、トドメを刺そうとするのだが。

「第8の下っ端小砂利。砂利は砂利らしく地べたに敷かれていろ」
「ジャリジャリジャリ喚くな。私に踏まれた時だけ鳴いておれ、小砂利め」

森羅と焰ビトの間に割り込んでくる、第5の大隊長・プリンセス火華。
常に上から目線で相手を「砂利」と呼ぶ女王様。

「冗談でも子供を焼くとか言うのか、お前は?」
「消防官が何たるかを教えてやる! 掛かってこいよ、第5!」

第5の消防官は邪魔とばかりに、周りにいる子供を突き飛ばした。
さらに何でも無いように話したため、森羅は怒りを爆発する。

「なるほど。俺を煙たがっている連中がいるわけか」
「だが、第8の炎はそう簡単には消せんぞ!」

火華は桜備に対して、これからのことを忠告する。
しかし脅しのような言葉に屈する桜備では無かった。

5話 開戦

「でも、茉希さんは1日の9割は、クールで美人で素敵ですよ」
「残りの1割は残念ですけど」

茉希のことをデンジャラスと話す森羅に対して、フォローするアイリス。
しかしフォローになっていなかった。

「何が神だ。お前らが崇めるのは、いもしない空っぽの傀儡」
「この国に、世界にいるのは神ではなく、私のような悪魔だけだ!」

昔は教会で一緒にシスターをしていた火華を訪ねるアイリス。
今の火華の行いを問い詰めるが、逆に怒りをぶつけられる。

「俺のシゴキから逃げられると思うなよ!」

アイリスを助けるため第5に突入する第8の消防隊員たち。
火縄はシゴキと称して敵を倒していく。

「俺は、話の通じない国のバカ共をぶちのめすために、特殊消防隊ではなく」
「桜備大隊長の元、第8に入ったからな」

茉希から人に対して容赦が無いと言われる火縄。
しかしそれが目的であることを語りだす。

スポンサーリンク

6話 約束の火華

「お得意の救いの神にでも祈っていろ」
「この世は焼くか焼かれるか。私は焼く側の人間だ」

第5に突入してきた森羅を待ち受ける火華。
アイリスに対して、戦いの結末を見るように話していく。

「めまい? なんだ、だったら、勘違いみたいなもんじゃねえか!」

火華の不思議な技に、前回と同様に倒れ込んでしまう森羅。
しかし原理を聞き、無茶苦茶な論理で立ち上がる。

「人は自分のためにしか強くなれない」
「強くならずして救いを求めるなんて、贅沢も大概にしろ!」

昔は敬虔なシスターだったが、祈るだけでは救われないと知る火華。
そして自分のためだけに強くなることを目指していた。

「いいか。今からあなたをぶっ飛ばす。それもこれも全部、あなたのために!!」

火華を自分と同じ炎の被害者と語る森羅。
救うために火華をぶっ飛ばすことを叫ぶ。

「この世にヒーローがいねえから、俺がヒーローになるって言ってんだよ!!」
「俺は、勘違いお姉さんの、目を覚まさせるぞ!」

ヒーロー等いないと叫ぶ火華。
しかしだからこそ自分がヒーローになると森羅は叫ぶ。

「身寄りの無い修道院のみんなにとって、姉さんは憧れでした」
「美人で頭もよくて、炎も操れて。寂しく不安な私たちの、ヒーローだったんですよ」

戦いも終わり、火華に話しかけるアイリス。
修道院時代の自分たちにとって、火華こそヒーローだった。

「義理なんていらねえよ」
「誰かが困ってたら助けに行く。ヒーローって、そういうもんだろ!」

困ってたら自分を呼べと話す森羅。
助ける義理がないと話す火華に、森羅はヒーローを語っていく。

7話 第1調査開始

「あいつは第8自慢のヒーローです」
「きっと、炎にとらわれた世界の闇を暴くでしょう」

桜備に対して、過去と現在の気持ちを話していく火華。
桜備は森羅を高く評価していることを話していく。

「まだまだ遠いな!」

調査を目的として第1に研修として配属される森羅は、自分から望んで組手をお願いする。
相手をする大隊長バーンズは、まだまだ実力不足とし圧倒する。

8話 焰の蟲

「まだ誰が敵で誰がそうじゃないか、分からない状態だ」

人工焰ビトの手がかりを見つけた森羅は追いかけるが、その先で第1の中隊長を発見する。
攻撃しようとするアーサーを止めた森羅は、まだ真実が分からないことを話す。

「人体発火の謎が無理を通さずに解けるようなら、とうに解けてるよ」

容疑者の部屋を調べようとする森羅だが、鍵がかかっていた。
無理やり開けたアーサーに森羅は怒るが、アーサーも覚悟を持って調べていた。

9話 燃え拡がる悪意

「じゃあ、俺は後にも先にも行かせないマンだ!」

人工焰ビトを作り、環を痛めつけていた犯人と戦う森羅。
前に進むことを叫ぶ犯人に対し、森羅は自分が止めるヒーローだということを叫ぶ。

「理解できない行動をすれば、相手は勝手に解釈してビビるはずだ」
「狙撃手は安全地帯が仕事場だからな」

犯人に勝利する森羅たちだが、敵の狙撃手に狙われピンチに陥る。
一緒にいる第1のカリムは敵の混乱を誘うため、わざと意味不明な行動を行う。

10話 約束

「保護? 勘弁してください」
「消防官は、人を守る存在です。自分の身は自分で守れます」

他の大隊長より、特別な存在として保護対象にすべきことを言われる森羅。
しかし消防官として、守られる存在にはなりたくなかった。

「何があっても、約束は守る」

ジョーカーより、ある真実を聞く森羅。
母親と弟と交わした約束は、何があっても守ることを誓う。

「俺は、この第8を気にいっている」
「お前ら新入り達も、俺たち第8を信頼してもらいたい」

明らかに様子のおかしい森羅に問いかける火縄。
1人で抱え込まないようにアドバイスする。

「あなたが集めた第8のメンバーに、ヤワな奴はいませんよ」
「あいつは大丈夫です」

桜備も森羅のことが気になっているため、火縄に状況を問いかける。
火縄は自信を持って、大丈夫なことを伝える。

「だよな。だったら、俺たちも信じるしかねえよな」

最近あった事実と、伝えられた真実をみんなに話していく森羅。
桜備は森羅の本心を確認した後、自分たちも信じることを話していく。

 

11話 第8特殊消防隊結成

「無駄な努力は努力とは呼べない。怠け者と変わらんよ」

(過去の回想)
軍人時代の火縄の部下として、茉希が入っていくる。
火縄は茉希が努力してるのは認めるが、優しすぎるとして軍人には向かないことを話す。

「何で撃てなかった? 撃ってやれなかった……」

軍人時代の仲間の1人が、火縄の目の前で焰ビトになる。
仲間は意識のある内に撃てというが撃てなかった火縄は、自分の弱さを感じてしまう。

「処罰など、この中の焰ビトの苦しみに比べたら、痛くもかゆくも無い」
「あなたもそう思うんでしょ?」

大人しく鎮魂されるのを待つ焰ビトだが、特殊消防隊は点数が低いとして後回しにする。
一般消防官の桜備が違反と知りながらも鎮魂に向かう時、軍人の火縄も協力することを話す。

「自分で決めて自分で進むことは、そんなに難しいことでは無いよ」
「自分を信じるのはたやすいからね」
「だが他人を信じ行動し、自分を犠牲にするのは、とてつもなく勇気がいることだ」

火縄のことを勇気があると話す桜備。
他人の意思に同調し、決して報われない行動をしたことを評価する。

「あれ? 私って能力だけの肉の壁役として誘われたんだと思ってました」
「中隊長が、そんなことを~」

茉希はなぜ自分が第8に誘われたかの理由を聞く。
思っていたのとは違う理由に、涙を流し照れながらニヤける。

12話 浅草開戦前夜

「だったら俺を倒して、その意思とやらを証明してみろ」
「ここでは力が正義。戦う意思が無いってなら、戦って証明しやがれ!」

何らかのトリックにより、桜備たちが焰ビトを作ったと勘違いする第7の大隊長・新門紅丸。
戦う意思が無いことを桜備は伝えるが、今の紅丸にその言葉は届かなかった。

「うちの隊員に何してくれてんだ。頭同士でケリつけましょう!」

全員で打ち掛かるが、紅丸に圧倒されてしまう第8の隊員たち。
装備を整え戻ってきた桜備は、隊長同士での決闘を挑んでいく。

「怯む訳にはいかないだろ」
「俺は第8の大隊長を背負ってんだよ!!」

圧倒的な紅丸に対して、一方的にやられながらも一矢報いる桜備。
大隊長として逃げるという選択肢は無かった。

13話 仕組まれた罠

「だから自分には、安い命も高い命も無い。みんな、大事な命です」

昔話をする第7の中隊長・相模屋紺炉は、最後に紅丸のためなら自分の命は安いと話す。
しかし森羅も自分の過去を話し、命の重さを語っていく。

14話 誰が為の炎

「誰の言葉でも無い。みんな、紅の言葉が聞きてえんだよ」

浅草の街は大混乱になるが、自分では街の人をまとめることは出来ないと言い続ける紅丸。
しかし紺炉は誰もが紅丸の言葉を待っていることを伝える。

「俺みてえな奴はよ、破壊することしか出来ねえんだ。せいぜい期待しとけ」
「ぶっ壊してやるぜ」

紺炉の言葉に覚悟を決めた紅丸。
破壊することで全てを解決すると誓う。

「どうやら、俺のケンカ相手が見つかったようだな」

自ら虫を食べ角のある鬼の焰ビトになった敵は、圧倒的な力を見せる。
苦戦する森羅とアーサーを見て、紅丸は自分の敵と認識する。

「ふざけんな……俺の炎は、人を守る炎だ!」

敵より「人を滅ぼす炎」と言われ、仲間に入るように言われる森羅。
しかし森羅の気持ちは微塵も揺らぐことは無かった。

15話 鍛冶屋の夢

「俺たちはこの国を変えようとしているんです。まずは行動あるのみ」

機関員が欲しい第8はヴァルカンという男を狙っているが、この男は消防隊嫌いで有名。
火華は無理と話すが桜備は森羅たちにスカウトを任せ、まず行動が必要なことを話す。

「自分以外の命のために、技術を使える人間」
「桜備大隊長。ヴァルカンは、第8にふさわしい男です」

森羅はあるものを見せられた後、ヴァルカンから自分の夢を聞く。
その言葉を聞いた森羅は、ヴァルカンが第8にふさわしい男と実感する。

「ここから離れられなくなった。ヒーローの直感だ」

ヴァルカンと昔に関係があり、勧誘するが断られ続ける第3の大隊長・ジョヴァンニ。
森羅たちも諦めて帰ろうとした時、森羅はジョヴァンニの悪意を感じ残ることを決める。

16話 俺たちは家族

「俺はそういう、壊れない絆を作りてえ」

今までいろいろなものが壊れていく光景を見て来たヴァルカン。
今いる3人の絆だけは壊したくないことを話していく。

「石橋を叩いて渡らない決断も必要なのだよ」

姿を見せず戦うジョヴァンニに翻弄され続ける森羅。
ジョヴァンニは森羅を気絶させた後、相手が悪かったことをつぶやく。

「俺は騎士王、アーサー・ボイル。より騎士のイメージに近いほど、能力が強くなる」
「だから俺は騎士なんだ」

敵に包囲されるが、いつもの騎士っぽい装備がないためやる気が出ないアーサー。
それを自信満々に話していくが、ヴァルカンからバカと断言される。

17話 黒と白と灰色

「砂利はどいつも同じだ、森羅以外」

ある方法で森羅たちの危機を知る火華は助けに来るが、アーサーもろとも敵を攻撃する。
アーサーは非難するが、火華にとって森羅以外は同じだった。

「なるほど。伝道者が会えば分ると言っていたのは、こういうことか。この男が、俺の兄」
「何とも形容しがたいな。ただただ、気持ち悪いとしか」

戦いの場に弟らしき人物・象(ショウ)が現れたため、喜びと助けることを話す森羅。
しかし象は過去の記憶を持っていないかのように、ただ兄という存在を感じるだけだった。

「ヴァルカン。お前は1人じゃねえぞ。俺は、お前の夢を叶えるために、全力で協力する」
「忘れんな!」

お互いにいろいろなものが傷つき、そして失ったことを話す森羅とヴァルカン。
森羅は今も1人じゃ無いことを伝える。

18話 発火の極意

「気は抜いてねえか? 実戦ではルールが無い。いつ何が起こるか分からねえからな」

能力はあるが経験が少ない森羅とアーサーは、紅丸に特訓してもらうことになる。
気楽に来ていた2人だが、紅丸は最初から厳しく接することを伝える。

「疲れるか?」
「そいつは命がかかってねえからだ。緊張感そのものを感じて、すぐのぼせちまう」

「戦場では命を感じろ。てめえの命、仲間の命、相手の命。命を意識すれば、緊張感にそうそうのぼせることはねえ!」

紅丸の一挙手一投足に反応し、緊張感から疲れてしまう森羅とアーサー。
紅丸は緊張感を感じること自体が問題であると話していく。

「お前らの攻撃には意外性がねえ。足りねえものがあるんだよ」
「なんだか分かるか? 必殺技だ!」

少し実践訓練をしただけで中止する紅丸。
普通すぎるとし必殺技の必要性を話すと、森羅は予想通り食いついてくる。

「まずはスタートラインに立たないと、考えるべき本当の問題にすら気が付かない」
「問題ってのは、やってみないと分からないから難しい問題なんっすよ」

森羅に必殺技のヒントを与えるヴィクトル・リヒト。
なかなか上手く行かないがとりあえず繰り返す森羅を見て、その姿勢の正しさを話していく。

19話 地下への

「これは鎮魂じゃない、命を賭けた戦闘だ」

敵のアジトがある「地下(ネザー)」に突入しようとする第8消防隊。
桜備は今回はいつもと違い、純粋な戦闘であることを隊員達に話していく。

「ふざけてないですよ。相手が人なら対処のしようがありますから」

地下に入った第8だが早々に分断されてしまい、1人になる茉希は恐怖を感じる。
しかし敵が現れると逆に安心するが、それは人なら対処できるからだった。

20話 誇りを纏って

「いいや、マン(万)はいるよ。森羅万象、マンは俺と弟をつなぐ言葉だから」

新しい技を「ラピットマンキック」と名付ける森羅。
リヒトより「ラピット」だけでいいと言われるが、森羅にとってどうしても欠かせなかった。

「感情のしんどさには同意するが、熱くならざろう得ないな」

敵は人の感情など関係なく無駄な抵抗として、森羅を渡すように要求する。
火縄は部分的な意見には同意するが、感情と部下を大切にする点は譲れなかった。

「俺を仕留められなかった原因は、最初の一撃で、第8のエンブレムがある左肩を撃たなかったことだ」

敵射手との撃ち合いで満身創痍となる火縄。
しかし左肩に付いている第8のエンブレムを確認し、最後の力で射撃を行う。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

アマゾンリンク
炎炎ノ消防隊 Blu-ray 第1巻

→アニメの名言インデックス

スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク